←戻る
【流石28】やる夫たちの【トリップ使えます】村 〜身代わり君「一斉に攻撃してその程度かね?どうやら君達を過大評価していたようだ」〜[38番地]
僕はおいしくないよ 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
僭越ながら失礼いたしますよ ……ふふふ、楽しみですね できる夫
 (森の正社員◆5DYYl3NWdY)
[狩人]
(生存中)
よくぞアイコンにカーソルを合わせてくれた! 褒美にオプーナを買う権利をやろう! オプーナ
 (サク◆sUDNcvC9E2)
[村人]
(死亡)
グゥレイト!数だけは多いぜ! ディアッカ
 (サム◆SH2iduDGfM)
[村人]
(生存中)
よろしくでやんす 山田平吉
 (桑畑三郎)
[村人]
(死亡)
wwwwwwwww 逆毛王
 (逆毛王◆aeGWk9mBsY)
[霊能者]
[権力者]

(死亡)
自己紹介すんのマンドクセ ドクオ
 (8817◆s9jWthagEM)
[狂人]
(死亡)
ふん 御剣
 (たこやき)
[共有者]
(生存中)
おつっす サム
 (tuy)
[村人]
(生存中)
だめにもほどが…ぐふう 白犬
 (茶犬)
[妖狐]
(死亡)
よろしくモナ モナー
 (◆h/OSAKA/gc)
[共有者]
(死亡)
私は人狼が大好きだ! 少佐
 (ガリ◆jH3Q3bIrRM)
[人狼]
(死亡)
よろしく 柊かがみ
 (>>76◆IDOL/ort6.)
[村人]
(生存中)
ま、がんばってみよっかー 泉こなた
 (ダイニングサン)
[人狼]
(死亡)
楽してずるしていただきかしらー 金糸雀
 (乗月◆eWRf2d3f.c)
[村人]
(死亡)
ヤドン? ヤドン
 (唐沢)
[村人]
(死亡)
e DS114
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[人狼]
(死亡)
私で大丈夫かなぁ…… 柊つかさ
 (まるるん。◆piyo2xng9M)
[村人]
(死亡)
今日も頑張るですぅ 翠星石
 (るーみあ)
[占い師]
[決定者]

(生存中)
金糸雀
「http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga.html
カナの広告付きページはここかしら。よかったらおげふんげふん
まだ使ったことがなかったら試しに使って感想を教えてほしいかしら。
宣伝乙かしら。」
泉こなた
「っくぅ、ぷにぷにしてるAAがみつからない。
AA職人さんはいつもどこからAAを取り出すんだろう・・・!」
柊つかさ
「こなちゃん〜〜〜〜〜(///)」
泉こなた
「まだ何が白とはいってないよー?

かがみんのえっちぃー(ぷにぷに」
泉こなた
「カナリアも広告つきぺーじをもってたとは意外」
柊かがみ
「セクハラ発言すんな!」
泉こなた
「お、今日は白だ。

おっけー、みんなかえろー。おつかれさまでしたー」
柊つかさ
「うん、そうだね。それじゃみなさん、遊んでくれてありがとうございました〜。
次はお姉ちゃんともこなちゃんともお仲間さんだといいな〜」
柊かがみ
「さ、私達も帰りましょ
みなさんお疲れ様でした

おーい、こなたー、つかさー、いい加減かえるわよー」
金糸雀
「みっちゃんには驚いたけど、普通にログを追えば参加者は気づくだろうから問題ないかしら。」
金糸雀
「こなたありがとーかしら。でも自分のページには広告張っておいて
他所のサイトの広告は消すなんてちょっと嫌かしら。」
泉こなた
「そういやそっちもいたねー、気をつけないと。
おつかれさま、カナリア。」
柊つかさ
「そういえば、金糸雀ちゃんが居たからつい、みっちゃんって名前が出た時は金糸雀ちゃんの契約者さんのことかなーって思っちゃった」
金糸雀
「それではお疲れ様かしら。流石鯖は初めてだったけど
色々経験できて良かったかしら。」
泉こなた
「http://blogs.yahoo.co.jp/dailylab/59747419.html
カナリアにはこっちなんかお勧め

つかさは天然さんだからねー」
泉こなた
「ログ読んでて気づいた。

◆モナー(共有者)
「初心者COモナ!」

おおさかさんなにやってるのwwwwww
柊つかさ
「わわ、私なんかじゃそんな面白いこと言えないよ〜。
ホロさんならカッコイイこととか言ってくれそうでいいよね」
柊かがみ
「うれしいんだけど、少しはずかしいわねー」
泉こなた
「646 ローカルルール変更議論中@VIP+ sage New! 2009/05/12(火) 03:34:45.57 ID:KbzVtpIX0
かがこなは鉄板だということでつくった。
本当はホロとかつかさでつくりたい

なんか指名きてるね」
柊つかさ
「わーい、私だー。
あははは、なんかうれしいかも。
でもお姉ちゃんとこなちゃんの仲のよさには敵わないからしょうがないよね」
泉こなた
「◆ディアッカ
「嫁との生還宣言は、最後に食うって意味かよ・・・
ナチュラルの女はやっぱ恐ろしいぜ」

地味に今回のゲームで格好よかったRPだとおもう」
翠星石
「まぁどんな形でも人からの好意は嬉しいものですぅ」
柊かがみ

                 \、  __/ヽ、 __
             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_
         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_
       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_
             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}
              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈
           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j
            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~    ◆できる夫の独り言 「ま、当然翠星石さん護衛なんですけどね
             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|   だってデブメガネと翠星石さんですよ?」
             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|
             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|
            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j
               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄
             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|
             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|
             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|
             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|
             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|
             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|
             |::|: : : :|:   | 〃 /:   |: :|: ::| ./ {:::::|::|」
柊つかさ
「みゆきさんは……私みたいにバカだとハードルがなんか高い気がしちゃって……w」
翠星石
「               _
               / /
             ,  -― (  /  
.         /: : : :-=千</ ̄>
         /.:.:.:.: /.:.:.:.:.:/.:∧`ー<
.        ,'::::/::::/::/⌒イ::/ |:l_:::::::ヽ
       /::::,':::: |/ j:/  j∧`::: ハ
        レl(|::::: |  ○     j::/:/::::|
.        l/|::::: |      ○ん|/:∧|
.         lヘ:: ト、  `‐'-'  ノ::::: /  ・・・(またあの二人しか・・・
.          _ム:|-f`_r―ァ≠!:::::/
        /=、\「`}ヽ// j/
         (   \{: リ ∧
        ノ  _,}V/ }
        〉彡={レ'=ミ、{」

更新したら増えてたですぅw」
泉こなた
「みゆきさんは中間試験近いから勉強してるんじゃない?」
泉こなた
「うんうん、探してたけどそれそれ」
柊かがみ
「みゆきは一度見たんだけど、それ以来みなくなったわね
どこいったのかしら」
サム
「だれかみwikiさんも使ってあげればいいのにw」
翠星石
「480 :ローカルルール変更議論中@VIP+:2009/05/08(金) 02:00:23.57 ID:K4TOLSHE0
                 _
               / /
             ,  -― (狐 /  
.         /: : : :-=千</ ̄>
         /.:.:.:.: /.:.:.:.:.:/.:∧`ー<
.        ,'::::/::::/::/⌒イ::/ |:l_:::::::ヽ
       /::::,':::: |/ j:/  j∧`::: ハ
        レl(|::::: |  ○     j::/:/::::|
.        l/|::::: |      ○ん|/:∧|
.         lヘ:: ト、  `‐'-'  ノ::::: /  ・・・
.          _ム:|-f`_r―ァ≠!:::::/
        /=、\「`}ヽ// j/
         (   \{: リ ∧
        ノ  _,}V/ }
        〉彡={レ'=ミ、{」
これですねぇ」
柊かがみ
「されてたわね
リボンが狐になってて少し可愛かったわよ」
翠星石
「ドールはどれ使っても面白いですねぇ
やる夫はなんかむずかしーですぅ
ない夫なんかは簡単ですけど」
できる夫
「僕はログを……と言いたいところですが、時間も時間ですからね
明日の通勤の楽しみにとっておくとしましょう。皆さん、お疲れ様でした!
貴方たち一人ひとりに感謝します」
泉こなた
「でも、この前の試合でつかさもAA化されてなかった?」
柊つかさ
「こなちゃんとお姉ちゃんはやっぱり仲いいよね〜。
えへへへ、ちょっとうらやましいかも」
サム
「俺も明日さすがにやばいからここまでだなー
サムの独り言までやりたかったけどw
ではまた」
泉こなた
「よし、次の目標は

かがみんに食べられる    これだ!」
できる夫
「>ただし、スレの影響でロリコンであるという設定をよく期待される。 」      
           ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \  「……ははは、ご冗談を」
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
     ノ           \」
御剣
「私はもう寝る、皆がハイレベルなせいで頭が疲れた」
泉こなた
「ある意味で、もっともプレイしやすいキャラだといえよう。

ただし、スレの影響でロリコンであるという設定をよく期待される。 」
白犬
「みんなで次村行こうぜ!」
泉こなた
「少佐はもうちょっとヤドンに呪殺対応早くできると思うんだよね。
ちょっと難しかった?」
できる夫
「ありがとうございます、こなたさん
しかし僕みたいな地味なキャラクターを演じるなど……そんな物好きがいますかね?
翠星石さんや、こなたさんの方が余程面白いと思いますが……」
柊かがみ
「AA職人は仕事はやいわねー

ってけしてー!!」
御剣
「私の駄目な点は人を無駄以上に信じてしまうところだ・・・
フッ・・・しかし今回はそれで勝てたがな」
泉こなた
「かがみんたいへんだ、またAAにされてるwwwww」
御剣
「イカは語尾にイカとかゲソつけるだけで良い」
できる夫
「何より、僕のキャラクターの立ち位置として、彼らがいないとね……物足りないですから
所詮このできる夫は脇役に過ぎないのです。そのことをお忘れなく」
柊つかさ
「うん、翠星石ちゃんは信じやすかったよね。
銃殺も早めに出せたし、理想的な真占い師さんだったかも。
狼さんがそこ噛めなかった時点で辛くなっちゃったのはしょうがないかなぁ。狂人さん噛んでせめて信頼落とししてみるっていうのも悪くなかったと思うし」
泉こなた
「そういや、RP指南にできる夫掲載おめでとう」
翠星石
「焼き鳥は
さすが俺の嫁wwwwww愛してるwwwwwww結婚しようwwwww
って言ってりゃ良いきがするですよ」
御剣
「・・・・そうだな、私もそろそろマイナーなRPするキャラ見つけるとするか」
ディアッカ
「ちょっと強気になるだけでも生き残る可能性は高くなるよ
今日それを実感した」
できる夫
「いえいえ、やる夫君ややらない夫さんの役どころは美味しいポジションですから
初日に吊られるか生き延びるかの2択……素敵じゃありませんか?」
柊つかさ
「えーと、推理発言は、慣れればできるものもいっぱいあるから……
私の今日の序盤の発言なんて、可能性あることをただ並べて言ってたようなものだし。どちらかというと、「変なこと言ってもいいからしゃべろう!」ってすることの方が大事かも」
サム
「そんなのあるんだ>かな
こんどGMしたいと思ってたからそれしてみるわ」
翠星石
「まぁ信用してねって言うしかねーですね
今回銃殺出した日の偽に対する追求は個人的にありだったかなーと思いますが
どう考えても他の人に噛み付いたりする発言は無難とはいえねーですし
初日は誰もが無難なものですしね」
少佐
「今日は少佐だったが、誰でも「伊藤誠」になるのは歓迎するぞ」
ディアッカ
「建ってるなら行くしかないだろ!次は何のRPすっかなー
みんなお疲れさまー」
泉こなた
「うんうん、じっくり考慮するよ(なでなで

でも、ちょっと腹黒いよ(笑)」
DS114
「できる夫めwwww」
少佐
「ほう、そいつは朗報だ」
ディアッカ
「焼き鳥RPとかイカRPとか無理すぎるw>シャッフル」
柊かがみ
「何はともあれ、今回は翠星石がうまかったと思うわね
占い理由がきちんと出来てて信頼独り占めだったわけだし」
できる夫
「         /     \
       / ⌒   ⌒ \
      /   (●)  (●)  \
     |      __´___    . |
     \      `ー'´     /
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)           (,,)_
    /  |  CN:やる夫   |  \
  /    |__________」   \」
泉こなた
「ヤドンはやる夫スレ登場したことがないからなあ・・・やる夫ポケモンスレにすらないんだよ?」
白犬
「次村たっとるwwwwww」
逆毛王
「フーディーン派?」
DS114
「プレゼント・・・とな」
少佐
「ほう、次があるのかね?」
柊つかさ
「うん。だからこなちゃんも、私が人外っぽくてもいきなり投票したりしないでね?w」
金糸雀
「◆サム 「しかし人の専用CN使うの面白いね。」
アイマス村には入村してる人のCNをシャッフルする騙り名村というのがあるからやる夫村でも試してみたらどうかしら。まぁGMがいるわかめてでしかできないのだけど。」
ディアッカ
「いや、ヤドランでもきついってw」
白犬
「いぬはすいりができないの…ちめいてきなの…」
泉こなた
「占い抜かれた場合は、セオリーで考えるとドクオ真だしね。
もうお前ら信用できないけどそこはどうよ、ってことなんだ<翠星石」
逆毛王
「桃栗育ちはなんかわかめとちがうにおいするからな」
できる夫
「DSさん……貴方に、プレゼントがありますよ?」
DS114
「今回を教訓とさせていただくよ」
逆毛王
「せめてヤドラン」
ヤドン
「そうか・・・」
サム
「こなた俺自重したのにw」
白犬
「さて。寝ようと思ってたけどみんなおきてるのかな
――次いこうぜ!」
ディアッカ
「うん、ヤドンはきつい」
泉こなた
「いやもうそれはおもったね。つかさ。
まさか初日に仲間が吊られるなんて思わなくて涙涙だよ。
つかさはやさしいねえ」
できる夫
「DSさんは占いをやるといい仕事をするんですよね
今まで何回か苦渋を舐めさせられました」
翠星石
「なるほどー」
泉こなた
「それはない<ヤドン」
柊つかさ
「メタだとRP仲間はいきなり投票しづらいとかあるから、そういう意味では狼さんはこなちゃんは即囲いじゃなくても良かったかも」
できる夫
「……かがみさん? えと、それはつまり……どういうことでしょう?
僕はあんな白豚とは違いますよ? ええ、違いますとも!」
泉こなた
「あああれはね。
狐がヤドンと仮定すると、どっちにしても真贋つかないよね。
狐が犬なら、翠星石真だよね

っていうことなんだ。
多分、村のときでもいうだろうから注意しといて」
翠星石
「占い抜かれてこの状況のパンダはどっちも信用できないよ でしたか
ヤドンを狐って見ないとこれはでねーですし
さすがに銃殺日の早めの二人COが一致しててこの発言はちょっと浮きすぎですねぇ」
ヤドン
「やべえ、俺のCN使われる(どきどき)」
少佐
「だな。私もDSを占っておけばよかった……そこが今回、最大の反省点だ」
柊かがみ
「                 \、  __/ヽ、 __
             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_
         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_
       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_
             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}
              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈
           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j
            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~    あー、やっぱりやる夫派生の人なのね
             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|
             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|   できる夫は
             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|
            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j
               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄
             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|
             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|
             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|
             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|
             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|
             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|
             |::|: : : :|:   | 〃 /:   |: :|: ::| ./ {:::::|::|」
泉こなた
「潜伏狼が序盤ステんなー!(笑)

やっぱりDSさんに占いさせて置けばよかった。
もうDSさんと組んだら潜伏させない!:

共有相方が初日で吊られたとか泣きたいもん」
翠星石
「ログ消しちゃったですけど5-5-5の無難系と
4日目?のパンダ真雁発言は大分センサーに引っかかったですねー
同じ発言数でも内容が濃かったつかさの方優先したですが」
サム
「しかし人の専用CN使うの面白いね。
これのせいでディアッカさんの初日とか
キャラいつもと違いすぎたしw色々ためすのはいいなやっぱり」
白犬
「ぶざまでもいいじゃない。だいじなのはけっかですよ」
白犬
「とりあえずステやめればいいんだwwwww>DS」
ディアッカ
「かっこよくいかないもんだな…
いつもカッコつけて失敗してる気がする」
御剣
「潜伏ってCOするのを伏せるだけだからそんなに難しく考える必要はないな」
白犬
「犬がさっくり銃殺されたのが狼には残念な結果を呼んだとも言えよう!」
できる夫
「>◆柊かがみ 翠星石真が見えてて、信用するといい始めるのが早かったからできる夫はかなり信用してたわね

         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \   は、ははは。当然の推理ですよ
    /   (⌒)  (⌒)  \ いやそりゃもうコスモティックな宇宙的な
   |      __´___    . |  ……詳細は説明できないのが惜しいですね
   \      `ー'´     /

DS114
「ステと推理書いてない事かと思ってるよ>犬」
翠星石
「○出されてるっていうwwwwwwwwwって奴ですねぇw」
泉こなた
「しかし、潜伏ベタなのは私もいえないんだよねー。
もうあそこまできてあれは痛いとしか言いようがなかったよ。

翠星石は多分、私囲われてなかったらもうちょっと早く占ったんじゃない?」
白犬
「一体何が原因なんだ…>DS」
サム
「そのときバンバンAAだしたかったよねw」
白犬
「まぁそれでも、すぐロラする訳じゃないし
狂人が特攻かけてくる抑制にもなるから、やっぱり余裕があるうちは残したいけど」
ディアッカ
「やる夫のAAにぴったりな流れだなw>白犬

ディアッカ 今日は俺吊りで構わないから、翠星石決め打ちでいかないか?(キリっ

だっておwwwwwwwwwwwwwwwwww」
翠星石
「まぁ真なら○進行〜のある意味好例でしたね
グレランで速攻狼吊り 残りは騙りに囲い
こうなると何やっても○しかでねーです」
白犬
「でもディアッカのあれ、言ってる事は間違ってないんだよね
霊が●出した時点で役職ロラでLWかくてーっていう」
泉こなた
「遅レス
>DS
原因がわかってるならとっとと改善してぇ〜(涙」
白犬
「◆白犬(茶犬)
◆翠星石 ディアッカ○でした・・・
◆ディアッカ 今日は俺吊りで構わないから、翠星石決め打ちでいかないか?
ワロスwwwwwwwwwwwwwwwww
ここはほんとに吹いた」
柊かがみ
「翠星石真が見えてて、信用するといい始めるのが早かったからできる夫はかなり信用してたわね

あとは、んー、こなた?こなただしねぇ…」
ディアッカ
「まぁ疑われてもしょうがないことを前半にやりすぎたからね…
それもこれもサムのせいだw」
翠星石
「そうですね、全体から占いならまず外してたとこでした
ただ囲いの2人から という観点だとどっち先に占うかな程度のレベルでしたので」
柊つかさ
「ヤドンさんおつかれさま〜」
できる夫
「ディアッカさんは……まぁ、初日が、アレでしたからね?」
泉こなた
「さりげにひどいこといわれてるよツカサ・・・」
柊つかさ
「少佐さんが真でも、最終日でできる夫さんと誰かの2択にはいけたから、できる夫さん残しはそんなに問題なかったかな?
ドクオさん真の場合がやっぱり一番怖かったよ。LW候補ばかりだったから」
できる夫
「……ええ。しかし、あそこで占いランを決断した御剣さんの判断は正しかった
僕が一番、驚きましたよ」
翠星石
「あー あれはごめんです・・・ディアッカとこなただったら
ディアッカのが疑わしく見えたですよ・・・」
ヤドン
「ま、散るわ。あばよ!」
サム
「ディアッカの今回は色々面白かったわw」
ディアッカ
「あんだけ挑発的にやってりゃ翠は俺占わないだろ
とか思ってたら○…むしろ吊ってほしかったよ」
翠星石
「バランス見るならできる夫は吊るべきところだったですぅ
まだ真雁は付いてない あくまで真より の位置でしたから
もし少佐が真だった場合の展開は村が大分苦しいとこだったと思います」
できる夫
「……僕も正直、翠星石さんが狼でドクオさんが真の可能性は考えました>御剣さん
しかし、ドクオさんを信じるには難点が幾つかあったのですよ

そして何より、翠星石さんですよ? 信じるに決まってるじゃないですか、ははは」
白犬
「ていうかあれだよ、これいわないとむしろやっぱり落ち着かないよ」
柊つかさ
「えー、お姉ちゃん、ひどいよ〜〜〜〜
私、そんなに変じゃないもん!」
白犬
「犬だからごめんね!これだめって言われたけど終わってる時はいいよね!」
少佐
「ディアッカ>見ていて実に美しかったぞw」
ヤドン
「どういうことだ」
柊つかさ
「村人さんでも書いてたんだw
狐さんで良かった〜w」
白犬
「あれは面白かったよwwww>でぃあっか」
モナー
「ドクオさんお疲れ様モナー」
柊かがみ
「大丈夫大丈夫、つかさの人とか、ヤドンの人よりまだましだから」
ディアッカ
「いいんだよ、サムのRPなんててきとーでw
ログ読みの必要はないぜw>tuy」
金糸雀
「二日目は何を言ってるか分からなかったかしら逆・毛玉と逆毛・玉について話してると思ったかしら>こなた」
柊つかさ
「ドクオさんお休みなさーい」
ディアッカ
「一番恥ずかしかったのが人柱COしたのに○貰ったとこ

マジで顔真っ赤になったぜ」
柊つかさ
「うふふふ、お姉ちゃんはお姉ちゃんなこと多いよね〜」
御剣
「真剣に悩んだからな、どうすれば良いか・・・何が最善か・・・と>できる夫」
泉こなた
「RPはやりすぎても本人気づかないことも、その性質上よくあるし、いやになったら素直にPL発言でそれはちょっといやだなって教えてねー<76さん」
白犬
「あー。みてみるとほんといろんなひとがいろんなのしてるんだね」
金糸雀
「できる夫吊りは間違ってないかしら。できる夫ならきっとカナたちのために崇高な犠牲となってくれるって信じてたかしら。」
柊つかさ
「ううん、狩人COする前にパンダになった時にできる夫さんがすぐ吊られなかったのは、翠星石ちゃんの信用が高かったからだし。あとは狩人日記をしっかり書いててくれたおかげで信用しやすかったっていうのもあるから、できる夫さん自身の力だと思うよ〜」
サム
「やっぱサムさんはもっと張っちゃけるよねw>るーみあさん
よし、次はもっと頑張ろう」
ドクオ
「やばい、まじで眠くなってきた。落ちます。
みんなおやすみなさーい」
できる夫
「金糸雀さんに疑われたのも悲しかったですが……あの遺言は素晴らしかった
貴方もまた、被害者なのですからね……

……今後、柿崎を見かけたら容赦なく吊るとしましょう
中身? 知りませんね、ふふふ」
モナー
「いきなり噛まれるとあまり関係ないモナw>翠星石さん」
白犬
「でもたぶん村人でも書いてた」
柊かがみ
「いえいえこちらこそ
かがみんは結構やりやすいのでお気に入りです」
白犬
「まぁ狐ちゃんは死んだらそこで終わりだからねー」
ディアッカ
「意外な人が意外なRPしてんのねー」
DS114
「潜伏ね まぁ原因はわかってるんだがね」
サム
「いや、ログちゃんと見ないでやったから全然ダメだったよ
もっとみないとだめだねw>ディアッカ」
泉こなた
「それは初日(2日目)に私が通った道だ!<金糸雀」
できる夫
「ふぅ……正直、御剣さんが占いランを決めるまでの1分間が一番長かったですよ
今か今かとCOのタイミングを待ち構えていました」
柊つかさ
「あ、そうそう、白犬さんの遺言もなんとなく狐COっぽく見えたですw
狐さんならああいう遊び方するかなって」
翠星石
「モナーの中がおおさかさんでしたか・・・色々カオスですぅ・・・」
モナー
「村人の村人力が強かったしいい村だったモナ」
サム
「あ、ほら、カナリアンとして当然だろ!!>できるお」
白犬
「犬だけじゃだめだとおもうんだ…
そうだ、猫になろう」
金糸雀
「今頃逆毛玉じゃなかったことに気づいたかしら。まぁでもいいかしら。大勢に影響はないかしら。」
翠星石
「・・・サムの中の人tuyさんじゃねーですか・・・大人しいと思ったら」
泉こなた
「って、かがみんまた>>76さんかい!
なんかすべりがいいなあとおもったら。

いつもお世話になってます(ぺこぺこ」
サム
「いやな、できるお信じてたよ!
ただ流れ上、ねw>できるお」
ディアッカ
「「俺はいつもこんな感じなのか…」
とか思って集中できないできないw
だから前半あんなに強気だったんだよ俺w>tuyさん
柊つかさ
「こなちゃん〜〜〜〜〜
そういう言い方したらお姉ちゃんにまた怒られちゃうよ……?」
翠星石
「お疲れ様ですぅ」
山田平吉
「さっきの村でも初日吊られしてたでやんすね〜。DSさん。
潜伏修業は必要かもでやんす」
できる夫
「かがみさん、つかささん、貴方たちに感謝します
僕が吊られそうになったときに、一番庇ってくださったのは貴方たちです



……とりあえずサムさん? ちょっとこちらへどうぞ?」
柊かがみ

                              ____
                  __,.-‐─‐:-/}-‐'" ̄: : :_:二ニニ=-
                  ,.イ´ : : : : : : : : : :|: : : : : : : : :`ー-.、__
             厂 |'.: : : : : : : : : : : : : :|ヘ::::. : :.、: : : : : . . . .`ヽ、
         rー‐-ァj  |...厂7. . . ....:: : :/:.:| ∨:: : :|. . . 、. . .ヽ、__.. .\‐-、
         {;;;;匚___/../ /_. . .:: : :/ : :|   ∨:: :|: : : :|: : . . .\`ヽ、\;;}
          j/;;;;;;;j__......\__/:./:: .:/|: : :|    |::: :|V: : :|: : : : :::: ヘ;;;;;\~`
          〈;;;;;;;;;匚__ ̄|:: : : : :;:\:/ |: : j     |::.:| V/|:: : : :.i:: : :ヘ;;;;ノ
         \;;;;;;;|:::|_| : : : :/::.:/\、|:.:/     |::j/|: :j、:: : : :|:::: : :ハ
         |:::\|: : :/|: : : :/|::./____j;/、〃 、_ノj/_,|;/_∨::: :|:::: : : :|
         |::::::::|: :/:::|: : :/アテ弐オゞ      ヂ弐マヤハ::}:: .:ト、:::: : :|   お前が言うな!
         |:::/::|;/:(`|::.:/ ' ,弋zィ;リ ,'       Vzィ;ソ ,' ,ハ:::|:: :j \:::j
         j/:::::i:::::::ゝ|;/   `ー-‐ "       `ー-‐" {ソ:::|::;/   ∨
          |:::::::::|: ::::::::`ヘ.                  ""j::::..|'"
           |::::::::::|: : ::::::::| ヽ、     ,.-──‐┐  ,.ィ'´::: .:|
            |:::::::::::|: : : :::::|   `>‐-ゝ='二ニ='‐<´ |:i:::: : :|
            |::::::::::::|: : : :::::|,.イ´   |     |    ` |:|::.: : :|
          j::::::::::::::|: : : : ::|、\     |─--─|    /|:|:: : : |
          |:::::::::::::::|: : : : :|、.\\   |    |  //.|:|: : : :|
白犬
「DSさん100を越えて歴戦のあれなのに…実は潜伏苦手?」
翠星石
「やっぱこの路線で狂占いもやっときますか
銃殺対応が問題といえば問題なんですが・・・」
ヤドン
「うし、寝るか。俺のようにのんびりとした、静かで大きなあの沼でな・・・」
柊つかさ
「ドクオさん真を一番切った理由は、ヤドンさんを狐扱いしたから、かなぁ。
ヤドンさん狐にはちょっと見えなかったし……もちろん、逆毛玉さんも狼さんにはあんまり見えなかったっていうのもあるけど」
泉こなた
「あとDSさんはちょっとこっちこようね!
潜伏の練習をしていってね!

ばかなの!しんだの!」
できる夫
「そりゃそうでしょう。少佐さんも、今回ばかりは相手が悪かったですね?
この信頼と実績のできる夫をはめようだなんて!」
サム
「いやあディアッカの前でサムやるのは緊張するなw」
白犬
「そういや共有はそうだったwwwwwwwww」
翠星石
「十分できてたですよ、翠星石が生き残れたのはできる夫のおかげですぅ」
白犬
「おつかれおやすみー」
御剣
「正直最後の最後までできる夫疑ってた」
モナー
「みっちゃんもよく頑張ったモナ、生き残りたくなかったら先CO譲っちゃダメモナwwww」
泉こなた
「           ____
        /:;:;:;:;:`ヽ.
       ./;/   ヽ;:',
      /;/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::' まあまあかがみん,
  /:::::::::::::::::::/|:::::i::::::::::|\::::;i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/ !;;ハ::::::::|  \!;;;ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/〒テテ ヽ::::| テテテ'!ヽ\:::::::::', 
 !::::/::i::::::::ハ ヒ:;:;r  ヽ! ヒ;:;r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:! ""        "".l:::ヘ:::!:|   本人も謝ってるしゆるしてやってよ  
   ヽ! ヽ!::|::i>、.   、_,、_,  ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
     |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::| 」
白犬
「希望通りの狐でした(キリッ」
柊かがみ
「はぁー、ま、つかさがそう言うのならしかたない、ゆるしてやろう」
柊つかさ
「できる夫さんが狩人さんだったのはラッキーだったかも。
狩人COあったおかげで最終日残しでいいって思えたから〜」
少佐
「おつー」
白犬
「できる夫疑わせるのはむずかしーとこだったんじゃないかなー」
泉こなた
「ちなみに誰もできる夫疑ってくれなくてちょっと寂しかったけどね〜w」
金糸雀
「うーん安全策を求めて状況から吊って良いと判断したところが両方とも村役職とかカナもまだまだかしら。」
できる夫
「僕も希望通りの狩人でした。……いやはや、仕事らしい仕事はしていませんがね」
モナー
「毛王さんも結果的に狼とトレードオフだったんだし●出されたこと考えたら最大限の仕事だったと思うモナ」
白犬
「狂人のメリットは破綻が怖くない、結果騙りなので早くCOできる」
ディアッカ
「サムを意識してしょうがねぇよw
めっちゃ疑ってたぜw」
サム
「有利な上に初日に狼吊れちゃってたもんね」
泉こなた
「    \   ゝ‐<::./::./ .::.::.::.::\/  | .::.::.::.::.::.:: /::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.:::
       \ 〃 / _  ヽ:/::.::.::.::.::.:/\  |::.::.::.::.::.:: /::.::.:: |::.::.::.::.::.ヽ::.::
      {{ / / __ ヽ ',.::/::./   `ー |::.::.::.::.:: / |::.::.:/|_::.::.::.::.:l::.::
.   ──  |  ! /r ) } |イ斤テ左≡ォz /::.::.::.::/ 斗七 !::.::.::.::.::.::.|::.::
.         ∧ ヽヽ _/ /::! レヘ :::::::::/ /::.::. /    j /  | .::.::.::.::.:: |::.::
.     , -―ヘ  `ー   /.::.| rー'゚:::::::/ /::.:/   テ左≠=ヵ::.::.::.::.::. |::.::
____/   {     /.::.::.| ゞ辷zン //    う。::::::7 /イ .::. |::.::.::.|::.::     
彡_/     ヽ    イ ::.::. |             /ヘ:::::::/  |.::.::.:|::.::.:∧::. ドクオ真にみせたかったね!
〃   V    ヽ    ヽ.::.: |              ヾ辷:ン /:l::.::./!::.:/          
 l    {      ∨  }__.::.|\     <!         ・ /::.l::|::./│/         
 ヽ   ヽ     {      ̄ ̄ ̄`ヽ _         イ::.: l::|:/ j/           
、 \   \    }           ) / ̄ ̄ ̄l7::.:|::.::.j::l′ / 」
山田平吉
「ん〜終わってたでやんすか
占いさんと狩人さんGJとしか言いようがないでやんすね」
柊つかさ
「お姉ちゃん、こなちゃんもそういうお仕事だから……ね?
許してあげようよ〜」
ドクオ
「希望が通って狂人になれたから、はりきってみたけど駄目だったとさ」
できる夫
「             ____
            /     \
          / ⌒  ⌒  \   させませんよ
         /  (●)  (●)   \
        |      __´___      |
        \     `ー'     /                                                  
   | ̄ ̄ ̄〉,ァ''"       ゙ア´ ̄`/ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |     `r´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、\     |
 ,-┴-、 購〈.,, ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/.く     |__
/ .-┬⊃  <    ,;,, ;;; ,,;;       ,fr::<,   rニ-─`、
! ;;ニ|    /    ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:ノ     `┬─‐ j
\_|    <    ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:〈 利書   |二ニ ノ
   |    <    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.<     |`ー"
   |__/:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:∠____|
        l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ      ビリィィィ
山田平吉
「まあ毛玉…じゃない毛王さんも仕事はしたでやんすよ
2打席1三振1犠打1四球って感じでやんすね」
オプーナ
「お疲れ様だ。翠星石は疑ってすまなかったな。
詫びといっては何だが、オプーナを買う権利をやろう!」
白犬
「喋る狐、楽しいんだけどねー」
サム
「グゥレイト!!!」
柊かがみ
「お疲れ様ー

こおおおなああたあああああああ」
翠星石
「ま、翠星石にかかればざっとこんなもんですぅ♪
村有利な人数ですけどね」
ヤドン
「お疲れさま!」
金糸雀
「お疲れ様かしら」
ドクオ
「みんなお疲れー」
できる夫
「ふぅ……ま、計算どおりですね」
御剣
「おつかれ」
逆毛王
「wwwwwwwwwwwwっをつかれwwwwwww」
白犬
「おつかれさまだよー
あっというまにじゅさつされていぬとしてはおなかをうえにこうさんだよー」
ディアッカ
「グゥレイト!やったぜ!」
DS114
「お疲れ様」
泉こなた
「おつかれさまでしたー!
ごめんね狼ぃー!」
モナー
「お疲れ様モナ〜」
柊つかさ
「おつかれさまでした〜」
白犬
「毛王さんはしょうがないw
でも真の仕事は真っ当したと思うよ」
柊つかさ
「3-1で銃殺でてるから、真狼狂−真、ドクオさん視点だけ真狼狂−狼。
霊脳さんが●1こだしてるからどの占い視点でも●1こ吊れ。
占いローラーで●もう1個吊れて、あとは占いが●出したとこつれればおしまい」
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            泉こなた は投票の結果処刑されました
7 日目 ( 1 回目)
できる夫1 票投票先 1 票 → 泉こなた
ディアッカ0 票投票先 1 票 → 泉こなた
御剣0 票投票先 1 票 → 泉こなた
サム0 票投票先 1 票 → 泉こなた
柊かがみ0 票投票先 1 票 → 泉こなた
泉こなた6 票投票先 1 票 → できる夫
翠星石0 票投票先 1 票 → 泉こなた
            泉こなた は できる夫 に処刑投票しました
            御剣 は 泉こなた に処刑投票しました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
いやー、よかったモナ
            ディアッカ は 泉こなた に処刑投票しました
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
はい、負け確定
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ディアッカ
「最終ターゲットロックオン!!狙い打つぜ!!」
サム
「霊能語りはタイミング難しいのかね
初日夜にきめてないということもおおいのだろうけど」
ヤドン(唐沢)
うまーく回ったと思うぞ?
白犬(茶犬)
4票入った、確定
            柊かがみ は 泉こなた に処刑投票しました
泉こなた
「Ok,みっちゃん、残りよろしくねー。
あと、翠星石つりには多分意味がないよ。」
翠星石
「あ 投票はもう終えときましたよー」
翠星石
「3-2はロラってLWだからそれも難しいですか
でも真に見られるってのは大きいですかねえ」
柊かがみ
「::../.:::::::l.::::l::l:ll三三三三イ.::::::::::::::::::::/.:::::,イ.::::::l.::、:ヽ、
:/.:::::::::l.:::::l::l:ll三三エ//.::::::::::::::::::::ノ.:://!.:::::ハ.:::ヽ、ヽ
::::::::::::l.:::::::!:l::ヽ::>/.:::/.::::::::::::::::/-+ 、 j l.:::/:::l.:::::::::j 、ヽ
:::/.::::l.::::::::l::l::::::y.::::, .::::::::::::::,::イ.::/  Y、!:/.:::::!.:::::::::l ヽ l
/.::::::l.::::::::::y´7.:::::/,.::::::::::::://':/,、‐-、' j/.::::::::!ヽ::::::!  j|
:::::::::l.:::::::::f f.::::/l:l.::::::::/' /イ/ (`t=、 ノ.:::::::::::l1 ヽ::l   j
:::::::::l.:::::::::l、!.:,ヘ l.:::::/ / /  l /f:/ イl:l::l.::::::::!l  `j  なーでん、いっつもわたしばっかり
:::::::::!l.:::::::、.::レ、_' .lイ:/     l/::/ /.:::/.l∧.::::::!l
::::::::l.:!.:::::::ヽ.:::!'  !レ.        ¨ /.:::/7 ! l.:::/ l  こんな目にあうんだろ…
:::::::l.::!.:::::::::ヽ.::ヽ    """     丶.// j l.:/ j
::::::!.::::〉、::::::::ヽ.::ヽ、     rっ/l/    .レ ./   ごめんね、つかさ、こなた…
:::/.:::/.:::ヽ:::::::::::ヽ.ヽ` ー 、.__ / ./
/.:::/.:::::::::::\:::::::::ヽヽ/::.l
::::/,.. -――- 、、:::::::ヽヽ〃
:/ y‐'´ ̄ ̄``‐、ゝ:::::::ヽ'、
:::/         ヽ::::::::f 1」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
◆ヤドン(唐沢) 村人、能力者がこうまでうまく回ったらまあ勝つわな。 ええええええええええええええええええええええええ?
ディアッカ
「OK、隊長さん!」
            サム は 泉こなた に処刑投票しました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
決定者の存在がここまでクローズアップされたのは初めてじゃないモナ?
白犬(茶犬)
狐がちょっとダメすぎたかなー
翠星石
「まぁ●出されちまうとこうですよねー
狼が機転を利かせて霊COしたらまた違った場面だったのかもしれねーですが」
御剣
「こなたを吊って駄目だったら翠星石を吊る
この意見はもう変える気はない」
白犬(茶犬)
これで、2票
ヤドン(唐沢)
村人、能力者がこうまでうまく回ったらまあ勝つわな。
できる夫
「……ここから逆転のシナリオなど、ありえない。最悪を想定したとしても、です」
            翠星石 は 泉こなた に処刑投票しました
サム
「だな>ディアッカ」
泉こなた
「とりあえずみっちゃん、今夜は私吊りでいい?
ここまでくるともう本当に関心するよ。

できる夫が死んでないあたりはまあいいとして」
柊つかさ(まるるん。◆piyo2xng9M)
吊り3回あるからほとんど詰みだよね?
村負けあるとしたらドクオさん真の場合だけ、かな?
サム
「狂人でも今日吊る必要ないでしょ
もし真ならここまで仕事してくれたことを評価して残してあげたいよ
狂人でも同じだね」
翠星石
「初日に吊って囲いじゃ○しかでねーのも通りですがw」
柊かがみ
「ねー、こなたー、とりあえず狼COしちゃいなさいよ
怒らないから、さ」
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
まぁできる夫視点そこ妄信かしらw
白犬(茶犬)
できる夫の動作の色々なところで吹くなぁ
ディアッカ
「やれやれ、逆毛玉には悪いことしちまったなぁ」
できる夫
「御剣さん、今度は判断を誤らないで下さい
……貴方が裁くべき人間は、そこにいる」
翠星石
「しかし銃殺出したとはいえ完全○進行で申し訳ねーですよ・・・」
できる夫
「……ええ、僕たちには、まだ余裕がありますよ、常識的に考えて
しかし、これはあまりにも……やり切れない……」
泉こなた
「まあそうだね。
ただ、翠星石狂人の可能性が高いんだよなあ、それを見越して。」
翠星石
「ああ もし翠星石偽を疑うなら吊ってくれて最終日でも構わないですぅ
できれば生存のまま勝利したいなー なんて思いますけど」
ディアッカ
「ま、サムとの共同戦線も悪くなかったってところかね…」
白犬(茶犬)
できる夫の投票はええwww
サム
「うん、こなたつってダメなら緑吊って最終日でいいでしょ」
ディアッカ
「これで終わらなくても、翠つりゃ問題ねぇしな
ま、終わるだろうけど」
柊つかさ(まるるん。◆piyo2xng9M)
翠星石ちゃん決定者さんだし、これは大丈夫っぽいかな〜
            できる夫 は 泉こなた に処刑投票しました
泉こなた
「む……マジモンに少佐狼翠狂人(逆かも)だったの?」
翠星石
「まぁ、負けを悟って柊姉妹でも最後に食べちゃれって思ったってとこじゃねーですかねえ」
できる夫
「僕は……最後まで、翠星石さんを守ると決めたのです。そして……この結果で、
村は勝てる。勝てるのです。……クソッ!」
サム
「翠真としてみれば、極めて妥当なシナリオだね。あまりにも・・・」
ディアッカ
「嫁との生還宣言は、最後に食うって意味かよ・・・
ナチュラルの女はやっぱ恐ろしいぜ」
御剣
「最後のチャンス・・・成果を果たしてくれてご苦労だ>翠星石
柊かがみ
「こおおおおなああああああああああたああああああああ」
白犬(茶犬)
AAかわいいなー
できる夫
「クソッ……! 守るべきだった……彼女を……
僕は……何を……!? ……いえ、仕方ありません」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
つかささんお疲れ様モナ
翠星石
「消えたと思ったら↑に行ってたですか・・・」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
つかさもお疲れさん。
山田平吉(桑畑三郎)
ん〜お疲れでやんす
柊かがみ
「つかさ────!!!!」
泉こなた
「おはよー。
ってつかさぁあああああ!?(〒〒.」
サム
「占い結果街だね」
翠星石

こなた● まぁ順当に             r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ

可愛い可愛い翠星石が村人勝利をアナウンスですぅ♪
こなた● 順当に初日囲いでしたね」
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
つかさお疲れ様かしら。
御剣
「正直何がなんだかわからない」
できる夫
「ふざけるな! 狼……! ふざけるな! なんで、彼女を!?」
柊つかさ(まるるん。◆piyo2xng9M)
あ、噛まれちゃった。おつかれさま〜
サム
「おは。つかささんかよ」
柊かがみ
「おはようー」
ディアッカ
「さて、どっちから吊る?」
できる夫
「なん……だと……? ……柊さーん!」
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オプーナ さんの遺言
俺を噛んだりしたやつにはオプーナを買う権利をやらんぞ!
柊つかさ さんの遺言
そろそろ私噛まれちゃうのかなぁ……
お姉ちゃん、こなちゃん、先立つ不幸をお許しください。
少佐が狼さんでいいと思う。だとしたら……こなちゃん初日囲い、かなぁ
            柊つかさ は無残な姿で発見されました
            (柊つかさ は狼の餌食になったようです)
            泉こなた たち人狼は 柊つかさ に狙いをつけました
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
共有乗っ取ったのにヒソヒソが聞こえないとか喜劇かしら
白犬(茶犬)
なるほーどー
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
つまり共有乗っ取り可能になったってことだな
モナー(◆h/OSAKA/gc)
なくなったモナよ〜
白犬(茶犬)
狐は岡目八目で出来るから楽なんだけどなー
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
ヒ素ヒ素があると共有騙りがしにくいからいいんじゃないかしら
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
なくなったらしいな
白犬(茶犬)
そういえば共有のヒソヒソってなくなったの?
モナー(◆h/OSAKA/gc)
ミッチャンが面白過ぎるモナwww
翠さんが決定者じゃなかったら怒ってるところモナ
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
最後までよく頑張った!
白犬(茶犬)
RPしながら仕事しながら生存してるのほんとすごいな
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヤドン(唐沢)
みっちゃんかっこいいのに後の発言でだんだんとかっこわるいな。気持ちは判るけど。
しっぽ食うか?
できる夫の独り言
「では……さようなら、翠星石さん」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
御剣、独り言の割りに声でかすぎw
ディアッカの独り言
「逆毛玉は結局真でよかったんかね?」
柊つかさの独り言
「でも金糸雀ちゃんの言う通りだよね。
翠星石ちゃん狼はないと思う」
サムの独り言
「できるおかまれればほぼ判明なんだけどな・・・
それかGJだしてくれ!」
柊かがみの独り言
「6残りは無いと信じたいわね」
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
我が同胞、泉こなたとDS114に傾注!!
できる夫の独り言
「金糸雀さん、もうすぐそちらに参ります。……疑って、申し訳ありませんでした
どうか、許してください」
御剣(共有者)
「狼は・・・2匹だと!!信じられない!!!」
翠星石の独り言
「            r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ

可愛い可愛い翠星石が村人勝利をアナウンスですぅ♪」
白犬(茶犬)
翠-ディア狼って事?でもそれだと少佐の○なんだよね
ドクオ真だと思ってるなら別だけど
ディアッカの独り言
「かがみ吊ってこなた吊って…OKだろ!」
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
いやいや、こなた。君はよくやってくれたとも
御剣(共有者)
「今の私には自分しか見えていない
後吊り回数を4回増やしてくれ」
できる夫の独り言
「……駄目ですね、普段から冷静を心がけるこのできる夫も……彼女と、やる夫君を
前にすると、平常ではいられなくなる。そしてそれが……たまらなく、楽しい」
泉こなた(人狼)
「占い噛む→護衛されてるorやったらかがみんと私吊りになる」
ディアッカの独り言
「よし、RP完了」
ディアッカの独り言
「グゥレイト!!!グゥレイト!!!」
サムの独り言
「そしたらディアッカつりだな
サムは貰った!!!」
泉こなた(人狼)
「ごめんねー少佐、先に反省COしておくよー」
オプーナ(サク◆sUDNcvC9E2)
◆翠星石 ディアッカ○でした・・・
◆ディアッカ 今日は俺吊りで構わないから、翠星石決め打ちでいかないか?
この流れが美しすぎて翠に対する疑いを強めたんだが…w
御剣(共有者)
「つまり私は今日こそ噛まれる
というか噛んでくれ」
ディアッカの独り言
「グゥレイト!!!グゥレイト!!!」
できる夫の独り言
「おっと……最後の、勤めを果たさねば。翠星石さん、貴方を守ります
……妄信と言われても構わない、僕にはその理由がある」
白犬(茶犬)
みどりんは犬が狐じゃなかったら尻尾振ってもうあれだよね
翠星石の独り言
「勝利のAAでも探してくるですか」
ディアッカの独り言
「あ、グゥレイトって一回もいってねぇや!」
柊つかさの独り言
「うーん……一応、ドクオさん真の場合も考えとこうっと」
サムの独り言
「まあどっちにしろ翠しんじれば明日でほぼ結果判明で7
翠って翌日5>3
ここで破綻してても、最終日があるってわけか」
泉こなた(人狼)
「占いは噛めないしなあ・・・・んー。」
翠星石の独り言
「久々に占い引いて生存勝利の可能性大なのは嬉しいですぅ♪
安全策に最終日勝負でも全然構いませんけど
19人はやっぱ狼サイドに不利ですねぇ」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
あーあ、負けか
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ふむ、これは詰んでしまったな
御剣(共有者)
「7>5>3
後3回あるぞ、勝負は最後まで長引かせるもの」
ディアッカの独り言
「っていうか…○残しすぎじゃね?狼さんは」
白犬(茶犬)
できる夫はいいとこまで生存したから十分仕事してるねー
モナー(◆h/OSAKA/gc)
みっちゃんが色々と凄いモナwww
泉こなた(人狼)
「さーってどうすっかなあ。
ここでかがみんか私に決定だからなあ。どうすんべー」
            できる夫 は 翠星石 の護衛に付きました
山田平吉(桑畑三郎)
お、●キター
コレで積みでやんすね
御剣(共有者)
「翠星石には最後の占いのチャンスをやった
○なら吊り」
ヤドン(唐沢)
お疲れさま
できる夫の独り言
「色々なことがありました。沙都子さんは無事に帰れたでしょうか?
ふふふ……色んな人が、いなくなってしまいましたね」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
見つかったな
山田平吉(桑畑三郎)
オプーナナイス吊られでやんす
白犬(茶犬)
サムだからさ
ディアッカの独り言
「い、いかんいかん!!ここでぶれてどうする…!!
勝ちは目の前だぜ!」
            翠星石 は 泉こなた を占います
オプーナ(サク◆sUDNcvC9E2)
思いっきりミスリーでしたとさ。霊界の皆お疲れ様
翠星石の独り言
「できる夫狩人な以上占い結果は出ますし さー往生してもらいますか」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
ナイス誘導だったぜ。意図的なものだよな?
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
◆翠星石の独り言 ま、囲い疑いでこなた占ってもよし ○出ればかがみでよし
よゆーの勝利ってとこですねー
キターかしら
できる夫の独り言
「これは……助かったようですね、僕は。しかし……わずかな助命に過ぎない
明日の朝日は……拝めないでしょうね……」
ディアッカの独り言
「う…翠が真じゃなかったら…」
ヤドン(唐沢)
みっちゃんかっこいー
柊かがみの独り言
「あー、やっぱり最終日残されるっぽいわね」
白犬(茶犬)
狩人噛み→占い噛みになる前に終わりそう
サムの独り言
「なんでかがみこなたは俺にいれてるんだ?」
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
オプーナお疲れ様かしら。
御剣(共有者)
「あきらめるんだな わたしは もう 翠星石が狼でもかまわない」
ディアッカの独り言
「オプーナじゃ、ない…」
泉こなた(人狼)
「くぁーもう、明日には占われちゃうじゃん!」
翠星石の独り言
「ま、囲い疑いでこなた占ってもよし ○出ればかがみでよし
よゆーの勝利ってとこですねー」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
オプーナさんお疲れ様モナ、すごくGJだったモナ
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ようこそオプーナ
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            オプーナ は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
できる夫1 票投票先 1 票 → オプーナ
オプーナ5 票投票先 1 票 → 柊かがみ
ディアッカ0 票投票先 1 票 → オプーナ
御剣0 票投票先 1 票 → できる夫
サム2 票投票先 1 票 → オプーナ
柊かがみ1 票投票先 1 票 → サム
泉こなた0 票投票先 1 票 → サム
柊つかさ0 票投票先 1 票 → オプーナ
翠星石0 票投票先 1 票 → オプーナ
            泉こなた は サム に処刑投票しました
白犬(茶犬)
おお、できる夫に入れるもさもさがって共有wwww
ヤドン(唐沢)
御剣かわいそうです
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
まんじょういっちwwwwwwwww
            オプーナ は 柊かがみ に処刑投票しました
白犬(茶犬)
あの発言はそりゃ吊るわwwwww
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
オプーナーは仕方ないかしら。翠星石投票は疑われるかしら。
            御剣 は できる夫 に処刑投票しました
            柊つかさ は オプーナ に処刑投票しました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
◆オプーナ できる夫吊るなら先に翠星石吊りだろう
素晴らしい避雷針っぷりモナ
            できる夫 は オプーナ に処刑投票しました
白犬(茶犬)
おお、いい感じにオプ吊り
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
オプーナか
ヤドン(唐沢)
オプーナに流れ弾がwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
白犬(茶犬)
グレー吊りしてほしいねー
            柊かがみ は サム に処刑投票しました
            サム は オプーナ に処刑投票しました
            ディアッカ は オプーナ に処刑投票しました
白犬(茶犬)
異議4つwwwwwwwwwwwwwwwwww
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
共有なんて無視するのが訓練された村人かしらー
            翠星石 は オプーナ に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
モナー(◆h/OSAKA/gc)
タコ殴りモナwwww
白犬(茶犬)
サムwwwwwww
柊つかさ
「うん、だったら急いで吊らなくてもいいんじゃないかな。
できる夫さんは最終日勝負でいいと思います」
翠星石
「あー できる夫が守ってくれてたんですねぇ ありがとーですぅ♪」
できる夫
「……これが、僕の最後の仕事です。明日には死体で見つかるでしょう
翠星石さん、……どうか、ご無事で」
オプーナ
「できる夫吊るなら先に翠星石吊りだろう」
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
よーしいいぞ御剣! それでこそ、それでこそ私が信じた共有だ!
その強権を以って狼ですらない村人を吊り上げるのだ!
泉こなた
「ちなみに勘違いCO。
かがみんが嫁扱い嫌がってたなら、私がかがみんの嫁になればいいんじゃないだろうか、と」
柊かがみ
「翠星石を信用する発言を3日前からしてたできる夫は村だと思う!」
ヤドン(唐沢)
でーたー
            サム が異議を申し立てました
            翠星石 が異議を申し立てました
サム
「意義ありどうやんだ!?」
柊つかさ
「もしできる夫さんが狩人さんだったらCOして欲しいかも」
できる夫
「〜できる夫の狩人日記〜

初日 護衛:なし
狼、ですか……
しかし残念ながら今日は準備が間に合いません
村の皆さんには申し訳ありませんが、時間が足りないのです

2日目 護衛:こなたさん
ふっ……これはチャンスですね。護衛はもちろん○のこなたさんです
狼も狩人を警戒して占いや霊能は狙わないでしょう
モナーさんとグレーが噛まれる可能性は高いですが……
まあ、こなたさんに比べれば致し方ありませんね
……翠星石さん、貴方の護衛につかなかった事を、お許し下さい

そして金糸雀さん……僕を疑うのですか、少し寂しいですね


3日目 護衛:御剣さん
共有が抜かれましたか……失敗でしたね
しかし、まだここからです
霊能は相変わらず噛まれることはないでしょう
……いえ、この状況なら、噛まれた方が益です
では、ここは共有を護衛でしょうか?
いいえ、○2つのつかささん、貴方です

今日はこなたさんから投票されました。死にたいですね


4日目 護衛:翠星石さん
噛まれたのはヤドンさんか、白犬さん……意図が読めません
今日の護衛は占いのどちらかでしょう
狐が死んだ以上、狼にとって占いにもはや価値はありません
疑わしいのはどちらも同じ。……ならば、翠星石さん、貴方にしましょう
僕は貴方を守る理由がある

今日はかがみさんに投票されました。死にたい


5日目 護衛:翠星石さん
ふふふ……まさか、自らボロを出すとは
間抜けな狼で助かりました、そして感謝します
これで翠星石さんの護衛に専念できると言うものです
……貴方を守って死ぬのであれば、このできる夫に悔いはありません

金糸雀さん、こなたさんに投票された。死ぬ」
ディアッカ
「少佐はもともと信用してなかった
自分で○出した俺に突っかかりすぎだったからな
ドクヲか翠だったが、昨日の吠え数で確信したぜ」
翠星石
「確定はできませんが信じて欲しいですぅ・・・銃殺は合わせられちまいましたけどね
もう翠星石支店仕事は終わってるんですよ ○噛まなかった結果がこうです」
オプーナ
「2」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
できる夫
「ふん……そうですか。では、これを御覧なさい!」
白犬(茶犬)
ここで異論も認めないwwwwwwwwwww
            できる夫 が異議を申し立てました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
みっちゃん何言ってるの!!
            柊かがみ が異議を申し立てました
できる夫
「翠星石さんが真でなければ、真はドクオに確定します。……どうでしょう?
僕はその可能性は限りなく低いと見ている」
泉こなた
「ふーむなるほど。
っていうか、みっちゃんこの期に及んでまだ変なこと考えてるの?
まあ、ドクオ真の可能性もゼロじゃないけどさー」
柊つかさ
「うーん、そうだね。グレー吊り&グレー占いで翠星石ちゃん明日吊れば、最悪でも最終日勝負にはなるし」
御剣
「できる夫吊り、異論は認めない」
白犬(茶犬)
嫁と生還COってなんのCO?
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ディアッカとの茶番に効果があればよいのだが……
御剣
「翠星石は・・・真・・・かもしれない」
柊つかさ
「オプーナさんは狼だったら誰が真占いかわかってるだろうから、そういうあからさまに疑われるような投票はするかなぁって思うんですけど……
でも逆にそう思わせようとしてるってのもあるのかなぁ」
翠星石
「オプーナその内吊れるでしょうって思ってたから占わなかったんですよねぇ」
サム
「グレー吊り&グレー占いで明日みどりつればいいんじゃないか
で、最終日に残ったグレーで終わりでしょ
翠妄信なら」
ディアッカ
「んじゃ、オプーナにでも入れるかね」
できる夫
「……サムが僕を疑っていたことは不問にしましょう。ええ、許しますとも
金糸雀さんに……感謝しなさい……クソッ!」
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
お疲れ様かしら。こなた狼とは驚きかしら。でも囲い先だしいけるかしら。
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
玉じゃねえええええええええええええええええええええええええええ
翠星石
「ディアッカ吊りは無しです できる夫吊りもやめて欲しいです
翠星石吊ってこの3人釣りきりでおっけーなんですよ」
オプーナ
「翠が怪しいと言うより、翠の○のつかさが怪しいと思っている。
発言もどっちつかずなものばかりだしな。口調のせいかもしれんが」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
これだけ村が積極的に動くと狼さんも難しいモナね
柊かがみ
「私も翠星石決めうちしたいかな、と思ってたところね
もし吊るんだったら最終日でいいんじゃない?」
山田平吉(桑畑三郎)
前に給料日まで6日の時点で所持金80円という事態になった事があるでやんす
塩と砂糖と水で生き延びるのはきつかったでやんす
泉こなた
「詰まない詰まない。
あ、言い忘れた、マイ読めと生還CO」
できる夫
「僭越ながら、まとめを貼らせて頂きます

占い師
翠星石さん −サム○、つかさ○、白犬○、できる夫○、ディアッカ○
少佐さん −こなた○、ディアッカ○、白犬○、できる夫●
ドクオさん −逆毛玉●、つかさ○、ヤドン○

霊能
逆毛玉さん −DS●、山田○」
翠星石
「オプーナ かがみ こなただけですね
どっちにしろこの3人吊れば終了です
9>7>5>3 翠星石もう吊ってもいいですよ」
ディアッカ
「やれやれ…死なずに済んだか…
残り占われてない奴は…」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
金糸雀の遺言ドンピシャだな
御剣
「決め打つなら尚更ディアッカ吊れないな」
サム
「おぷーなが怪しすぎるんだよね。翠にいれてるしさ」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
ディアッカさんの発言のほうが早いってのが素晴らしいモナ
泉こなた
「村人だから挑発的って考えもあるけどね。」
白犬(茶犬)
人柱にする意味が無い!待て!
柊つかさ
「ええと……吊りは残り4回なんだよね。
安全策なら●と残った占い吊って、翠星石さん視点●ありえるところ吊り切れれば詰み。……詰みはないかな?」
サム
「俺も翠真でいいかなとおもう
ついでにかなはちょっと気になってたから村人とわかったのはいいね」
ディアッカ
「人柱にしてくれても構わないさ」
オプーナ
「ディアッカ○か。翠星石決め打ちなら吊れないぞ」
できる夫
「ディアッカさん、貴方が吊られる理由はない。狐もいない、○の貴方を
……どうして、吊れましょうか」
御剣
「よかったな、救われたな>ディアッカ」
柊かがみ
「こなた…?」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
金糸雀もお疲れさん
翠星石
「あら 占い先わざわざ狭める噛みしてくれたですか
これは嬉しいですねぇ」
白犬(茶犬)
◆翠星石 ディアッカ○でした・・・
◆ディアッカ 今日は俺吊りで構わないから、翠星石決め打ちでいかないか?
ワロスwwwwwwwwwwwwwwwww
金糸雀(乗月◆eWRf2d3f.c)
か、噛まれたかしらー
御剣
「それは人柱COという奴か・・?>ディアッカ」
泉こなた
「おはよー、少佐ったら役に立たない伝言を・・・」
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
カナお疲れー
白犬(茶犬)
カナリアの遺言キター
翠星石
「パンダかよ…
そろそろ占いローラー開始しないといけないって時に…」
「さぁて…どっちかな?>翠星石」
村人ならこんな挑戦的な言動ねーと思うんですよね・・・
俺じゃねーよって否定する場面だと思います

ごめんですぅ・・・村でした・・・」
山田平吉(桑畑三郎)
ほい、キムシジャンさんお疲れでやんす
御剣
「おはよう・・・」
柊かがみ
「おはようー」
できる夫
「……金糸雀さん、貴方は誰よりも村人だった。……悲しいです」
柊つかさ
「みなさん、おはようございます。
お姉ちゃん、こなちゃん、おはよ〜」
オプーナ
「おはよう」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
なぜかさいしょから玉よばわりされてたな
翠星石
「ディアッカ○でした・・・」
サム
「カナが!!!!!」
ディアッカ
「今日は俺吊りで構わないから、翠星石決め打ちでいかないか?」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
カナリアさんお疲れ様モナ
白犬(茶犬)
俺も毛玉だと思ってたwwwwwwwwww
モナー(◆h/OSAKA/gc)
少佐さんの銃殺対応見事だったモナ
白犬(茶犬)
占うか早いうちに消すかしないと本当に厳しくなる
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
少佐 さんの遺言
食事中なんだから邪魔しないでくれ
知らないのか?デブは一食抜いただけで餓死するんだ
この私が言うんだから間違いないぞ少年
ああ、できる夫吊りを忘れないでくれたまえ。デブは一人でいい
金糸雀 さんの遺言
翠星石が狼なら信用勝ちしてるのに占いを噛む必要があるかしら。つまり翠星石真少佐狼ドクオ狂人でFAかしら。
            金糸雀 は無残な姿で発見されました
            (金糸雀 は狼の餌食になったようです)
            泉こなた たち人狼は 金糸雀 に狙いをつけました
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
あ、俺も今まで毛玉って書いてたww
すまんな。
白犬(茶犬)
怪しすぎる人を村人、って考えるのは凄く難しいよね
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
しかし私は人間に殺されたか……はは、それも悪くない、最高ではないが悪くない
            翠星石 は ディアッカ を占います
山田平吉(桑畑三郎)
今メモ見たら逆毛王さんのこと逆毛玉って書いてたでやんすww
ごめんでやんすwww
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
その分決定者はかなり見つけづらいからね
モナー(◆h/OSAKA/gc)
って逆毛王さんだったモナか、素で間違えてたモナ・・・
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
権力者は吊られやすくもなるからなー
できる夫の独り言
「さて、最後の日記を書き上げましょうか。……やれやれ、寂しいですね
誰にも見せずに済むのは、狩人として当たり前ですが」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
逆毛玉さんwwww
サムの独り言
「カナあやしいな・・・でもカナつりにうごいていいのかw」
白犬(茶犬)
ディアッカが狼を見つけたようです
御剣(共有者)
「だ・・だいたいオプーナ怪しすぎなんだよ・・・くそ・・・」
ディアッカの独り言
「翠の嬢ちゃんを信じるならそうなるけどさ」
泉こなた(人狼)
「んー・・・・」
ディアッカの独り言
「…これは…カナリアかこなたか?」
御剣(共有者)
「ついにきたか・・この苦しみから解放は・・・」
サムの独り言
「こんなかかー少佐狼と見たら
おぷーなこなたかなか」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
れいのうけんりょ・・・いや、なんでもない。
できる夫の独り言
「しかし、ここでこのできる夫を噛んでくれれば御の字です
共有に○、占い……戦力は、まだ十分にある。そして狼は残り1
……勝てますよ、皆さんなら」
御剣(共有者)
「狼にとってローラーの邪魔をするのは無駄な行為・・・
となると今日は私を噛んでくる・・・」
柊つかさの独り言
「うーん、オプーナさんか、ディアッカさんあたりかなぁ……
オプーナさん、ここで翠星石ちゃん投票ってことは、翠星石ちゃん真ならあんまり狼さんなさそうだけど。そんなあからさまな投票、するかなぁ?」
サムの独り言
「オプーナ 0 票 投票先→ 翠星石
サム 0 票 投票先→ できる夫
少佐 6 票 投票先→ 翠星石
泉こなた 0 票 投票先→ できる夫
金糸雀 0 票 投票先→ できる夫

            できる夫 は 翠星石 の護衛に付きました
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
真占い兼決定者ってなんか心強いな
白犬(茶犬)
みどりんここではずれかー
柊かがみの独り言
「あー、私また残されるのー?」
金糸雀の独り言
「共有の対抗占いを許可するって対抗の○占いを許可すると言うことだった見たいかしら。勘違いして恥ずかしいかしら。」
翠星石の独り言
「ディアッカ 0 票 投票先→ 少佐 」
泉こなた(人狼)
「残り10を単独で生き残るのって結構つらいなあ。」
御剣(共有者)
「あーもう頭痛い・・・もう何がなんだか・・・」
柊かがみの独り言
「うーん」
白犬(茶犬)
少佐が吊れちゃったから破綻しても関係ない、ってことで
できる夫を噛んでくるかな
翠星石の独り言
「この場合少佐に投票してきた人が怪しいでしょね
翠星石真よりに見られて来てますし 浮いた投票はしたくねーでしょう」
金糸雀の独り言
「だからこそ翠星石には一回でも多く占いのチャンスをあげるかしら。カナの判断は間違ってるかしら。」
サムの独り言
「うーん、まあいいか少佐狼っぽいし」
泉こなた(人狼)
「毛玉●できる●として、あと●だせるのは誰と誰?」
できる夫の独り言
「しかし狼はこれで残り1のはず。……勝てますよ、皆さんなら
きっと、必ず」
白犬(茶犬)
みどりんはここでどこ占うかな
柊かがみの独り言
「できる夫村に見えるもの」
金糸雀の独り言
「翠星石が狼なら信用勝ちしてるのに占いを噛む必要があるかしら。つまり翠星石真少佐狼ドクオ狂人でFAかしら。」
できる夫の独り言
「しかし、目立ちすぎました。失敗でしたね……狼には、狩人だと見抜かれたでしょう」
翠星石の独り言
「こりゃーラッキーです 真決め打ちってくれるとうれしーんですがw」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
少佐おつ
白犬(茶犬)
占い師で決定者ってのもいいなーw
山田平吉(桑畑三郎)
ん〜狼お疲れ
翠星石の独り言
「お、村人残してくれましたねー」
サムの独り言
「あれ?」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
少佐さんお疲れ様モナ
白犬(茶犬)
しょうさおつかれー
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
少佐お疲れさん。
少佐(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
やあ諸君、お疲れさま
できる夫の独り言
「……自業自得ですね、少佐。このできる夫をはめようなどと……」
泉こなた(人狼)
「ふう、なんとか生き残れたね。
ちょっとまずかったかな?」
ディアッカの独り言
「真占いなら、あそこまで俺に突っかからなくてもいいはずだ…
真なら…わりぃ」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            少佐 は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 1 回目)
できる夫3 票投票先 1 票 → 少佐
オプーナ0 票投票先 1 票 → 翠星石
ディアッカ0 票投票先 1 票 → 少佐
御剣0 票投票先 1 票 → 少佐
サム0 票投票先 1 票 → できる夫
少佐6 票投票先 1 票 → 翠星石
柊かがみ0 票投票先 1 票 → 少佐
泉こなた0 票投票先 1 票 → できる夫
金糸雀0 票投票先 1 票 → できる夫
柊つかさ0 票投票先 1 票 → 少佐
翠星石2 票投票先 1 票 → 少佐
            柊つかさ は 少佐 に処刑投票しました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
翠星石さん決定者が効きそうモナ
            御剣 は 少佐 に処刑投票しました
            オプーナ は 翠星石 に処刑投票しました
            翠星石 は 少佐 に処刑投票しました
            泉こなた は できる夫 に処刑投票しました
            金糸雀 は できる夫 に処刑投票しました
            少佐 は 翠星石 に処刑投票しました
            ディアッカ は 少佐 に処刑投票しました
白犬(茶犬)
と思ったら村人がギリギリアウト?
            柊かがみ は 少佐 に処刑投票しました
            サム は できる夫 に処刑投票しました
            できる夫 は 少佐 に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サム
「じゃあできるおでいいよね」
白犬(茶犬)
狩人セーフ!
できる夫
「では、僕は翠星石さんを信じるしかありませんね。……救われました」
柊つかさ
「予め用意してたなら、カウンターできないタイミングでもない……と思うけど、だとしたら結構すごいかなーって感じだったかな」
御剣
「当然今日からだ>少佐」
金糸雀
「翠星石が真濃厚だからこそローラーの中で翠星石に一度でも多く占いの機会を与えるかしら。だからこそのできる夫吊りかしら。」
山田平吉(桑畑三郎)
ナイス指定でやんす共有さん
ディアッカ
「占いランか…まー間違いなく最終日まではいくし、文句ねぇよ」
サム
「囲い農耕だよな。つかさは○と思えばさらに。つかさかまれ内の不思議だけどさ」
できる夫
「……今日は、占いラン、と考えていいのですね?>御剣さん」
オプーナ
「これだけ○が残ってるなら、囲いがいるのは間違いないだろう。
騙りの○ばかり残すと疑われるから、ではないかな?>翠」
少佐
「御剣>それは今日から、ということかね?」
柊かがみ
「すると初日に●出しそうなのは狂人かしら
ここで●うってくる少佐は狼かしらね
霊脳が死んだんだし」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
みっちゃん素敵過ぎるモナwww
白犬(茶犬)
狩人COするタイミングがとれない、ってとこかな、できる夫
柊つかさ
「真目で見てるのは翠星星ちゃん。
これまでずっと、真っぽいなーって思えたし。偽者さんだったらちょっとショックかも……」
泉こなた
「まあどっちにしてもローラーだったしねー。」
御剣
「占いラン、これが私の答えだ」
ディアッカ
「11>9>7>5>3
吊り回数には余裕あるし、グレランでも構わないぜ」
金糸雀
「翠星石が真濃厚なだけなら安全策をとるのが一番かしら。」
翠星石
「少佐の○生存 こなた ディアッカ
翠星石の○生存 つかさ サム できる夫
ドクオの○生存 つかさ  随分とまぁ○残してますねぇ」
できる夫
「……御剣さん。お願いします。答えを、お聞きしたい。ギリギリはお断りですよ?」
柊かがみ
「朝の挨拶の流れでCO発言順が「逆毛挨拶→CO●→霊脳CO」でしょ
その間に発言は3しかなかったから、まあ見て確認できるほど遅くないと思ったわけ」
柊つかさ
「逆毛玉さん真霊脳さんなら昨日投票した中に狼さん居ると思うんだけどな……
多いからあんまり参考にならないかなぁ」
ディアッカ
「さぁて…どっちかな?>翠星石」
少佐
「私視点では、サムかつかさという事になるが……グレーをまだ見たいのも確かだな」
金糸雀
「疑っていようがいまいができる夫を吊れば少佐はお仕事終了かしら。」
泉こなた
「……狐ヤドンだと過程すると、残るのは狼と狂人か・・・・
ここで狂人噛みとする意味はあるのかっていわれると・・・」
できる夫
「御剣さん、今日の吊りの予定をお聞きしたい。早く!」
御剣
「いやまて、11>9>7>5>3
後5回だ、占いローラで2回、パンダ吊りで1回
つまりすべて終わった後2回の吊りができるわけだ」
サム
「みどり信じてるのにできるお吊るのは安全策か?かなりあさん」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
権力者霊能が真確定してたら狼はしんどかっただろうね。
できる夫
「金糸雀……貴方は、僕を疑うのですか。悲しいですね」
翠星石
「さてこなたとディアッカどっちですかねー」
山田平吉(桑畑三郎)
ドクオお疲れでやんす
金糸雀
「◆御剣 「対抗占いは許可する!」
いいかげんにするかしら。」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
狂人としてはそれなりにいい仕事できたかな?
吊られじゃなく食われちまったのが残念だな
白犬(茶犬)
サムかっけえ
できる夫
「御剣さん、今日の判断をお聞きしたい。……僕にも覚悟がありますよ」
金糸雀
「とりあえずここからできる夫→少佐→翠星石の順に吊るかしら。翠星石が終わったらグレラン頑張るかしら。」
少佐
「許可してもらえるか。ありがたい」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
ドクオおつかれさま
柊つかさ
「残った占いさんは真狼か狂狼だね。
狂人噛みも今回ならありうるかな?」
御剣
「対抗占いは許可する!」
ディアッカ
「パンダかよ…
そろそろ占いローラー開始しないといけないって時に…」
できる夫
「ドクオさんは、おそらく狂人でしょう。逆毛玉さんを疑う理由はない
……そして、狂人を噛むことで、占いの信頼を低下させるつもりですか、少佐さん?」
柊かがみ
「んー
私は、翠星石決めうちしたいかしら

よくよく見てみると、逆毛王ってカウンターとは思えないタイミングでCOしてるのよね」
サム
「真でじゃまくさいからか、それとも狂人を真に演出したいのか、てとこか
後者くさい気がするな」
オプーナ
「パンダね…」
少佐
「ふむ、割れたが霊能がいないのではな……」
金糸雀
「ありがたいかしら。ローラ1手得したかしら」
ヤドン(唐沢)
お疲れさま。いい黒でした。
御剣
「狼だったと思ったがそんなことはなかったな・・・
となると今日はどうするか・・・」
白犬(茶犬)
翠とパンダしたか。これは…狼不運気味かも
できる夫
「ははは、これはこれは。……どうやら、僕の判断はあながち間違っていなかったらしい」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
みんな乙かれー。
翠星石
「○を減らしてこない以上囲いがいるとみてーですね
対抗占いしてもいいでしょーか?」
泉こなた
「この状態でパンダ・・・・すげえうさんくさいよ、両方とも」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
おつかれー。ナイスな嗅覚だったぜ。
白犬(茶犬)
どくおおつー
御剣
「おはよう、そして馬鹿なそんなことがありえるはずが・・・」
少佐

◆できる夫 「ヤドンさん……なんで、ここで貴方が? 嘘でしょう……
……いえ、これは? もしや、銃殺!?」

白犬が狐という可能性もある中、何故ヤドンを狐と見たのか。
少し疑問に思ったので占ったが、君が狼だったようだ」
できる夫
「……ドクオさん、ですか」
柊かがみ
「おはようー」
ディアッカ
「俺ねぇ…ふうん」
泉こなた
「おはよーってえええええ」
サム
「おはっす。ドクオ噛み・・・?」
翠星石
「初日のモナーとのやりとり
二日目、三日目の周りの人間に対する意見あわせってとこでしょーか
状況確認も多かったですしね、オプーナも占いたかったですが
オプーナは吊られそうですし(翠星石が2日連続で入れてるせいもありますが)」
金糸雀
「おはようかしら」
柊つかさ
「みなさん、おはようございます。
お姉ちゃん、こなちゃん、おはよ〜」
ドクオ(8817◆s9jWthagEM)
あ、食われた
少佐
「占いCO できる●だ!」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
ドクオさんお疲れ様モナ
翠星石
「占いCO できる夫○」
オプーナ
「おはよう」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
モナーは共有希望が通ったモナ、みっちゃんも多分共有希望だったんじゃないモナかね〜
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
逆毛王 さんの遺言
少佐-ディアッカラインがあやしいwww多分囲ってるんじゃないか?www
なんか茶番してたしwwwwあと俺権力者ですwwww
            ドクオ は無残な姿で発見されました
            (ドクオ は狼の餌食になったようです)
            少佐 たち人狼は ドクオ に狙いをつけました
ヤドン(唐沢)
●であること、真っぽいこと、信じることと、吊らないことは全力で違う。だから逆毛は吊でいい。
逆毛は十二分の仕事をした。
            翠星石 は できる夫 を占います
白犬(茶犬)
役職希望で狐にしたの流石に犬だけかな
モナー(◆h/OSAKA/gc)
ミッチャンしっかりしろモナwwww
白犬(茶犬)
護衛先吹いた
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
サムの独り言
「吊っといてなんだけど、毛玉真か?」
少佐(人狼)
「確かにw」
御剣(共有者)
「狼に告ぐ、私が悪かった村の人間をすべて噛み殺しても良い!われらは抵抗はしない!!」
できる夫の独り言
「……許してください、皆さん。僕は自分に正直に生きたいのです……」
泉こなた(人狼)
「何とか頑張って仕上げないとね」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
積極的な戦略性という面では狼さんに分があるね〜
ディアッカの独り言
「なんかサムがあやしいんだよな」
少佐(人狼)
「ふっ、残念だったな。あれは私の嫁だ、嫁だとも!」
泉こなた(人狼)
「最終判断は少佐に任せるよ。いやー、身内切れないって痛いなあ」
ディアッカの独り言
「しかし…喧嘩要因で俺を残すつもりかね?狼さんは」
山田平吉(桑畑三郎)
ま、用済みになった霊能が吊られるのは良くあることでやんすよね
そう切羽詰まった状況でもないでやんすし
できる夫の独り言
「ま、当然翠星石さん護衛なんですけどね
だってデブメガネと翠星石さんですよ?」
泉こなた(人狼)
「ま、たまにはこういう関係も悪くないね、かがみん☆」
サムの独り言
「サムRP悩ましいな。ディアッカのまねしようかなw」
御剣(共有者)
「こういうときの一番のリラックスの仕方は・・・暴走・・・だ」
少佐(人狼)
「まあいい、その方向でいってみよう」
泉こなた(人狼)
「セオリーに頼る面々多いからねーw」
翠星石の独り言
「占い先はできる夫に決めますか」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
権力者であることもあれだったな
できる夫の独り言
「……ですが、その場合……噛まれたのは、ヤドンさん? 何故ですか?
これは一考の余地がありますね……あまりにも、タイミングが妙だ」
ディアッカの独り言
「最終日まで持ち込めば…あとはなんとかなるさ」
山田平吉(桑畑三郎)
あのタイミングと文の長さならならカウンターはまずないでやんす
泉こなた(人狼)
「んじゃ、今日ちょっと多めにほえとこうか」
少佐(人狼)
「ドクオ真か……賭けになるのではないかね?」
柊つかさの独り言
「逆毛玉さん、おつかれさまでした。
真霊脳っぽかったんだけど、狩人保護にもなるからしょうがないかなぁ」
御剣(共有者)
「11>9>7>5>3
後5回・・・霊能ローラーで1匹吊れるとすると後チャンスは2回
ミスはできない・・・か」
サムの独り言
「11>9>7>5>3>1
5回でローラーに3回使っても2回でつれれば、か。チョイ微妙かな」
泉こなた(人狼)
「吼え数は大体了解したよ」
白犬(茶犬)
●出されたからの一言に尽きるんじゃない
DS●の後は普通に用済みって事だったんだと思う
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
●がでてるとカウンターとおもわれがちだからな。対抗出てない以上信じてもいいんだがまあやるおむらは保守的だからね。決めうちはしない。
ディアッカの独り言
「奇数進行か…役職潰せばLWにできるな」
泉こなた(人狼)
「んー、それよりはドクオ真に見せる方針でいかない?」
            できる夫 は 翠星石 の護衛に付きました
少佐(人狼)
「また占いローラーになった場合、私が吊られなければ同様に吼え数を抑えよう」
ヤドン(唐沢)
疑いを受けた理由はただ一つ、黒だからだろう。
できる夫の独り言
「ドクオさんは信用なりません。ここは占いお2人のどちらかを護衛でしょう
どちらも等しく疑わしく、また信頼する理由もある」
ドクオの独り言
「次も○でいいかな」
サムの独り言
「これでとりあえず2は確定と
うらないに1で、あとはどこだろう」
翠星石の独り言
「これでほぼ決まりですね、少佐狼のドクオ狂ってとこでしょう
逆毛は●出されが不運でしたねぇ・・・
銃殺出しちまった以上狼はまず翠星石を噛んでくるでしょう
狩人探す1日分がすげー重いはずです。サムもつかさも生きてますからね」
泉こなた(人狼)
「10人になったら、ちょっとは余裕が出るかも・・」
ディアッカの独り言
「そしてカナリアに疑われる!こっちの方がダメージでかい!」
金糸雀の独り言
「翠星石は朝になってあの占い理由を作れるわけがないかしら。つまり本当に占った真かかみ合わせを予定していた狼のどっちかと考えるべきかしら。」
少佐(人狼)
「ちなみに明日ができる夫吊りになれば、吼え数を最小限に抑えよう」
できる夫の独り言
「護衛ですが、翠星石さんは占いの理由が十分だった
……つまり、あらかじめ噛むことを予定して、用意した、という可能性もあります」
山田平吉(桑畑三郎)
霊能さんお疲れでやんす
正直何で霊能さん疑われてたのか分からんでやんす
白犬(茶犬)
狩人に●が出るとそれはそれできびしいのう
泉こなた(人狼)
「あーでも、占いローラー発生させるにはちょっと早いかな?」
ディアッカの独り言
「なんかよぉ…いまいち少佐が信じ切れねぇんだよなぁ
○貰ってなんだけど」
少佐(人狼)
「了解した、ドクオだな」
少佐(人狼)
「うむ、引用して●を出したいところだな」
逆毛王(逆毛王◆aeGWk9mBsY)
おつかれー
柊かがみの独り言
「うん、翠星石軸で考えましょ」
できる夫の独り言
「……すみません、逆毛玉さん。貴方を……いえ、言い訳に過ぎませんね
僕にできることは、村の勝利を貴方のお墓に供えることだけです」
泉こなた(人狼)
「あと、今日はドクオ噛みで」
白犬(茶犬)
毛玉お疲れー
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
逆毛王おつかれ
御剣(共有者)
「もう何も分からないんだよ・・・私はどうすればいいか・・・
つまり私を噛んでくれれば良い・・・」
泉こなた(人狼)
「◆できる夫 「ヤドンさん……なんで、ここで貴方が? 嘘でしょう……
……いえ、これは? もしや、銃殺!?」

これ結構使えそうじゃない?」
ヤドン(唐沢)
お疲れさん。
ディアッカの独り言
「ってありゃ!?ヤドンはドクオ占いかよ!?」
翠星石の独り言
「うむうむ、銃殺あっさり出たのは僥倖でしたねぇ
白犬にはごめんですよ」
少佐(人狼)
「危ない危ないw」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
逆毛王さんお疲れ様モナ
白犬(茶犬)
ただ朝迎えたら言うつもりだったように
生きてたらディアッカのあれは撤回するつもりだったんだけどなぁwww
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            逆毛王 は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 1 回目)
できる夫1 票投票先 1 票 → 逆毛王
オプーナ2 票投票先 1 票 → 逆毛王
ディアッカ3 票投票先 1 票 → 逆毛王
逆毛王7 票投票先 2 票 → ディアッカ
ドクオ1 票投票先 1 票 → 逆毛王
御剣0 票投票先 1 票 → 逆毛王
サム0 票投票先 1 票 → 逆毛王
少佐0 票投票先 1 票 → ドクオ
柊かがみ0 票投票先 1 票 → できる夫
泉こなた0 票投票先 1 票 → 逆毛王
金糸雀0 票投票先 1 票 → ディアッカ
柊つかさ0 票投票先 1 票 → オプーナ
翠星石0 票投票先 1 票 → オプーナ
            柊つかさ は オプーナ に処刑投票しました
白犬(茶犬)
んー。ほぼ村のつもりでやってたんだけどね
あそこで霊吊るのも、占いに狐混じりも想像すら出来なかった
            翠星石 は オプーナ に処刑投票しました
            泉こなた は 逆毛王 に処刑投票しました
ヤドン(唐沢)
ついでに狩人の護衛先もおもしろいぞw
            ドクオ は 逆毛王 に処刑投票しました
山田平吉(桑畑三郎)
まあグレランしてももう人外は吊れないでやんすし、霊吊りでいいんじゃないかでやんす
            柊かがみ は できる夫 に処刑投票しました
            サム は 逆毛王 に処刑投票しました
            御剣 は 逆毛王 に処刑投票しました
            ディアッカ は 逆毛王 に処刑投票しました
            金糸雀 は ディアッカ に処刑投票しました
白犬(茶犬)
できる夫狩人は読めなかったなあ
ヤドン(唐沢)
白犬が占われた理由は書かれているな。発言を見過ぎ、だってよ。
            少佐 は ドクオ に処刑投票しました
            できる夫 は 逆毛王 に処刑投票しました
            オプーナ は 逆毛王 に処刑投票しました
            逆毛王 は ディアッカ に処刑投票しました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
最近は意見言ってる多弁占いも結構多いモナからね>犬さん
敵だと厄介、味方なら心強い、で
白犬(茶犬)
みどりんがいい感じだなー
村がよゆーで勝てる気がする
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
柊かがみ
「やかましいわ!」
少佐
「異議を唱えた者、意見は何かね?」
金糸雀
「朝一で霊能吊りを提案したけど、ドクオが狂人っぽい以上残しておくべきかしら。」
柊つかさ
「能力者さん吊りするとしたら、狩人保護で霊能者さん吊り、かなぁ。
偽占いさんが●出しやすくなっちゃいそうだから、ちょっと怖いけど……」
柊かがみ
「やっぱり翠星石が信用できるかしらね」
ディアッカ
「ヤドンが狐だと思うね、狐になった人は大抵喋りすぎるもんさ」
泉こなた
「見逃してたけどわかった!
かがみんをお嫁さん扱いすればいいんだね!?」
翠星石
「まー 狼から見れば真雁はついてるでしょーし
銃殺も起こったので翠星石は邪魔なだけでしょうね
後数日残してくれたら嬉しいんですが」
できる夫
「困りました。できれば逆毛玉さんを吊りたくはありませんが……
弁護するだけの理由もない」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
自分がいたらドクオさん吊るんだけどな〜、みっちゃん頑張れ
逆毛王
「意や別にないやwwwwwwww」
            金糸雀 が異議を申し立てました
            逆毛王 が異議を申し立てました
柊つかさ
「えーと、別にグレラン続けてもいいんじゃないのかな?
狩人さん吊っちゃって占いさん抜かれるのがちょっと怖いけど……
でも、そんなに急いで能力者さん吊らなきゃいけない状況でもないと思う」
白犬(茶犬)
やっぱ喋りすぎで占われたのかな
御剣
「霊吊りだな・・・」
少佐
「基本は主観による判断だ。
私が無難だと思ったならば、私には無難ということだ。
君がそう思わなかった以上、私を怪しむのも無理からぬ事と思うがね」
泉こなた
「無難っちゃ無難だけどね。
さっき・・・って、中の人の話はメタか。

でもとりあえず、遅れてきた少佐はちょっと怪しいと思うんだけどどう?
ドクオは真贋つけらんないや」
金糸雀
「今日のドクオのCOが遅いのと他の二人と割れたのが怪しいかしら。真は占った先を出すし、狼は高い確率で噛んでない方を書くかしら。つまり被ってる二人が真狼で割れたドクオが狂人の可能性が高いかしら。ついでに言うと少佐の理由は今書きましたって感じかしら。」
柊かがみ
「あー、ありがと
前日の投票結果までは残してなかったのよね」
サム
「今日はどうする?毛玉でいいカナと俺も思うけど」
ヤドン(唐沢)
ま、巻き貝はアッー!
翠星石
「そりゃ初日の発言は無難でしたけどねー
他にもーっと無難な発言の人はいたでしょーに・・・まぁ、村人が判断する事ですけど」
できる夫
「ただ……少佐と翠星石さんでは、僕は翠星石さんを信じたいですね
占いの理由が十分すぎる。付け焼刃とは思えない」
白犬(茶犬)
少佐は初日から囲ってるのか。凄いなー
少佐
「翠星石はもっと、前日以外のログを見ることも覚えたまえ」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
ここのできる夫は森の人だよ>犬 
柊つかさ
「ううん、お姉ちゃん。初日の投票で逆毛玉さん権力者さんが確定してるよ」
山田平吉(桑畑三郎)
まあまあ、まぬけポケモン落ち着くでやんす
とっとと巻き貝に食われてくるでやんす
御剣
「これはそうだな・・・誰が狐かを決めうちする必要が有りそうだ」
ディアッカ
「銃殺出たし、役職からてきとーに吊っていきゃあ勝てるって」
オプーナ
「権力者は逆毛で確定だ。二日目の投票も見てみるといい>かがみん」
柊かがみ
「いいかげん人を嫁あつかいするなー!」
少佐
「翠星石>昨日の発言だけではないぞ?」
逆毛王
「権力者CO遺言にいれてたのにばれたぜ・・・」
白犬(茶犬)
できる夫森の人だったのかwwwwww
サム
「まあどちらにしろ狐はいなくなったというのはいいところだね
あとは占いに1でグレーに1か霊能1+1ってとこか。最悪でも」
翠星石
「◆白犬 「その●が真である可能性がどれくらい?それが偽だった時霊能0で色々大変になるのはどう思う?>ディアッカ」

いやー大変無難な発言ですねぇ・・・?」
柊かがみ
「投票から少佐か逆毛王が権力者なのよね
もし、逆毛王が狼だとしたら厄介だから吊っていいんじゃない?」
できる夫
「しかし……どうでしょうか、御剣さん。もしも逆毛玉さんが真ならば、
これ以上なく心強い。……逆もまた、然りです」
オプーナ
「銃殺出たことだし霊吊ってもいいだろうかな?
狐がいないならそれほど狼の残り数に神経質になる必要はないしな」
ヤドン(唐沢)
さ、サドンちゃうねん。ヤドンや。
ドクオ
「銃殺きたか。それにしてもなんだよこの遺言は」
泉こなた
「やどんだよヤドン<みっちゃん」
柊つかさ
「逆毛玉さん権力者さん、私も確認しました。
人外だったら確かに怖いですけど……今日のドクオさんのCO遅かったし、あんまりドクオさんの●だからって理由で吊りたくないかも」
白犬(茶犬)
狂に占われるくらいのアレじゃないとね。真に占われるのは困るけど
翠星石
「無難発言ですかー?ディアッカが怪しいとか同思う?
って人に迫る事が無難とはどれだけ疑心暗鬼な村で過ごしてきたんですかね?w」
泉こなた
「ていうか、少佐はそこで白犬っていったら吊れないじゃない!
むきー、かがみん占ってお嫁さん発言したらただじゃすまさないからねー!」
御剣
「犬は・・・・その良くしゃべる・・・サドンはどうだろう・・・」
少佐
「困ったものだな、まだ占いの真贋がつかんとは」
できる夫
「……困りましたね。全員が銃殺に対応したように思われます」
ディアッカ
「長引くか?俺は案外あっさり終わる気がするが」
山田平吉(桑畑三郎)
ほいほい、二人ともお疲れでやんす
柊かがみ
「あーでも銃殺結果割れたんだ」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
犬 おつっと
ヤドン(唐沢)
う、ういっす。まあ食われか。狼さんも節穴ってこった。
金糸雀
「銃殺かしら。でも真は見分け付かないかしら。」
サム
「占いさきも分かれたね。」
泉こなた
「なるほど、こういう布陣になったか。今回はなんだか長引きそうな予感がするねー」
御剣
「とりあえず・・・今日はどうするべきだろうか・・・」
白犬(茶犬)
逆毛は真か
翠星石
「まぁ、占われたくない狐にしちゃーアグレッシブでしたねw」
オプーナ
「逆毛王が権力者確定、と。真霊ならいいがな」
白犬(茶犬)
お疲れ様ー
ドクオ
「初日の意義ありが印象に残ってたのと、そこまで多く票を貰っていないから占った」
柊つかさ
「ヤドンさんじゃなく白犬さん狐で確定しちゃうのかな?
……あ、そんなことなかった」
白犬(茶犬)
おはよう
ディアッカの理由聞いて犬は割と納得できた
占いに狼がほぼ混じっているからここで-1
霊が●を出した以上これを吊ればどちらにせよ-1
とか言おうと思ってたのに
逆毛王
「霊能CO 山田平吉○」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
ヤドンさん、白犬さん、お疲れ様モナ
逆毛王
「霊能CO 山田平吉○」
少佐
「無難な発言が多かったのでね、占わせてもらった」
白犬(茶犬)
あー銃殺されたかー
柊かがみ
「おはようー」
御剣
「銃殺か」
できる夫
「ヤドンさん……なんで、ここで貴方が? 嘘でしょう……
……いえ、これは? もしや、銃殺!?」
金糸雀
「逆毛玉が権力者かしら。ノイズな上権力者なんていらなすぎるかしら。今日は逆毛玉吊りを提案するかしら。 」
ドクオ
「マンドクサイけど占いCOだ ヤドン○ 村人だな。
ディアッカ
「さ、銃殺銃殺っと…もう霊能いらんだろ」
翠星石
「◆白犬 「狐がわざわざ占いに出るとは俺も思えないな真狂狼だろ、普通に」
至極当たり前の発想なんですが俺「も」に注目しました
もって事は翠星石の発言見て書いた内容なんですよね
発言数の推移も9-9ですし、人に対する疑問突っ込みやディアッカを気にしすぎてると思いました」
泉こなた
「おはよー、
なんていう遺言だ・・・」
柊つかさ
「みなさん、おはようございます。
お姉ちゃん、こなちゃん、おはよ〜」
サム
「おはっす。十冊きたな!」
少佐
「占いCO 白犬○だ!」
ヤドン(唐沢)
いやあああああああああああああああああああああああああ
金糸雀
「おはようかしら」
オプーナ
「お、銃殺か?」
翠星石
「占いCO 白犬○でした」
山田平吉(桑畑三郎)
15秒なしでやんすから、これはキタでやんすねえ
モナー(◆h/OSAKA/gc)
15秒無しなのが厳しいところモナ
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白犬 さんの遺言
COするよ!犬は・・・・・・犬!
山田平吉 さんの遺言
死ぬ前に細めのメガネをかけた銀様に踏まれながら罵られたかったでやんす…
            ヤドン は無残な姿で発見されました
            (ヤドン は狼の餌食になったようです)
            白犬 は無残な姿で発見されました
            (白犬 (狐)は占い師に呪い殺されたようです)
            少佐 たち人狼は ヤドン に狙いをつけました
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
銃殺か 狼はどう対応するかな
モナー(◆h/OSAKA/gc)
銃殺来たモナね〜
モナー(◆h/OSAKA/gc)
つれる位置に狼もいないし仕方ないモナ
できる夫さんが狩人モナしこれからしばらくはガンガン村人が死ななきゃ仕方ないモナ
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
少佐(人狼)
「ふむ、ではヤドンを噛みにいこうか」
柊つかさの独り言
「逆毛玉さん、決定者さんだから、人外だった時に残すのは怖いかなぁ」
            翠星石 は 白犬 を占います
泉こなた(人狼)
「狩人探しと狐探しを始めたんだよ、狼は<理由」
御剣(共有者)
「頭が壊れるほど難しいな・・・」
できる夫の独り言
「……昨日は金糸雀さんに疑われ、今日はこなたさんですか
ふっ……寂しいですね。翠星石さんに投票されていないのが、せめてもの救いでしょうか」
少佐(人狼)
「グレーの中から選ぶのがよさそうだな」
翠星石の独り言
「◆白犬 「狐がわざわざ占いに出るとは俺も思えないな真狂狼だろ、普通に」
至極当たり前の発想なんですが俺「も」に注目しました
もって事は翠星石の発言見て書いた内容なんですよね
発言数の推移も9-9ですし、人に対する疑問やディアッカを気にしすぎてると思いました」
泉こなた(人狼)
「んじゃ、次はヤドンさんあたりいってみる?
サムさんでもいいね、理由はどっちも結構はっきりしてる」
ディアッカの独り言
「山田に票が集まってるな・・・この連中の発言に気をつけるか」
金糸雀の独り言
「ただ占い噛みいかずに共有噛んでるということはドクオ狂人逆毛玉真霊能の可能性が高いかしら。占い真は少佐が一番近いかしら。」
柊かがみの独り言
「流石に最後まで残されたくないわねー」
できる夫の独り言
「GJは求めていませんが……この人数ならば、1回の成功が1日の延命に繋がる
……いずれにせよ、今日は霊能が噛まれる可能性は低い
むしろ噛まれてほしいくらいです。それならば、自由に護衛しましょう

他意はありませんよ? あるならとっくにこなたさんの家にお邪魔してます」
柊つかさの独り言
「狼もあるかなーって思いますけど……
でもそれなら逆毛玉さん真霊能だからいいのかな」
少佐(人狼)
「あとは誰を噛むか、だが……」
泉こなた(人狼)
「次はどこいこうか・・・つかさは狐じゃないね
OKOK,●だし自重了解、ていうか、狐噛むまで●ださなくてもとすらおもうね(笑)」
山田平吉(桑畑三郎)
うわ、吊られてたでやんすか…
ドクオの独り言
「今日も○出しとくか」
サムの独り言
「囲いならディアッカっぽい気もするが・・・」
柊つかさの独り言
「山田さん、おつかれさまでした〜
ん〜、私も気になったところではあるんですよね」
ディアッカの独り言
「たまには強気に発言するのもいいね!
昨日の反省会のおかげだね」
ヤドンの独り言
「DSは発言が少なかった。この辺りは逆毛が真ならとてもじゃないが投票しにくかったはずだ。」
柊かがみの独り言
「一昨日の投票ってどうだったかしら?」
金糸雀の独り言
「逆毛玉が権力者かしら。ノイズな上権力者なんていらなすぎるかしら。今日は逆毛玉吊りを提案するかしら。」
サムの独り言
「つか狼すくないな」
できる夫の独り言
「さて……昨日は共有が抜かれましたか。しかし、ここで共有を護衛するわけにはいきませんね
今は暫定でも、真に近い○を護衛したい……すなわち、こなたさん、つかささん
お2人の内のどちらかでしょう」
ディアッカの独り言
「これで●なら…いやそれはねぇか」
オプーナの独り言
「逆毛王が権力者確定、と。真霊ならいいがな」
少佐(人狼)
「さて、明日はカナに○を出そうと思う。
●を出すのは明後日まで待ってもいいだろう」
サムの独り言
「仮に毛玉真ならあと占いに1とグレーにたぶん1でしょ
次で囲いかな・・・」
柊かがみの独り言
「うわっ、少佐か逆毛王が権力者なの?
まいったわねー」
ディアッカの独り言
「真だろうが偽だろうが、明日の霊能は○かな…」
ヤドンの独り言
「柊つかさ 0 票 投票先→ DS114
翠星石 0 票 投票先→ DS114
御剣 1 票 投票先→ DS114
逆毛王 0 票 投票先→ DS114 」
泉こなた(人狼)
「ふむふむ、こういう結果に落ち着いたか。
これは、しばらく安泰だね」
サムの独り言
「本家サムが興奮してるな。俺のせいかw」
御剣(共有者)
「まぁ、良い・・・狼に遺言の恐ろしさを見せてやろう」
            できる夫 は 柊つかさ の護衛に付きました
翠星石の独り言
「んー そっちでしたか」
少佐(人狼)
「ふむ、いい具合にディアッカを囲えたようだ。
私が偽とバレた場合、彼を狼扱いすればよかろう」
ディアッカの独り言
「●貰いの霊能を噛む狼はいねぇんじゃね?」
できる夫の独り言
「山田さん……ふぅ、嫌ですね。悲しい反面、ほっとしている自分がいる……」
御剣(共有者)
「わ、私の票だけ浮いてる気が・・・」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
山田さんお疲れ様モナ
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            山田平吉 は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
できる夫1 票投票先 1 票 → ヤドン
オプーナ4 票投票先 1 票 → 山田平吉
ディアッカ0 票投票先 1 票 → 山田平吉
山田平吉5 票投票先 1 票 → オプーナ
逆毛王0 票投票先 2 票 → 金糸雀
ドクオ0 票投票先 1 票 → 山田平吉
御剣0 票投票先 1 票 → サム
サム1 票投票先 1 票 → ヤドン
白犬1 票投票先 1 票 → 山田平吉
少佐0 票投票先 1 票 → 金糸雀
柊かがみ0 票投票先 1 票 → 山田平吉
泉こなた0 票投票先 1 票 → できる夫
金糸雀3 票投票先 1 票 → オプーナ
ヤドン2 票投票先 1 票 → オプーナ
柊つかさ0 票投票先 1 票 → 白犬
翠星石0 票投票先 1 票 → オプーナ
            ドクオ は 山田平吉 に処刑投票しました
            柊つかさ は 白犬 に処刑投票しました
            翠星石 は オプーナ に処刑投票しました
            ディアッカ は 山田平吉 に処刑投票しました
            ヤドン は オプーナ に処刑投票しました
            御剣 は サム に処刑投票しました
            逆毛王 は 金糸雀 に処刑投票しました
            白犬 は 山田平吉 に処刑投票しました
            できる夫 は ヤドン に処刑投票しました
            金糸雀 は オプーナ に処刑投票しました
            サム は ヤドン に処刑投票しました
            少佐 は 金糸雀 に処刑投票しました
            泉こなた は できる夫 に処刑投票しました
モナー(◆h/OSAKA/gc)
ディアッカさん正論モナ、そういう考え方も村には必要モナ
            オプーナ は 山田平吉 に処刑投票しました
            柊かがみ は 山田平吉 に処刑投票しました
            山田平吉 は オプーナ に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
泉こなた
「ディアッカはグゥレイトォッ!っていってればいいんだよ!」
山田平吉
「ディアッカさんの言葉はちと暴論に聞こえるでやんすねー
逆に言うといつでも吊れるんだから残しておいていいのでやんすよ
噛まれて真証明してくれりゃー儲けものでやんす」
白犬
「あー。●1個出て、占いに混じりだからか」
できる夫
「かしこまりました、御剣さん
……もっとも、グレーの身分としては素直に喜べませんけどね、ふふふ」
御剣
「逆毛玉は近いうちに吊る予定だ」
少佐
「白犬>当たり前だ、紳士でなければSSになどなれるものかね!」
ドクオ
「グレランね。把握した」
サム
「囲い疑いしようにも俺とディアッカ、こなたくらいか
それならまだグレーに狼いるのかな。DS●とみても」
オプーナ
「俺もグレランに同意だな。吊り回数にはまだ余裕があるぞ?」
泉こなた
「今一番怖いのはDSさん狩人霊能狐狼狂人初日霊能の可能性だけど、まあまずないだろうし、今のところはサカゲさん真でいいんじゃない?

あと、少佐はうさんくさい。個人的に。」
少佐
「グレランだな、了解したぞ共有」
ヤドン
「白被りを気にして占いをしちゃだめだ。自分が真なんだろ。」
金糸雀
「ノイズときちんと分かってるなら残したければ残せばいいかしら。」
できる夫
「せめてあと1日は待ちたいですね。……モラトリアムでしょうか?」
御剣
「仕方あるまい、今日はグレランだ」
白犬
「ディアッカが疑わしい余り少佐が一緒に疑わしいのに紳士過ぎて困る」
柊つかさ
「19人で狼さんが3匹、狐さん1匹。17人村と同じ人外数で、村人さん2人が増えただけなんですよね。……余裕はあるから霊能さん先吊りでもいいですけど、でも逆に本当にLWになった時が怖いから……私はまだ吊りたくない、かなぁ」
ディアッカ
「疑われるのが怖くて人狼はできねーよ
俺は俺の意見を言うぜ」
ヤドン
「黒とは言え霊能だ。現在16人。焦ることはない。」
ディアッカ
「霊能が真でも狼でも役職全部いなくなりゃLWだ
その間に銃殺出せば勝てるさ」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
投票間違った時に狼に投票してるとかやめて欲しいモナw
白犬
「狐がわざわざ占いに出るとは俺も思えないな
真狂狼だろ、普通に」
柊かがみ
「あと1日ぐらいなら残してもいいんじゃないかしらね」
山田平吉
「まあアレでやんす
今日もグレランがいいと思うでやんすよ?
役職ロラなんか始めたら狐大歓喜でやんすし」
翠星石
「すみません、○被りで濃い意見が出てきそうな噛まれ対象村人作っちまったのは謝ります」
少佐
「ディアッカ>しかし真であれば、まだ置いておきたいところではないかね?
私視点、君は村人だが……強過ぎる言葉は疑われる。注意したまえ」
金糸雀
「まぁ初日霊能か逆毛玉が真霊能。でも逆毛玉真が発覚する確率は低いからこれ以上はノイズかしら。今吊ればどちらにせよ●一つ始末できるかしら」
白犬
「その●が真である可能性がどれくらい?
それが偽だった時霊能0で色々大変になるのはどう思う?>ディアッカ」
できる夫
「僕も同意見ですね……>白犬さん
今日はグレランを提案いたします。囲いの可能性もありますが、
まだ役職を吊るのは早いかと」
ヤドン
「つか、霊能とは言え黒を吊らねえ理由はないからな。ドクオが破綻しない限り残すのはない。」
柊かがみ
「私は狼2人残すのは嫌なのよ
だから早く吊りたいんだけど」
翠星石
「占いに狼は間違いなくいるでしょーよ、真狂狼じゃなければ真狂狐になっちまいます
ちょーっとアグレッシブすぎな気がしますねぇ」
白犬
「ここで暫定○じゃなきゃ投票するつもりだったんだけどな…」
泉こなた
「翠星石の意見がすごく整ってる。
夜中のうちに良く考えてる占いって雰囲気だよ」
御剣
「まだ逆毛玉を吊る意味は薄いな・・・」
ディアッカ
「●貰いだぜ?そして今日黒を出した
吊るには十分な理由だろ?>少佐」
柊つかさ
「うーん、私占われちゃったんだ。
村って思ってくれたみたいだけど、逆に怖いって思われちゃったってことだよね。難しいなぁ」
ヤドン
「多弁占い寡黙吊りは有名な言葉だな。」
サム
「確かに霊能●出したなら吊ってもいいと思うな
偽なら二つ目は出さないだろうし」
白犬
「正直どっちかっていうと毛玉残したいかなって思う
ていうかディアッカが嫌な意味でアクティブすぎてマジ怖い」
柊かがみ
「まあ、○連発されるよりは信用できるけど…ねえ」
オプーナ
「おや、DS●?意外だな」
できる夫
「……難しいですね。どちらにもメリットとデメリットがある
しかし……逆毛玉さんを信じたい気持ちはあるのですが」
翠星石
「票が入ってりゃ良いんですよ、そうすりゃ疑われてるって事ですから吊れますし
票が入ってない人はつれねーので占って村人か人外か確定させないとこえーとこなんです<つかさ」
少佐
「逆に問うが、ディアッカは何故、そうまでして霊能を吊りたがるのかね?」
モナー(◆h/OSAKA/gc)
お疲れ様モナ
白犬
「ここで●出すのか。んー…」
柊かがみ
「共有把握したわ」
御剣
「DSに投票した人が怪しいことは怪しいが・・・
うーん・・・」
逆毛王
「●あと1(占い除く)しかいないから●そうかんたんにでないぞこれwwwwww」
柊つかさ
「共有さん噛みと御剣さん共有さんCO、了解です」
金糸雀
「霊能噛むわけないから共有噛みは多分にあり得るかしら」
ヤドン
「盲信だけはしないで行こう。グレラン続行か?」
ディアッカ
「●一個でたんなら、霊能吊りもありじゃねぇの?仕事はしたろ」
ドクオ
「いきなり共有抜かれたのか…
それと相方把握した」
山田平吉
「共有噛みということは占いに狼がいる確率が高いでやんす
となると霊能を信じるならすでにグレーには一匹だけでやんす」
柊かがみ
「つかさに○2個?
ほぼ村と見ていいわね、これは」
できる夫
「ふむ……御剣さん、この度は残念なことになりましたね」
翠星石
「超過1分半で更新したつもりが大分遅れちまいましたねえ」
柊つかさ
「えーっと……私に1票も入ってませんでしたけど……?」
金糸雀
「御剣共有了解かしら」
サム
「さらに間違えてる。もういいやw
そして共有噛みか0」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
モナーお疲れ
白犬
「モナー共有だっけ…いきなり噛んできたのか」
ヤドン
「DSガチかよwwwwwwwwwwwww
相方了解。」
ドクオ
「発言内容が結構しっかりしてたのと、
票も貰ってないからグレランで吊れないところだろうから占った」
御剣
「共有CO 相方モナー」
ディアッカ
「もう共有ぬきかよ・・・」
オプーナ
「逆毛王、御剣、ヤドン、柊つかさ、翠星石が権力者候補だな。
人外が権力者だと恐いので早めに吊りたいところだ
泉こなた
「よーっし、つかさもかがみんも生きてるね!
昨日投票されてて何がなんだかわかんなかったよ(笑)」
少佐
「霊能を吊りを主張していたので占わせてもらった。
人間だったようで、一安心だな」
逆毛王
「いきなりつれたwwwwww修正されないねwwwwwww」
ヤドン
「共有食いか。相方出てくれ。」
翠星石
「つかさが発言的に村人っぽいですが
逆手に取ってた人外の場合こえーんですよね
今後票を貰う事が無さそうなので占っておきました 」
山田平吉
「いきなり共有噛みキターでやんす」
翠星石
「占いCO 柊つかさ○ですぅ」
柊つかさ
「みなさん、おはようございます。
お姉ちゃん、こなちゃん、おはよ〜」
ドクオ
「マンドクセーけど占いCOだ 柊つかさは○ 村人だな。」
ディアッカ
「おはようさんっと」
少佐
「占いCO ディアッカ○だ!」
白犬
「おはよー」
柊かがみ
「おはようー」
サム
「おはっす
昨日の投票だけど
すまんまとめ作る前に入れちゃったんでつかささんに入れちゃったよ
悪かった! 」
逆毛王
「霊能CO DS●wwwwwwwwwwww」
できる夫
「……おはようございます。モナーさん……クソッ、何と言うことだ」
ヤドン
「おーっすおっはよーう!体鍛えてるかーい!?」
オプーナ
「おはよう」
金糸雀
「おはようかしら」
泉こなた
「おっはよーぅ!」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
            モナー は無残な姿で発見されました
            (モナー は狼の餌食になったようです)
            少佐 たち人狼は モナー に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
モナー(共有者)
「いかにも吊れそうなステ気味モナし」
柊つかさの独り言
「後は……お姉ちゃんとこなちゃんが人外じゃないといいんだけど……」
御剣(共有者)
「私を含む、役職なしはヤドン、つかさ、私だな」
少佐(人狼)
「ふむ……よし。では共有を狙うとしようか」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
占い騙りか 他の村ログみてこよ
柊つかさの独り言
「みんな怪しく思ったので人外さんが吊れたってことならいいんだけど……
あんまりそういうのって期待しちゃだめだよね」
御剣(共有者)
「わ、私が怪しいと・・・」
泉こなた(人狼)
「初日●だしたなら、警戒して占いを護衛するよ、一般的な狩人ならね。
護衛されたら初日狩人じゃないことを確認できるんだ」
サムの独り言
「サムの操縦者ってかわいいんだよな。なんだっけなー」
御剣(共有者)
「犬はよくしゃべり発言内容が濃い、村だと思うが・・・」
モナー(共有者)
「今日DSさんに入れてる人は怪しいモナね」
できる夫の独り言
「……金糸雀さん? 貴方が僕を疑うとは……少し、寂しいですね」
金糸雀の独り言
「権力者はDS114に投票した中にいるかしら」
できる夫の独り言
「おっと、日記日記……忘れては大変ですね」
少佐(人狼)
「護衛されている可能性も高いが?」
泉こなた(人狼)
「<噛み先」
御剣(共有者)
「なるほど・・・モナーは誰が怪しいと思う?」
オプーナの独り言
「逆毛王、御剣、ヤドン、柊つかさ、翠星石が権力者候補だな。
人外が権力者だと恐いのでグレランなら早めに吊りたいところだ」
サムの独り言
「すまんまとめ作る前に入れちゃったんでつかささんに入れちゃったよ
悪かった!」
山田平吉の独り言
「またDSさん初日でやんすか…
ご愁傷様でやんす」
DS114(DS◆IaSoTYoBkw)
ん〜 もっと話したほういいか
できる夫の独り言
「翠星石さんの占い先、しかもそれがこなたさんとあれば……ストーキン――
いえ、護衛をしないわけにはいかないでしょう!」
泉こなた(人狼)
「共有トラップも解除しないといけないし、今日は普通に共有でいいとおもう」
少佐(人狼)
「ああ、それは間違いないだろう」
翠星石の独り言
「つかさが発言数の濃さで村人っぽいですが
逆手に取ってた人外の場合こえーんですよね
今後票を貰う事が無さそうなので占っておきました」
モナー(共有者)
「モナー中の人の正体モナ」
サムの独り言
「いいわけ作っとくか」
少佐(人狼)
「仕方あるまい。明日はディアッカにでも○を出しておこう。
強く霊能を吊ろうとしたものに○を出しておけば、正体が露見した時に意味が出る」
柊つかさの独り言
「DS114さん、おつかれさまでした。
うーん、6票も集まるって、なんか狼さんたちが票集め相談してたみたいでヤだな〜」
サムの独り言
「うわああああああ○似いれてるウウウウウウウーー」
泉こなた(人狼)
「仲間の悪口をいってても仕方がないし、今後を考えようか。
とりあえず、ドクオ狂狐なのは間違いなさそう」
モナー(共有者)
「うむ、モナ」
            できる夫 は 泉こなた の護衛に付きました
御剣(共有者)
「ところで昨日の狐ありがとうの意味がその・・・わからんが・・・
現状報告だけはしておいた」
            翠星石 は 柊つかさ を占います
ドクオの独り言
「今日は誰にしようかな」
できる夫の独り言
「ならば……ここは、共有か、○か、グレーの3択
……ふっ、それならば当然、決まってるじゃないですか!
こなたさん、貴方をガードです!」
柊かがみの独り言
「票が散ったわね」
泉こなた(人狼)
「先にDSさんに○のが良かったかもしれないね。
はあ、これで身内きりはできなくなったか、地味に厳しいな」
ディアッカの独り言
「んーん…初日霊能かねぇ…」
少佐(人狼)
「これで囲い連打はできなくなったな」
できる夫の独り言
「さて……今日の護衛ですが。占いを噛むことはまず無いでしょう
そして霊能もまたしかり。これで噛まれる可能性は限りなく低い」
御剣(共有者)
「ドクオ視点逆毛玉狼、そして霊能は初日
逆毛玉視点ドクオ破綻・・・か」
オプーナの独り言
「DSお疲れ様だ。
俺は投票浮いてしまったな…」
ディアッカの独り言
「HAHAHA、いっぱい投票貰ってしまったぜぇ?」
翠星石の独り言
「ふーむ・・・」
少佐(人狼)
「この時点で6票とはな……w」
金糸雀の独り言
「投票のタイミングがよくわからないかしら。突然死が怖いかしら。」
モナー(共有者)
「投票間違えたモナ・・・」
泉こなた(人狼)
「・・・またかー!」
ヤドンの独り言
「暇や」
できる夫の独り言
「……すみません、DSさん。貴方が死ぬとは……いやはや、やり切れませんね」
少佐(人狼)
「いきなり吊られたかw」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            DS114 は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
できる夫2 票投票先 1 票 → 白犬
オプーナ1 票投票先 1 票 → 御剣
ディアッカ3 票投票先 1 票 → 柊かがみ
山田平吉0 票投票先 1 票 → できる夫
逆毛王0 票投票先 2 票 → DS114
ドクオ0 票投票先 1 票 → ヤドン
御剣1 票投票先 1 票 → DS114
サム0 票投票先 1 票 → 泉こなた
白犬1 票投票先 1 票 → ディアッカ
モナー0 票投票先 1 票 → 泉こなた
少佐0 票投票先 1 票 → ディアッカ
柊かがみ1 票投票先 1 票 → オプーナ
泉こなた2 票投票先 1 票 → ヤドン
金糸雀0 票投票先 1 票 → できる夫
ヤドン2 票投票先 1 票 → DS114
DS1146 票投票先 1 票 → ディアッカ
柊つかさ0 票投票先 1 票 → DS114
翠星石0 票投票先 1 票 → DS114
            柊つかさ は DS114 に処刑投票しました
            ドクオ は ヤドン に処刑投票しました
            泉こなた は ヤドン に処刑投票しました
            御剣 は DS114 に処刑投票しました
            翠星石 は DS114 に処刑投票しました
            ディアッカ は 柊かがみ に処刑投票しました
            サム は 泉こなた に処刑投票しました
            ヤドン は DS114 に処刑投票しました
            白犬 は ディアッカ に処刑投票しました
            逆毛王 は DS114 に処刑投票しました
            オプーナ は 御剣 に処刑投票しました
            できる夫 は 白犬 に処刑投票しました
            金糸雀 は できる夫 に処刑投票しました
            モナー は 泉こなた に処刑投票しました
            柊かがみ は オプーナ に処刑投票しました
            少佐 は ディアッカ に処刑投票しました
            DS114 は ディアッカ に処刑投票しました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            山田平吉 は できる夫 に処刑投票しました
柊つかさ
「狼さん3匹だから、霊能さんから●2回出たらお仕事おしまいになるし、その時吊ればいいって話もあるよ? 後は、ドクオさんが銃殺出したの確定するとか。
だから、今はいいと思う」
白犬
「とりあえず霊が真or狼って事だろうね。狂は無い
そして狼なら初日が霊だろう」
柊かがみ
「いや、真が潜伏してるんだったら今日でしょ
対抗が●出てるのに、潜伏とか意味ないと思うわ」
翠星石
「役職護衛で共有COは意味わからねーですが
狩人吊る率も上昇しますし・・・無駄占い避けるって意味なら出て欲しくはあるですねぇ」
オプーナ
「グレランだな。了解した」
モナー
「気持ちはわかるけど、護衛になるか微妙なところモナ>できる夫さん」
ドクオ
「俺視点でほぼ初日霊能かこりゃ」
御剣
「霊能が真の可能性もあるからな
下手に霊能吊るといろいろとこまるかもしれん」
山田平吉
「とりあえずグレラン把握でやんす」
逆毛王
「ここで潜伏する真霊能などいないwwwwwいるならとっととでてるはずwwww」
サム
「グレラン把握」
ディアッカ
「明日出てきても信用薄くねーか>サム
いや俺は信じるよ?信じるけどさぁ」
DS114
「共有指示把握」
できる夫
「もし相方さんが潜伏されるのであれば、遺言にその旨をお願いしますよ>モナーさん」
金糸雀
「まぁ今日はグレランかしら。これ以上の情報はどうせ出ないかしら」
少佐
「おっと、共有指示を見落としていたな。グレラン把握だ」
白犬
「グレラン把握」
柊かがみ
「初日霊脳って考えたほうがはやそうね」
DS114
「逆毛玉は保留 今日はグレランじゃないかな」
ヤドン
「あり得なくはない。黒が出てるからな。」
サム
「ちなみに潜伏してるなら明日には出て欲しいね。真霊能さんがいるなら」
できる夫
「役職護衛のことも考えて、相方さんにもCOを求めるのは……まずいですかね、やはり?>モナーさん」
御剣
「グレラン把握した」
山田平吉
「ここで3−1展開で初日COした霊を吊って銃殺だけを頼りに超絶グレラン村でやんすか?
正直趣味がいいとは言えねーでやんす」
モナー
「すまない、今日はグレランでよろしく頼むモナ」
少佐
「ともあれ、逆毛玉は保留ということでよろしいかね?」
逆毛王
「1でつるとかwwwwwwwありえんwwwwwwwしかも早かれwwwwww」
オプーナ
「共有把握だ。逆毛が怪しいのは分かるが、グレランでワンクッション置くぐらいいいだろう」
ドクオ
「モナー共有把握した」
柊かがみ
「ま、とりあえずほっときますか」
柊つかさ
「普通の3-1と違って、霊能軸にはできないけど、でも霊能さんここで急いで吊る必要はないと思うかな? グレランでいいですよね」
ディアッカ
「そうかい…んじゃ3−1−1でグレランかね」
モナー
「真狂狼−(真狼)と考えてるモナ
今日はグレランモナ」
泉こなた
「か、かがみんがひどい・・・みのさんに相談シチャウゾ☆」
翠星石
「あー 流石での役職に慣れてない場合は仕方ねーと思います
夜のうちに結果でねーですしね」
ヤドン
「ま、霊能なら遅かれ早かれどっちにせよ吊る。」
白犬
「対抗無いなら吊れないよ
偽でもだけど、真なら普通用意してるでしょ」
御剣
「毛玉吊れる理由が出来たようだな
そして共有把握」
できる夫
「モナーさん、かしこまりました。今日はグレランでしょうか?」
柊かがみ
「いや、私はアンタの嫁じゃないから」
少佐
「逆に考えたまえ。狼だとすれば、そんなあからさまにボロを出すものかね?」
柊つかさ
「あ、逆毛玉さん霊能COなんだ。
カウンターかもしれないけど、対抗さん来ないなら真もあるんだよね……
初日さん霊能の真狼狂−狼かもしれないけど、ここはグレランの方がいいかも」
ヤドン
「いや別に真も用意はするだろ。騙りでもするだろうが。」
逆毛王
「長文だから用意しておいたwwwwwwwww」
泉こなた
「うーん、霊能COってさ、典型的な狼の手口だと思うんだよね。
でも、3−1だと真ともとれるし難しいなあ」
ドクオ
「それじゃグレランになるのか?
霊能COしてるから仕方ねえのか」
白犬
「間に合わなかったか」
ディアッカ
「おし!毛玉つろうぜ!!」
できる夫
「ええ、ですがその可能性はまだ考えなくてもいいでしょう
むしろ、ドクオさんが偽の可能性の方がありえる」
逆毛王
「ないようみろwww」
白犬
「共有は初日相方でなければまだいい」
モナー
「共有COモナ、相方は生存中モナ」
翠星石
「様子見してくれるのはありがてーですね、銃殺して偽証明しねーといけないのはプレッシャーですが」
金糸雀
「◆逆毛王 「CO用意しておいてよかったwwwwwwwwwwww」
あ、怪しいかしら。真霊能なら用意してるのが当たり前かしら。カウンター対策に用意していたという風に聞こえるかしら」
サム
「とはいえ、確かに真だった場合、つるとかなり厳しいし
一度おいてグレランも手だね」
DS114
「真狂狼ー真かな
対抗いないようだし」
柊かがみ
「CO用意って…
普通そんなもの容易しませんよね、狼以外…」
ディアッカ
「んじゃ、グレランかね
共有フルオープンもやってみてほしいところだが」
白犬
「確定ではないよ、初日がまだ一応ある
ただ真の可能性もあるからまだ残すってだけ」
サム
「真狂狼の霊能潜伏中ってみるのが妥当な気がするね」
モナー
「他に霊能の人はいないモナ?」
山田平吉
「霊能さんはキープするべきだと思うでやんす」
ヤドン
「3−1はオーソドックスだが出た黒が霊能であることはオーソドックスとは言い難い。対抗霊能があれば楽だがそうでなければグレランか。」
翠星石
「初日霊じゃねー限り逆毛は真ですよ 3CO見てからのCOは理に適ってます」
泉こなた
「あとかがみん、少佐が勝手にいってるだけで私はかがみんのお婿さんだからね!?」
少佐
「うむ、逆毛玉を吊る必要はなかろう」
オプーナ
「カウンターCOでも対抗がいない以上真で見たいが、初日霊の可能性もあるので共有はCOしてほしい」
逆毛王
「CO用意しておいてよかったwwwwwwwwwwww」
できる夫
「吊りたいのは山々ですが……これは、迂闊に吊るわけにも行きませんね
とりあえず様子見でしょうか」
御剣
「真狂狼ー真、が一番それらしい、・・が、
初日が霊能の可能性があるため少し難しい状況だ」
白犬
「対抗も無い、と。これはまだ吊れないんじゃないか」
サム
「3か。そして逆毛玉さんカウンターCOか。微妙だな」
ディアッカ
「霊能対抗は無しか?それなら残すかね」
ドクオ
「カウンターか……霊能対抗は?」
柊つかさ
「うーん、CO遅いのは気になるけど、霊能さんは潜伏してもらって●出た逆毛玉さん吊るのがいいのかな?」
柊かがみ
「3-1で霊脳に●?
ふーんカウンターじゃない」
逆毛王
「対抗でないwwwwwww俺真かくていwwwwwwwww」
柊つかさ
「ええっと、占いさんは3人だね。それで、ドクオさんが●引き……」
金糸雀
「これはカウンターCOのスピードには見えないし難しいところかしら。とりあえずキープかしら」
白犬
「そっから霊だとまたわからんな」
泉こなた
「(逆毛王・・・だったのか・・・・ずっとサカゲダマってよんでた・・・」
少佐
「これは、真狂狼と見るべきだろうかね」
山田平吉
「え?マジでやんすかー…」
できる夫
「ふむ……この場合、共有さんのCOを求めるのはマナー違反でしょうか?」
モナー
「●が出たなら他役職は潜伏のほうがよさそうモナね」
DS114
「占い3ね ●が霊能COか」
翠星石
「おっと●カウンターの霊ですねぇ・・・でも対抗の霊能いないなら吊らないで欲しいですぅ
偽の誤爆ってのもありですが」
オプーナ
「3-1か。オーソドックスだな」
山田平吉
「ほいほい、3−1展開でやんすか」
金糸雀
「3-1で霊能COの逆毛玉に●がでてるかしら」
できる夫
「……ヤドンさん? 何か? 無ければ状況をまとめましょう」
ヤドン
「すまん、特に意味はない。白2の黒1か。」
御剣
「占いは3か、そして●でたか」
モナー
「いきなり異議ありが出たモナー」
サム
「占い2かな
そして俺にいきなり○きたか・・・」
逆毛王
「カウンタwwwwwwwwてらわろすwwwwwwwwwwww」
ディアッカ
「3…で、いきなり●だ!ほか役職は潜伏!!」
泉こなた
「おはよー。つかさ、まいよめー」
ドクオ
「占った理由は隣だからだ。初日なのでそれ以外は特にねえな」
翠星石
「占い理由は色が目立ってたからですぅ 水色なんて初めて見た気がするですよ」
逆毛王
「いまここにwwww西京の俺様がwwwwww霊能COwwwww」
DS114
「おはよう」
            ヤドン が異議を申し立てました
少佐
「女性陣から適当に占わせてもらった。これで彼女は私の嫁だ」
ドクオ
「マンドクセーが占いCO 逆毛玉は●、いきなり狼発見だ!」
逆毛王
「おはようwwwwwwwwwwwしょくんwwwwwwww」
山田平吉
「おはようでやんすー」
できる夫
「おはようございます、みなさん」
サム
「おはっす」
少佐
「占いCO 泉こなた○だ!」
柊かがみ
「おはようー」
金糸雀
「おはようかしら」
御剣
「おはよう」
モナー
「おはようモナ」
翠星石
「可愛い可愛い翠星石が占いCOですぅ!サム○だったですぅ」
ディアッカ
「バスター、行くぜ!」
オプーナ
「おはよう」
柊つかさ
「みなさん、おはようございます。
お姉ちゃん、こなちゃん、おはよ〜」
ヤドン
「おっはようみんな!今日も元気にハッソゥしようぜ!」
白犬
「おっはうーだよー」
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
            身代わり君 は無残な姿で発見されました
            (身代わり君 は狼の餌食になったようです)
            少佐 たち人狼は 身代わり君 に狙いをつけました
            あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヤドンの独り言
「くそねみぃ」
御剣(共有者)
「頭良いな、それでいこう>モナー」
モナー(共有者)
「昨日の狐村ではありがとうと言っておくモナw」
少佐(人狼)
「お、囲い三連か。把握した」
オプーナの独り言
「狂人を希望していなかったのだが叶わなかったようだな…
もし狂人になれたら色々と策を試してみたかったのだが」
泉こなた(人狼)
「ぶっちゃけDSさんは潜伏に向いてないと思う・・・w」
DS114(人狼)
「少佐 頼みます」
サムの独り言
「狼こえでかいなw」
少佐(人狼)
「最初はできる夫にでも○を出すとしよう」
モナー(共有者)
「●もらったらフルオープン
○もらったら○もらったほう、
両方○なかったらモナーに出さして欲しいモナ」
泉こなた(人狼)
「流石に3連続で囲いが来るとは誰も思わないでしょ……(=w=.」
白犬の独り言
「ここでもできたのかwwww」
少佐(人狼)
「OK、では私が騙りに回ろう」
できる夫の独り言
「あの白豚め……翠星石さんをこんな所に放っておいて、何をしている?
チッ……」
御剣(共有者)
「ば、ばかなあああ!!!
わかった、モナーに任せよう・・・」
白犬の独り言
「大きい発言ワロス」
柊つかさの独り言
「初日さんが占いさんか霊能さんぐらいで丁度つりあいとれてるかもしれないね」
DS114(人狼)
「ん〜 騙るとボロでそうだし 潜伏のほうがいいのかね」
泉こなた(人狼)
「んじゃ、DSさん、囲い三連と、噛みお願い。
狐に●だすには、本人じゃないと無理だから」
御剣(共有者)
「んでどっちがCOんだ?」
サムの独り言
「俺は・・・俺を信じる!とかかっこつけるもあったかな」
できる夫の独り言
「狩人では……遺言でCOするわけにもいきませんね。せいぜい、●を出されないことを期待しましょう
……ああ、こんな時ばかりは、僕がやる夫君でないことを感謝しますよ」
ドクオの独り言
「誤爆もトラップもこわかねえぞーーー!!」
モナー(共有者)
「(ゴメン、初心者じゃないモナ」
少佐(人狼)
「ではDSが占いということだね?」
金糸雀の独り言
「リスト↑↓はぷれいやーりすとのことだったかしら」
御剣(共有者)
「あと●貰った時にはCOすると良いぞ」
サムの独り言
「ログもっと細かいところまで見とくべきだったかな」
少佐(人狼)
「うむ、よろしい。ならば戦争だ!」
柊つかさの独り言
「……あれ? 19人って17人の時から村人さんが2人増えてるだけ?
これは狼さんつらそうだな〜あははは……」
モナー(共有者)
「○もらったほうが出る、じゃなければモナーが出るモナ」
翠星石の独り言
「占い理由はなんか色が目立ったからですぅ」
御剣(共有者)
「わかった、私が先にCOしよう、夜に指示があるまでCOしなくていい」
DS114(人狼)
「占い騙るか」
泉こなた(人狼)
「おー少佐だ、戦争戦争!」
できる夫の独り言
「翠星石さんを守り、金糸雀さんを守る。……どっちもこなさければならないのが辛いところですね
……しかも、今回はこなたさんまでいる。普段なら嬉しい所ですが」
少佐(人狼)
「定石で言えば一人が占い語り、残り二人は潜伏だな」
泉こなた(人狼)
「、DSさん初日に吊られたり占われるから、今日はよく発言制御してね」
泉こなた(人狼)
「よろしくー」
ヤドンの独り言
「サイコキネシスでも撃つか・・・」
DS114(人狼)
「さてどうするかな」
サムの独り言
「サムRP細かいところがおもいだせないなー
さんずけであとはややステルスになりつつ、
ぎゃわーこれは陰謀じゃよー、か?」
御剣(共有者)
「二人で潜伏、片方オープン、フルオープン、どれがやりたい?」
ヤドンの独り言
「ふあ・・・眠い。」
少佐(人狼)
「ふむ、私が狼か。よろしく頼むぞ諸君」
金糸雀の独り言
「流石鯖は初めてだけれど確かに広告は邪魔かしら。でも無料だから仕方ないかしら。」
            翠星石 は サム を占います
モナー(共有者)
「初心者COモナ!」
白犬の独り言
「希望役職投票理由:つい出来心で…」
ドクオの独り言
「精一杯狂ってみせるぜ!
あひゃひゃひゃひゃはやひゃひゃ」
御剣(共有者)
「モナー、よろしくたのむ」
金糸雀の独り言
「残念村人かしら。」
柊つかさの独り言
「わーい、村人さんだって。
気楽だからうれしいかな」
翠星石の独り言
「可愛い可愛い翠星石が占いCOするですぅ♪
久しぶりの占いでちょっと嬉しいですね」
できる夫の独り言
「おやおや、僕が狩人ですか。久々の役職ですね……ふふふ、楽しみです」
白犬の独り言
「わぁぃ…」
ディアッカの独り言
「むっらびっとでーす!」
サムの独り言
「村人かよw霊能したかったんだぜ」
山田平吉の独り言
「また村人でやんすか…」
ヤドンの独り言
「ん・・・村人か。」
モナー(共有者)
「みっちゃんよろしくモナ」
柊かがみの独り言
「村ね」
DS114(人狼)
「なんとまぁ」
ドクオの独り言
「やった!希望通り狂人だ」
オプーナの独り言
「無職である!」
            村人9 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 (決定者1) (権力者1)
泉こなた
「おおつかさー。
一緒に今夜もその平たんのすばらしさをたたえあおうねー」
ディアッカ
「ヤドンさん、ゲーム開始に投票!!」
翠星石
「やーもー参りましたよー」
サム
「できるお把握」
オプーナ
「全員が開始投票しないと始まらないので、まだの人は頼むぞ」
山田平吉
「ヤドン党が何を目的に設立されたのか非常に気になるでやんすが…
お断りでやんす」
DS114
「素晴らしいぞw>ドクオ」
できる夫
「ああ、ヤドンさん、翠星石さん、投票をお願いします

15秒は無し、遺言COアリです」
白犬
「こんな時間に19人村…だと…!」
翠星石
「お邪魔するですぅ」
少佐
「おっと、ズザーのようだな」
オプーナ
「なんというズサー…」
ドクオ
「もう持ってますが何か?>DS114」
できる夫
「!! ……ようこそ、翠星石さん。歓迎しますよ」
モナー
「狐もいるし545でいいんじゃないモナ?」
サム
「悪かったよw>ディアッカ」
金糸雀
「むしろ早すぎる結果貼りは偽物COかしら」
            翠星石 さんが村の集会場にやってきました
柊つかさ
「あ、はい!
えへへ〜、お姉ちゃん、こなちゃん、よろしくね〜」
ヤドン
「ただしでんきタイプ、てめえはダメだ」
泉こなた
「モビルスーツの一種だよ。
鳴き声はサムーサムー」
逆毛王
「開始おしてないひとはおしてwwwwwwwwwっうぇ」
DS114
「勝者にはDSを買う権利をやろう!」
白犬
「あ、15秒あってもなくても結果出るのアレだからどちらにしても、なのか」
少佐
「諸君、人狼は好きかね? 好きならばゲームを始めよう!
かくして役者は全員演壇へと登り、暁の惨劇は幕を上げるのだ!」
ヤドン
「なあに、水銀党からヤドン党への変更はいつでも受け付ける。」
オプーナ
「勝者にはオプーナを買う権利をやろう!」
逆毛王
「たwまwごwやwきwwwwwwwww」
ディアッカ
「うざがられてるじゃないか!どうしてくれる!w>サム」
できる夫
「ようこそつかささん、歓迎しますよ。早速ですが、始めたいと思います
投票をお願いできますか?」
金糸雀
「サムはちょっと待つかしら。カナリアンはもっといるかしら。カナは大人気かしら。」
ドクオ
「流石鯖なら15秒はなしでいいだろう」
サム
「遅まきながら皆さんよろっす」
山田平吉
「なんてこったでやんす…
昨日に続いて水銀党員はオイラだけでやんすか…」
白犬
「無しでやってみるのもいいかもね。騙りは大変になるけど
何、何事も経験だ」
柊かがみ
「ウザッ…ねえこなた、サムさんてなに?」
ディアッカ
「無しで」
ディアッカ
「流石鯖だし、15はでいいんじゃない」
ヤドン
「うし、んじゃまーよろしく頼む。」
柊つかさ
「あ……ごめんなさい。
入っちゃいけなかったかなぁ?」
少佐
「うむ、15秒はなくても構わんだろう」
サム
「カナリアン総勢12人の長のサムがアップを始めたようです」
柊かがみ
「それじゃ、みなさん、よろしくおねがいします」
できる夫
「遺言COはご自由に、15秒は……無くても構いませんか?」
            柊つかさ さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「では、僭越ながら始めるといたしましょう。開始に投票をお願いします」
山田平吉
「ありゃまーでやんす」
ディアッカ
「そんなとこまでRPするのかよwww>サム」
できる夫
「おやおや、いささか予定が早まりましたかな。申し訳ありません、沙都子さん
……そして歓迎しますよ、お二人とも」
オプーナ
「あ、ちなみにキックすると開始投票がリセットされるので注意だ>皆」
DS114
「yorosiku」
ヤドン
「おお、本当だ」
            DS114 さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「ええ、あと2人ですのでご注意を。……かわいそうですが、
彼女を惨劇に巻き込まずにすむのなら……結果オーライでしょう」
オプーナ
「なんと!アイコンがかぶった!」
            <投票がリセットされました 再度投票してください>
            沙都子 さんは席をあけわたし、村から去りました
            少佐 は 沙都子 にKICK投票しました
            柊かがみ は 沙都子 にKICK投票しました
ヤドン
「おっす」
サム
「カナきた!これで勝つる!」
            ヤドン さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「ようこそ、金糸雀さん。歓迎しますよ

……そして幼女の背中を軽く蹴るこの快感(;´д`)
もしもの場合は、あと4名、お願いします」
オプーナ
「俺は構わんよ。さとこは開始時間までに発言がなければキックでいいかな?」
            ディアッカ は 沙都子 にKICK投票しました
柊かがみ
「なってないなってないw
ちょっと怖い人だしねー」
            山田平吉 は 沙都子 にKICK投票しました
ディアッカ
「頼むぜ>できる夫」
山田平吉
「正直できる夫さんのキャラがナイスすぎてステルスロリコンのオイラの立場が無いでやんす」
金糸雀
「お邪魔するかしら」
            できる夫 は 沙都子 にKICK投票しました
柊かがみ
「あ、こなたもきたんだ」
            金糸雀 さんが村の集会場にやってきました
逆毛王
「あとふたりほしいとろころwwwwwwwwwwwww」
サム
「できるお把握。たのむわ」
できる夫
「沙都子さんがお休みのようですから……もしもの場合は、僕達だけで始めさせて頂きましょう
よろしいですか、皆さん?」
御剣
「よろしく頼む」
泉こなた
「かがみん、いつのまに少佐と名物コンビになったの!?」
モナー
「35分把握モナ」
白犬
「わかめてのログ読めば読むほど凹むっていうwwwwww」
サム
「こなたさんもよろっす」
少佐
「うむ、35分開始で構わんよ。
そしてどうやら、泉こなたも来たようだ。実に喜ばしいことだ」
泉こなた
「やっほー、ズバババーンと参上!」
ディアッカ
「流石鯖の名物コンビの登場だな」
モナー
「下のほうの深い話参考にさせてもらうモナ」
できる夫
「ようこそこなたさん、歓迎しますよ」
できる夫
「ふむ……では、僭越ながらこのできる夫が仕切らせて頂きます
35分開始でよろしいですか?」
            泉こなた さんが村の集会場にやってきました
山田平吉
「う〜ん、なんだか危険な臭いのする村でやんすね〜」
ディアッカ
「良い人数だな、これなら始めてもよさそうだ」
サム
「カナは・・・こないのか・・・?」
できる夫
「おや、いらっしゃいませかがみさん。歓迎しますよ」
少佐
「やあ柊かがみ、よくぞ来てくれた。
できる夫ではなく、私の隣に……そう、この! 私の隣にィッ!!」
できる夫
「お褒めに預かり恐悦至極>少佐
貴方とはいい友人になれそうですよ……
開始は30分までには始めたい所ですね。沙都子さんを起こすのは躊躇われますが」
ドクオ
「だんだんカオスな面子になってきたな」
サム
「かがみもよろっす」
柊かがみ
「こんばんは、あら、今日はこなたいないのね」
オプーナ
「そこそこ人数集まったし、いいかげん始めたいところだな。」
            柊かがみ さんが村の集会場にやってきました
サム
「なんか最高に危ないのがきたなw」
少佐
「ほう、できる夫……君はその席に執着しているようだ。
その執着の理由は少女への愛! 実にすばらしいものだ!」
白犬
「なんじくらいかいしよて?」
オプーナ
「SQNYてw」
御剣
「よろしく頼むぞ」
ディアッカ
「す、すくにぃ?なんて読むんだよそれw」
できる夫
「おやどうもこんばんわ。しかしこの位置は譲りませんよ!」
できる夫
「ええい、ならばこの双方の眼に焼き付けるまで!

        <●>  <●>

                     ジッ……」
少佐
「諸君、こんばんは。ご機嫌いかがかな?」
サム
「信頼と安心のSQNY製だからな」
            少佐 さんが村の集会場にやってきました
オプーナ
「まだメインカメラがやられただけだ!>サム」
ドクオ
「ベータかよw」
できる夫
「ふははは! こんなこもあろうかとハンディカムを先物買いしたこのできる夫の……
……何ぃっ!? 電池切れだとっ!?」
ディアッカ
「ベータなのかw」
サム
「と思ったらベータのテープが切れてる・・・」
できる夫
「ふっ……可愛い子を困らせたくなる男心、貴方にはまだ解りませんかね?>山田さん」
できる夫
「馬鹿をおっしゃい! これは隣の位置を独占した僕の権利です!
●REC   ●REC   ●REC   ●REC」
サム
「撮影はオレに任せてくれよ!REC●」
山田平吉
「できる夫さんはもう少し気をつけた方がいいでやんす
そういう言動を表に出して幼女を不安がらせるのは真のロリコンでは無いでやんす」
できる夫
「しぃっ……お静かに願います。今、ちょうどカメラを見つけたところですから!

●REC」
御剣
「フッ・・・よろしく」
ドクオ
「次々ときてるな。
みんなこんばんは。」
モナー
「よろしくモナー」
できる夫
「じゅるり……おや、いらっしゃいませモナーさん。歓迎しますよ」
できる夫
「(沙都子さんの寝顔を眺めながら、伊集院のラジオを聴く……ふふふ、まさにヘヴン状態!)」
サム
「なあにまともにやってりゃ問題ないんだぜ。相方もいないしな!>ディアッカ」
ドクオ
「どんなサム劇場が繰り広げられるんだろうな…」
            モナー さんが村の集会場にやってきました
御剣
「真サムに怒られる怒られる>サム」
できる夫
「いえいえ、楽しいのは大歓迎ですよ。僕の邪魔をなさらなければね、ふふふ」
ディアッカ
「っていうかサムのアイコン作った人がいるのかよ…w」
ディアッカ
「怒られるからやめれw>サム劇場」
サム
「久々にサム劇場開催してやるさ!」
山田平吉
「サムじゃなくてバルカン300に見えるでやんす」
できる夫
「はっはっはっ、続きますねぇ。ようこそ、白犬さん」
白犬
「や、ほ」
できる夫
「おやおや……サムさんまで来てくださいましたか。歓迎しますよ」
            白犬 さんが村の集会場にやってきました
山田平吉
「おお、次々にやってきたでやんすねえ」
サム
「村たて乙。よろっす!」
ディアッカ
「サ…サム!?」
            サム さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「御剣さん、ようこそ」
御剣
「再びよろしくたのむ」
            御剣 さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「おやおや、ドクオさん。いらっしゃいませ」
ドクオ
「よろしく頼む。」
            ドクオ さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「わかめてのメンバーが多少なりとも集まると見込んでますが……
いえ、僕は沙都子さんが入れば十分ですがね、ふふふ」
            <投票がリセットされました 再度投票してください>
            御剣 さんは席をあけわたし、村から去りました
            山田平吉 は 御剣 にKICK投票しました
ディアッカ
「わかめてと同じ感覚でやると突然死するね、ここは」
オプーナ
「できれば1:30ぐらいには開始してほしいところだ」
できる夫
「では蹴りましょう、さあ蹴りましょう。ラグについてですが……1分前には
余裕を持って投票を済ませたいところですね。通勤の電車と同じようなものです」
ディアッカ
「これ集まるのかな?」
            オプーナ は 御剣 にKICK投票しました
御剣
「いろいろとミスったから蹴ってほしいんだ>オプーナ」
            ディアッカ は 御剣 にKICK投票しました
            できる夫 は 御剣 にKICK投票しました
            逆毛王 は 御剣 にKICK投票しました
オプーナ
「む、御劔も蹴ってほしいのか?」
オプーナ
「ラグが40秒ぐらいあるな…
この前投票したつもりが突然死していたので気をつけないと…」
御剣
「私に キック投票してくれないか」
            <投票がリセットされました 再度投票してください>
            ヤムチャ さんは席をあけわたし、村から去りました
            逆毛王 は ヤムチャ にKICK投票しました
できる夫
「おっと……既に1時ではありませんか。これは伊集院タイム、ラジオを用意せねば」
御剣
「よろしく、ヤムチャ本人が蹴ってほしいらしい」
逆毛王
「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
            逆毛王 さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「ようこそ。歓迎しますよ、山田さん」
山田平吉
「よろしくでやんす」
            山田平吉 さんが村の集会場にやってきました
御剣
「いらっしゃい」
ディアッカ
「うぃーす、よろしくな」
できる夫
「いらっしゃいませ、ディアッカさん。歓迎しますよ」
            ディアッカ さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「おや……わかめてが終わったようですね。MLを流す必要も無いでしょうか?」
できる夫
「名推理が見たければガチ村はいくらでもあります。やる夫村ならではの見所として、
各人が他の人を楽しませる能力に秀でたエンターテイナーであること
僭越ながら、そう思わせて頂いています」
できる夫
「おや……わかめての方も、いよいよ大詰めのようですね
ふふふ、これは明日のログが楽しみですよ。やる夫人狼の醍醐味は
参加者と閲覧者を楽しませることにある、と勝手に思っていますから」
オプーナ
「(ロリコンが格好いいこと言ってる…!)」
できる夫
「人狼の初日はジャズに似ていますね。無数のコードから状況に応じて適切な選択肢を選ぶ
それだけに、自由に動ける狂人は初日が楽しい。見切り発車で暴走超特急というのも乙なものです」
ヤムチャ
「まあ出方次第だろうな。何事もそうだ。
共有COと同時に相方指名したりしたら相当に信用は高くなる。
役職のCO数によるが、2−1だったりしたらまず二人で出てきた共有は信じるかな、俺は。
狐騙りじゃなければ真狼ー真で狼全露出になるわけだし。」
できる夫
「               . -―- .      やったッ!! さすが狂人!
             /       ヽ
          //         ',      おれたち(狼)にできない事を
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′     そこにシビれる!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      あこがれるゥ!
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ」
できる夫
「……そうですね、そのメリットを忘れていました。特に人数の少ない村では
1手の無駄吊りが致命傷になる。そして何より、誰もやりそうにないことをやってのければ……」
ヤムチャ
「ありだと思うけどな。噛まれるポジションって言うのは○のポジション。つまり吊られないポジションを吊らせるていうのは村にとって打撃は大きい」
できる夫
「おや、御剣さん。誰かさんと人格が入れ替わったようですね(笑)」
オプーナ
「確かに。共有なんてそのうち噛まれるポジションなのだから、
わざわざそこで吊りを使わせるのも微妙だろうな。」
            沙都子 は ヤムチャ にKICK投票しました
御剣
「アイコン間違えた、さぁ大変」
            御剣 は ヤムチャ にKICK投票しました
御剣
「よろしくたのむ」
            御剣 さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「それも考えましたが……道連れにできる相手が共有、というのが寂しいのですね
占いを騙れば●を出した村人と自分で2吊り、うまくいけば対抗も吊り
霊能でも対抗ごとローラーに持ち込めます
それに比べ共有というのは、あまりにも地味です」
できる夫
「ははは、それではまた。……とはいえ、現状の人数では蹴ることさえできませんね」
            オプーナ は ヤムチャ にKICK投票しました
オプーナ
「狂人が撤回ではなく朝イチで共有CO(相方初日)した場合はどうだろうか?
吊られても霊結果は○になるから少なくとも真共有の片方を吊らせられるか、
それとも狂人と見破られて吊りを一回浪費するだけで終わるか。」
            できる夫 は ヤムチャ にKICK投票しました
ヤムチャ
「ちょっと一旦蹴ってもらえるか。元気でたらまたくる」
ヤムチャ
「初日相方だと、だな。もう俺はだめだ。眠い。」
できる夫
「ふふふ、こうして戦術について考えるのは楽しいですね。実践してみたくなりますが……
……生憎と、僕はここのところ狼どころか役職にすら縁がないのですよ
いやはや、すっかり村人が定着してしまいました」
ヤムチャ
「ん、ちょっと仮定がおかしいな……まあいいか。
まあそうそう乗っ取りなんて自体は発生しにくいが、初日役職だとスキは大きくなるってことだ。」
できる夫
「そうですね……しかし、今の村にはローラーに対する抵抗感がさほどありません
共有という役職を考えても、人外を道連れにできるなら上々と考えるでしょう」
ヤムチャ
「どうかな。占い3から撤回してきた人間(相方初日宣言)と、グレーから相方生存で出てきた人間だと撤回してきたほうは狂人として見えるね。」
沙都子
「共有乗っ取りは全吊りだと思いますわ
少なくとも相方初日の方と共有2人の片方は吊られると思いましてよ」
できる夫
「ですが今はまだ皆さんは慣れていない。咄嗟に乗っ取りを考えられるほどの余裕は無いでしょう
少なくとも、今の時点では、ですが」
オプーナ
「内訳が真狼ー真なら対抗占いを早い段階で行うのもありだろうな」
ヤムチャ
「撤回の有効性は俺にはいまいち感じ取れないんだよな。初日共有で撤回したら頭のいい人外なら乗っ取り喰らうしな。
3−1よりも2−1のほうが嫌だし、人外が騙るとその結果には人外の意志が入る。そこから潜伏を見つけ出すほうが有益だと思う。

すまん、抜けてた」
ヤムチャ
「撤回の有効性は俺にはいまいち感じ取れないんだよな。初日共有で撤回したら頭のいい人外なら乗っ取り喰らうしな。
3−1よりも2−1のほうが嫌だし、意志が入る。そこから潜伏を見つけ出すほうが有益だと思う。」
できる夫
「そうですね……運任せというよりは村が不利、でしょうか
これについてはまた色々と考えるところがありますが……統計上では、間違いないかと

そして対抗占い……グレーが残り2になる前には行いたいですね、僕としては」
できる夫
「少なくとも、6:4で有効だと思います。ついでに撤回COなどの妙手を加えるのもいいですね
少なくとも、今の村の状態であれば撤回COはしばらく有効でしょう」
ヤムチャ
「グレラン進行を運任せとは少し語弊があるんじゃあないか。
というかそこに関連してくるが、現在のやる夫村においては若干対抗占いのタイミングの是非について図りかねていると思うな。
極端な話、占い真狼がほぼ濃厚な場合は真占いは対抗のおっかけ占いをするという手もあるんだが。」
沙都子
「無駄占いを避けるため、ついでに●を出させてライン崩壊させるためにも共有は相方生きていたら2人とも2日目に出るべき、ですこと?」
できる夫
「かつてどこぞの狼が初日にこのできる夫(共有)に●を出したことはありますが……
そんなケースは無いも同然。乗っ取りの防止、狩人の護衛先を考えれば、フルオープンはいいものです」
できる夫
「トラップのある状態で●を出せるのは真……と思いきや、狂も同じくらい確率は高い
……結局、これも大した情報にはなりえませんね。誤爆に期待するのも酷です
○しか引けない占い師も、可能性としては十分ありえます」
オプーナ
「共有トラップはロマンであって、確率的に言えばそれほど有効な戦術かどうかは分からんな。
成功したときの快感は格別だが、トラップ以外にも占いの真偽を判別する方法はあるわけだし。」
ヤムチャ
「やあオプーナ」
ヤムチャ
「おっと、初日相方が前提だったか。
まあその場合だったら騙り抑制はありだな」
できる夫
「共有トラップも是非が分かれる問題です。●が出にくくなると言うことは、それだけ
グレラン進行が続く……つまり、運任せです。最悪、グレーに村人しか残らず、無駄な吊りが発生します
●が出ると言うことは、情報が一気に増えることになりますからね」
沙都子
「みじめな村人と霊界で謝罪を繰り返す共有・・・
嫌な光景ですこと」
できる夫
「狼が噛むのはどこになるでしょうかね? 霊能が1なら、狩人の護衛は鉄板
共有が噛まれる可能性は非常に高い。……その場合、遺書でも無い限り村人は
いないはずの共有を求めるでしょうね」
オプーナ
「話は聞かせてもらった!
オプーナを買う権利をやろう!」
沙都子
「こんばんはオプーナさん」
できる夫
「おや、オプーナさんもこんばんわ。権利書はいりませんよ」
            オプーナ さんが村の集会場にやってきました
沙都子
「あらヤムチャさん、こんばんは、ですわ」
ヤムチャ
「そこに関しては若干俺と見解の相違があるかな。
おれは役職はたくさん出てくれたほうが嬉しい。
だってそれだけで人外露出するからな。」
沙都子
「身代わり君が共有相方の場合で霊能者を騙り3-2になったところで撤回する場合。
「霊能撤回共有CO相方生存」でトラップの圧力をかけるのか
「霊能撤回共有CO相方初日」で霊能者真確させるのか
どっちの方が効果的なんでしょうかね・・・」
できる夫
「おや……いらっしゃいませ、永遠の1回戦ボーイではないですか」
ヤムチャ
「ここで俺、参上!」
できる夫
「よく『身代わり君が共有』が村にとって最高のスタートと言われますが、
確実な情報がそれだけ確定するという事実があるからでしょうね」
            ヤムチャ さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「……共有さんの撤回COは素晴らしい戦術だと思います。占いよりも霊能の場合が有効でしょうか? 騙りを減らすことは、それだけ可能性の高い選択肢を残してくれます
もちろん、役職持ちが潜伏をしない、という前提かつ身代わり君自重の場合ですが」
沙都子
「確かに、確実な証拠の無いグレランは身を滅ぼすだけですものね・・・
確実な証拠をつくることができればグレランも楽にはなるのですが・・・
確実な白、確実な黒・・・こういう情報を集めるためにはどうすればいいか・・・」
できる夫
「しかし、初っ端からグレラン村、という展開よりは、どんな手でもマシだと思います
グレラン村は基本的に狐>>>狼>>>>>>>村人だと思っていますから
……もちろん、それまでの囲いにもよりますが。村人はグレランを過信しないことが大事ですね」
沙都子
「んー、やっぱり難しいとこですわねー」
できる夫
「囲い……狼の防御手段としては定石ですが、狐を囲ってしまうデメリットも目立ちますね
噛んで告発、という荒業も、早期に●を引かれては易々と使えない
そして最近のやる夫村では、囲いを疑うのが主流ですからね……
(前提:14〜17、狼3、狐1)」
沙都子
「囲い防止はメリットでもありデメリットでもありますわ
囲いは重要な推理の鍵でございましてよ」
沙都子
「完璧な戦術などない、ということですわね・・・」
できる夫
「ああ、そうだ。占い先を個人に絞ることはつまり、囲いができなくなる!
このメリットがありますね。つまり、グレランにおける狐と狼の回避率が下がります」
できる夫
「万が一、占いが●を当ててしまえば……しかし、狐を考えると占いを早期に噛むのも怖い
……いやはや、うまく出来ていますね」
できる夫
「うーん……占いが真狂ならば、霊能は真狼でしょうか? 狼3と考えれば……
残り2ですか
その後は占い師の勘と村のグレラン力次第になりますね……残り2で凌げるかどうか」
沙都子
「んー……」
沙都子
「霊能を噛めるのなら噛んで、その後は確定○を噛んで行くというのは?」
できる夫
「……対象を噛めば、確定○は消せますね。占いと霊能、共有は保護できますが、事態は進展しません
むしろ1人減ってより悪化するでしょう
では霊能? 残った霊能がローラーされますね。吊り回数は消費できますが、確定○が残ります」
沙都子
「いや、狼視点真狐も無くはないのですわね」
沙都子
「占い2人は真狂だとして・・・」
できる夫
「仮定をシンプルにしてみましょう。占いの範囲は1人、2人の占い師が対象を占います
まず、対象が○の場合。狼は、どこを噛むでしょうか?」
沙都子
「そもそも身代わり君が全て悪いと思いますわ」
沙都子
「占いが2人以上いると狩人の運次第ですものね、んー……」
できる夫
「……ああ、霊能にしても2COならば結局は同じことですか
早めにラインを繋げられなければ意味がありません」
できる夫
「狼の弱点を考えましょう。『1日に噛めるのは1人だけ』、僕はこの1点に尽きると思います
そして噛み対象が少なければ少ないほど、護衛の成功率は跳ね上がる
……少なくとも、狼にそう思わせるのが大事でしょう。そして占い指定の場合、護衛の優先順位は……」
沙都子
「とりあえず、現時点では今の方法が定石で良いということですわね」
沙都子
「そうですわよねー
占い噛まれた場合考えることが多すぎますものね・・・」
できる夫
「逆にそれを利用して、『占い指定された人』が『暴かれるのを避けたい狼』に見せかけて占い噛み……
うーん。可能性の範囲が広すぎますね。どちらにせよ、狼の方が手数に勝るのは否めません」
沙都子
「んー……」
できる夫
「真狂でしたら、先に●を引き当てるか、呪殺を出した方が全てを勝ち取るでしょう
特に後者は確定です。結果を見てから被せることはできませんから
ただ……それ以前に、狼が占いを噛む可能性が非常に高い」
できる夫
「この場合の噛み合わせとは……たとえば、偽占いが狼であることが前提になりますね?
ふむ……少し考えさせてください」
沙都子
「共有「○○は△か□か☆、●●は▲か■か★占い。」
真確した時の情報は大きいと思うのですけれど……」
できる夫
「考えて見ましょう。16人程度、共有相方が潜伏状態。投票先と占い先を指定した場合のメリットは……
どうでしょうね。占い結果を被らせないことにより、真偽がハッキリすれば有利かと思いますが、
噛み合わせの可能性を考えるとそれも辛い。噛み合わせのケースとメリットについても考える必要がありますね」
沙都子
「612 :ローカルルール変更議論中@VIP+:2009/05/11(月) 22:59:09.31 ID:N557RhnB0
流石鯖、二次会30人ってマジか(汗)。少人数でいいんじゃないか?


30人募集でございますが
流石にそこまで集める気はございませんので気軽にどうぞ、ですわ」
できる夫
「ただし……狐の銃殺が起きた場合に、占いの真偽が決められないのは痛いですね
確率の問題や、狐の処理が済んだことを考えれば、さほど問題では無いと思いますが
範囲指定……となると、上半分と下半分、ですか?」
できる夫
「悪くは無い、とは思いますよ。僕のいた少人数村では悪手でしたが……
『やる夫人狼』をご覧になれば解りますが、それなりにメリットはあります」
沙都子
「今気づきましたの」
沙都子
「名指しは噛み合わせが怖いというのもございますが
範囲指定ならどうなのでございましょう?」
沙都子
「ところでこれは単なる疑問でございますけれど
「共有の占い先指定」を見なくなりましたわ、この戦術はダメですの?」
沙都子
「と、いっても、私実のところスランプが長くて、最近の人狼についていくのがやっとの状態ですのよ、あまり当てになさらないでほしいですわ」
沙都子
「◆できる夫 「しかし沙都子さん、少ない人数の村では狂人による吊り回数の消費はあまりにも魅力的では?
恥ずかしながら、僕は多人数村の経験が少ないので、そこら辺の感覚に自信がないのです」

少人数とはいえこの鯖でも17人集まるんですの、わかめてでも基本17人開始か、もしくは20人開始あたりですわ
仮に17人だとしても
16>14>12>10>8>6>4>2の7回
占いに出た狂人が吊られるケースのほとんどが「破綻」ですわ
狂人「〜〜●!」 翌日:霊能「〜〜○……」
この場合、確定人外を占いの中につくってしまいますの
いくら吊り数消費したからといって、占いの中に確定人外=占いの真決め打ち時の正解率UPは辛いですの
真占いが確定すれば狩人はそこ鉄板、迂闊に噛めませんわ」
沙都子
「これは最近わかめての方でもよく見かけますわ
正直この戦術は「博打すぎるだろjk」レベルですわ
初日霊能者なら上手く乗っ取れる上に占われない位置に立つことができますわ
しかし、霊能者が普通に出れば霊能者ローラー、あえなく狐は死んでしまいますわ
17人を標準とするならば、その確立は16分の1、ぶっちゃけ止めたほうがいいですわ」
できる夫
「しかし沙都子さん、少ない人数の村では狂人による吊り回数の消費はあまりにも魅力的では?
恥ずかしながら、僕は多人数村の経験が少ないので、そこら辺の感覚に自信がないのです」
沙都子
「次、「霊能者に出る狐」!」
沙都子
「それに、その後の噛みで
狂人の○を噛めば、狂人の信頼度をさらに上げることができる。
真占の○を噛めば、村に与えた情報を奪うことができる。

ベグった後にベグった先の○噛みはほとんどどの状況下でも狼有利に働きますの、ただ、ベグった後に銃殺きたら本当どうしようもないですけれど・・・」
沙都子
「【結論】
メリット
・残った占いが真の場合、その信頼度を著しく低下させることができる
・狂人に囲われていた場合、「信頼できる占い師の○」を会得することができる
・真を噛めれば、村に与えるはずだったであろう情報をほとんど奪うことがきでる。

デメリット
・銃殺が出ていない場合狐処理が難しくなる
・狂人を噛んだ後銃殺出たら目も当てられない
・信頼できる○であり確定では無いため占いが信用を取り戻すとかなり怪しまれる」
沙都子
「「だったらベーグルは悪手じゃ?狐処理できないじゃないか!」
正直わたくしもベーグルはあまり良い手じゃないとは思っていますの
でも、狂人に囲われた後、狂人を噛めば、自分は「信じれる占いの暫定○」に位置できるわけですから、後のグレランで狐を吊れる可能性は多いにありますわ
信頼されてる占いの暫定○は、多少強引でも怪しまれないでございますしね」
沙都子
「これは「噛まれた占いは真濃厚」という空気がそうしているのですわね
……なぜ、そんな空気になったか、それは狐のせいですわ。
銃殺前は狐生存は濃厚ですの、少なくとも銃殺があれば狐生存は0ですわ、だからそれと比べると「銃殺無し」の状況は村にとっても狼にとっても怖いものですの」
できる夫
「興味深い話題ですからね。僕自身、戦術について考えたい頃合です」
できる夫
「ふふふ、お邪魔しますよ、沙都子さん」
            できる夫 さんが村の集会場にやってきました
沙都子
「占い真狂確定してない状態で占い噛み!」
沙都子
「ただ黙っていても暇なので最近流行の戦術の紹介や考察を独断でやってみますわ」
沙都子
「予定では3次村なのですぐに遊びたいのであればわかめての方をオススメしますわよ」
沙都子
「「「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html 」 」 」
            沙都子 さんが村の集会場にやってきました