←戻る
【流石149】やる夫たちの普通 村 〜高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に〜[187番地]
僕はおいしくないよ 身代わり君
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
ふふふふふ 雪華綺晶
 (>>76)
[狂人]
(死亡)
  ガラハド
 (かに)
[村人]
(生存中)
僕がアリスだ! 蒼星石
 (◆FL6pGotkUE)
[人狼]
(死亡)
伊藤誠です よろしく 伊藤誠
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[人狼]
(死亡)
ジャンクねぇ 水銀燈
 (サク◆sUDNcvC9E2)
[村人]
(生存中)
  相葉昴治
 (サム)
[共有者]
(死亡)
いけ!スターダスト!! 不動 遊星
 (たこ)
[人狼]
(死亡)
やれやれ、僕としてはこういうことはしたくないんだけどね 歴史家のYさん
 (本屋◆mbe11n6veQ)
[狩人]
(死亡)
ばらんばらん… 薔薇水晶
 (まるるん。◆piyo2xng9M)
[霊能者]
(死亡)
クマー クマー
 (越前海月◆.031Oix0L6)
[共有者]
(生存中)
おやしろ様って知ってる・・・? れな
 (meist)
[占い師]
(死亡)
海の中にまでは手出しできまい! ヨウジョスキー大尉
 (スービエ)
[村人]
[決定者]

(死亡)
真のヒロインがいなければ始まらないのだわ。 真紅
 (白カブト◆vWbdXpni/g)
[村人]
(死亡)
よろしくだお! やる夫
 (ガリ◆jH3Q3bIrRM)
[妖狐]
[権力者]

(死亡)
  キョン
 (orz◆10.9/2taLY)
[村人]
(死亡)
歴史家のYさん
「銀ちゃんの狐勝利は色々と遠そうだね
初日占いが前提かな?」
相葉昴治
「おっと、向こうが始まる!
じゃ、また!」
真紅
「世界が崩壊するのだわ…… それだけはやめてちょうだいw>水銀燈」
相葉昴治
「それだけはやっちゃいけない!」
水銀燈
「お疲れ様よぉ。とりあえず第一関門の村人生存勝利は達成したし、次はいよいよ水銀燈CNでの狐勝利を目指したいわぁ」
相葉昴治
「●REC」
真紅
「エンジュメイデンね。最後まで分からなかったのだけど、
父親への愛だけはオリジナルドールズにも負けなかったのだわ。」
雪華綺晶
「                        , '´ ̄f令y、__
それでは、私も寝ることに         /  /rヘミイヽ  `丶、
いたしますわ。            / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  / //〃ハ xx    _-_、 }// /    |
        / , イ // /⌒// rヘ  、 '  ´xxヽ'}彡'´/ /   l |  アデュー
       / /// / , ! ノ     { \ハ   ー    / / / ∧   |  |
.      /// // / / l_ヽ -、 入 >く`¬ァ冖7´ノ⌒// /   l  ||
     |/ //  /⌒'ー- ソ:. :. ̄`ヽjヽ:.、\}ー::ノ j  ハ:_/ア7ァ}:}l  |
      |,' / l / {    /:. :. :. :. :. :{ ! ト:.}`ヽ\  `ア ノ'//イ  l|  |
      | ,′|  /ヽ_  - }:. :、:.. :.. :.. :.ヽ}. V>'‐} :l、/´   '/ノ    |  `
      | ! ル / ∨〉 /:. :..::j:. :. :. :. :.:{`ー' ヽ |/ノ{    /「.:`ト 、|  }
     ,ハ「 / / / {. 〈:...:. :. :. :..::.:.:.:.:.:.ヽ r、ー‐ ′ヽ _イ  ヽ:}:..}  ヽ|  〈
    (   l/ 厶-‐r^-`≧ーヽ._:ィ ̄:.ヽイノ } | ノ     /_r┬:7!:/   }
     〈 {  /  | \   ヽ小∧:. :. :.:.{  >ー:、   〈:.:.:.:/,://′  /
      \  / 〉  〉⌒ヽ-V  〉:. :..:_l/:. :..:.:.:.:>ー.、__j:.:./イ′ _ .. -‐ .: ̄
         _ーく′/ -、   ンミー-V:. .:/:. :..:.:.:.:/、:.:.:.:.:.:.:./_. -.: ¨:. :. :. :. :. :. :.」
歴史家のYさん
「片方は義妹というかパチモンだしなあ」
真紅
「末妹二人が変態だなんて……(ほろり」
相葉昴治
「●R…いやいいか」
雪華綺晶
「                       ___
                    〃 ̄`ヾ;        _ - 1!
                    {廴__,  リ _.  - ´    ||
                       ` ̄ 〃 |        ||
                           { ! |        ||  ばらしー可愛すぎですわ
        __, -──‐- 、       ヽ`ー‐…⌒}    ||  
     フ/´  ̄ ̄ `ヽ\    , -- 、.`丁 ̄~¨´_    ||  あふんあふんあふんあふん
      .//          ヽ\ ,/r'⌒ヽヘ |勹´!イ {    ||  あふんあふんあふんあふん
      { {    , -─v‐- 、ヽ、//、  ヽ.∨ / /ノ ノ     ||
     八ヽ  /, '´ ̄`¨¨ヽ\{{ヽ_`辷彡>、`-' /     ||
      ヽ∨/       `ーリ- ニニニ イ'¨´      ||
        i`r、ヽ     ((__〃         |        ||
      〃 j } ヽヽ    ` ̄´          |        ||
    、__{{,ノノ   リ                  `  - _     ||
    `´`==彳       ______ , ─‐ 、 ` ー 」|」
相葉昴治
「●REC」
薔薇水晶
「村建てありがとう…               /|
みんなはおつかれさま…       __ くトミ/|
                  , -‐ '´     `ヾ、!)>
私は寝るよ…       r=<         、 、 ヽ \ヽ アデゥー
             <`{〉彡ノ-‐ , / ,    \ヽ ', 、ハ_〉
それじゃ、また…  ∠rt-i´ / l | | |ヽ    | |! | lノl! _,.-、
          , '´  | l l   | | | ! ! l!   ! !'!ハ`|r'ヲミrトニヽ、
        /    _r!、|ー、l ! l _|l‐|ヽ!\ | |,.ィ'テ|!トミY,l_| 「 ,_|
      ∠、   /、 〉 〉ノ | | |´|_,ィ'~テ ヽl f_ソ' |! <ニ/ヾー'/\
        `> 「ヘ `~r‐、_/〉 |ノ! | ゞ-'    '   |\| ト┐_´/_L/
      ,/'´   |! ト'-く_r'ーハ|ト-、    ー‐' /ヽ_ノー‐'´ /
     /´    |ヽ   / /  \ヽニヽ 、_ ィ_  、( ー‐ノ
    く、     / } \/__,ハ_   ヾ 、  7ノノ/  ̄>- 、_/
    /   /  |,   /ヽ、 `!   ,  r='テ| ト、 /'
    7 _/__,//ヽ-‐/ i l _>`ー(__∠,マ´ハ/ / \_
    /´ r─--‐/   ノ ノ<_    __∨(  |
   lヽ !\ /l !|__/   ーー‐' / |  !  !
___ `ヽ\/  >/         /  ! /  〉
   ̄ヽ、   |l  \ヽ、r‐く_      /  レ'   /
     ヽ、!   '、_´ヽ `       「L__ノ
            ` iー-、   r─=ノ__/
             `ト-r='-‐'´ ´
              \__)」
真紅
「真狂でしか出来ない芸当ですからね。意外と狂に見えてたようなのだけど。>対抗に黒ブツけ」
歴史家のYさん
「さっきの対抗○からはなかなか驚かれたらしいね」
クマー
「初参加で嬉しかったクマ、これからももっと頑張るクマ!!>真紅 」
歴史家のYさん
「あれはまあ、初日のログを失ったからなんだよね
まあいいかとおもってそのまま」
真紅
「私は…… ツールがないころはメモ帳から発言を抜きだしていたのだわ。
その点では昔の方がセンサー型だったのかしら。」
真紅
「結果対抗の○をガンガン占うのね。>ヤン」
クマー
「また一緒になった時に色々教えてほしいクマ〜>相葉
いろんな人に教わってスーパークマーになるクマ」
歴史家のYさん
「ツールに頼ると勘が鈍るが、初心のころは致し方ないだろうとも思う
これは好みだなあ

僕は占いをセンサーにたよるので、ツール使えないんだ」
不動 遊星
「そろそろ移動しよう、お疲れ様」
真紅
「そうね……勝利、それも最終日生存勝利はとても喜ばしいことよ。
お疲れ様。>クマー」
相葉昴治
「なにはともあれ、勝利おめでとうクマー!
俺もQP行ってくる!みんなおつかれー」
不動 遊星
「まぁ・・一番の理由は・・・センサーなんだけども・・>Yさん噛み理由」
相葉昴治
「あ、えと、ほんとに聞くの?w>クマー
正直俺は中の下プレイヤーだから、他の人に聞いた方がいいぞw
真紅
「ツールが使えて何よりね。でも、頼りすぎると良くないわよ?

お疲れ様なのだわ。>蒼星石」
クマー
「じゃあ、色々聞くことにするクマー>相葉
クマももっと精進するクマ」
蒼星石
「あ、ごめんなさい今やったら出来ました>ツール
ありがとうございました」
ガラハド
「おつかれー」
ガラハド
「俺も参加してみようかな、新しい鯖体験したい」
真紅
「いい狩人は、 狂人にみせかけるそうなのだわ。
意図的にステってSGになるといいのだわ。」
真紅
「いってらっしゃい。お疲れ様なのだわ。>やる夫」
伊藤誠
「お疲れ様〜」
真紅
「最終日前「こんな怪しいところは吊って最終日にしましょう!」
という非情な宣告が下るのね。」
やる夫
「よっし! やる夫はQPに行って来るお!
落ちる人はお疲れさまだお!」
歴史家のYさん
「特に理由はなかったわけだね
自分の狩人のやり方に自信をなくしていたから、その返答はありがたい」
真紅
「吊れないところを噛むのは、重要なのだわ。
結局最後に吊られたら負けなのだものね。」
ガラハド
「実は狼なら吊られず占われて囲われて最後まで残ることが多い」
やる夫
「んー、まあ人が集まらなければ、少人数村にして回せばよさそうだお>QP」
真紅
「私も可能ではあるのだけど。 ココから何人移動できるかかしら。>QP」
相葉昴治
「はははは!困ったことがあったらなんでも俺に聞きなさい!>クマー
人狼のこと以外なら相談に乗ろう」
不動 遊星
「村っぽいところを噛めば良いって思ったのが一つ目の理由
正直○噛みでいいんじゃないのって思ったけど予告してあるから噛まなければなかった>Yさん」
真紅
「ガラハドは狼だと…… 初日黒とグレランを潜り続ける必要があるのかしら。
怪しまれるのはきっとアイコンのせいなのだわw(酷」
相葉昴治
「俺は行けるぜ>QP」
クマー
「相葉が色々教えてくれて本当に助かったクマ〜
相葉のお陰で勝てたクマ」
伊藤誠
「キョン お疲れ様」
歴史家のYさん
「タブブラウザにするといい
手動更新の項目で横タブを開くようにすれば、勝手にログがとれていくよ」
真紅
「キョン、お疲れ様なのだわ。」
真紅
「……平日4時に14人。 ギリギリじゃないかしら。」
やる夫
「お、QP村かお」
歴史家のYさん
「ところで不動くん
君はどうして噛んだんだい?
結果としては正解だが、僕狩人狐は考え辛い場所だったが」
ガラハド
「>蒼 やり方が違うんでないならそうかもね」
真紅
「男ならメモ帳一本なのだわ!>蒼星石」
伊藤誠
「619 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/06/24(水) 03:50:03.00 ID:4mO1SFGn0
仕事終わって寝てたらおもしろそうなことになってるじゃないの
薔薇鯖16村QPありって今の時間から受容あるだろうか?
14人集まれば開始したいところだが、基本的に流石村が埋まったときのみ
使うほうがいいのかね?

だそうだよ」
不動 遊星
「俺が人狼で記憶上にある始めてのLW状態で勝ったのは・・・一度だけか
たまには・・・俺が残って水銀燈が残ったら水銀燈吊りにしようぜ・・・」
キョン
「ミス。
俺はそろそろ寝るぜ。
明日、ハルヒたちと不思議探しに行かなきゃならなくてな……。
お疲れ様だな。」
ガラハド
「そういうやばいこと経験するとうまくなる>クマ
勝っても負けてもね」
相葉昴治
「いや、俺が噛まれたからクマーは頑張れたんだ!きっと!多分!」
やる夫
「誠>基本的には、やっちゃいけない戦術だおw
でも奇策っていうのは、そういう前提の上に成り立つからこその奇策なんだお」
キョン
「お」
ガラハド
「狼で勝った記憶ないから杞憂だぜ>辛苦」
蒼星石
「じゃぁ、また参加させて頂きますw
一通りまとめサイトには目を通したつもりでしたが、実際やってみると難しいです。

あ、ツール開いてログ保存しようとするとエラーでるのは僕のPCが悪いのでしょうか?w


      ┌──┐
       i二ニニ二i
    〃∩i´ノノノヽ)))
   ⊂⌒´Wリ゚ -゚ノリ  ・・・
     `ヽっ/⌒/⌒/c」
真紅
「共有なんて、潜伏で噛まれればいいのだわ。
今回相葉がフルオープンしたことで「あぁ、初心者講習を兼ねたのね」
と納得したのだわ。」
伊藤誠
「狼6とかじゃないとできないかな >やる夫 」
クマー
「相葉が狼に食べられた時、クマの頭は真っ白になってしまったんだクマー…
結果的に勝ててよかったクマ…」
伊藤誠
「新たなジンクスができるのか・・」
真紅
「ガラハドは共有だと残せないのだけどね。
あと、あまりSGにするのも困るのだわ。逆に怪しまれないから……。

人外のときに限って占われている気がするのだわ。」
相葉昴治
「初人狼で共有は大変だったねw
一番勉強になるのは村人なんだよな」
不動 遊星
「そういえば昨日もだが・・・何故前回も今回も同じような状態になるんだ?
水銀燈は村陣営、俺は狼陣営・・そして最終日に水銀燈の手によって吊られる・・・・
俺急に怖くなってきたぞ・・・」
やる夫
「でも成功すれば面白いだけで、共有騙りはまず失敗する博打だおw」
薔薇水晶
「今遊んでいる1戦はとても大事…
でも、この先遊ぶ10戦100戦も大事…だから…」
歴史家のYさん
「共有COのタイミングは難しいよね
アレはよく考える」
クマー
「そういってもらえると嬉しいクマー、これからももっと勉強するクマー>真紅」
やる夫
「Yさん>ああ、もちろん多少待って、共有が出るタイミングになってからの話だお。
ようは先手を打つ、それだけのことだお」
歴史家のYさん
「普通何も見ずCOする共有は逆に怪しいよやる夫くん」
真紅
「決め打ちは正解だから構わないのだわ。>クマー」
水銀燈
「◆ガラハド 「むしろ俺に○だしたあたりセンスあるぜ
あれが最後まで村を悩ませることになった」

そこ威張って言うとこじゃないわよぉww」
やる夫
「いきなり共有COして、少し間を空けて相方初日と言えば、本物も中々出難いお。
後からCOするのは偽者、という風潮を逆手に取る作戦だお」
薔薇水晶
「初心者だけじゃない…経験者もミスをする…
だから…お互いにミスを咎めるのはほどほどに…しましょ…」
クマー
「指定した後に、その事に気がついて頭抱えたクマ…>吊らなくてもいい」
キョン
「まあ、吊られる(噛まれる)数だけ強くなるっていうしな。」
歴史家のYさん
「あと、村人ならステる意味まったくないよガラハド
狩人気取りにして噛まれたいなら話は別だけど」
真紅
「そう……どんどん参加して頂戴。
ココにいる誰もが初めは初心者なのだから。」
ガラハド
「むしろ俺に○だしたあたりセンスあるぜ
あれが最後まで村を悩ませることになった」
水銀燈
「余計なこと言ってくれたほうが推理しやすくてありがたいのだけどねぇ…>ガラハド」
相葉昴治
「てきとーでも案外ばれないよ発言は
一日4〜5回発言できればなかなか死なない」
雪華綺晶
「あら、蒼兄様は初心者でございましたのですね
それでは、ログを読むより、数多く参戦されたほうが、よろしいかと、思います」
薔薇水晶
「ログみるだけじゃだめ…
参加できるときはどんどんしていい…」
真紅
「蒼はいい占い騙りだったと思うわよ?
SGを作って、呪殺対応なんて初めてでは無理なのだわw>蒼星石」
歴史家のYさん
「ログ見て勉強するよりは実践参加だ

いいか、初心者で悪い、というのは絶対にないんだからな!」
伊藤誠
「相方 初日とでもCOするのかw」
薔薇水晶
「それがいい…
最初は潜伏狼がいいけれど…慣れてきたら騙りはやるべき…
色々なことを経験すれば…今度は村のときにも役に立つから…」
クマー
「とりあえず、適当に喋るように頑張るクマー」
歴史家のYさん
「ガラハドの把握発言の数は異常だぞ」
ガラハド
「占は偽者だから破綻しても気にするな!」
やる夫
「青い子、お疲れさまだお!」
真紅
「最終日前だったモノ。
霊能両視点LW確定なら、実は吊らなくてもいいのだわ……。
最悪でも引き分けなのだから。

ただ、吊ってしまえば引き分けが消えるのはメリットなのだわ。」
歴史家のYさん
「ガラハドは余計なことをいってるんじゃない
中身がないだけだ」
蒼星石
「 みなさんお疲れさまです。落ちます。
 一週間ぐらいログ見て勉強してきます…初心者でした。


  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj

やる夫
「共有騙りは成功させると面白いもんだお?w」
伊藤誠
「それ無理ww大人数村なら・・・>共有騙り」
真紅
「そうね…… まず適当に喋るといいのだわ。
村の誰かに絡めば、RPを返してくれるコトもあるのだわ。」
雪華綺晶
「まさか、伊藤様が狼とは思えませんでしたわ…」
薔薇水晶
「ガラハドは…確定○じゃないと残すの…怖い…w」
相葉昴治
「発言のコツつかんだら、きっとすげえプレイヤーになるな・・・」
不動 遊星
「いや・・・俺は最後まで推理を言いきった時に思ったんだ
あれ?もう決めうち必要ないんじゃないかってな」
キョン
「即死フラグじゃないか、それは>共有騙り」
伊藤誠
「全潜伏なら1−2−2だったか

真紅
「な なにをする きさまー

にならなかったのねw ミンサガのガラハドだったのかしら。」
ガラハド
「余計なことはいわないように注意してるんだけどね
ステしててもついいってしまうんだなこれが」
水銀燈
「ガラハドがしゃべってくれたら悩まず遊星に投票してたわぁ…
まあ寡黙で怪しいからこそ最終日まで残されたのでしょうけどぉ」
クマー
「もっと、発言できるように頑張るクマー」
やる夫
「誠>共有騙り、マジおすすめだお」
真紅
「ガラハドはいつもあんな感じなのだわ。
普通に人外なコトもあるし、普通の村のコトもある。
ただ、センサーというか人外を捉えるのは適格だからあまり残したくないのだわw」
伊藤誠
「今度からは占いや霊能騙りもどんどんやっていくか
経験しないと上達しないしな」
ガラハド
「俺も初めて生存した気がする」
相葉昴治
「ガラハドの生存ED初めて見ました」
真紅
「遊星は霊能決め打ちをあと一日早く言うと良かったんじゃないかしら。
真狂の霊能を偶数で最終日まで残せないとしても、最終日前日に言い出すと
吊り逃れに見えてしまうから……  と、よく狐に勝たせてしまうLWが言ってみるのだわ。」
歴史家のYさん
「ガラハドくんはもう少ししゃべったほうがいい
喋りたくないのかい?」
相葉昴治
「●RE…いや、いいや」
れな
「     _, -.'´ ./  , ,!   |`ヾ-┤   l  .ヽ
    フ,   '  , l| |.、_,水| '丶__!./|  .イ  |
   ./ /   l、 |、| _y ヽ_| `   ソ_| ,イ ,   |
   |./!     丶| ` _>    <_ ′ ! /  |
   !| | 、 丶  .l、‐"    ,    `‐ レ  , |     _
r‐ _' ヽ.N  「ヽ、⊂⊃   ハ   ⊂⊃' イ´ l、_ - ´ ノ
.\ ~``|>' 、丶|                l>、 \  /
  ヽ、/ /  , .l、             丿 、ヽ、 l×_
    / イ /'-‐丶_            ,イ-l\l、`i、|
.   |/|,/l || .|、  丁エー--─エ ̄7、  | || | l |
       '┴' \ l´`、、\=/ / ヽ , -=l‐´ l
           |   `-== '   |
           ∧    / ヘ    λ
          ヽ     〈  〉   ' >
はぅー!ありがとー!占ったときに囓ってごめんね。>やる夫くん」
ガラハド
「銀よりも俺が生きてるほうが奇跡だぜ」
相葉昴治
「●REC」
真紅
「れなは実際呪殺で仕事を果たしたのだわ。
私が噛まれてしまったのは残念だったけど……。」
クマー
「正直に言うと、銀様が好きだったから信じたかっただけなんだクマ…」
雪華綺晶
「      __     _
  ,. ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
//    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ‖   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  此 |‖ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ‖||| || ,..⊥l | |‖ |! | |  /' |  ||  銀姉さま、生存おめでとうございます
   /   | | | ‖|l| | {f'´|メ | |‖ |! l/  /  |  ||
 /   /| ‖ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l」
伊藤誠
「2度も水銀燈生存勝利に立ち会ってしまった」
歴史家のYさん
「そういえば、狼はなんで僕を噛んだんだい?
それだけはきいておきたいところだな」
不動 遊星
「もう俺が狼の時は水銀燈生存させて終わらすことにするか・・・」
真紅
「16人村らしい短期決戦だったと思うのだわ。ミスの少ない状況で
良く戦ったのだわ。」
薔薇水晶
「いえ…狂人きらきしょをよく指定吊りした…
お見事…クマーのおかげで勝てたと思う…」
クマー
「今でもドキがムネムネしてるクマ…」
不動 遊星
「あれ?伊藤誠の中の人って・・おい・・・どういうことだ・・・」
やる夫
「銃殺で真証明を果たし、色々芋づるで発覚させたれながMVPだと思うお」
歴史家のYさん
「 

        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|     不動くんは銀ちゃんと相性がよろしくないようだね
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _−     / 奇跡を起こす側と起こされる側では、それも当然のことか
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、」
ガラハド
「初日にグレーから狩人抜いてるあたりたいしたもんだ」
真紅
「ガラハドさんを信じてあげたこと(占いが確定で真狼になったからかな?)
も大きかったと思うのだわ。 私ならブレてしまうかもしれないw」
クマー
「皆ありがとうだクマー!!」
相葉昴治
「●REC」
水銀燈
「クマーは初めてだったのねぇ。ミスリーを恐れず指定してたし偉いと思うわぁ」
薔薇水晶
「                                          |
 水銀燈お姉様…                   ________,ノニ,ヘ,.-―====―- 、_
                                  ̄_,二ニ=-三ニ/ヽ、  ___   _ `¨ ヽ、
. 無職村人での生存勝利…            ___, -― ¨ ̄ ̄_/三三_, イ/`ヽ、`_‐- .__`ヽ   ¨ヽ、 `ヽ、
                      , ィ __, -‐‐ ¨ ̄ ̄/´ ̄ .イ .イノ /  /      `ー- ._ ヽ、 ヽ   __
  おめでとうございます…!   / /           .イ   レ'.イ   / / .イ         ̄ヽ. 〉'ニ´<
                    ⌒ヽ\         .イ/  / .ィ/ ノ / /  /   | ヽ ヽ. ̄ ̄/、三三=\
                         \ヽ.       .イ  '   / /.イ , く / /  /   } !  ヽ ヽ  ,'=ハ三`ヽ`ー\
                          ヽヽ   /   ,/    ,イ .' /_/__イ  V /  /   /  }    ',  i  !/ ヽ.三=',
  ,. -―――- .__                 i Y´   .ィ/ イ /// イ // /`ヽノ,'ト、 ,' / ,'  /|  ,| | ||   |\ニヘヽ、
/,ィ ¨ ̄ ̄¨ ヽ.__ ̄¨ ー 、_____, -ァ' ,' _,∠ィ //,′,' i {/ ,イ/ァr‐‐く/`i 〉、/_イ_-//‐-/,'、| |     |  ヽ、|\\
/          `ヽ、       ___, イ ,ノ´ ___,ノ| レ  { ! ! ,' / liノ:::cハY /|!∧'y^¨_Y`¨V  !||    ,′     `ヽ`ー- 、__
                ` ̄_,>―'´_, -= ¨‐ ''¨´   |    | | |ハ 又ュzブ レ ノノ´lくゝノrく`rく  レ' !     !        `ヽ、   \
                /_, ィ´ ̄           ,ノ      ヽ.|、l ////       い_`v' ハ_ノ,イ  ,′    |           `ー //
               /<__,ィ ¨ ̄ ̄ ̄¨''ー----‐'´__   /  ` '、      ,、   ヽ、ス`フ',//.イ/    ヽヽ             //
             ∠ _____ `ヽ、          ( _` く   r='¨`ヽ.     〈ノ     ̄{{X//' /'     {ヽヽ、       //
             /   `ゝ、`ヽ、        ,r‐ァ′ ヽ \ ヽ.   Lヽ、 ` ー       _,ゝ′ノ  /      ヽ\`ー―- 、 / .イ
              ,′ ,.ィ´ ̄ > .ゝ     ,′{、`ヽ、ヽ. `ーヘ 、 }__ヽ、___ .-ァ'´_>‐ァ   ‖ ト、   、\  ̄¨ ‐-、Y /、
.     ,r―-- ._,.ノ ,∠ --‐''´_/____|   `ヽ、`ーヽ、   ヽ、} `Y´,r'-'´ ̄ ̄  /   |ヽ.ヽヽ_ ヽ 、ヽ、   ヽヽ.\
    / ,r―---‐ァ'¨´_, --‐''¨´.ィ_´_,..ァ‐,. -‐!    ,ノ`ー- 、_`   ヽ._,、_|/        /`ー‐ ''¨ ̄ __,ノ〉  ヽヽ.`ー- ._ヽヽ. \
.    { /     /´ ̄    / ´  //  _} ヽ、 `ー、    ̄   }`ひシ>         ----―/  j    \`ー- ._`ヽ.ヘ ヽ
    !|    ゝ、___/    / ,'   ノ   ヽ  ,ノ二ニ¨ ̄  ノいゝ´ノ  \ ヽ、 ̄¨ ‐-.___ノ  ,イ  {ヽ   \    `ヽ} }、」
雪華綺晶
「  /l  / l i ヽ ヾ il   ヽ  il ll  ハ、_l__l i lヾl   l   l    l l
  l/  il l  i  \_、l ヾ  ヽ llー十 フ ̄\l il l l l il i l   l   l il
  il/ l il亅 l /´/ヽ il..  i ll l l ,ノ,,=−"l il l /l X il /   l  i l il
   y i l i < l\ ヾ `ゞ   l l/K〃:::::;;;::::゛ゞl/ li l //    l  / l ヾ
  /ヽ il l l __\_≧ヾ ;ヽ\ lノ彡人:::;;;;;;;;℃〉Kil/\ //    l  /l  \   薔薇水晶と並んで眠る
  /入 il il\\ / __X=\ヾ  // ´  :::::;;;;;::::ノlゞl i K     /  il/  i  il
//i 人 illiヾ// +=ー 、ト  ´    --ー´ il l  \   /  il  il  il
//  /\ ilく l 、\ilノ   )ノ       ::::::::: /  il  i   /  /l   il  il  まさに至福のひと時としかいいようがございません
´ /.//   il  `ヾ、Y ̄_/   `   _ _   // l  ノi  /  〃   l  くl
;///    il  \ヾ/l ノ    _- ´  /   i//l // ´  /  /l   /   il
// ノ /  ノil   ヾヽノ/、     ̄ ̄´    / K//    /   i   /    ll
  /il   i /i   ilKX/ ヽ __        /  lil / /  /    i       i
;;/ i   /iハ  /l \_/‐` ー ‐ ´< 斗 il/   /    i       ノ
 \ ヽ/ X _/  /       \ノ      /  /l    /K、   /
   −ー--十 -´ ̄ ̄il/    _ 〉》     il/  /   、      ´
 ̄´      i,   i   l    i il  y/    /il  /    ill     \
/        `    \/`ヽ/ilへ( __/ ̄  il     l l      ヽ」
れな
「お疲れさま!生き残ったクマーはレナがお持ち帰りするね。」
歴史家のYさん
「おつかれさまー

      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ  へえ、そいつは一大事。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_」
相葉昴治
「いやいや!狂人吊り見事だったよ!
俺がいたらどうなってたかw>クマー」
伊藤誠
「無職水銀燈 生き残り 
やはり狐 水銀燈 生き残りが最後の難関だな」
やる夫
「!? 銀様が生き残っている……?」
真紅
「クマー、よく勝ったわね……本当に。お疲れ様なのだわ。
狂決め打ち吊りはなかなかカッコ良かったのだわ。」
キョン
「お疲れ様だな。」
クマー
「初めてでグダグダで申し訳ないクマ…」
蒼星石
「お疲れ様さま!
そしてごめんなさい!>遊星」
不動 遊星
「また水銀燈が生存か・・・しかもまた俺のせいで・・・」
伊藤誠
「うん こうなるね」
真紅
「クマー、お疲れ様なのだわ。

水銀燈にしてはよくやったじゃない。褒めてあげるのだわ。」
ガラハド
「おつかれー」
水銀燈
「生き残ったわぁ!!」
不動 遊星
「くそ・・負けたか、お疲れ様」
相葉昴治
「クマー!すごいぞクマー!」
やる夫
「お疲れさまだお!」
クマー
「助かったクマ…」
雪華綺晶
「決まったようです」
薔薇水晶
「勝った…水銀燈お姉様が生きて…w」
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
不動 遊星 さんの遺言
水銀燈、俺は貴様に復讐をするしかない
あの日の屈辱・・・忘れたとは言わせない、何故お前をあの時生かしたのか
分かってほしい水銀燈
ただ・・俺はカナリアンだ水銀燈なんて興味はないが
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            不動 遊星 は投票の結果処刑されました
7 日目 ( 1 回目)
ガラハド0 票投票先 1 票 → 不動 遊星
水銀燈1 票投票先 1 票 → 不動 遊星
不動 遊星3 票投票先 1 票 → 水銀燈
クマー0 票投票先 1 票 → 不動 遊星
            水銀燈 は 不動 遊星 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
決まったか。
相葉昴治(サム)
クマー!
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
この場合、説得よりは、
誘導なのだわ。 最終日はガンガン誘導する、
というか普段から誘導するものだと思ってるのだわw
相葉昴治(サム)
今んとこ銀とガラハドは不動に入れるみたい…
がんばれ!
薔薇水晶(まるるん。◆piyo2xng9M)
無職村の……水銀燈お姉様が……生存勝ちしてしまう……の?
雪華綺晶(>>76)
ああ…薔薇水晶が、そういうなら、次は、占いで出ることにします!
            クマー は 不動 遊星 に処刑投票しました
            不動 遊星 は 水銀燈 に処刑投票しました
            ガラハド は 不動 遊星 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
まぁ、重い立場に残されてしまったクマーの苦労が身にしみるのだわ……。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
遊星は自滅するパターンだねぇ。銀様は説得じゃブレない
薔薇水晶(まるるん。◆piyo2xng9M)
きらきしょは…狂人なら占いの方が…
似合っていると思う…
もったいない…
クマー
「もうじき、投票クマね…」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
おっと吊られそうだな
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
って、うわ、負けそう…
ガラハド
「今言う必要もないぞ」
水銀燈
「初日2発言で把握しか言ってない大尉を残す意味があると思ったのかしらぁ?」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
遊星、ちょっと喋りすぎのようなw
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ガラハドは確定○になると最終日の理由で残せないのだわ。
暫定○SGにして吊れるかは不明なのだわ。
不動 遊星
「ただ、今まで言わなかったのは言う必要がなかったと思ったからだ」
ガラハド
「特にないんじゃない?」
クマー
「クマは銀様か不動が狼と思うクマ・・・」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
あれ?普通に投票履歴すらでなくなっちゃった…追加クリックしてコピーして貼ればいいんだよね?
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
銀・遊星ランだがどちらを信じるか、かなぁ。
昨日霊ラン言い出す遊星の方が怪しくはあるんだけども。
不動 遊星
「大尉は喋らなさ過ぎて村に見えただからその時点では怪しかった水銀燈に入れた
何か問題でもあるか?」
ガラハド
「とりあえず不動にいれるぜ俺は」
薔薇水晶(まるるん。◆piyo2xng9M)
騙り狼は…ガラハドを初日囲って吊らせなかっただけで…
充分働いたと思う…w
水銀燈
「何かしらぁ?すり寄りならいらないわよぉ」
クマー
「ガラハドは怪しすぎて逆に村人な気がするクマ」
不動 遊星
「今まで初日にお前に投票した理由だが至ってシンプルなものだ」
相葉昴治(サム)
謝るには早いぞクマー!
っていうか謝ることは一個もない!
不動 遊星
「まず水銀燈、謝ることがある」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ぬすっとめ せいぎのけんを うけてみろ!


こんなのガラハドじゃないのだわ。ガラハゲよ、ガラハゲ。
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
正直遺言がメモ帳代わりなのでメモ帳すらつかってない・・・
ああいや、占い結果をメモするのに使ってるな
雪華綺晶(>>76)
ええ、本当に…
驚くぐらいLWの夜でしたわね
不動 遊星
「ばらしーが真なら狂と同じように動いてくれるはずがないしな」
クマー
「皆には申し訳ないと思ってるクマ・・・」
水銀燈
「ガラハドが推理してなさすぎてまったく判断できないわぁ…

遊星は昨日言ったとおりの理由で怪しんでるわよぉ
まあガラハドがLWならそろそろしゃべりはじめる頃でしょうし、
遊星が狼だと決めうちするしかないかしらねぇ…… 」
不動 遊星
「ばらしーが狂ではなかったという考えも出来ないだろうか」
薔薇水晶(まるるん。◆piyo2xng9M)
あそこまでの大文字吠えだけで判断するなら…遊星本命になる…w
ガラハド
「それだけ自信があるということだな」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ガラハゲはミンサガで凶悪になったから、そう簡単に剣を渡しはしないお!
キョン(orz◆10.9/2taLY)
お疲れ様だな。
雪華綺晶(>>76)
ああ、ばらしー。私のばらしー
アナタまでこちらに来てしまったのですね
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
狼視点のSGはガラハド。
彼は占い真狼を主張しないといけなくなったのだわ。
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
おつかれさまー
ガラハド
「狂人の疑いは残さなかったか」
薔薇水晶(まるるん。◆piyo2xng9M)
よかった…噛まれた…
絶対間違える自信があったの…
相葉昴治(サム)
頑張れクマ!
水銀燈
「薔薇水晶が噛まれた…ってことは真だったのかしらねぇ」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様。 さて、ガラハドはアイスソードを奪われるのでしょうか。
不動 遊星
「おはよう」
クマー
「おはようだクマ」
相葉昴治(サム)
お疲れさまー
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
タブブラウザなのでツールいらず
FireFoxは無敵 ルナスケでもいいけどね
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ガラハドは切るんだ。もう。
占いが真狼だったのだから!
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
ちょっとやってきます>ログ
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
雪華綺晶 さんの遺言
霊脳結果を張っていきます

ヨウジョスキー大尉様 ○
伊藤誠様      .●
蒼兄様       .●
キョン様      
薔薇水晶 さんの遺言
ヨウジョスキー○…伊藤誠●…蒼星石●…キョン○…雪華綺晶○…
●ガラハド>=水銀燈お姉様>遊星○
            薔薇水晶 は無残な姿で発見されました
            (薔薇水晶 は狼の餌食になったようです)
            不動 遊星 たち人狼は 薔薇水晶 に狙いをつけました
雪華綺晶(>>76)
不動様、村アピは、日々の積み重ねなのです
残されて、最終日だけ、できる村アピなどは、ございません
相葉昴治(サム)
2日目
3日目
4日目…

ってやつ
3日目のログ取りたい時は、3日目にチェックしないとだめだよ
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
左側の日にちをずらしたりね  
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
追加するんだよ >蒼星石
れな(meist)
はぅー、銃殺は誤算だったんだよー!
水銀燈の独り言
「ガラハドが推理してなさすぎてまったく判断できないわぁ…」
相葉昴治(サム)
左側の日にち、ずらしてる?>蒼
不動 遊星(人狼)
「俺狼の水銀燈村・・おい俺のトラウマが・・・」
雪華綺晶(>>76)
フフフフフフフ…ばらしーばらし−ばらしーばらしー
クマー(共有者)
「一応、自分の中で整理しておくクマ…」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
>不動遊星 水銀燈!貴様に勝ちは渡さない!!
>不動遊星 そういえば俺生存、水銀燈生存そして偶数進行昨日を思い出す
ごめんな・・・
クマー(共有者)
「皆、ゴメンクマ…」
不動 遊星(人狼)
「前回の敗因"村アピ"・・・今回は前回と同じようには行かない
ちゃんと村アピ用準備しておこう」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
相場さん>それ一応使ってるんだけど、上書きすると前日のログ消えませんか?
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
なぜ最終日に自分が吊られることが前提なのかしら……。<ガラハド
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ログ保存? ンな細けェことはしてないお!
気になる発言だけ抜き出して、メモ帳にコピペしてるお
ガラハドの独り言
「ミスったぜ・・・」
薔薇水晶の独り言
「正直…噛んでほしい…w
明日残されたくない…ww」
不動 遊星(人狼)
「・・・まぁ無難といえば無難なのだが今日はばらしー噛みしかない」
ガラハドの独り言
「よく考えれば今日狼吊らないと勝ちないんだった俺視点」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ガラハドさんの弱点は、適格に捉えた時に寡黙な点よね……。
れなが抜かれたのは残念だったのだわ。
相葉昴治(サム)
TOPページにツールがあるよ>蒼
クマー(共有者)
「次で当てないと負けクマね・・・
雪華綺晶(>>76)
お疲れ様でした
やはり、私の薔薇水晶は、正直もので、すばらしい子ですわ
不動 遊星(人狼)
「水銀燈!貴様に勝ちは渡さない!!」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
ツールがあるよ>蒼星石
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
狂人お疲れ…本当ごめん…
ガラハドの独り言
「まけたな確実に」
相葉昴治(サム)
お疲れ様
ガラハド吊るなよー…
あの人の最終日なんてめったに見れないんだからw
不動 遊星(人狼)
「そういえば俺生存、水銀燈生存そして偶数進行
昨日を思い出す」
薔薇水晶の独り言
「きらきしょおつかれさま…
うふふふ…五字分…」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
やる夫>それもしんどいね…
話のコシぶったぎって申し訳ないんだけど、みなさんはログ保存ってどうやってますか?
水銀燈の独り言
「さて、どうしようかしらねぇ……」
クマー(共有者)
「もう何がなんだか分からないクマ〜・・・」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
きらきー乙だおー
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
おつかれさま、きらきー
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様。 コレで引き分けはなくなたのだわ。
不動 遊星(人狼)
「助けてきらきー!!が出来たくて地味に残念だ・・・」
クマー(共有者)
「うう・・・申し訳ないクマ・・・」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            雪華綺晶 は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
雪華綺晶5 票投票先 1 票 → 不動 遊星
ガラハド0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
水銀燈0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
不動 遊星1 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
クマー0 票投票先 1 票 → 雪華綺晶
            薔薇水晶 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
なぜYさんが噛まれてしまうのか…… 悲しかったのだわ。
紅茶党として。
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
青い子>単なる村人のつもりでいたら、共有の遺言で「確定村人の○○に従ってくれ」と指名された時は、凄いプレッシャーだったお
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
まぁ、順調に疑われるというより、
誠・キョンなら誠の方が狼よね、
ということなのだわ。
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
すまないね、共有
僕は銃を直接撃つのは苦手のようなんだ
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
さすがに薔薇のほうを選ぶ事はしないな
            水銀燈 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
この場合、今夜はばらしー噛まれるね。
残す意味がない。 ガラハドの誘導次第かな?
            クマー は 雪華綺晶 に処刑投票しました
相葉昴治(サム)
狩人初日抜きだったの…
なんて共有に優しくない展開なんだw
            ガラハド は 雪華綺晶 に処刑投票しました
            不動 遊星 は 雪華綺晶 に処刑投票しました
            雪華綺晶 は 不動 遊星 に処刑投票しました
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
共有なったことないけど、初心者共有で最後まで残されるとプレッシャーすごそうだなぁ
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
狂吊って最終日引き分けを失くす方向に出たね。
いい共有だ。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
明日引き分けすらなくなった・・・これはガチ信用勝負
今日吊られないだけ延命できたか
薔薇水晶
「…明日残される人がかわいそう…
ガラハドは絶対残されるから…」
雪華綺晶
「…おろかな」
ガラハド
「不動吊ってダメなら引き分けコース希望」
相葉昴治(サム)
おおお!すげーぞ!クマー!
相葉昴治(サム)
狐権力者だったのか!
クマー
「指定できらきーをお願いクマ」
雪華綺晶
「あら、それは失礼いたしました
でも、それは、安易に、私を釣りたいということではなくて?」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
お手洗いから戻ってみれば、大変な状況になっていたお
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
そうなのか…
水銀燈
「狂人が残ってる以上、ガラハドと遊星両吊りする余裕はないのよねぇ…」
薔薇水晶
「この状況で…ガラハドを残して最終日にいきたくない…
狂人には狼はわからない…狼COで引き分けにもっていこうとするなら…
対抗狼COすればいい…それでまたイーブン…」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
アッーという間に不動たこ疑われまくりである
不動 遊星
「何が言いたいかというと霊能決めうちしてよくね?って話なんだけども・・・」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
その主張を昨日すると村っぽいのだわ。
それでもガラハド吊ってキョン・銀・遊星ランよね。
相葉昴治(サム)
みたいです、初日に言ってました>蒼
でも狐見抜いてるし、今も狂人見抜いてる
これは勝てる!
不動 遊星
「ランとローラーは違う、ランはどちらかを吊ることだ、ローラーは両方吊ることだ>きらきー」
薔薇水晶
「たとえば……

◆不動 遊星 「ガラハドはもう一周して怪しくない」

これでガラハド残した場合…遊星が狼ならガラハドをSGにするため残したということになる…
でも、村ならそれを理由に怪しまれる…」
ガラハド
「不動がLWだなおそらく」
雪華綺晶
「◆不動 遊星 「狂はきらきーばらしーのどちらか、だから俺は霊能ランをしたい

不動様、霊脳は真狂なのです。
両方吊っている暇はございません」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ココで霊ランは…… するぐらいなら昨日、狂決め打ちで吊るしかない。
クマー
「狂はクマはきらきーと見てるクマ」
水銀燈
「ガラハド怪しいわよぉ、っていう遺言を書いてたのだけど、
蒼星石が破綻した以上ほっといても吊られるだろうしそこは別にいいわぁ

グレーで怪しいのは断然遊星ねぇ。
私に疑い向けてるから村っぽい、と言いたいところだったのだけれど初日に私に投票してるのよねぇ。
確かに遊星がきらきー真寄りと言ったのに対して私は薔薇水晶真寄りって言ったけれど、
ただ自分と意見が違うというだけで初日から吊ろうとするのはちょっとおかしいわよねぇ?
遊星はよっぽど自分視点の内訳に自信があるのかしらぁ?」
ガラハド
「つまり引き分けコースか?」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
クマーさん初人狼なの?
不動 遊星
「狂はきらきーばらしーのどちらか、だから俺は霊能ランをしたい」
クマー
「頑張るクマ…
雪華綺晶
「最初は村人のような感じが出ておられましたが…」
薔薇水晶
「今日はガラハド吊ってほしい…
明日に残しても判断つけようがないから…
水銀燈お姉様と不動遊星を比べた方が絶対にマシ…」
水銀燈
「共有噛まれたわねぇ。残った相方のほうはちょっと寡黙すぎるんで頑張ってしゃべってほしいわぁ。
確定○あなただけなんだものぉ」
不動 遊星
「今日は確実に狂吊らないと明日引き分けで終わるかもしれないな」
キョン(orz◆10.9/2taLY)
お疲れさま。
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
お疲れ様ですー
相葉昴治(サム)
頑張れクマー!初人狼を勝利で飾れ!
ガラハド
「きら吊ってよくないかな」
クマー
「相葉なぜ、クマを置いていったんだクマ・・・」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
まあ共有かむわな
ガラハド
「ですよねー」
相葉昴治(サム)
ふう!なんとかできてるか!?
お疲れ様
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様。いい共有さんだったのだわ。>相葉
薔薇水晶
「あたりまえ…ここからもう○しかでない…」
不動 遊星
「おはよう」
クマー
「おはようクマー」
薔薇水晶
「おはよう…
キョン…○…村人…」
雪華綺晶
「ごきげんよう皆様、霊脳COですわ
キョン様は●でございました」
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョン さんの遺言
無職COだ。
ガラハド人外っぽい
相葉昴治 さんの遺言
共有CO 相方はクマー

落ちついてのんびりやれば大丈夫だよ、クマー
            相葉昴治 は無残な姿で発見されました
            (相葉昴治 は狼の餌食になったようです)
            不動 遊星 たち人狼は 相葉昴治 に狙いをつけました
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
きらきーが結果同じだったからね
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ココからの噛みが、遊星は面白いときがあるのだわ。
共有なのでしょうけれど。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
不動 遊星(人狼)
「最終日俺が指定されたら狼COしてきらきーに助けをSOSを送る」
相葉昴治(共有者)
「逆だ!真狼ー真狂だね」
雪華綺晶の独り言
「もう少し偽装をきちんといたしていただければ○出せたのですが、今回はしかたないですわ」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
きらきーの○出しに期待したのに…完全なお荷物じゃないかあああ
相葉昴治(共有者)
「不動か水銀燈…」
薔薇水晶の独り言
「ガラハド吊りでいい…
最終日に残して発言で判断しようとしても吊るしかないから…」
不動 遊星(人狼)
「どうせならきらきーと共に戦うしかない」
相葉昴治(共有者)
「真狂ー真狼だろうね
霊能はもう放置でいいよ
最悪引き分けだけど」
雪華綺晶の独り言
「困りましたわ…
LWがばれ過ぎですわ」
クマー(共有者)
「そうクマね〜」
不動 遊星(人狼)
「すでに一兵なのは禁句だ」
キョン(orz◆10.9/2taLY)
そういえばたこさんはLWが苦手とか言っていたな。
さて、どうなるやら。
相葉昴治(共有者)
「もうガラハドは村だと考えよう
いくらなんでもあそこまで胡散臭いのは逆に村っぽい」
不動 遊星(人狼)
「最後の一兵になろうとも俺は戦えるところまで戦う!!」
薔薇水晶の独り言
「キョンさようなら…」
クマー(共有者)
「ここで、きらきーが狼だったら笑うしかないクマ
クマーは狂人と見てるクマ」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
みんな潜伏するってゆーから一人ぐらい行かなきゃと思って…
不動 遊星(人狼)
「明日からは誘導合戦だ、俺はもう負けない」
相葉昴治(共有者)
「だね、霊能はまず噛まない
俺たちのうちのどちらかだ」
雪華綺晶の独り言
「ヨウジョスキー大尉様 ○
伊藤誠様      .○
蒼兄様       ●
キョン様      ●」
クマー(共有者)
「クマもそう思うクマ・・・」
不動 遊星(人狼)
「何故いつも最終日に吊られるのだろう」
クマー(共有者)
「今日は恐らく、共有どちらか噛まれるクマね・・・」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
グレランでいいと思ったけど……難しいのだわ。
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
カウンター霊能CO する気だったけど初日占いこなかったなぁw
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
そういや、たこさん毎回LWだなあ
相葉昴治(共有者)
「水銀燈か不動だと思うんだけど…」
不動 遊星(人狼)
「何故いつも最終日に残されるのだろう」
キョン(orz◆10.9/2taLY)
お疲れ様だな。
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
おつかれさま、キョンくん
不動 遊星(人狼)
「・・・何故俺はいつもLW担当になるのだろう」
相葉昴治(共有者)
「うう…怖い…」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            キョン は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 1 回目)
雪華綺晶0 票投票先 1 票 → キョン
ガラハド1 票投票先 1 票 → キョン
水銀燈0 票投票先 1 票 → キョン
相葉昴治0 票投票先 1 票 → キョン
不動 遊星0 票投票先 1 票 → キョン
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → キョン
クマー0 票投票先 1 票 → キョン
キョン7 票投票先 1 票 → ガラハド
            薔薇水晶 は キョン に処刑投票しました
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
と、いうわけで蒼星石くん。潜伏狼は一番難しい立場だけど、それでもするのかい?
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
Yさんアドバイスありがとうね…霊能はローラーされてすぐ吊られちゃうかなぁって思って占いにしたけど…
            水銀燈 は キョン に処刑投票しました
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
っと、死んだことだし、ちょっとお手洗いに行ってくるお
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ガラハドの人は、村人でも普通に人外臭するから困るお……w
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
対抗狼か狂かは、真視点では分からないものね。
            相葉昴治 は キョン に処刑投票しました
            不動 遊星 は キョン に処刑投票しました
            キョン は ガラハド に処刑投票しました
            クマー は キョン に処刑投票しました
            雪華綺晶 は キョン に処刑投票しました
            ガラハド は キョン に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
れな(meist)
キョン君と銀様は村で見れたから、ガラハドさん占ったけど。
はぅー、囲ってなかったんだね。
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
狂人に疑われてる遊星…
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
キョンかよ!
不動 遊星
「ガラハドはもう一周して怪しくない」
キョン
「俺かよ!?
というか正直グレランでいいと思うぞ。」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
ここから勝つんだ 遊星!
薔薇水晶
「ガラハド…発言短すぎ…
判断つけられない…
暫定○じゃなきゃ吊ってた…それだけに困る…」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
ちなみに狼で一番難しいのが潜伏
次に難しいのが占いで
一番簡単なのは霊能
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
おっと 指定連吊りに行くのかしら。
……逆囲い疑い?
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
キョン指定かおー
不動 遊星
「キョンか水銀燈かどちらかが怪しいかと言われれば・・・どっちもどっちか」
水銀燈
「ガラハド怪しいわよぉ。
確かにSG濃厚なとこだけど、それを自分でアピールするとか怪しすぎるわぁ
だいたい心配しなくてもあなたずっと把握しか言ってないから、
蒼星石が破綻した以上はSG云々以前にステで吊られるわよぉ」
キョン
「グレランでいいと思う。」
雪華綺晶
「不動様、でしょうか」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
ガラハドの異議は、少なくとも狼なら出来ないアピよ。
そこを考えてほしいのだわ。
相葉昴治
「指定、キョン」
雪華綺晶
「ええ、薔薇水晶を本来は残したくありませんが、狭いグレーの中に2名、狼がおられます
本日はグレランでよろしいのでは、ないでしょうか」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
銃殺って、朝にならないとわからないよね?
朝になるまで待って、結果見てから発言か…
やっぱ潜伏しとくべきだった…
ガラハド
「銀とキョソ」
キョン
「しまった三日めのログが紛失してるから、記憶を頼りに書くぞ。
確かグレー噛みでガラハドはSG候補に〜とかのたまっていた。
普通に狩人探しの可能性もあるのに、だ。」
不動 遊星
「霊能ロラで8>6>4、それをニ吊り消費する、そして最後は頑張ってくれってことらしい」
薔薇水晶
「占い抜かれなら…素直に吊られるのは反対…
狐不在…ここで確定●なら真狂ほぼまちがいない…
霊ローラーはよくない…」
相葉昴治
「怪しんでる人などはいるか?みんな」
水銀燈
「蒼が確定●になって吊り余裕ができたわぁ。
私は薔薇水晶を真寄りで見てたけど、狼二残りのつもりでいたほうがいいんじゃなぁい?」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ま、銀様はとりあえず死ぬのが様式美だお、問題なしだお!
れな(meist)
ぬ、抜くっていやらしいのはだめなんだよー!はぅー!
相葉昴治
「真狼 真狂か…
問題はグレーばっかりってことだな」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
この場合、霊能がほぼ確定で真狂な以上、
グレー潰しに走りそうなのだわ。

れなの○残ってないけど、この場合ガラハドと銀は危ないわね。
薔薇水晶
「LW…確定○は共有だけ…」
クマー
「クマも誠が狼と思うクマ」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
狂人は○にしてくれなかったか
キョン
「個人的にはガラハドが怪しいんだが…。」
不動 遊星
「今霊能ローラーやると狂が確実に1匹吊れるようだな
そして内訳は真狼ー真狂だったようだ」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
お疲れさま
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ガラハドは何を推理してるんだおwwww
雪華綺晶
「どうやら、単純なミスをなされた狼のようですわ
フフフフフ、愚かな蒼兄様」
水銀燈
「…霊能は両方●なのぉ?意味わからないわぁ
まあローラーするなら結果はあまり気にしないけれどぉ」
ガラハド
「LW臭かったからな まことおおかみでよさげ」
れな(meist)
はうー!噛まれちゃった
キョン
「確定狼か。
薔薇視点LWだよな。」
薔薇水晶
「狼吠え日記…
1日目…9ほえー…
2日目…11ほえー…大きいの1つ…
3日目…13ほえ…
4日目…6ほえ…大きいの5つ…

わかりやすーい…うふふふ…」
相葉昴治
「じゃあ霊能は真狂…?」
クマー
「蒼は狼だったクマか」
ガラハド
「多分こういう会話だぜ!」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様。いいセンスなのだわ。>れな
薔薇水晶
「対抗は狂人…狩人は不在…
以上…」
ガラハド
「狼2あとは任せますがんばってください
狼1きついなー
狼2明日は私がつられるかもしれません
狼1狩人生きてたら詰みだな
狼2これれなかむしかないよね
狼1やべえ狂人破綻したよ」
キョン
「占いが抜かれたか。
まあ、そこ挑戦してみるよな。」
相葉昴治
「え!?確定狼!?」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
お、ちゃんとれなを抜いたみたいだお
水銀燈
「占い噛まれちゃったわねぇ…まあそうよね」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
よし 流石!!
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
流石にレナにいったか
おつかれさまー
ガラハド
「おはよう」
不動 遊星
「おはよう」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
よし、抜いてる。 よかった。
クマー
「おはようくまー・・・」
相葉昴治
「昨日落ちついて考えたんだけど、霊ロラだとまずいよな?」
雪華綺晶
「ごきげんよう皆様、霊脳COですわ
蒼兄様は●でございました」
薔薇水晶
「おはよう…
蒼星石お姉様…●…狼…」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
たこセンサー信じるんだぁ
キョン
「おはようだな。」
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
れな さんの遺言
占いCOガラハドさん かな?かな?

対抗○占い、かぁいくないから占いたくないけど。
蒼星石 さんの遺言
あとはみんな頑張ってね!
            れな は無残な姿で発見されました
            (れな は狼の餌食になったようです)
            不動 遊星 たち人狼は れな に狙いをつけました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
LWになっている以上、余裕はないのだわ……。
センサーを信じて欲しかったのだわ。
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
占い理由なんて昨日のログみればすぐにつくれるしねー
ツールがあればもっと楽らしいけど、よくしらない
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
遊星、それは死亡フラグだお!!
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
呪殺の日は、死体が二つあればそのどちらかに○を書けばいいのだわ。>騙り
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
まてえええええ
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
銃殺なら合わせるね 占い結果
他はタイミングかな
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
待てい >甘え
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
青い子>たまに重いことあるから、そういう場合はわざとのんびりすればいいお。
一分ぐらい遅れてから、何食わぬ顔して開き直るのも手だお
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
単純に死亡した人間を見て張ってる
            れな は ガラハド を占います
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
うむ。遊星は正しいのだわ……。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
不動 遊星(人狼)
「・・いやまてここは一時的に甘えよう、まだ大丈夫だとな」
水銀燈の独り言
「…吠えは大文字が多いわねぇ?」
クマー(共有者)
「霊のどちらかは、狼なのは間違いないと思うクマ…」
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
朝になった途端に遅くなるのは仕様なの?僕のPCが悪いの?
占い騙りの人は真占いの結果見てから張ってるの!?
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
さぁ れなで抜くんだ 不動遊星!!
ガラハドの独り言
「それはないか・・・」
不動 遊星(人狼)
「俺はレナにダイレクトアタックをする!!いけスターダスト!シューティング・ソニック!!」
薔薇水晶の独り言
「大きな吠えばかり…
うふふふ…
きっと最後の1匹…」
相葉昴治(共有者)
「霊能決め打ちしないとまずいかも」
ガラハドの独り言
「LWだなこれw」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
遊星に届く自信があるか、ないかね。
もっとも霊能真狼はありえるのだわ。
相葉昴治(共有者)
「霊ロラはやめよう」
クマー(共有者)
「でも、蒼は狂人な気がするクマ・・・」
不動 遊星(人狼)
「世 界 が 終 わ る ! !」
相葉昴治(共有者)
「蒼が狂人だとまずいんだよな」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
遊星はセオリーを分かってるみたいだお。
ここは狩人がいないと信じて、占い抜くしかないところだお
薔薇水晶の独り言
「蒼星石お姉様…おつかれさま…」
キョンの独り言
「真狼―真狂じゃね?」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
占い騙りに出るべきだったか CN的に考えて
れなの独り言
「やる夫くんかぁいいから思わず食べちゃった」
不動 遊星(人狼)
「狐はもういない・・・となればさっさとレナを抜かないと・・・」
水銀燈の独り言
「ガラハド怪しいわよぉ。
確かにSG濃厚なとこだけど、それを自分でアピールするとか怪しすぎるわぁ
だいたい心配しなくてもあなたずっと把握しか言ってないから、
占い真確定しない限りはSG云々以前にステで吊られるわよぉ
もちろん、ガラハドに○出してる蒼星石も怪しいわねぇ

って昨日遺言に書いた矢先に蒼星石が破綻したわぁ。これはいいわねぇ」
キョンの独り言
「眠気がきたぞ…ヤバイな……。」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
おつかれさま、最後にドジってしまったね
知り合いにも一人いるよ
相葉昴治(共有者)
「8>6>4

あれ?霊ロラだとまずいかな」
クマー(共有者)
「う〜ん、狐とは思わなかったクマ・・・
でも、狐で安心クマ、後は狼探すだけクマ」
不動 遊星(人狼)
「今日にでも占いを抜かないと・・・・世界が終わる・・・!」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様なのだわ。占い先はあっていたのだけど、
結果が逆だったようね。>蒼星石
蒼星石(◆FL6pGotkUE)
お疲れ様・・・やっぱ騙りやんなきゃよかたあああああ
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
霊能を占いたいところだけど、どうだろう
今夜死ぬかなあ
不動 遊星(人狼)
「蒼・・・●を○に変えるだけなのに・・・」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
蒼お疲れ
相葉昴治(共有者)
「すごいねクマーw
やる夫狐だったよ」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
青い子乙だおー
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            蒼星石 は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 1 回目)
雪華綺晶0 票投票先 1 票 → 蒼星石
ガラハド0 票投票先 1 票 → 蒼星石
蒼星石9 票投票先 1 票 → クマー
水銀燈0 票投票先 1 票 → 蒼星石
相葉昴治0 票投票先 1 票 → 蒼星石
不動 遊星0 票投票先 1 票 → 蒼星石
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 蒼星石
クマー1 票投票先 1 票 → 蒼星石
れな0 票投票先 1 票 → 蒼星石
キョン0 票投票先 1 票 → 蒼星石
            相葉昴治 は 蒼星石 に処刑投票しました
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
ま、権力者だってのも見えてたろうし、占わない理由はないお。
あれで権力者でさえなければ、また違ったのかもしれねーお
            キョン は 蒼星石 に処刑投票しました
            蒼星石 は クマー に処刑投票しました
            不動 遊星 は 蒼星石 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は 蒼星石 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
少なくとも吊りが決まってる以上、抜くでしょうね。<占い
候補は4人、ギリギリの人数なのだわ。
            れな は 蒼星石 に処刑投票しました
            水銀燈 は 蒼星石 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
まぁ、理由より直感を優先したのかも知れないわ。
概ね理由なんて、他人を納得させるためのモノなのだわ。
            ガラハド は 蒼星石 に処刑投票しました
            雪華綺晶 は 蒼星石 に処刑投票しました
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
もう一人なんだ 占い抜きにかけるしかない
            クマー は 蒼星石 に処刑投票しました
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
薔薇吊りはこの場合、真狂ー真狼と見てか。
いい作戦だ。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
不動 遊星
「霊能ローラーか・・悪くないとおもうぞ」
水銀燈
「きらきー怪しいと思ってるんだけどねぇ…
まあローラーするなら順番はどうでもいいわぁ」
薔薇水晶
「わざと破綻した…なら狂人さん…?
ううん、狂人さんでもわざと破綻はしない…する必要ない…
単なるミス…それだけ…」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
そんな理由で銃殺は事故みたいなもんだお……やってらんねーお……
れな
「真紅ちゃん転校しちゃったなんて寂しくなるね・・・。」
蒼星石
「うーん、あとはみんなで頑張って!」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
そうね…… ただ、いいセンスよ。
そこは占いたいところなのだわ。 誠も吊ったし。
クマー
「クマーは依存ないクマ」
ガラハド
「おk」
相葉昴治
「指定 蒼吊り
明日からは薔薇→きらきーで吊りたいんだけどどうかな」
雪華綺晶
「フフフフフ…蒼兄様、その体、私が使わせていただきます」
不動 遊星
「レナは結果入れ忘れただけ、だが朝一に一応やる夫を占った事を示している
レナが真だ、間違いないだろう」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
対抗と票が連動してるって面白い占い理由だね
れな
「お持ち帰りされちゃうの!?
はぅー、どうしよー。」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
んー、あえて人外っぽく振舞う作戦は失敗っぽいお。
そんな狐はいないだろう、と思ってもらえれば成功だったのにw
相葉昴治
「とりあえず、蒼星石は狂人だと思うから、明日からは霊ロラしたいかな…」
ガラハド
「やべーグレーにもどった」
水銀燈
「毒いない人数よぉ>蒼
さっさと吊られなさぁい!
そしてガラハドも一気に怪しくなったわねぇ?」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
毒いたらその対応も悪くない でもいないんだ
キョン
「毒は20人以上だぞ>蒼」
相葉昴治
「毒はいないだろ…」
薔薇水晶
「れな真占い確定…今晩きっと噛みにいく…
狩人さん生きてて…ね…」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
……ごめんなさい。あなたは内外の敵に狙われている立場だったことを失念していたのだわ。>Y氏
不動 遊星
「蒼はとりあえず破綻した、となれば蒼の○はグレーに戻ると考えて良いな」
相葉昴治
「クマーはいい目してるね
やる夫はちょうど昨日怪しんでたところだ」
水銀燈
「レナは結果書いてほしいわぁ…まあやる夫死んでる以上○でしょうけどぉ」
蒼星石
「毒いたの!?」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
不動 生き延びろ・・・
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
呪殺発生、蒼吊り。
問題はレナが抜かれてしまうことかしら。
れな
「あうー、コピペ失敗しすぎだよ・・・
やる夫くん○で
対抗と票が連動してるから占ったんだよ。だよ」
薔薇水晶
「◆雪華綺晶「フフフフフ…占われてない銀姉さまなんて、危なくて残せませんわ
それは、五字分が、一番よくわかることでは、ないでしょうか」

五字分…き・ら・き・し・ょ。…うふふふ…」
雪華綺晶
「ああ…愚かな蒼兄様…
破綻してしまうとは…情けなくて涙が出ます」
キョン
「霊能も割れてる。
蒼も破綻か……。とりあえず先に蒼吊っていいと思うが。」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
おつかれさま真紅
ロールをみたいといってくれてありがとう
でも名前は明かさないでくれると嬉しかったな
蒼星石
「理由としては、これが気になった。

「一応、怖い考えだけど……初日占いも考えておきたいお」
真紅>一応、と言ってるお。レアケースでも可能性を考える人は、一人ぐらい必要なものだお?」」
薔薇水晶
「銃殺はっせーい。狼つられー…
役職1だからあと1匹…」
ガラハド
「真狂かなこれは」
不動 遊星
「蒼は破綻したようだな、吊るしかないだろう」
相葉昴治
「霊能も割れてるのか」
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
で、青い子破綻。一気に村有利になったお
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
対応できず 終わった。。。
キョン
「銃殺か!真占いが居るのは喜ばしいな。」
相葉昴治
「吊るぞ」
真紅(白カブト◆vWbdXpni/g)
やはり真実に到達したとことから噛まれるのね……。
お疲れ様。
ガラハド
「蒼破綻」
水銀燈
「あらぁ、死体二つねぇ。遺言に毒COはないし、狐かしらぁ?」
相葉昴治
「蒼破たんだ!」
クマー
「銃殺クマか?」
れな
「はぅー!ここまで票が固まってると狼は吊れてないかな・・・。
対抗狼で考えてるから、キョン君は対抗と権力者に投票されてるから村の可能性が高いかも。」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
気配でも感じたのかな。
狩人は難しいね
やる夫(ガリ◆jH3Q3bIrRM)
あー、やられちまったおw
キョン
「おはよう。」
不動 遊星
「おはよう」
蒼星石
「占いCO!やる夫●だったよ!」
相葉昴治
「毒はいないよな」
クマー
「おはようクマー」
薔薇水晶
「おはよう…
伊藤誠…●…狼…」
ガラハド
「銃殺」
れな
「占いCOやる夫くんかな?かな?」
雪華綺晶
「ごきげんよう皆様、霊脳COですわ
伊藤誠様は○でございました」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真紅 さんの遺言
……私噛み?ちょっと予定外ね。呪殺の可能性に言及していたし、
狐ケアかしら。 この場合、レナは偽濃厚ということになるわね。
やる夫 さんの遺言
実は真紅は狼だお。たぶん。
            やる夫 は無残な姿で発見されました
            (やる夫 (狐)は占い師に呪い殺されたようです)
            真紅 は無残な姿で発見されました
            (真紅 は狼の餌食になったようです)
            不動 遊星 たち人狼は 真紅 に狙いをつけました
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
銃殺対応頼みます!
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
Y噛みは不動主導だね 
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
不動 遊星(人狼)
「お前をアリスにさせるつもりはない、真紅噛まれてくれ」
            れな は やる夫 を占います
真紅の独り言
「真なら黒を……打つのかしら。
まぁ、いいのだわ。」
不動 遊星(人狼)
「えーと、となれば今日は真紅噛みか」
薔薇水晶の独り言
「雪華綺晶…狂人なら…占いの方が向いている…
霊脳向き…じゃない…」
相葉昴治(共有者)
「やる夫か…まだ占われていない(完グレー)の中じゃ確かに怪しいかもね」
蒼星石(人狼)
「占いCO!やる夫●だったよ!」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
やる夫吊り狙いは間違ってないようだ
占い偽を言うの早いぜ 狐よ
やる夫の独り言
「となると、れな偽……?
青い子偽と思っていたけど、青い子真の可能性も出てきたお」
不動 遊星(人狼)
「分かった、後は任せてくれ」
クマー(共有者)
「分かったクマ〜」
クマー(共有者)
「う〜ん…難しいクマけど、やる夫辺りが怪しいかなクマー
占い、霊能はまだ、判別がさっぱりクマ・・・」
不動 遊星(人狼)
「SGはガラハドが向いている、だから何があっても噛まない」
蒼星石(人狼)
「やる夫に●だしていい?あとは任せたわ」
雪華綺晶の独り言
「 \ ハ,__,.、\\  \ x ´ \  ヽ  \
ヽ //´~ ̄`ヽj 丶 \/ヽ\  \  ヽ  \
 Y:/ 丶 \ \\ ヽ/\   ,ィt  ヽ   \  \
  l:lヽ __ \ \\ \ ヽ,ィ勿ト、ヽ ヽ  \  ヽ
  レ'乏二ミミト、\ \ヽ ィ冬z亥ヾ  \ \  \   ヽ      私の薔薇水晶に手をだそうなどと
::Y //r卅ヾ ヽハ ヽ 丶   `    ト、 丶 ヽ  \  ヽ     100億年早いですわ
`l j l lリl リ リ l lヽ ヾ         | ヽ. \ \   \ ヽ
 ! V戈ニ少ン リ           ハ 丶 ヽ \ \  \ ヽ
 ゝ、匁辷k彡''      _      /ト、 \ \ \ \  \ヽ
V  ヽヽ `Y:!      ___ ノ   ,.'__ン /ヽ \ \ \ \  \
. ヽ   \>l:}、           イ'´  /   \ \ \ \ \
  \  \ゞ= '≧ ─ -- < ̄l   辷=、  \ \ \ \ \
ヽ\ \  \弋,.イ ̄`ー' V'  !_   r'\  \ \ ヽ  ヽ
. \\ \  \7ヾ  ヽ l    丶 |   \  \ \ヽ  ヽ
 \ ヽ ヽ ヾ   { ハ   V      /ー'     ヽ   ヽ  ヽ ヽ」
真紅の独り言
「…… 明日が一つの限界点ね。」
水銀燈の独り言
「クマーは役職ならもっと喋ってほしいわぁ…」
相葉昴治(共有者)
「最初はそんなもんさw>発言できない
人の真似してみるのもいいよ
そうしていると、「この状況ではこう発言する」ってのがわかるから」
不動 遊星(人狼)
「方針としては最初に占われた○二名を放置しよう」
やる夫の独り言
「んー、真紅はやっぱどう見ても狼っぽいお。」
伊藤誠(DS◆IaSoTYoBkw)
まぁ この段階で吊られるな
やはり占ってもらうべきだな 誠的に考えて
薔薇水晶の独り言
「誠…おつかれさま…
なんか…目だたなさすぎ…らしくない…」
蒼星石(人狼)
「  www」
蒼星石(人狼)
「    」
ガラハドの独り言
「あれ・・・?どうして誠君しんでるんですか・・・?」
蒼星石(人狼)
「    」
やる夫の独り言
「さらばだお誠!
にしても、これで権力者が絞られてしまったお……」
水銀燈の独り言
「まあ霊能なんてローラーされるし、どっち真だろうといいのだけどねぇ」
不動 遊星(人狼)
「後は気合で生き残るしかない」
相葉昴治(共有者)
「気になった人とカはいる?
直勘でもいいから」
蒼星石(人狼)
「まことwww」
クマー(共有者)
「全然、発言できなかったクマ…」
真紅の独り言
「この発言推移は、人外か役職のモノ……

もっとも、名前吊りの可能性もありそうね。」
不動 遊星(人狼)
「誠お疲れ様」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
お疲れ様、グレランで吊られるとはついていないね
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            伊藤誠 は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
雪華綺晶0 票投票先 1 票 → クマー
ガラハド0 票投票先 1 票 → 伊藤誠
蒼星石0 票投票先 1 票 → キョン
伊藤誠8 票投票先 1 票 → やる夫
水銀燈0 票投票先 1 票 → 伊藤誠
相葉昴治0 票投票先 1 票 → 伊藤誠
不動 遊星1 票投票先 1 票 → 伊藤誠
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 伊藤誠
クマー1 票投票先 1 票 → 不動 遊星
れな0 票投票先 1 票 → 伊藤誠
真紅0 票投票先 1 票 → 伊藤誠
やる夫1 票投票先 2 票 → キョン
キョン3 票投票先 1 票 → 伊藤誠
            薔薇水晶 は 伊藤誠 に処刑投票しました
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
初日は村人、まずまずのスタートのようだね
            相葉昴治 は 伊藤誠 に処刑投票しました
            蒼星石 は キョン に処刑投票しました
            水銀燈 は 伊藤誠 に処刑投票しました
            ガラハド は 伊藤誠 に処刑投票しました
            クマー は 不動 遊星 に処刑投票しました
            不動 遊星 は 伊藤誠 に処刑投票しました
            キョン は 伊藤誠 に処刑投票しました
            れな は 伊藤誠 に処刑投票しました
            伊藤誠 は やる夫 に処刑投票しました
            やる夫 は キョン に処刑投票しました
            雪華綺晶 は クマー に処刑投票しました
            真紅 は 伊藤誠 に処刑投票しました
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
◆真紅
そんな…… 正直、占い騙りの狼が、名前が長くて面倒だったと考えたようにしか思えないのだわ……。

狼にはYさんと呼ばれていたようだね
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ガラハド
「把握」
真紅
「まぁ、占い真狼なら私視点、蒼星石と水銀燈が狼濃厚……
そういうコトになるのだわ。 即囲いをしない可能性もあるけれど。」
相葉昴治
「狂狼 真狼…
でも狼2騙りはするか…?」
雪華綺晶
「フフフフフ…占われてない銀姉さまなんて、危なくて残せませんわ
それは、五字分が、一番よくわかることでは、ないでしょうか」
伊藤誠
「早いのは薔薇水晶  遅いのが雪華綺晶 だ」
れな
「理由は発言多いところ占ったよ?舌先の魔術師かもしれないからね。はぅー!」
やる夫
「真紅>一応、と言ってるお。レアケースでも可能性を考える人は、一人ぐらい必要なものだお?」
薔薇水晶
「初日占いを疑うのはまだ早い…
暫定○はガラハドだけだったからグレー噛みも不思議じゃない…
ただ、その暫定○のガラハドがそれをアピールするのは怪しまれても…当然…」
不動 遊星
「蒼星石は占い理由がアレだがとりあえず理由はある
レナの理由はどっちかというとマシか」
相葉昴治
「なんか初日疑いたいな、この展開」
キョン
「まあ、占いは信用を落とさない行動をしてほしいんだが…。
占い初日か。怖いけど、その可能性も考えておくか・・・。」
水銀燈
「あと参考までに聞きたいのだけど、雪華綺晶と不動遊星はどうして私に投票したのぉ?
自分が疑われてるからとか、自分と考え方が違う相手を初日から吊ろうとするなんて、人外なら露骨すぎないかしらぁ?
遊星はともかくきらきーは怪しいわよぉ」
蒼星石
「きらきー反応遅いけど…」
真紅
「初日占いの場合、狐狼ー真狂本線かしらね。
グレーから呪殺がでればその線は消える。
レアケースを追うのは人外かしら? やる夫。」
雪華綺晶
「本当、大変仲がよろしいこと
まるで、翠姉さまと蒼兄様のよう」
相葉昴治
「そしてれなも占い理由なしなのか」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
狩人COとか無粋なまねはしてないので、それだけはよしとしておこう
大尉、一緒にお茶でも飲みませんか
不動 遊星
「ばらしーが先できらきーが後か、となればこれを逆にして
きらきーを先にしてみたらどうだ?」
蒼星石
「投票で2票もらってたから、早いうちにはっきりさせようと思ったよ」
相葉昴治
「…こりゃ蒼星石偽かな…」
伊藤誠
「そうだね 占い理由頼むよ」
れな
「もし○囲いで噛めないとしても共有噛めるのにグレーってことは狩人探しかな?かな?」
ガラハド
「これだけ自分から目立っておけばSGうたがわれないだろう うん」
やる夫
「青い子>様式美ですね、分かりますお」
キョン
「確かYさんはガラハド投票だったな。
噛まれたということは村だから…普通にミスかお前が怪しいと思ったんじゃないか?」
伊藤誠
「○進行でグレー噛みか どうみるべきかな 」
薔薇水晶
「お姉様たちに○…占い2人はある意味気があっている…」
真紅
「正直… もうちょっと彼のロールを見ていたかったのだわ……

狼め! なんてことを!」
蒼星石
「占い理由は…まぁ水銀燈だしね。銃殺狙いで」
不動 遊星
「Yさんの情報を見ると投票はされてない、つまり村っぽいところだな」
相葉昴治
「占い二人は、理由も述べてほしいんだけどな」
やる夫
「一応、怖い考えだけど……初日占いも考えておきたいお」
雪華綺晶
「あら、寝坊をしてしまったみたい
もうしわけございません」
真紅
「ガラハド視点では自分はSGと、そういうことね?

私は今回占い真狼ー真狂とみているのだわ。 きらきーが狂濃厚なのかしらね。挨拶と、結果が後なら。」
蒼星石
「そこで意義!?w」
キョン
「というかレナは昨日俺に投票してるのに、俺を占わないんだな。
てっきり次の占い先予告かと思っていたんだが…。」
ガラハド
「ついでに歴史家はグレランしてなかった・・・
これは罠だ!だまされるな!」
不動 遊星
「○進行か、今日はグレランしかないな」
水銀燈
「グレー噛みに対する反応早すぎよぉ。あなたが囲われてるんじゃないのぉ?>ガラハゲ」
相葉昴治
「うーん、○進行だね
今日もグレランかな」
歴史家のYさん(本屋◆mbe11n6veQ)
おやおや、しまったな
初日噛まれてしまったか
やれやれ、いい仕事は僕にはできないということらしい
薔薇水晶
「今日は最初の霊脳結果…だから早めに見せる…
対抗と割ろうと考えていない証明…」
クマー
「グレー噛みなのかクマー・・・」
伊藤誠
「ガラハドどうした?」
真紅
「そんな…… 正直、占い騙りの狼が、名前が長くて面倒だったと考えたようにしか思えないのだわ……。」
ガラハド
「俺を陥れようとする臭いがプンプンしやがるぜえ・・・」
不動 遊星
「グレー噛みか、狩人探し、もしくは狐探しのどちらかだろうな」
相葉昴治
「そんなこと言われてもw>ガラハド」
やる夫
「なんだお?」
雪華綺晶
「ごきげんよう皆様、霊脳COですわ
ヨウジョスキー大尉様は○でございました」
蒼星石
「どしたのガラハド?」
クマー
「おはようクマー」
キョン
「ガラハドどうしたんだ?」
ガラハド
「なんでグレー噛みなんだ!」
蒼星石
「グレー噛みかぁ」
水銀燈
「おはよう、朝ねぇ」
真紅
「…… グレー噛み?
どうしてミラクル・ヤンが噛まれてしまうの……。」
相葉昴治
「んー…グレー噛みなのか」
不動 遊星
「おはよう」
            ガラハド が異議を申し立てました
キョン
「おはようだな。」
やる夫
「おはようだお!」
れな
「占いCO真紅ちゃん○かな?かな?」
薔薇水晶
「おはよう…
ヨウジョスキー大尉…○…村人…」
蒼星石
「占いCO!水銀燈は○だよ!」
伊藤誠
「おはよう」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
            歴史家のYさん は無残な姿で発見されました
            (歴史家のYさん は狼の餌食になったようです)
            不動 遊星 たち人狼は 歴史家のYさん に狙いをつけました
            歴史家のYさん は れな の護衛に付きました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クマー(共有者)
「分かりましたクマ
頑張るクマ!!」
不動 遊星(人狼)
「Yさんをがぶりといってみるか」
相葉昴治(共有者)
「人数が少なくなったら、怪しい人を指定して吊ってね」
不動 遊星(人狼)
「それにしても噛み先が思いつかないな」
蒼星石(人狼)
「噛みよろしく。
            れな は 真紅 を占います
水銀燈の独り言
「あ、大尉はお疲れ様よぉ。もうちょっと積極的に発言していかないと問答無用で初日に吊られちゃうわよぉ?」
やる夫の独り言
「だからこそッ! れなには早々に消えてもらわねばならないおッ!!」
相葉昴治(共有者)
「俺が噛まれても落ちついてwiki通りにやれば大丈夫だから」
雪華綺晶の独り言
「霊脳結果を張っていきます

ヨウジョスキー大尉 ○」
蒼星石(人狼)
「とりあえず白出しにしてみるね」
薔薇水晶の独り言
「ようじょすきおつかれさま…
ステだから…」
相葉昴治(共有者)
「ああ、それなら間違いなく強くなるねw
俺は未だに中級者だから」
真紅の独り言
「裏を返すと、ココが狼じゃなくてもあっても、
とっとと吊ってしまうべき。 そういう判断をするのよ。
ステは判断がつかないのだわ。」
やる夫の独り言
「んー、ガラハドは狼臭いお……青い子は信用ならねーお」
クマー(共有者)
「分かったクマー」
水銀燈の独り言
「…ちょっとぉ、内容ある発言してたつもりなんだから、ネタでも投票しないでほしいわぁ
まあ占われない理由ができたと考えるべきかしらねぇ?」
伊藤誠(人狼)
「もし●出されたら身内ぎりかまわない」
キョンの独り言
「むしろ本名で呼んでくれ!!!」
不動 遊星(人狼)
「真狼ー真狂で確定、となれば・・・いやわからないな」
相葉昴治(共有者)
「うん、OK
とりあえず、●でるまではしばらくグレラン続くから」
蒼星石(人狼)
「ちょっとログみてくる」
クマー(共有者)
「一応、穴が開くくらい、WIKI読んだクマー」
雪華綺晶の独り言
「_,-´// イノ/ /,  /l  /l | | /     ハ l'、 i、  i  、   '、'ヽ ヾ ヾ ::::::
../ ,', -´ /´イ /l  /l| / | |:| l |     lハ |i ', |:',  .|、 |',  '、  iヽ  \ ::::::
:::::::::::::::  / ,',i  ,'.| / |'l , |l | l || ,'i    ,' |i l |l .l | i  ハ |'、  i  |、'、 :::::::::::::::
::::::::::::  / /,.|  i | i i | l ,i i|/, | i   , l| ノl |、l /i | il .l  i|l l| '、、 ::::::::::::::::  そんな…なぜ…ばらしーが霊脳なの…
ニニ''-、' // ||i .| |、/イ'i .ハ 丶 |,,,-'、 / i,,,|,/,,|,,,i,,i_|//,| l.| | l ||,'l ',| ::::::::::::::::
:::::::: 7 / ,' | | |,,(('''|""|"',.|""|ヽi、 、/ ,' /'  リ |~/"i''-' l / l '/l .,'ハ :::::::::::::
.  /λ / '、'、 '、 |,.>',ニ_ヽ'"~'、、ヽ / '"'''/'ニ,,ノ',, ,' . イ lノ / イ ' ソ '、 :::::::::::::
.// |l / ,' ヽ,'、ヽ / |Vrォゝl!        , -7",,"i'ヽソノ  ノノ' l / ', ', ,, - ::::
./  ' /, /  ' ∨ハゞしjイ! `           l _'' リ ノ' ,' イ  ||  | '、 '、'、`ー ::
´::::::: // ,'    ,| { lヘゝ二ノ            '- '、 i'  ./|   .|',  i .',', '、、  :::::
:::::::: //  ,'    ,'ハ ゝニ、、      .::i        | |  / l   i.'、 ', '、'、'、 ::::::
:::: ,' /  /  /  ト、'''',`冖''.        :'         | | ./''~i   | '、 '、'、 '、'、 ::::
./ /  ./  // / 7l''、                 ,ソ./-´ ',   l '、 '、'、 '、' :::
 , '/  / .// / // ゝ、     ⊂=⊃      // ' |   '、   i ',  ', '、  '  :
ノ./  /  // / ノ i  |_,,> 、     :::     ノ '- 、 |i  '、  i ',  '、 '、、 ::::
./_,,, /-- ' '-、 ノ  |に  \"~''i-、     , -"" ノヾヽ | l   '、 l '、  '、 '、  ::::
''        ''- 、 | '、 ̄"''`-、'、' ~'''、- ,'  ̄/ /::、−' | 、_,, - '- '- ,, '、 '、 ::::
           "'、| iヽ   ヾ`、   '、 __/_'_ノ// _,,ー"       "''-、 ::::.
:::::::            >.:::\  ヾ,'、_  >'  /イ_,,-'              :::::」
伊藤誠(人狼)
「真狼ー真狂路線か」
不動 遊星(人狼)
「とりあえずこれからも根気で生き残るしかないだろう」
蒼星石(人狼)
「さてさて、どうしようかな…
占い先指定有る?」
真紅の独り言
「ごめんなさいね。悪く思わないで頂戴。
私もすぐに霊界へ行くのだわ。」
クマー(共有者)
「とりあえずは大丈夫ですクマー
伊藤誠(人狼)
「まず初日回避と」
やる夫の独り言
「ま、妥当な結果だお。寡黙な人は吊られやすいお」
相葉昴治(共有者)
「大丈夫?わからないところ、ある?」
キョンの独り言
「◆歴史家のYさん 「キョンくん、人には言われたくないこともあるものだとおもう
たとえば、君の本名も聞かれたくはないだろう?」 」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            ヨウジョスキー大尉 は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
雪華綺晶0 票投票先 1 票 → 水銀燈
ガラハド1 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
蒼星石0 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
伊藤誠0 票投票先 1 票 → やる夫
水銀燈2 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
相葉昴治0 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
不動 遊星0 票投票先 1 票 → 水銀燈
歴史家のYさん0 票投票先 1 票 → ガラハド
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
クマー0 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
れな0 票投票先 1 票 → キョン
ヨウジョスキー大尉10 票投票先 1 票 → 真紅
真紅1 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
やる夫1 票投票先 2 票 → ヨウジョスキー大尉
キョン1 票投票先 1 票 → ヨウジョスキー大尉
            キョン は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            蒼星石 は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            不動 遊星 は 水銀燈 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            れな は キョン に処刑投票しました
            相葉昴治 は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            やる夫 は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            ヨウジョスキー大尉 は 真紅 に処刑投票しました
            伊藤誠 は やる夫 に処刑投票しました
            クマー は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            ガラハド は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            水銀燈 は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            雪華綺晶 は 水銀燈 に処刑投票しました
            歴史家のYさん は ガラハド に処刑投票しました
            真紅 は ヨウジョスキー大尉 に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
歴史家のYさん
「キョンくん、人には言われたくないこともあるものだとおもう
たとえば、君の本名も聞かれたくはないだろう?」
ガラハド
「把握」
雪華綺晶
「グレランですわ
それでは、殺しましょう。」
水銀燈
「雪華綺晶はちょっと挨拶遅かったわねぇ。いまのところ薔薇水晶のほうがやや信用できるかしらぁ?」
ガラハド
「ぐれらんかな?」
伊藤誠
「真狼ー真狂
真狂ー真狼 が考えられるね 」
不動 遊星
「グレランか、俺は後から出てきたきらきーを真寄りで見よう」
真紅
「それじゃ、水銀燈。
私の代わりに吊られるといいのだわ。」
キョン
「霊能2だと!?ああ、キャラが被りすぎて気づかなかった…。」
ヨウジョスキー大尉
「グレラン了解」
クマー
「グレランクマ」
歴史家のYさん
「なんという姉妹愛だろうか?
しかし、信念のために人を殺すのは、金銭のために人を殺すより下等なことであろうと推測するね。なぜなら、金銭は万人に共通の価値を有するが、信念の価値は当人にしか通用しないからだ」
れな
「はぅー!クマー共有さんだよー!
かぁいいは正義だから占わなければ良かったかな。かな。」
相葉昴治
「俺とクマーは共有」
真紅
「真狼ー真狂本線、ほんのりと真狂ー真狼かしらね。
狼視点で占いが真狂なら、ロラに出にくるとは思わないのだけど。

まぁ、明日の霊能結果次第なのだわ。」
やる夫
「こりゃーグレランするしかなさそうだお」
伊藤誠
「グレランか 共有把握したよ」
不動 遊星
「何故か2−2−2、フルオープンという形になったな」
ガラハド
「2-2-2把握」
キョン
「あ、しまった。勘違いしてたぞ…さっきの発言は水に流してくれ。」
蒼星石
「じゃぁグレランだね。」
薔薇水晶
「ああ…体の無い子が対抗…
挨拶も遅かったからなにを様子見してるのかと思った…」
伊藤誠
「2−2−2という事か」
蒼星石
「共有把握」
歴史家のYさん
「おや、双子の娘さんたちのどちらかが霊能なんだね」
雪華綺晶
「銀姉さま!真紅姉さま!
薔薇水晶の変わりに死んでくださいませ!」
キョン
「それは霊能COなのか?分かりやすくしてくれよ>相葉さん」
不動 遊星
「2−2・・真狂ー真狼か真狼ー真狂のどちらか・・・」
やる夫
「2-2だお!」
真紅
「2−2−2  フルオープンになったようね。
そしてレナは共有占いで、暫定○の位置はガラハドさん
のみになったのだわ。」
水銀燈
「…と思ったら2-2になってたわねぇ。共有も把握よぉ」
相葉昴治
「2−2−2になっちゃったな
とりあえず、フルにした以上、今日はグレランだ」
伊藤誠
「2−1−2だね」
れな
「蒼星石ちゃんは東京の人間なのかな?
この村から無事に帰れると思わないでね。」
蒼星石
「ばらしーときらきーが霊能か…」
やる夫
「ばらしーときらきーが霊能かおw」
水銀燈
「2-1なのぉ?狼3いるのに消極的ねぇ。それとも初日が占いか狂人なのかしらぁ?」
歴史家のYさん
「占いCOの速度は、言うほどには遅くなかったようにもおもう
これは、更新の感覚を理解していない狂人と村人占いということさ」
相葉昴治
「って対抗出てる!」
真紅
「あら。霊能も一人? 全潜伏を選んだ可能性もありそうね。
初日の吠えは随分と少なかったのだから……。」
不動 遊星
「2−1真狂ー真と考えておこう、つまり霊能軸というところか」
薔薇水晶
「…あら…? 対抗こないの…?
手抜き狼さん…でないなら身代わり君真狂持ち…」
クマー
「共有CO 相方は相葉だクマー」
キョン
「2−1か。
対抗ないなら霊能は真寄りで見て間違いないだろう。」
伊藤誠
「真狂ー真路線でいいのかな」
相葉昴治
「じゃあ共有COだ!相方はクマー!」
ヨウジョスキー大尉
「占い把握」
蒼星石
「え?霊能誰?」
雪華綺晶
「嗚呼…そんな…薔薇水晶が…
対抗霊脳COですわ…」
不動 遊星
「占いはほぼ同時タイミングでCO,速さで疑う必要はない」
ガラハド
「2CO確認」
相葉昴治
「対抗ないんだね?」
伊藤誠
「2−1のようだね
霊能把握」
真紅
「…… 占いは二人、○進行。速度はほぼ同時。
様子見した感じはなさそうかしら。」
歴史家のYさん
「ここにきて誰が死んでいるから誰が犯人だというのは、いささかもナンセンスな話だとは思いませんか。
相手からすれば、それがベストな答えには違いなかったのだから」
やる夫
「真狂と見て間違いなさそうだお。
狂人が潜伏してたらプギャーだおw」
蒼星石
「れな、残念だよ。狂人かな?狼なのかな?」
クマー
「占い2クマー」
キョン
「占いCOが若干遅いのが気になる気もするが…占い把握した。
真狂だろうな。」
相葉昴治
「霊能も出たのか」
水銀燈
「占いは2COでほぼ同時なのねぇ。まあこの人数だし無難に真狂かしらぁ」
雪華綺晶
「さて、本日の占いはいかがでしょうか?」
薔薇水晶
「占いは2…?
では霊脳CO…対抗さん…かもーん…」
蒼星石
「安心と実績の左隣占いだったんだけど、村人だったね…」
伊藤誠
「占いは2かな」
不動 遊星
「占いは2人、真狂か真狼というところか」
やる夫
「占いは2で、どっちも○かお……」
真紅
「…… 水銀燈、アナタが死んでないなんて。
真占いはどうやら身代わり君だったのかしらね。」
相葉昴治
「占いは2COかな・・・?」
れな
「はぅー、かぁいいよぅー!
おもちかえりしたいー!」
やる夫
「青い子とれなが占いかお?」
歴史家のYさん
「おはよう、いい朝だ。
うん、これはぜひブランデー入りの紅茶を用意するべきだとおもうんだけど、どうおもう?

うん、案山子が倒れているのか。夜中に風でも吹いたのかな?」
雪華綺晶
「ごきげんよう、皆様
本日も楽しいひと時をお過ごしくださいませ」
ガラハド
「おはよー」
れな
「占いCOクマー○かな?かな?」
蒼星石
「占いCO!ガラハド○だよ!」
クマー
「おはようだクマー」
キョン
「おはよう。」
相葉昴治
「おはようございます」
真紅
「おはよう。 紅茶を淹れて頂戴。」
やる夫
「おはようだお!」
伊藤誠
「おはよう」
不動 遊星
「おはよう」
薔薇水晶
「おはよう…
さようなら…身代わり君…
ガリガリ君がおいしい季節になった…」
水銀燈
「おはよう、夜が明けたわねぇ。真紅の死体はあるかしらぁ……」
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
            身代わり君 は無残な姿で発見されました
            (身代わり君 は狼の餌食になったようです)
            不動 遊星 たち人狼は 身代わり君 に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
薔薇水晶の独り言
「狼の吠えが…少なめ…?
めずらしい…」
相葉昴治(共有者)
「気楽にいけば大丈夫だよ」
蒼星石(人狼)
「じゃぁ占いでるから噛みよろ」
クマー(共有者)
「了解だクマ」
やる夫の独り言
「でもやる夫は、名前占ないされやす過ぎるんだお!
何か役職を騙りでもしないと、生きる道なんざねーんだお!!」
真紅の独り言
「平らな胸は平和の証だった時代は、もう過ぎ去ってしまったようね……。」
相葉昴治(共有者)
「じゃあフルオープンで行こう
俺が共有CO 相方はクマーって言ったら
「共有CO 相方は相葉」って言ってくれればいいから」
伊藤誠(人狼)
「任せよう ●もらったら霊能COしておくかな」
真紅の独り言
「あと、少なくとも中のヒトの私は胸の大きさを気にしないロールで行くのだわ。」
クマー(共有者)
「お任せするクマー」
やる夫の独り言
「騙るのはリスクが高過ぎるお……潜伏するしかないお?」
水銀燈の独り言
「まあ村人になった以上目指すところは生存勝利よぉ
そしてゆくゆくはこのCNでの狐勝利を!」
            れな は クマー を占います
相葉昴治(共有者)
「あ、そうなんだ?
難しく考えないでいいよ」
雪華綺晶の独り言
「時間も時間ですし、霊脳ででることにいたします」
不動 遊星(人狼)
「騙りは任せる」
キョンの独り言
「まあ、ただの凡人である俺が村人なのは当たり前だな。
しかしハルヒが居ないんだな。俺はてっきりあいつの仕業かと思ったんだが。」
相葉昴治(共有者)
「COは○貰わなかった方がしよう
両方占われなかったら、どうしようか?先に出たい?」
歴史家のYさんの独り言
「仕方がない、今日は紅茶を飲んで明日への英気を養おう
もちろん、ブランデーもしっかりといれることにして、だ」
蒼星石(人狼)
「よろしくお願いします。騙りどーする?」
伊藤誠(人狼)
「フラグ発言だったか」
不動 遊星(人狼)
「水銀燈に復讐する時がついにきた」
真紅の独り言
「JUN、紅茶を淹れて頂戴……。
今夜はとっとと寝るのだわ。」
水銀燈の独り言
「あら、ただの村人なのねぇ…」
クマー(共有者)
「実は人狼は初めてクマー・・・」
薔薇水晶の独り言
「始まった…霊能者…
ローラーでおしまい…だがそれがいい…」
れなの独り言
「う、占いなんだよ。だよ。」
蒼星石(人狼)
「また人狼…」
歴史家のYさんの独り言
「やれやれ、ここにきてまた軍人の物まねをする羽目になろうとはね」
伊藤誠(人狼)
「なんと」
やる夫の独り言
「狐で権力者とか、これなんて死亡フラグだおwwww」
不動 遊星(人狼)
「・・・お前達、よろしくな」
雪華綺晶の独り言
「…狂人と、きましたか」
真紅の独り言
「あら、村人なのね。
気が楽なのだわ。」
クマー(共有者)
「よろしくだクマー」
相葉昴治(共有者)
「あ、よろしく!」
            村人6 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 (決定者1) (権力者1)
キョン
「ああ、準備はできている。できているのさ。
SOS団に入ったあの時からな。」
ヨウジョスキー大尉
「おk」
雪華綺晶
「                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、   それでは、開幕で、ございます
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ   ばらしー、マジ、セクシー
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / /   l  |
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  | |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒フ   |  !| |  }」
やる夫
「Yさん……何言ってんだかさっぱり分かんねーおwwwww」
真紅
「やらない夫がいないならこんな白饅頭はとっとと吊ってしまえばいいのだわ。(ボソ」
水銀燈
「私はいつでもOKよぉ。占いになって初日に真紅を銃殺してやるわぁ」
キョン
「ほ、本当に狼なんか居るのか?
二十一世紀の今に…いや、二十一世紀は関係ないな。問題なのはここが都会から離れた村だということだけだ。」
クマー
「いつでも準備OKクマ!!>きらきー」
歴史家のYさん
「ことばでは伝わらないものが、たしかにある。だけど、それはことばを使いつくした人だけが言えることだ
やる夫くん、相手を卑下することにより自己の価値を不当に貶めることは、人間としてこれを許すべきではないだろうと思うよ」
不動 遊星
「まぁ・・・どうにかなる」
真紅
「すでに準備は出来ている。構わないわ。>きらきー」
相葉昴治
「●REC」
蒼星石
「まぁまぁ、やる夫落ち着いて…
やる夫は僕の味方だよね?やる夫スレ的に考えて…」
やる夫
「準備完了、覚悟完了だお!」
薔薇水晶
「                 ,.rn─‐-  .,_
                ァニ´入} ̄``   `ヽ
             ,. / ´レ′ !| | | |  |l  ',
          ,  '´ /     i |l 」_ ト、! || | |l
         /   /     ,'.ハl!lL]_TN |リ lリ
        /    //      /,′ `.{リ` 似}′
          ー- .,_// !    __/_        }'ヘ
            /) l ,.イ   ヽ、   '.イ  〉  _,. -─‐一¬フ___  / /
      _,. -‐ 7/  lr'/  ,. ェ 、 コ=´‐--一''"       /-‐''  ̄、ヽ -‐
  ,. ‐ ´    //  l{.{  //\〉             ,.イー、--‐t.,j」ノノ ニ
 〈        //   ハ  ´  ァ----┬ェ‐ェ 、_      / {  〈  / ハ ヽ
  `丶、   //   /  ヽ   /     ヽ「l_j ヽ` ー<_   `ヽ ヽ
      ヽ//   /  / /\           〉|   ヽ    `丶、  L {
        //ヽ  /  / /  ハ      〈.イ    ノ      `ー-ヽ}    こっちこないで…
      //_,ノ /  / /  / ノ       }ハ  /
  _,.. -‐/'´   /  l /  /  /  / _ノ ハ〈                 >触手
'´  /    /   /   >-〜‐、__,.イ´  Vニゝ`丶、
  /    /     /  /   / }    ヽ \  )
/     /     //  /     ! /    ヽ ヽ」
伊藤誠
「このやる夫は俺の後輩のやる夫じゃないな
あいつはこんな事言わないぞ
偽者め!!」
雪華綺晶
「それでは、0223になったら開始させていただきます
皆様、準備はよろしいでしょうか」
ヨウジョスキー大尉
「ズサー三連星乙」
真紅
「あら。流石に来てから私狐は随分と減ったのよ?
生存勝利が赤字でログになる貴方とは比べモノにならないのだわ。>水銀燈」
やる夫
「とりあえず誠死ねと言っておくお!
誠は全身が肛門になるような奇病で死ねばいいお!」
雪華綺晶
「                       ___
                    〃 ̄`ヾ;        _ - 1!
                    {廴__,  リ _.  - ´    ||
                       ` ̄ 〃 |        ||
                           { ! |        ||  ばらしー可愛いですわばらしー
        __, -──‐- 、       ヽ`ー‐…⌒}    ||  食べちゃいたいですわ
     フ/´  ̄ ̄ `ヽ\    , -- 、.`丁 ̄~¨´_    ||
      .//          ヽ\ ,/r'⌒ヽヘ |勹´!イ {    ||
      { {    , -─v‐- 、ヽ、//、  ヽ.∨ / /ノ ノ     ||
     八ヽ  /, '´ ̄`¨¨ヽ\{{ヽ_`辷彡>、`-' /     ||
      ヽ∨/       `ーリ- ニニニ イ'¨´      ||
        i`r、ヽ     ((__〃         |        ||
      〃 j } ヽヽ    ` ̄´          |        ||
    、__{{,ノノ   リ                  `  - _     ||
    `´`==彳       ______ , ─‐ 、 ` ー 」|」
真紅
「ズサが3人…… 狙ったようなタイミングで遅れをとるなんて。
迂闊だったのだわ……。」
伊藤誠
「おい やる夫! 幼馴染を妊娠させたらしいな」
相葉昴治
「喧嘩はよくない!」
歴史家のYさん
「遺言があり狼に不利にならないよう、この人数でもいいんじゃないかな?」
水銀燈
「その言葉、そのままあなたにお返しするわぁ>真紅」
キョン
「というわけで人形やらその他色々不可思議なものがうごめいている村にやってきたわけなんだが…。」
真紅
「あら水銀燈。アナタも村にいたのね。
狐が出る配役なのだから、せいぜい呪殺されるといいのだわ。」
歴史家のYさん
「やれやれ、隠れてディナーにくる人間が多すぎるな」
薔薇水晶
「今なら自信を持ってセクシーって言ってもいい…」
やる夫
「な、なんだお、このズサー三連星は!?」
伊藤誠
「女の子は笑顔が一番さ」
蒼星石
「いっぱいきたね!よろしく!
じゃぁもう初めてもいいんじゃないかな?」
薔薇水晶
「増えた…」
クマー
「一杯増えたクマー」
水銀燈
「ってズサー多すぎよぉww」
不動 遊星
「よくきたな・・・16人か」
相葉昴治
「すごいなwいっぱい来た」
やる夫
「ズサーだお!」
雪華綺晶
「真紅姉さま、ようこそいらっしゃいました」
            キョン さんが村の集会場にやってきました
水銀燈
「あら真紅、いいタイミングねぇ?」
            やる夫 さんが村の集会場にやってきました
相葉昴治
「って言ってる間に来たね」
真紅
「ズサーなのだわ。」
            真紅 さんが村の集会場にやってきました
雪華綺晶
「蒼兄様、答えになっておりませんわ
それだから脳筋などという、不名誉で、醜いあだ名で、呼ばれるのです」
水銀燈
「見た感じ待つ派と開始派同率かしらねぇ?
あと一人ぐらいなら待ってもいいわよぉ」
相葉昴治
「●REC」
薔薇水晶
「     /: :: : : : :::: /: : : ::/.: ; : : :|: .:: : : : : : ::: : :|: : : : :l. : : : : l:::. : : : :|.: : : : : : :
   //: .::: . :::::::/ : : .::/: .:|. : : | .:::: : : : : :.:::: : |:: : : |. |:. : : : |:::::. : : : |: : :i: : : :
. /  /: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :
'   .l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :
   .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :
   .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.  そんなに…
    l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::
.    ゙ .l::::|λ::::l':|:::::lヾ=l|,=-l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:  せくしー…?
     ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ゙{: : il ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : : |
      〉 ハ:::::|l:::|゙l ゙ ゞ: :': :ノ.゙  ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
      ./:/: : ヾlヘ:|::|.  ゙´ ̄`       \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
      //: : ..::::/ .::::l       ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     /': : : .::::/ .::::::ヘ ///   ヽ    /// ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
     /': : : .:::/: .:::::::::::丶      _       ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
    / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    `             /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
   ./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、            ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
、_,. -'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
ヽ,`ヽ : : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::
ノ   ヘ: : : : : : : : : : : : : : : -‐゙ヽ: : ;;;l:\ : : l:: : :/::::: :/:::::: : :/::::::::ヘ::ヘ:::::::::::::
  ,,.-''゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ ゝ、:ヘ : |: :/::::: /::::::: : :/::::::::::::::::ヘ::ヘ::::::::::」
蒼星石
「狐ぐらいは欲しいかなと」
相葉昴治
「あー、でも確かにあと一人はほしいか
さすがにおおかみ涙目すぎる」
歴史家のYさん
「【ばらしーマジキュート】
もう少し人をまってもいいんじゃないかな」
ヨウジョスキー大尉
「ばらしーマジセクシー」
クマー
「【ばらしーマジキュート】クマー」
歴史家のYさん
「国家が細胞分裂して個人になるのではなく、主体的な意志を持った個人が集まって国家を構成するものである以上、どちらが主でどちらが従であるか、民主社会にとっては自明の理だろうにね
それを見逃すから、寂れる町が増えていくのさ」
薔薇水晶
「ばらしーマジキュート
もうひとりほしい…
水銀燈
「【ばらしーマジセクシー】」
蒼星石
「まだ待つ  →【ばらしーマジジャンク】
不動 遊星
「ばらしーマジセクシー」
伊藤誠
「ばらしーマジセクシー」
相葉昴治
「ばらしーマジセクシー」
れな
「ばらしーおもちかえりぃー」
相葉昴治
「…ばらしーなんだ…」
ヨウジョスキー大尉
「4〜10歳までかな」
クマー
「クマーも一緒に頑張るクマ!!
雪華綺晶
「そろそろ15分になりそうですわね
いかがいたしましょうか

まだ待つ  →【ばらしーマジキュート】
もう始める →【ばらしーマジセクシー】」
不動 遊星
「水銀燈に生存勝利させない、この俺がさせない!!」
蒼星石
「毒やりたかったけど、この時間だもんね」
伊藤誠
「僕も村に行きたいですね そういえば後輩のやる夫から村に来ないかって
誘われた気がしますね」
薔薇水晶
「ようじょ…
何歳までがようじょ…?
何歳からがしょうじょ…?」
ヨウジョスキー大尉
「よろしくお願いします
名前とキャラ名間違えたorz」
相葉昴治
「…なんかすごいのきた」
水銀燈
「この人数なら狐なしよねぇ?私の生存勝利が見えるわぁ」
            ヨウジョスキー大尉 さんが村の集会場にやってきました
薔薇水晶
「クマーはやられやく…
プーさんならボス格…」
歴史家のYさん
「僕は歴史をやりたくてね。
引退をしたらこういう村に引っ込もうと思うんだ」
れな
「クマかぁいいねー、はうー!おもちかえりしたいよー」
相葉昴治
「15分…
12人か」
伊藤誠
「公務員の歴史家か 公職とは大変ですねw」
クマー
「餌に釣られすぎて今はお腹一杯クマー」
雪華綺晶
「よくこられました。こんにちわ」
伊藤誠
「友好的なクマだね」
歴史家のYさん
「ん?
普段は公務員をしているよ
上司が人使いがあらくて大変だけどね」
不動 遊星
「よくきたな」
れな
「よろしくー」
蒼星石
「白多いから、アイコン変更しようっと」
            れな さんが村の集会場にやってきました
蒼星石
「アイコンを変更しました」
相葉昴治
「く、くま!?
この村はくまも出るのか!?」
伊藤誠
「蒼星石を誰にプレゼントしよう やっぱり言葉かな」
クマー
「クマは人畜無害なんだクマー」
蒼星石
「アイコンが変更出来ません。半角数字で指定して下さい。」
雪華綺晶
「あら、可愛いクマさん、やってきたわ
ようこそ、裏切りと殺戮の舞踏会へ」
薔薇水晶
「模造品…でも実体が無いより…いい…」
伊藤誠
「歴史家さんか どんな仕事してますか?」
歴史家のYさん
「よろしく。
なんだ、この村はクマも普通にくるのかい
牧歌的で平和で、いい町だね」
相葉昴治
「あははは…>蒼星石
ま、まあ誠さんに拾われて、よかったじゃないか」
クマー
「よろしくだクマー」
不動 遊星
「よくきたな」
            クマー さんが村の集会場にやってきました
雪華綺晶
「フフフ…ようこそ、できそこないの模造品」
相葉昴治
「なんか…ネーヤに雰囲気似てるな・・・」
歴史家のYさん
「ポプランにいわれてきてみたが、これは一癖もふた癖もありそうな人揃いだね」
蒼星石
「なんかその言い方、ひっかかるなぁ…吊ろう>相葉」
不動 遊星
「よくきたな、二人とも」
相葉昴治
「ええ!?じゃあなんで聞いたんですか!」
雪華綺晶
「あら、このぐらいで取り乱すなんて、頼りない人達だこと」
薔薇水晶
「お邪魔…」
不動 遊星
「雪華綺晶落ち着いてくれないか、色々と怖いから」
伊藤誠
「僕は蒼星石を貰う 君には雪華綺晶をあげるよ」
            薔薇水晶 さんが村の集会場にやってきました
相葉昴治
「あー…じゃあ…
そこのシルクハットの子で…」
伊藤誠
「な、何だこれはいったい!!」
歴史家のYさん
「こんばんわ、どうも、こんなやぼったい服でもうしわけない
お食事会の会場というのは、こちらでよろしかったかな?」
雪華綺晶
「いらっしゃいませ、奇術師さん」
相葉昴治
「うわあああ!鏡から触手が!」
伊藤誠
「不動くんは水銀燈か 相葉どうする?」
            歴史家のYさん さんが村の集会場にやってきました
相葉昴治
「彼女…
あおいに渡したら、喜ぶかな」
雪華綺晶
「                       ___
                    〃 ̄`ヾ;        _ - 1!
                    {廴__,  リ _.  - ´    ||
                       ` ̄ 〃 |        ||
                           { ! |        ||
        __, -──‐- 、       ヽ`ー‐…⌒}    ||
     フ/´  ̄ ̄ `ヽ\    , -- 、.`丁 ̄~¨´_    ||
      .//          ヽ\ ,/r'⌒ヽヘ |勹´!イ {    ||
      { {    , -─v‐- 、ヽ、//、  ヽ.∨ / /ノ ノ     ||
     八ヽ  /, '´ ̄`¨¨ヽ\{{ヽ_`辷彡>、`-' /     ||
      ヽ∨/       `ーリ- ニニニ イ'¨´      ||
        i`r、ヽ     ((__〃         |        ||
      〃 j } ヽヽ    ` ̄´          |        ||
    、__{{,ノノ   リ                  `  - _     ||
    `´`==彳       ______ , ─‐ 、 ` ー 」|」
不動 遊星
「俺もカナリアが良いが拒否するなら俺は水銀燈を貰おう
・・・何故かトラウマがあるからな」
伊藤誠
「彼女にプレゼントすると喜ぶかもね」
水銀燈
「いきなり中の人丸わかりな発言ねぇww>相葉」
ガラハド
「そんなものよりアイスソードの所有者きめようぜ」
伊藤誠
「蒼星石 雪華綺晶 水銀燈という名のドールらしいよ」
相葉昴治
「…カナリア…」
伊藤誠
「不動遊星君もか 相葉と一緒にこの3体のドールの所有者をきめようじゃないか」
水銀燈
「夜も遅いしMLは流さない方がいいと思うわぁ…」
雪華綺晶
「よろしくお願いします不動様」
相葉昴治
「ええ、まあ
ツヴァイの研修で…」
不動 遊星
「よろしく」
雪華綺晶
「そういえばMLを出してませんでした…
時間も時間ですし、よろしいでしょうか」
            不動 遊星 さんが村の集会場にやってきました
伊藤誠
「相葉昴治? 君もこの村にようがあるのか?」
相葉昴治
「よろしく」
伊藤誠
「俺と綺麗なドール達の村みたいだ」
            相葉昴治 さんが村の集会場にやってきました
蒼星石
「じゃぁちょっとお花を摘みに行って来るよ。翠星石はこないのかな」
雪華綺晶
「締め切りは0215とさせていただきますわ」
蒼星石
「QPいると難しそうだからなぁ。」
蒼星石
「…姉さまって呼んでくれるかな>雪華綺晶」
雪華綺晶
「実装されてませんわ」
水銀燈
「QP村やってみたかったのだけど、村立て人が廃村にするって言うなら仕方ないわぁ。
こっちで普通村を楽しみましょうかぁ」
蒼星石
「こっちはQPなしだよね?」
雪華綺晶
「薔薇鯖ってQP村を立ててたみたいですの、蒼兄様」
水銀燈
「よろしくお願いするわぁ」
伊藤誠
「薔薇は放置廃村のようだよ」
蒼星石
「あ、こちでやるみたいだね。」
            水銀燈 さんが村の集会場にやってきました
伊藤誠
「伊藤誠です よろしく」
            伊藤誠 さんが村の集会場にやってきました
蒼星石
「え?他にも村立ったの?」
蒼星石
「よろしくね」
            蒼星石 さんが村の集会場にやってきました
雪華綺晶
「あらら…村立てが被ってしまいましたわ」
ガラハド
「にょろ゛」
雪華綺晶
「◆スゥ 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html
」 」
            ガラハド さんが村の集会場にやってきました
雪華綺晶
「にょろーん」
            雪華綺晶 さんが村の集会場にやってきました