←戻る
【流石人形002】アリスゲーム【RP】村 〜ロールプレイとゲーム性のはざまを生きる人たち〜[159番地]
僕はおいしくないよ 身代わり君
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
いっちょやってみよっかー 蒼星石
 (本屋◆mbe11n6veQ)
[村人]
(死亡)
 できる夫
 (阿部◆eotokokLW2)
[狩人]
(死亡)
打ちのめされて次村 南鮮石
 (めるめる◆QkRJTXcpFI)
[人狼]
(生存中)
ドールズ村……そういうのもあるのか! 柿崎めぐ
 (白カブト◆vWbdXpni/g)
[共有者]
(死亡)
乳酸菌過多。 真紅
 (まるるん。◆piyo2xng9M)
[村人]
(生存中)
  金糸雀
 (サム)
[霊能者]
(死亡)
  雛苺
 (tuy)
[人狼]
(死亡)
  水銀燈
 (桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
[狂人]
(死亡)
  翠星石
 (ヨット)
[妖狐]
(生存中)
やっとprototypeが届きましたよ。 やらない夫
 (◆b5c5bWJYpw)
[村人]
(死亡)
  雪華綺晶
 (角砂糖)
[共有者]
(死亡)
  薔薇水晶
 (orz◆10.9/2taLY)
[村人]
(死亡)
ヤクルトォ DAIGOドール
 (ツバメ)
[村人]
(生存中)
蒼星石
「おつかれさまー。
楽しんでもらえて幸いです

DAIGOくるようにいのってます」
真紅
「では、私もそろそろ失礼しましょう。GM、村建てありがとう。感謝するわね。
……中の者的にはこれまでやったことのないドールズRPに挑戦するいい機会かと思っていたのだけれど、これはこれで良いものなのだわw」
真紅
「金糸雀に負けるなど……ありえないのだわ。
これは恐らく、ミーディアムが不甲斐ないからに違いないわね……
JUM! JUM、なにをしているの!?
同じように自宅に居るばかりでも、やる夫の方が100倍働いているのだわ!!」
蒼星石
「フニンキ・・・だからじゃない?」
蒼星石
「おつかれさまー」
真紅
「まったく……金糸雀大活躍村はあるのに、私にそういう村がないというのはどういうこと……?
柿崎めぐ
「そうね…… 今日は私も落ちるわね。
初日占い連続だったし。 お疲れ様。
本屋GM、村建て感謝するわよ。」
雛苺
「んじゃログもみ終わったし今日はヒナも落ちるの
ではまたね〜」
柿崎めぐ
「ラプラス=白井は……丁寧語ロール、というワケ
にもいかないからねぇ。よくみてないと難しそうだわ。<ラプラス」
雛苺
「ラプラスは腹立つだけだから
ドールズ皆に投票されて即死だと思うのよw
ってなんでシグルイw」
蒼星石
「GMが真紅CNを用意したら用心せい

   −−−シグルイ風にいってみた」
蒼星石
「ラプラスロールのほうが難しいと思うんだけどどう?(笑)」
柿崎めぐ
「ふふ…… 落ちる人はお疲れ様。
真紅はわかめてで即死。流石だと勝てない。
呪われてるわね。」
真紅
「ラプラスはアイコンもあるのだから足していいのではないの?」
蒼星石
「占いとかになればいいんだろうけどねえ・・・
狐と相性悪いね、真紅CN

わかめてだと初日に呪殺されてるし」
南鮮石
「あとやる夫リプレイの続きがきていたニダ
それを見て寝るニダ」
南鮮石
「今日は落ちるニダ
おつかれニダ」
雛苺
「あとヒナがしってるのは
海薔薇雄山と欝星石だけど、RPが難しいのwとくに欝星石」
真紅
「屈辱なのだわ……!
しかしそのうち、名探偵真紅の大活躍をとくと見せ付けてあげるのだわ」
雛苺
「お疲れなの」
金糸雀
「小生石はだめなんだ
あれ名前だけで全然ドールドールしてないんだもん

沸騰石はただ松岡修造の名前変えただけじゃねーか?www」
できる夫
「さて、それでは僕もこれで失礼しますよ。
想像以上に難しいRPでした。でも、楽しかったですよ。
ではまた会いましょう。」
水銀燈
「私も落ちるわぁ、みんなお疲れ様ねぇ」
蒼星石
「真紅、流石にきたら生き延びるが勝てないの法則、と

メモメモ」
翠星石
「お疲れ様ですぅ」
柿崎めぐ
「えぇ、お疲れ様よ。やらない夫さん。」
蒼星石
「小生石はだめなんだ
あれ名前だけで全然ドールドールしてないんだもん

まだ饅頭銀のがいいかんじ」
翠星石
「狼でしたけど最終日まで生存してたよ
狐に負けたけどね」
DAIGOドール
「俺もお疲れさんしたwwwwww
マジパネーッスウィッシュ!」
薔薇水晶
「お疲れ様です…
さあ、私もお父様の元に参りましょう」
蒼星石
「あ、すみませんどなたか、スレに終了報告お願いします」
雛苺
「お疲れなのよ〜>やらない夫」
蒼星石
「おつかれさまでしたー」
雛苺
「沸騰石ww」
やらない夫
「一足先に休ませてもらうだろ、中の人的に考えて。
それじゃみんなお疲れ様だろ。」
金糸雀
「花山薫「お前さん…狼かい…」→薔薇「あなたは…狼ですか…」

こんな感じじゃないかしら」
蒼星石
「あれ狼じゃなかった?」
真紅
「狩人のできる夫がグレーの雛苺護衛して、どこがおかしいのかしら?
JUM、説明してちょうだい」
翠星石
「あと前回私も真紅で最終日まで残ってたですよ>GM」
蒼星石
「登場スレを教えてくれ」
金糸雀
「画像見ちゃだめかしら!wwww
喋り方はそんな感じかしら>薔薇」
南鮮石
「最初の村がインパクトありすぎだったニダ
それにしても身代わり占いくん多すぎニダ」
柿崎めぐ
「…… 沸騰石。>GM」
真紅
「小生石……あら、先に省かれていたのだわ……」
南鮮石
「あれは露骨すぎニダ
狂人かと期待したけど銀が狂人の可能性も捨ててたから村だと思ったニダ」
薔薇水晶
「花山薫を調べましたが、バキですか…。
画像見てふきました…。」
DAIGOドール
「まあ、翠星石に実際に動くかどうかは微妙だったッスね。
あの時点だと蒼さんが目立ちすぎてたので」
蒼星石
「あ、そうそう
追加してほしいドールネームはあるかい?

小生石以外で」
蒼星石
「意見がひょろひょろ動くのは村の証拠って感じだとおもってたんだけどね
まさかあの時点で、狐だと思う以外の理由で吊られると思ってなかったよ

GMもまだまだ修行が必要なようですね」
南鮮石
「その前に南を吊れば勝っていたニダ」
南鮮石
「翠がしないで蒼い子吊られで噛みをDAIGOなら狐の勝ち」
真紅
「DAIGOは終盤村っぽくなってきていたから、翠星石が本当に狩人での南鮮石との2択なら、南鮮石に投票したと思うわね」
雛苺
「たぶん皆に変態!!変態!!いわれながらも
きっと真だとみたと思うのw」
南鮮石
「そしてその前日は間違いなく翠は吊られなかったニダ
そういう意味ではしないほうがよかったCOニダ」
水銀燈
「疑い半分納得半分…でも結局吊るって所じゃないかしらぁ?」
南鮮石
「噛み役の私が保証するニダ」
翠星石
「蒼星石とDAIGO疑われてて吊られそうだと思ったですが」
柿崎めぐ
「気にしない。 変態護衛日記は偽は書かないものよ。>できる夫」
南鮮石
「しなければ狼は間違いなく真紅を残していたニダ」
DAIGOドール
「狐さんは間違いなくしないほうがよかったッスよ。
COしなくてもまず蒼さんが吊れてるっす。となると最終日前にうまいこと噛まれない限り、3(1−1−1)で狐勝ちだったっす。」
雛苺
「ヒナはほわほわしてて楽なのよ〜
意見強くいえないのがちょっと大変だけどRPは好きなの!」
真紅
「狩人COがあってもなくても、私は最終日は翠星石を吊ろうとしたと思うけれど?」
金糸雀
「薔薇水晶は「丁寧語の花山薫のRP」してればそれっぽくなるかしら」
柿崎めぐ
「しなければ吊られていたかもしれない。
すれば、引き分け以上が決まる。 いいCOだったんじゃない?>翠星石」
できる夫
「ところで、もし初日生き残ってて僕がグレーの雛苺さんを護衛してたら皆さんどうしましたか?特に気にしないですか?」
南鮮石
「蒼の子の怪しさが残っていたのでなんとか生き残れたニダ
翠が本当に狩人なら真紅の信用とりで勝負するつもりだったニダ」
雛苺
「しかたないのよ〜>南鮮石
だって翠星石のうたがわれなさっぷりったら凄かったのよ
皆村で見てたの。狐強しなの」
薔薇水晶
「だけど資料を集めて再挑戦したくもあります…
正直今の私は薔薇水晶じゃない…」
翠星石
「狩COはどうだったですかね
なんかしなければ良かったみたいな反応もあるですけど」
やらない夫
「見事に村しか吊れてないのが痛いだろ…」
真紅
「生存しても勝たなければ意味がないのだわ!」
水銀燈
「正直なれないRPで大変だったけど…案外うまく出来たので面白かったわぁ…
心残りは雛苺じゃなくて翠星石に●出せばよかった…くらいかしらねぇ…」
南鮮石
「狐吊れていればと思ったけど無理だったニダ
雛ごめんニダ」
雛苺
「あと一日、まってみたかったのw
そしたら誤爆来てうあ真だ終わったと思ったのw」
蒼星石
「あ、真紅
最終日まで〈生存〉 おめでとう

ついにアリス村ジンクスを突破しましたね」
柿崎めぐ
「どうしても、寡黙系は、ね。
分かってはいたのだけど……
怖いのよ。ステ残りはね。」
南鮮石
「狂人と見ていたニダ
だからこそ銃殺がない時点での狩人COを疑ったニダ
あの時点で今日は見えていたニダ」
薔薇水晶
「薔薇水晶は私には無理のよう」
南鮮石
「COしなきゃDAIGO吊りで負けていたニダ<狼が」
雛苺
「あの狩人COで狐の引き分け以上確定にもってかれたのよ〜」
翠星石
「水銀燈はやっぱり狂人でしたか
ほぼ真の働きしてましたが」
できる夫
「できる夫はとても難しかったですね。
ここまでで最高難易度でしたよ。雪華綺晶のほうがマシでした。」
真紅
「真と同じ動きをする占いを噛まないなんて、狼はいい度胸してるのだわw」
水銀燈
「あそこで狩人CO指定なければ狐が勝てた村だと思うわぁ…」
柿崎めぐ
「めぐは天使さんがいる限りロールは安全よ。
もっとも役職の銀を決め打ちしないといけないのだけど……>GM」
南鮮石
「狩人COを残して勝負というのは選択の外ニダ
その時点で翠狐なら負けていたニダ」
DAIGOドール
「まあ、南のCOがなくてもいけた感があったけどCOしてくれたおかげで確証ができてよかったっス。」
蒼星石
「あそこでの《狩人》COはお見事としか言いようがないですねー」
翠星石
「残念ですぅ
あそこで南が吊れていれば勝てたのに」
蒼星石
「狐はやっぱりいいバランサーですね


各自どうでしたでしょうか?
CNしてみて、難しかった、面白かったなど
感想があればお聞かせください」
金糸雀
「負けるかと思ったけどなんとかなったかしらー」
真紅
「おつかれさまなのだわ。
……蒼星石、申し訳ないことをしたのだわ」
水銀燈
「お疲れ様だわぁ…」
南鮮石
「自分が負けるのはいやニダ
勝たせるとわかっていて狐を援護する気もないニダ」
柿崎めぐ
「お疲れ様……

水銀燈、やはりアナタは私の天使よ。」
DAIGOドール
「チョリーッスwwwwwwwwww」
できる夫
「おつかれさまでした!」
薔薇水晶
「お疲れ様…」
雛苺
「お疲れなのよ〜南鮮石がんばってありがとうなの」
蒼星石
「おつかれさまでしたあああ!」
やらない夫
「お疲れ様だろ」
南鮮石
「無理ニダ」
雛苺
「真紅○のときは狩人いるかもって噛まなかったの」
[引き分け] 引き分けとなりました
7 日目 ( 6 回目)
南鮮石2 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
7 日目 ( 5 回目)
南鮮石2 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
7 日目 ( 4 回目)
南鮮石2 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
7 日目 ( 3 回目)
南鮮石2 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
7 日目 ( 2 回目)
南鮮石2 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
7 日目 ( 1 回目)
南鮮石2 票投票先 1 票 → 翠星石
真紅0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
            再投票になりました( 6 回目)
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
            真紅 は 翠星石 に処刑投票しました
            南鮮石 は 翠星石 に処刑投票しました
            再投票になりました( 5 回目)
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            南鮮石 は 翠星石 に処刑投票しました
            真紅 は 翠星石 に処刑投票しました
            再投票になりました( 4 回目)
            南鮮石 は 翠星石 に処刑投票しました
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
            真紅 は 翠星石 に処刑投票しました
            再投票になりました( 3 回目)
            真紅 は 翠星石 に処刑投票しました
            南鮮石 は 翠星石 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            再投票になりました( 2 回目)
            真紅 は 翠星石 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            南鮮石 は 翠星石 に処刑投票しました
            再投票になりました( 1 回目)
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
結果だけを見ると真占いといっていいだろ…
            真紅 は 翠星石 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
それを噛まないのも勇気があるわ……
捨て身なのかしらね。
            南鮮石 は 翠星石 に処刑投票しました
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
ちょっと残念な結末ですね。翠星石さんのスク水が見れると期待したのに。
村人はもっとよく考えて行動すべきですよ。
雛苺(tuy)
しかたないのよ〜南鮮石は頑張ったの
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
真紅
「ええ。……DAIGO、まさか、最後に貴方と共同で作業することになるとは考えもしなかったのだわ……」
DAIGOドール
「もしもこの時点で南LWだったとしたら、まあ狼パネーッスwwwwってことで。」
雛苺(tuy)
水銀燈は完全に真占いだったのよ・・・
南鮮石
「あの時点で狩人を吊れるようもっていけないニダ・・・
雛苺ごめんニダ」
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
DAIGOドール
「真紅さんいいっすか?」
真紅
「了解したわ。私は翠星石に投票しましょう。
これで、狼狐がわざと負ける投票をしないかぎりは引き分けなのだわ」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
パチもんとツンデレだったら断然ツンデレに入れますとも。えぇ。
蒼星石(本屋◆mbe11n6veQ)
驚きの狂人誤爆wwww
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
さてどうなるかな
南鮮石
「この状況で狩人COせずをしたのは失敗だったニダ」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
人気投票か…… 悪くないな。
…… 南鮮石に入れるよ。
南鮮石
「だから理由がないからCOしたニダ」
DAIGOドール
「翠と南は相互するッス。
真紅は翠星石、俺は南鮮石に投票するッスよ。」
翠星石
「これは南の罠ですぅ」
雛苺(tuy)
また人気投票になったのよw
南鮮石
「狼と狐どっちを勝たせるかきめるニダ」
蒼星石(本屋◆mbe11n6veQ)
お、初の引き分け来るかな
真紅
「狼が翠星石を噛んで死体なしの狐なら、それをCOしない理由はないわ。
このままなら狩人として認められて、狐以外が吊られることになるのだもの」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
いえ、僕が軽率でした。
くっ、大人の女性には大人の対応をすべきだったのに、僕としたことが。
ヒナた、雛苺さん、すいません、約束したのに先に吊られてしまって。
DAIGOドール
「おお、丁度いいっすね。真紅説得の手間がはぶけたっすよ
南鮮石
「人気投票しようニダ」
金糸雀(サム)
おっと引き分け来たかしら
南鮮石
「狐に勝たせるのは癪ニダ」
DAIGOドール
「だから翠狐、南狼として引分け調停したいッス。」
南鮮石
「しゃーないニダ狼CO
翠星石を噛んだニダ」
真紅
「狐COもないのね?」
DAIGOドール
「狼が翠さん噛まない意味は無いッス。翠さん狐で噛み成功しちゃったら狐勝ちスから」
翠星石
「少なくとも真紅狼はないですぅ
南かDAIGOが狼ですぅ」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
うん。ごめんなさいね。
まず村でしょうと思ったのよ。

でも、吊るしかなくなってしまったのよ……。>できる夫
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
えぇ。ヒナたんが騙りに出てくれなかった時点で僕の仕事は終わったのです。
これでよかったのですよ。
雛苺(tuy)
しないのね・・・
真紅
「◆DAIGOドール「もうこれは分けるしか無いッスねwwwwww」

つまり、貴方が噛んだということでいいの?」
DAIGOドール
「もう決め打っちゃっていいスか?」
真紅
「昨晩まで私は翠星石LWで決め打っていたのだけど……」
金糸雀(サム)
COしないのかしらー
雛苺(tuy)
それでも生きてればヒナを守っててくれたと信じてるのよw
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
できる夫ならしょうがないだろ、護衛先的に考えて
南鮮石
「わけわからんニダ」
真紅
「狐噛みの狼なら、そうおっしゃいなさい。
でなければ、GJを信じることになるけれど」
翠星石
「自分を狼に見せかけるために真紅噛んだんですぅ」
DAIGOドール
「もうこれは分けるしか無いッスねwwwwww」
南鮮石
「おはようニダ」
翠星石
「6日目 護衛真紅 」
DAIGOドール
「チョリーッスwwwwww」
真紅
「おはよう。
……どういうこと?」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
雛苺さんが占いに出てくれなかったからどこも護衛するつもりはありませんでしたけどね>やらない夫
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石 さんの遺言
やー、疑われてるなあハッハッハ
GMなのにこんなに生き残っててもいいのだろうか

しかし今日も2票もらいかー
地味だなー展開が
もうちょっと派手に動いてほしいんだけど、どうなんだろう?

僕に入れてる人は 真紅 と 南 か で、両日代わらずか
この人らは村だと信じてもよさそうかな

・・・
ああ!
ばらしーときらきーの遺言がならんでる!
まさかこれしたかったんじゃないだろうな狼!
            南鮮石 たち人狼は 翠星石 に狙いをつけました
蒼星石(本屋◆mbe11n6veQ)
やっぱりできる夫狩人か!
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
今気付いたができる夫は狩人だったのか…
雛苺(tuy)
でも村人だれかがげどう化しそうなのよw
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
村勝ちの可能性はすでにないわぁ
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
狐噛みの最終日ね……。
悲しい村よ。私の天使を吊ってしまうからね。
DAIGOドールの独り言
「いや、そうでも無いッスかね。一応ありっちゃアリッスけど」
翠星石の独り言
「6日目 護衛真紅 噛み
とうとうCOしちゃったですぅ
明日噛まれるでしょうねぇ
のこされたらLW候補ですね」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
まぁ、狼COしなければ村目線LWがわかってないから、狼勝ちもありそうですね。
狐と村の目はほぼ消えたと思って良いでしょうか。
南鮮石(人狼)
「今度はのんびりするニダ」
南鮮石(人狼)
「いくニダ!」
真紅の独り言
「……また遺言を発言してしまったのだわ……
まったく、みっともない……」
真紅の独り言
「まったく、ただの村人など退屈でしょうがないのだわ……
JUM、お茶をいれなさい。

翠星石の護衛先は真狩人としてありえないから吊ってしまいなさい。
水銀燈など、雛苺●を出した夜以降は護衛する必要ないのだわ」
蒼星石(本屋◆mbe11n6veQ)
あっちゃあー、狐かあ。
まいったな、これは
DAIGOドールの独り言
「ここで俺が噛まれたら翠さん狼ッスね。」
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
あら、最終日来るわねぇ
雛苺(tuy)
かむのね。ってことは引き分けになるのね〜
金糸雀(サム)
引き分け来たかしらー
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
引き分け入りました。
南鮮石(人狼)
「死体なしなら村2狐1狼1ニダ」
南鮮石(人狼)
「しゃーない噛んでみるニダ」
翠星石の独り言
「残念狼は吊られませんでしたか」
南鮮石(人狼)
「はっきりいって翠が狐も否定できないニダ」
真紅の独り言
「LWは翠星石で決め打つのだわ……
あの護衛先、ありえないのだわ」
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
さてさて、どうなるかしらねえ…
狐を噛めなければ負けだわぁ…
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
蒼星石、お疲れ様だろ
蒼星石(本屋◆mbe11n6veQ)
おつかれさま!
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
蒼星石…… お疲れ様ね。
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
真紅噛みで終わりそうな気がするだろ…
真紅の独り言
「ありがとう、蒼星石、翠星石。南鮮石を疑わなくてよさそうなのだわ。」
DAIGOドールの独り言
「つーか実は真紅さん吊りたいッスw」
雛苺(tuy)
おつかれなのよ
南鮮石(人狼)
「どうすればいいニダ」
南鮮石(人狼)
「さて」
雛苺(tuy)
DAIGOしだいね
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
狼は狐確認も含めて狩人噛むでしょうね。引き分けでしょうか。
DAIGOドールの独り言
「ほっ、LWッスか。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            蒼星石 は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
蒼星石3 票投票先 1 票 → 南鮮石
南鮮石2 票投票先 1 票 → 蒼星石
真紅0 票投票先 1 票 → 蒼星石
翠星石0 票投票先 1 票 → 南鮮石
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 蒼星石
            DAIGOドール は 蒼星石 に処刑投票しました
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
お疲れ様だわぁ…
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
蒼星石が吊れそうです。
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
狩人噛みで引き分けが見える……
アムロ……。
雛苺(tuy)
雪華綺晶おつかれなの〜
            真紅 は 蒼星石 に処刑投票しました
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
雪華綺晶お疲れ様だろ。
            蒼星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様……だから言ったでしょう?
私の体では、もたないと。 。きらきー
            南鮮石 は 蒼星石 に処刑投票しました
雛苺(tuy)
これで村勝ちなくなったのよ!南頑張るの!
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
蒼星石
「しかたがないね。
ここは南でもつっとこうか。
偽のねーさんっぽいし

でもこっちのほうが家事は得意そうだな・・・」
南鮮石
「違うニダ」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
これはなかなかにぐだぐだの最終日。
雪華綺晶(角砂糖)
あら、申し訳ありません・・・・最後まで見ていたいのですが、そろそろこの体の活動限界が来てしまいます・・・。お疲れ様ですわ。
DAIGOドール
「って、南鮮石は狩人COじゃねーンスか。勘違いしたウィッシュ!」
翠星石
「済まんですぅ
助かったですぅ
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
(カポ)
南鮮石ー!頑張るでやんすー!
(カポ)
DAIGOドール
「とりあえず狩人残しで最終日ッスかね。」
翠星石
「翠星石の狩人日記

1日目 護衛なし 噛み初日
今日はお花に水をやっておくですぅ

2日目 護衛水銀燈 噛み金糸雀
今日は占いの水銀燈を護衛ですぅ
できることなら消えてほしいですがそうもいかんですよねぇ

3日目 護衛水銀燈 噛み雪華綺晶
霊能が噛まれたですぅ
もうこうなったら占いをがん守りするしかないですぅ

4日目 護衛水銀燈 噛みめぐ
正直胡散臭くなってきたですがまだ信じてやるですよ
心の広い翠星石に感謝するといいですぅ

5日目 護衛蒼星石 噛み
共有が抜かれたし占いもいなくなった
もう誰も守るやつがいねーですよ
しゃーねーからここは蒼星石を守ってやるですぅ」
真紅
「……狩人COはしてほしくなったのだけれど。
どちらにしろ翠星石に投票するつもりなどまったくなかったのよ」
雪華綺晶(角砂糖)
翠薔薇のお姉様・・・・それは信じる方が無理・・・。
南鮮石
「ctrl+Z」
蒼星石
「Ctrl+Z」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
出すのか、狩人日記を出すのか
ザル日記を……。 いや、蒼護衛日記か。
雛苺(tuy)
あ、南鮮石は違うのね。安心したの
翠星石
「直し方あったはずですぅ
教えるですぅ」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
あ、狐でした。
DAIGOドール
「……あんたらいろいろひどウィッシュ!」
蒼星石
「む、ここで《狩人》COか・・・
明日には噛まれると見て苦肉の策か

そうすると南かDAIGOでランってかんじかな
真紅はなんか違う気がするんだ」
金糸雀(サム)
日記出せない狩人かしらー!
雛苺(tuy)
2人外が狩人COとか衝撃なのよww
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
あーだめっぽいわぁ…
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
っと、狼が勝負にでましたね。どう転ぶか。
金糸雀(サム)
狩人CO→蒼吊り→狐噛み→引き分け

…こうなる気がするかしら
南鮮石
「えーそれはないニダ」
翠星石
「やば日記消しちゃった直すのどーすんだっけ」
DAIGOドール
「んあで、ない夫が潜伏役と。まあきっちり分担したわけじゃないだろうけどそんなもんだと思ってたっス。そうなると誰が潜伏ッスかね。今日見た感じ翠さんが怪しいッスけど。」
真紅
「蒼星石は仮に狼じゃなくとも潜伏狂人ではないのと疑いたくなるぐらい、片っ端から村人に疑いをふっかけているのよ……
ここは残せないのだわ」
南鮮石
「日記を出すニダ」
南鮮石
「ここで狩人COニダ・・・」
蒼星石
「僕は家事をサボって翠星石に押し付けるためなら何でもするよ・・・・
でも狼になって姉妹を殺すほどじゃないさ」
翠星石
「しゃーねーです狩人CO」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
真紅残す宣言しているから、蒼星石吊ったら狐噛みで絶望村になる確率1/2ですね。ここまできたら引き分けもおもしろいですが。
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
これは…… 狐勝ちかしら。

あぁ、銀RPもハマっていたわよ。あなたはちゃんと私の天使だった。>銀
DAIGOドール
「オレは蒼さんが多弁でかく乱する役の狼だとみてたんで明日が良かったンスけどね。」
蒼星石
「状況から見てそんな感じかなあと


僕のねえさんがいってるんだよ」
翠星石
「ちょっと困るですぅ」
雛苺(tuy)
いい感じに村人が争いあってるのよw
人外は蚊帳の外なのw
でも翠つらないと大変なのよ〜
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
俺みたいな常識人を噛むのは迷ったんだろww狼的に考えて…<めぐ
金糸雀(サム)
こりゃ狐勝ちかしら!
翠星石
「噛み早かったのは噛むやつが変わったからじゃないですか」
南鮮石
「それだけにSGとも思えるニダ<真紅」
蒼星石
「個人的には翠星石が狼だといやだな・・・・

だから翠星石を吊らせてもらいたいところだけど、どうかな?」
雪華綺晶(角砂糖)
やらない夫様,お疲れ様ですわ・・・。
真紅
「どちらにしろ、私が今日吊りたいのは蒼星石、貴女よ。
あちらこちらに疑いをふりまく、占い偽を言っていた次の日、真っぽいと言い出す。
村であれば申し訳ないのだけれど、最終日に残すには怖すぎるのだわ……」
DAIGOドール
「ほんとは蒼さんは最終日に吊りたかったとこスけど、とりあえず吊っちゃってもいいスね。」
翠星石
「翠星石的には真紅が怪しいですがここだとあからさま過ぎですぅ」
蒼星石
「昨日の吼えは明らかにLWっぽかったね。
まあ、狐のいない証明にならないんだけどさ」
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
っていうか凄く疲れたわぁ…
でもそこそこうまく行ったので良かった
南鮮石
「噛みをしてる時間は超過時間だけど
なんか早めニダ?」
DAIGOドール
「銀真ぽいとかどうでもイイッシュ!
とりあえずない夫吊ろうとか思ってたから俺マジショックッスよwwww」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
お疲れ様。さて、どこが吊られますか。
面白い展開になりましたね。
蒼星石
「残る疑い先は・・・3人か」
南鮮石
「なんというアリスゲームニダ」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
お疲れ様、やらない夫……
長生きだなんて、珍しいわね……。
雛苺(tuy)
おつかれなのよ〜
真紅
「村に考える時間をなるべく与えないようにしている……ということであれば、LW濃厚という見方もできるのだけれど」
南鮮石
「ドールだけしか残らなくなったニダ」
金糸雀(サム)
矢部一族のドールRPは新鮮かしらw
雛苺(tuy)
ド変態日記が本物狩ならあたってたのw
南鮮石
「おはようニダ」
翠星石
「やらない夫が抜かれたですか」
蒼星石
「おはよう。
これは銀真っぽいだけにちょっと困る展開だね」
DAIGOドール
「チョリーッスwwwwwこの噛みはちょっと予想外だったってウィッシュ!」
やらない夫(◆b5c5bWJYpw)
お疲れ様だろ…
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
明日真紅を吊ってしまっては負けてしまうわ……。
もっとも真紅はすごく村っぽくて逆に困るぐらいよね……
図らずも真ドールとパチドールの戦いになったのね。
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
あら、やらない夫いらっしゃい。
真紅
「おはよう。
また噛みが早いのね」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
桑畑さんの占いセンサーは本当に凄いですね。
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水銀燈 さんの遺言
占いCO やらない夫○●だわぁ…

昨日の雛苺の●を受けて急に私吊りを推してきた蒼星石と雛苺の発言に激しく突っ込んだやらない夫…
どっちを占うか迷ったけどやらない夫を占わせてもらったわぁ…
こういうとき狼は身内を切り捨てるものだと思ったのよぉ…
やらない夫 さんの遺言
常識的に考えて、村人COだろ。
当然俺みたいな常識人は村人だろ…
            やらない夫 は無残な姿で発見されました
            (やらない夫 は狼の餌食になったようです)
            南鮮石 たち人狼は やらない夫 に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雪華綺晶(角砂糖)
翠薔薇のお姉様と偽物のお姉様。どちらが勝つのか、どちらも死ぬのか・・・。
真紅の独り言
「ただ、どちらにしろ貴女の○を疑うつもりはないから、安心するのだわ……
これでやらない夫が狐か狼なら、私は素直にあきらめることにしましょう。」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
翠星石のザル護衛日記
DAIGOドールの独り言
「吠え方が露骨っスねー。LWもありうるッスけど」
翠星石の独り言
「5日目 護衛やらない夫 噛み
共有が抜かれたし占いもいなくなった
もう誰も守るやつがいねーですよ
しゃーねーからここはやらない夫でいいですぅ」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
それはメタどころの話じゃないし……
CNを変えてる意味がないので言わないわ……w>ヒナ
やらない夫の独り言
「翠星石に票を入れる蒼星石は信じられないだろ…やる夫村的に考えて…」
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
まあ、そこそこうまく占いを騙れたので良しとするわぁ…
(この狂人の時にまで冴えわたってしまう占いセンサーが憎いでやんす)
南鮮石(人狼)
「ドールズ村に男は不要ニダ」
蒼星石の独り言
「感覚からしてもLWか・・・!」
真紅の独り言
「水銀燈、おつかれさま。
貴女が真ならLWだから特に問題はないのよ。
それだけに、偽ならばと思ってしまうのは仕方のないことなのだわ」
南鮮石(人狼)
「人気勝負に持ち込むニダ!」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
真紅は残すニダ!
これですよ。
蒼星石の独り言
「勝利宣言とはおもえないな」
雛苺(tuy)
めぐは共有になったら私共有なので初日占い濃厚です
というべきなのw
DAIGOドールの独り言
「ない夫と蒼さんッスかね。時点で南。」
南鮮石(人狼)
「真紅は残すニダ!」
南鮮石(人狼)
「ロマン主義でいくニダ?」
南鮮石(人狼)
「ああああああああ」
南鮮石(人狼)
「こいつはつらいニダ」
南鮮石(人狼)
「占いのメモが消えてしまったニダ!」
やらない夫の独り言
「明日が来るか楽しみだろ…村人的に考えて…」
雛苺(tuy)
。。。まあ結果的にここで2残りだったら狐に勝たれてたし
アリと思うことにするのw
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
…… 私が共有で、
また初日占いだったのよ……。
南鮮石(人狼)
「こまったニダ!!」
南鮮石(人狼)
「それしかないニダ!」
金糸雀(サム)
初日占いって時点でやや狐有利かしら?
村は厳しいかしら…
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
ごめんなさいねぇ雛苺…
南鮮石(人狼)
「やらない夫噛むニダ」
DAIGOドールの独り言
「てゆーかだんだんDAIGOじゃなくなってウィッシュ!
ただの舎弟だコレ!」
雪華綺晶(角砂糖)
黒薔薇のお姉様、お疲れ様ですわ
雛苺(tuy)
おつかれなの。よくもヒナに●だししてくれたの!w
南鮮石(人狼)
「グレーにいると見せたくないニダ!」
水銀燈(桑畑三郎◆gXiu.itqYk)
さ、最悪だわぁ…
DAIGOドールの独り言
「いやー、どうッスかねー」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
真占いさん、お疲れ様でした。
南鮮石(人狼)
「どうすればいいニダ!」
南鮮石(人狼)
「どこ噛めばいいにだ!」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
いらっしゃい、私の天使……。
雛苺(tuy)
初日占だけど狂人が真占いと同じ動きした結果、全陣営拮抗してるのね
南鮮石(人狼)
「あーつらいニダ」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            水銀燈 は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 1 回目)
蒼星石2 票投票先 1 票 → 翠星石
南鮮石0 票投票先 1 票 → 水銀燈
真紅0 票投票先 1 票 → 蒼星石
水銀燈4 票投票先 1 票 → 蒼星石
翠星石1 票投票先 1 票 → 水銀燈
やらない夫0 票投票先 1 票 → 水銀燈
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 水銀燈
            真紅 は 蒼星石 に処刑投票しました
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
おや、狂吊りですか。まぁ奇数ですし、それもアリでしょうか。
金糸雀(サム)
狐噛み→狐の狩人COもあり得るような気がしてきたかしら
            翠星石 は 水銀燈 に処刑投票しました
            水銀燈 は 蒼星石 に処刑投票しました
雪華綺晶(角砂糖)
どこが勝ってもおかしくない。勝負とはこうあるべきですね・・・。
            DAIGOドール は 水銀燈 に処刑投票しました
            蒼星石 は 翠星石 に処刑投票しました
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
初日じゃなくても、初日を言い張るつもりでしょうね。
狐は吊れてるに賭けた、のだと思います。
            やらない夫 は 水銀燈 に処刑投票しました
雛苺(tuy)
南鮮石がフライングしたのよw
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
DAIGOドール
「まあ真紅さんの残され方が余りにもアレなんで、逆に囲いはいないと見てるッスけどね」
蒼星石
「そーいや真紅も噛まれてないなあ」
やらない夫
「反応的に考えて怪しくなってきただろ…」
雪華綺晶(角砂糖)
今吊られたら完全に真占い・・・。さすがジャンクですわ・・・。
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
水銀燈…… 村の皆、今回はなかなか面白い噛みと吊りをしているわ。
こうあるべきよね。
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
でも、今日は真紅さんが吊られそうですね。水銀燈さんはもう吊らないでしょうか。そうすると、次の日村吊っても狼吊っても狐勝ちですね。
翠星石
「真占いなら吊れとかゆーもんじゃねーですよ
これは偽でいいでしょう」
蒼星石
「狼にとって占いは勝手に吊ってくれればいいだけの話ということになる
つまりまだ狼は残っているぞ・・・・!

・・ここで狂人吊りは危険なのか・・・!?」
真紅
「水銀燈真なら狼1狐1だから問題ないけれど、水銀燈偽なら狼2狐1で明日の朝には狐勝ちがありえるのだけど、それはいいの?
……もちろん、狼か狐を今日つれなければ水銀燈偽でも残したとしても、結果は一緒ということになりそうだけれど」
            南鮮石 は 水銀燈 に処刑投票しました
水銀燈
「めぐ…今そっちに行くわね…」
DAIGOドール
「もう狐に対して村ができることなんてないンスよ。
狼マジパネース。」
翠星石
「蒼星石それはなんかむちゃくちゃですよ」
蒼星石
「PPの可能性あるもんなあ」
やらない夫
「水銀燈、その反応は真占いじゃないと思うしかないだろ…」
雛苺(tuy)
グレーに見事にのこってるね。人外
恨めしいのよ水銀燈・・
真紅
「私が怪しいと見ているのは蒼星石が筆頭、次点が翠星石、DAIGO、南鮮石、最後にやらない夫といった順番。南鮮石以下に狼はいないと考えているけれど、狐が混ざっていないかまでは正直自身がないのだわ……」
DAIGOドール
「狼2残りの可能性ある以上、銀さんは吊りッス。
銀さん真でも最終日にいけるッス。」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
…… 狼は、初日占いを信じて○残しを選んだのね。
勇気があるわ。
南鮮石
「ここで死にたがる占い・・・これは本当に偽がありそうニダ」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
でも、次の日ヒナたんが庇ってくれただけで僕はMA・N・ZO・KUです。
ええ、もちろん。
翠星石
「1−1だった以上占い狼は考えにくいですし狂にきづいてるならそこしかねーですよ」
蒼星石
「あと、昨日なんで共有を噛んだのか、わかったとおもう
僕の推理はこうだ


・・・
きらきーとばらしーの遺言を一緒に並べ立てた買ったにちがいない!」
やらない夫
「何だってーーーーー!?Ω」
南鮮石
「まとめ役がいないと困るニダ
決めうちできないまま銀ちゃん吊りニダ?」
DAIGOドール
「蒼さんの言ってること良くわからねーッスね。
水銀燈
「吊るなら早く吊りなさぁい…
めぐが霊界できっとさみしがってるから…逝ってあげないとね…」
蒼星石
「つまり今日呪殺が出ないことを知っているんだよ、狼は!」
やらない夫
「水銀燈偽なら明日は確実に吊っておきたいだろ…
だが今日吊るには早いと思うだろ。」
真紅
「とはいえ、正直ここでやらない夫を占う水銀燈はあまり信じられないのだけれど。
個人的には蒼星石を占ってほしかったのだわ」
南鮮石
「銃殺がでていたら終わりニダ」
翠星石
「正直真紅あたりがくせーですよ」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
占い真妄信でグレー吊ってけば村勝ちの目はありますね。初日狂人だったんですよ。
DAIGOドール
「つか、狼は狐探しておいたほうが良かったスよ?銀さん狂人で狼2狐残りだったら明日5だったら終了ッスから。」
蒼星石
「ま、狼からしたら占いは勝手に吊ってくれるし呪殺にしてくれたらいいや、というところか。」
南鮮石
「また初日占いということニダ?
いくらなんでもいい加減にしてほしいニダ」
真紅
「さて、占いを噛まずに共有噛み。
水銀燈が真占いで銃殺が出てしまったら終わり……というのを考えない勝負師の狼なのか、それとも水銀燈が偽と把握したので噛む必要が全くなくなったのか。
どちらなのかしらね」
やらない夫
「占い吊りはまだ早いと思うだろ、個人的に考えて」
雛苺(tuy)
ひどい話なのねw>できるお
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
おぉ、まだ真占いですね。パーフェクトです。
翠星石
「また共有噛みですか
これはもう占い偽でいいと思うですぅ」
水銀燈
「ってめぐ!
めぐが…死んで…そんな…何で…」
南鮮石
「ここで占いを噛まないということがわからないニダ」
DAIGOドール
「銀さんさよならッスね。おつかれウィッシュ!」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
お疲れ様、めぐさん。
蒼星石
「おはよー。
共有かまれ・・・
これって逆に呪殺に期待したいけどグレーは噛めないしなあってことなのか?」
雛苺(tuy)
でも現在完全に真占いなのよw
やらない夫
「共有が噛まれただろ、狩人が生きてるなら占いと見て抜きに来たと思うが。」
翠星石
「おはようですぅ」
水銀燈

昨日の雛苺の●を受けて急に私吊りを推してきた蒼星石と雛苺の発言に激しく突っ込んだやらない夫…
どっちを占うか迷ったけどやらない夫を占わせてもらったわぁ…
こういうとき狼は身内を切り捨てるものだと思ったのよぉ…」
南鮮石
「意図してることがよくわからないニダ」
雪華綺晶(角砂糖)
これは狐が有利ですわね・・・。
水銀燈
「占いCO やらない夫○だわぁ…」
DAIGOドール
「チョリーッスwwwwここで共有噛みとかマジ狼鬼畜ッスねwwwww」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
3票貰いのうち、2票はめぐさんと水銀燈さんの大人票です。もう一票は男性。
これだから心の穢れた女性は信用できないのですよ。
雛苺(tuy)
めぐお疲れなのよ
やらない夫
「おはようだろ」
南鮮石
「おはようニダ」
柿崎めぐ(白カブト◆vWbdXpni/g)
…… やっぱり初日占いね。
雪華綺晶(角砂糖)
柿崎様お疲れ様ですわ。
真紅
「おはよう。
噛みが早かったのだわ……?」
雪華綺晶(角砂糖)
共有噛みそう?残念。狼さんが無様に負ける所、見たかったですわ・・・。
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
雛苺 さんの遺言
うにゅ〜がほしかっただけなのよヒナは・・・
柿崎めぐ さんの遺言
ごめんなさい、水銀燈…… 共有の相方は私だったの。
あなたと共有できなくてごめんなさい。
でも…… 心までは渡してないから。アナタは、生きて頂戴。
            柿崎めぐ は無残な姿で発見されました
            (柿崎めぐ は狼の餌食になったようです)
            南鮮石 たち人狼は 柿崎めぐ に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雛苺(tuy)
できるおつりはビックリしたの
できるお嫌われてるのねw雛は信じてたのよ
南鮮石(人狼)
「 」
蒼星石の独り言
「んー、常識的に考えるとやらない夫はどうでもいい
翠星石かチョーセンメイデンだろうなあ」
やらない夫の独り言
「確定○なら真紅を噛んでおきたいはずなんだよな…」
南鮮石(人狼)
「超過なしでいくかにだ」
翠星石の独り言
「4日目 護衛めぐ 噛み
占いはもう銃殺なければ吊るみてーですし確定○の共有を守るですぅ
アリスになるまであと3人ですよ」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
えぇ、例え破綻しても、守り抜くつもりでしたよ?
初日に吊られてしまってはどうしようもないですがw
真紅の独り言
「疑っているのは蒼星石と翠星石。DAIGOは……わからないのだわ……」
柿崎めぐ(共有者)
「…… 私が噛まれる?
どうかしらね。」
南鮮石(人狼)
「奇手でいくニダ」
南鮮石(人狼)
「占われれば詰みだし
占われなくても詰みニダ」
蒼星石の独り言
「一応遺言にも書いておくか
流石にないだろうけどな」
雛苺(tuy)
騙りはこりごりなのよw
でもできるお狩ならでておけばヒナ護衛で安パイだったのねw
やらない夫の独り言
「しかし雛苺には申し訳ないだろ…霊界でできる夫に構ってもらえるからいいか。」
南鮮石(人狼)
「こいつは難しいニダ
南鮮石(人狼)
「とすれば噛み先はさらに共有?」
蒼星石の独り言
「推理とかは翠星石にしてもらえばいいや
僕は色々と考えて回ろう」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
お疲れ様、雛苺さん。
どうして騙りに出てくれなかったんですか?
南鮮石(人狼)
「一部の望みの狂にかけるニダ?」
南鮮石(人狼)
「だがどう見ても真ニダ」
やらない夫の独り言
「水銀燈が真ならほっとけば噛まれるから放置でいいだろ、定石的に考えて。」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
そうですね。翠星石、吊れるでしょうか。
今のところ、どの陣営も五分五分位でしょうか。やや狼不利かな?
狐が一番高そうですね。
南鮮石(人狼)
「ここで銀ちゃん噛みは死亡フラグニダ」
DAIGOドールの独り言
「銀さんマジ銃殺頼むッスよwwwww」
柿崎めぐ(共有者)
「真でももう、銀は噛まれないでしょう。
吊りが一つ無駄になるのだから。
真紅が噛まれない以上、吊るしかないわね。」
雪華綺晶(角砂糖)
桃薔薇のお姉様、お疲れ様ですわ。美味しそうな体ですね。狼で無いのが悔やまれますわ・・・。
南鮮石(人狼)
「さてどうしようニダ」
金糸雀(サム)
雛苺お疲れ様かしらー
今のところどの陣営も五分五分かしら…
蒼星石の独り言
「ばらしーときらきーの遺言がならんでる!
まさかこれしたかったんじゃないだろうな狼!」
南鮮石(人狼)
「 」
南鮮石(人狼)
「 」
雛苺(tuy)
おつかれなのーってホントに狂なのーーー!!!!
南鮮石(人狼)
「 」
柿崎めぐ(共有者)
「水銀燈→真紅まで吊って最終日、よね。
きっとね。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            雛苺 は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 1 回目)
蒼星石0 票投票先 1 票 → 雛苺
南鮮石0 票投票先 1 票 → 雛苺
柿崎めぐ0 票投票先 1 票 → 雛苺
真紅0 票投票先 1 票 → 雛苺
雛苺8 票投票先 1 票 → 水銀燈
水銀燈1 票投票先 1 票 → 雛苺
翠星石0 票投票先 1 票 → 雛苺
やらない夫0 票投票先 1 票 → 雛苺
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 雛苺
            真紅 は 雛苺 に処刑投票しました
金糸雀(サム)
問題は狐かしらー
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
狼目線、真占いになってしまいましたからね。LWになったことを考えると占い噛みに来る可能性は高いと思いますよ。
金糸雀(サム)
これでLW

7 5 3
狼が狂人噛んでくれたらいいのだけれど
            水銀燈 は 雛苺 に処刑投票しました
            蒼星石 は 雛苺 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 雛苺 に処刑投票しました
            翠星石 は 雛苺 に処刑投票しました
            柿崎めぐ は 雛苺 に処刑投票しました
            雛苺 は 水銀燈 に処刑投票しました
            やらない夫 は 雛苺 に処刑投票しました
            南鮮石 は 雛苺 に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
柿崎めぐ
「いえ、●吊りでいいわ。
そこが真か偽かを判断する手段ももう、私たちにはないのだから。」
雛苺
「どうして?>蒼星石」
真紅
「雛苺視点、占いは偽なのだから銃殺が起きないという意見は当然なのだけど……
翠星石
「そういうならいいですぅ
●を吊るですよ>共有」
雛苺
「だって占いは狂なのよ?銃殺は起きないのよ?>やらないお」
蒼星石
「狩人死んでるんだと思うよ」
雪華綺晶(角砂糖)
黒薔薇のお姉様は狂ったジャンク・・・・。お似合いですわ。
やらない夫
「◆雛苺 「DAIGO、狐のことを考えておいてほしいの
銃殺は起きないことがこれで確定なの」

二行目が気になるだろ、個人的に考えて。」
南鮮石
「黒吊らず他のグレー吊りニダ?
霊能がいない時点でそれはないニダ」
真紅
「霊脳不在の占い1からの●は、真狂−真から狼が占いの片方を早々にベーグって、霊脳も噛んだ状況での●ぐらいに考えるべきではないの?
●だから吊る、ではダメ。●が出た、その発言を吟味して、●濃厚で見る、と考えて吊るのならば構わないけれど」
蒼星石
「そこでヒナ目線という言い方をするのは人外だけだよ?」
柿崎めぐ
「7−1−1はないと考えているわ。
できる夫●としても霊能即抜きはしないでしょう。

あと、狩人を探す気がないのよね。どうしたのかしら。」
DAIGOドール
「だから村視点雛さん→銀さんしか手はねースよ。
それでもしも狐残っていたなら狼が狐噛みして偶数にして引分けで上等ッス。」
雛苺
「どうして?>やらないお」
雛苺
「ん?あえてそのことを外してるってことはDAIGOちょっと怪しいの
水銀燈が狂ってて、真紅が怪しくて、DAIGOも怪しいの。ヒナ目線」
水銀燈
「さぁ?私視点では狂人初日としか言えないわねえ…
まあ一応霊能の可能性もあるかしらぁ?」
やらない夫
「その発言だと、狐COとも取れるぞ<雛苺」
蒼星石
「まだ狐が噛まれてGJ反応があった形跡はないし
狼はまだ狐の場所を把握していない

狼は今日と明日の噛みで狐をひっぺがしたいんだとおもうよ」
翠星石
「今日7−1−1でチビ苺が狼だとまずくないですか」
南鮮石
「初日狂人なら安心ニダ
潜伏してるなら別段怖くないニダ」
柿崎めぐ
「できる夫は○だったのでしょう。
ばらしー●?可能性は低いと見るわ。
もっとも、判断出来ないから吊る、というのは悪手なんですけどね。」
DAIGOドール
「狐なんてしらなウィッシュ!
いままで村は多分○吊りしてきたんであとは狼頑張ってくださいよwwwマジキツイッスwww」
やらない夫
「金糸雀と水銀燈が真なら初日狂人だろ、内訳的に考えて。<南鮮石」
真紅
「薔薇水晶はあって狐、狼は薄いと考えるわね」
水銀燈
「(めぐに友達が出来た…と喜ぶべきかしらねえ…いや、でも相手は何考えてるか分からない雪華綺晶だし…ちょっと心配ねぇ…ってそもそも死んでるじゃない…}」
雛苺
「DAIGO、狐のことを考えておいてほしいの
銃殺は起きないことがこれで確定なの」
柿崎めぐ
「えぇ、そうね。今日は●を吊らない理由がないでしょう。
誤爆も、真も。ありえるのだから。
もっとも、ココが偽だと明日4−2−1よね。」
蒼星石
「つまり狐を殺せない!
つまり銀が偽!

ってところかな?」
真紅
「雛苺●。真偽どちらもある●だけれど……さぁどうしましょうか?
霊脳不在なら、あえて「LW確保」として最終日に残すやり方もあるのだけれど……
水銀燈が偽占いで、雛苺が狐だった場合はむしろ逆効果になるのが困りものなのだわ」
南鮮石
「銀ちゃんが真なら狂人はどこニダ?」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
そして今のところ水銀燈さんは真占いですか。
狼が噛んでくると真紅さんが白くなりますね。
翠星石
「そういえば前回もめぐときらきー共有でしたねぇ」
やらない夫
「ちょっと聞いておきたいだろ、万が一のLWの可能性も考えて。」
DAIGOドール
「銀さん真ならそれでLW。
銀さん狂でもギリギリ2吊り残るッス。」
雛苺
「水銀燈、そこそこ信頼していたのに悲しいのよ」
柿崎めぐ
「…… 信じて。ココロは売っていないわ。」
柿崎めぐ
「そう。初日時点では占いの真贋はついていないこと。
霊能抜きに来てる以上できる夫はおそらく○であろうこと。
そして、共有を噛むという行為をしていること どうなるのかしら。」
水銀燈
「あらあら…まさか「共有者」だなんてねえ…
何を共有したのかしらぁ…」
金糸雀(サム)
お疲れ様かしらー>きらきー
蒼星石
「考えてても仕方がないな
今日雛苺つって、そのまま流れで銀を釣ろうよ
そしたらバランスとれるとおもうんだ」
やらない夫
「みんなは薔薇水晶が狼の可能性はどのくらいだと思う?」
翠星石
「占い●出たですか」
DAIGOドール
「えーっと、とりあえず今日は雛苺さん吊りでいいスかね。
明日は7人なんで銃殺出ない限り銀さん吊りでよろしくウィッシュ!」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
おや、水銀燈さんが、ヒナたんをこちらに送ってくれるそうです、これは嬉しいですね!
雛苺
「。。。また初日占いだったのね・・・もういやなの」
雪華綺晶(角砂糖)
薔薇水晶お疲れ様ですわ。
金糸雀(サム)
誤爆きたかしらー!
柿崎めぐ
「…… 心までは、私は譲っていないから。
安心して、水銀燈……。」
真紅
「あら。まぁ、私としては、めぐ以外に共有が潜伏する場所はないとは思っていたから別にそれほど意外でもないのだけれど」
翠星石
「めぐが共有なら狼が占いの偽は把握してない可能性が高いですが」
雛苺
「うゆ?ヒナ?」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
おや、雪華綺晶さんお疲れ様でした。
南鮮石
「ずいぶんのんびりニダ
でも黒がでたなら吊りニダ」
水銀燈
「発言数はそこそこだけど状況把握と他人の発言に対するレスポンスだけ…
何を考えてるのか分からないから占ったわぁ…
竹下元首相のことやもう死んだロリコン変態のことなんてどうでもいいのよ」
やらない夫
「今日の占いの結果を待つか…」
雛苺
「めぐと雪華綺晶が共有だったの・・・
めぐ水晶の中に閉じ込められてたのね・・・」
雪華綺晶(角砂糖)
お疲れ様ですわ・・・。中2RPが乗って来たところだから残念ですわ・・・。
蒼星石
「ま 


!」
水銀燈
「占いCO 雛苺●だわぁ…」
柿崎めぐ
「私は、水銀燈を信じるしかないわ。
でも…… 呪殺は出ていないのね。
囲いは真紅しか私視点、いないのね。」
DAIGOドール
「チョリーッスwwwwwwマジめぐさん共有とかパネーッスwwwwwwマジリスペクトッスよwwww」
やらない夫
「おはようだろ」
蒼星石
「よしよし、まだいきてるね。
ねーさん、きらきーのローザミスティカ回収してきてよ
僕面倒だし」
南鮮石
「おはようニダ
そういうことニダ」
翠星石
「今度は共有ですか」
真紅
「おはよう。
さて、そろそろ偽でも真でも●が出てもおかしくないのだけれど」
柿崎めぐ
「…… そう。
私が、共有者だったのよ。」
雛苺
「おはようなの〜」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
薔薇水晶 さんの遺言
私は…ローゼンメイデン第七ドール薔薇水晶……。
ねえ、そうでしょう?お父様…
雪華綺晶 さんの遺言
ふふふ・・・・黒薔薇のお姉様、残念。相方は柿崎様ですわ。
ミーディアム頂きました・・・・・。
            雪華綺晶 は無残な姿で発見されました
            (雪華綺晶 は狼の餌食になったようです)
            雛苺 たち人狼は 雪華綺晶 に狙いをつけました
薔薇水晶(orz◆10.9/2taLY)
少しばかり席を外します…
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
ただ、ただ一つ心残りがあるとすれば・・・・
雛苺さんが騙りに出てきてくれなかったこと・・・。
もし出ていれば例え破綻してもガチ守りだったのに!!!!
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雛苺(人狼)
「明日ダイゴ占ってくれればいいのだけど」
真紅の独り言
「○ももらったのだもの、狼は私を噛めばよいのだわ。」
柿崎めぐ(共有者)
「…… あのとき、私も共有者だったのよ?
1001村なら……<リプレイ」
南鮮石(人狼)
「占いから動かすとは思えないニダ」
雪華綺晶(共有者)
「決め打ちは嫌い・・・・。可能性とは、無いと思ったところに現れるものですわ。」
雛苺(人狼)
「共有ね。わかったの!じゃあ雪華綺晶130にいくの!」
やらない夫の独り言
「それにしてもDAIGOが票を貰わないのが気になるだろ…偽者的に考えて…」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
まぁ、あまり勝ち負けを追っても仕方ないですよ。
雪華綺晶さんが噛まれれば、めぐさんは水銀燈妄信。
それで良いのだと思います。僕は後悔なんてしていませんよ。
柿崎めぐ(共有者)
「現時点囲い疑いは真紅しかいないのね……
これは難しいわ…… 私は水銀燈以外、
全員信じられないのよ……。」
翠星石の独り言
「吠えが偽装臭いですねぇ」
真紅の独り言
「さて、状況的には充分村の信頼は得られている……と思うのだけど。
なら、噛みに来る可能性は高いはず……」
南鮮石(人狼)
「共有を噛むニダ」
DAIGOドールの独り言
「うはwwwマジ狼吊れてる気死ねーッスよwww」
雪華綺晶(共有者)
「この展開はちょうどリプレイの村を思い出す・・・・。あの時も私が共有者で、ミスリーダーでしたわ・・・・。」
雛苺(人狼)
「うーん、流石に占い噛みはちょっと怖いの・・・
攻めて明日がいいの」
やらない夫の独り言
「金糸雀を噛んだという事は…

狼はカナリアンじゃなかったんだろ!!キバヤシ理論的に考えて!!」
柿崎めぐ(共有者)
「真紅が噛まれないようなら。
もしくは、グレーを噛むようなら。
偽決め打ちでいいかもしれないのね。」
雪華綺晶(共有者)
「ステルス吊りは賛成ですわ。多弁な方でないと、口車に乗せられない・・・。」
雛苺(人狼)
「わからないね。明日で判断つけるしかないの
狂っぽさ演出なら共有
狩人さがしなら○噛みかなってとこね?
南鮮石はどっちがいいと思う?」
南鮮石(人狼)
「4人のうち候補はできる夫とばらしーだけニダ」
蒼星石の独り言
「僕に入れてる人は代わらずか
この人らは村だと信じてもよさそうかな」
翠星石の独り言
「3日目 護衛水銀燈 噛み
霊能が噛まれたですぅ
もうこうなったら占いをがん守りするしかないですぅ
やらない夫の独り言

            / ̄ ̄\
          /    _ノ' ,,\
         |     ( -‐)(‐) 風の翼で追いかけて行きたい♪
.          |    ::~(__人__)飛べないなんて思いたくない♪
          |     'ヽ ヾリ
        |      ゙ー'ノ
         ヽ       ソ}
           ヽ      ノ     ●ォ、_
          /⌒Y◆・◆、        ”¶ト.
         /  y   |。=, \.      ||
         ノ  ,/___,ン)_|,、 ソ'〜,‐っっ||
        (_"___リ_ソ `ー─iソ´~ ||」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
お疲れ様。薔薇水晶は喋りにくいですね。雪華綺晶以上に難しそうです。
柿崎めぐ(共有者)
「…… 私はRP的には水銀燈を信じるしかないのよ。


でもね、あなたは水銀燈偽で考えてちょうだいね。
真占いなら、発言3は するべきではないわ。」
翠星石の独り言
「水銀燈真なら銃殺されそうですぅ」
南鮮石(人狼)
「あからさまにグレーにいると言ってるようなものニダ」
真紅の独り言
「あら、薔薇水晶が吊られるの?
共有が投票してるのなら、安心だけれど。おつかれさまなのだわ」
蒼星石の独り言
「ま、疑われてる状況のほうが楽でいいやね」
金糸雀(サム)
お疲れ様かしら
これは厳しくなってきたかしら
南鮮石(人狼)
「ここで噛めるとは思えないニダ
吊り回数変わらずと見ていくニダ?」
雪華綺晶(共有者)
「共有相方の事は言わないで欲しいですわ・・・・。こまけぇことはいいのですよ・・・。」
雛苺(人狼)
「明日ヒナかダイゴ占いっぽいの・・・」
蒼星石の独り言
「しかし今日も2票もらいかー」
翠星石の独り言
「結構票貰いでまずいかしら」
南鮮石(人狼)
「真ニダ?」
蒼星石の独り言
「地味だなー展開が
もうちょっと派手に動いてほしいんだけど、どうなんだろう?」
薔薇水晶(orz◆10.9/2taLY)
お疲れ様…やはり寡黙は難しい…
柿崎めぐ(共有者)
「ごめんね、きらきー……。
ばらしーを吊るのはココが限界点。」
雛苺(人狼)
「うゆ〜真狂判断つかないの・・・真ぽい気もしてきたの・・・」
南鮮石(人狼)
「何か生き残るニダ」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            薔薇水晶 は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
蒼星石2 票投票先 1 票 → 翠星石
南鮮石2 票投票先 1 票 → 蒼星石
柿崎めぐ0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
真紅0 票投票先 1 票 → 蒼星石
雛苺0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
水銀燈0 票投票先 1 票 → 翠星石
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
やらない夫1 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
雪華綺晶0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
薔薇水晶4 票投票先 1 票 → やらない夫
DAIGOドール0 票投票先 1 票 → 南鮮石
            真紅 は 蒼星石 に処刑投票しました
金糸雀(サム)
つまりういうことかしら
その2票はRP的に目立っちゃったからいれられたかしら
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            雪華綺晶 は 薔薇水晶 に処刑投票しました
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
目立つというか、3票貰いのうち2票はめぐと水銀燈のRP票ですから。
            雛苺 は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            やらない夫 は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            柿崎めぐ は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            水銀燈 は 翠星石 に処刑投票しました
            DAIGOドール は 南鮮石 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は やらない夫 に処刑投票しました
            蒼星石 は 翠星石 に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
真紅
「とりあえず、雪華綺晶が投票した翠星石が共有相方ではないと思っているけど、それは問題ないわね」
蒼星石
「ここでめぐつりはちょっと愚作だね
てーことは、やっぱり死んでほしい人を釣るべきか

姉の偽者とか」
柿崎めぐ
「別に。私には、私の天使が生きていればいいのよ。
私が死んでもね。」
            南鮮石 は 蒼星石 に処刑投票しました
DAIGOドール
「まあどこまで当てになるかわかったもんじゃねーッスけどね。
結局のところ銃殺なり●なり出してくれないと銀さん盲信は出来ねースから」
翠星石
「○進行な以上グレランしかねーですよね」
金糸雀(サム)
初日に目立つ人は吊られやすいかしら
雛苺
「DAIGOは権力があるからなかなかしなないとおもうの
へたに吊ろうとしたらおじいちゃんがこわいの>真紅」
雪華綺晶
「潜伏占い・・・・狂人に潜ってるなら出ろという合図?いえいえ。言いがかりですわ・・・。>蒼薔薇のお姉様」
やらない夫
「共有が吊られない事を祈るだろ…グレラン的に考えて」
南鮮石
「何か狙いがあってそうしてるニダ
私にもくれるニダ」
蒼星石
「なんでそう毎回毎回、中2病なんだよ」
翠星石
「めぐはチビ苺を吊らせたいのですか」
柿崎めぐ
「とりあえず、狩人の思考の方向性と
そして占い狂の可能性を呼んでの布石と踏んでの霊能襲撃。
私はそう考えるわ 私の天使は、憎い狐を呪い殺してちょうだいね。」
真紅
「ちょっと雛苺。
それを言うのであれば、先にDAIGOに触れないのは卑怯ではないの?」
雛苺
「ヒナはできるおのことも好きなのよ?
うにゅ〜くれる人なのよ」
雪華綺晶
「今日も【黒に最も近きモノ,グレーランダム】ですわ・・・。」
翠星石
「確かに真紅の言うことは1り有るですねぇ」
やらない夫
「できる夫が狼なら雛苺は噛まないだろ…」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
まぁ、これがRP村の面白い所ですね。
DAIGOドール
「とりあえず銀さんはマジ銃殺リスペクトッスよ」
蒼星石
「それだ!<まだ囲われてない
真紅のそっくりさんの癖に頼りになるねDAIGO」
真紅
「こんなものは考えというほどのものでもないのだわ……
言わば、パターンから導き出されるだけの答え。
言い換えれば自分の意見、推理が入っていないということ。むしろそれが怪しいと言われてしまうのなら、それまでなのだけれど」
柿崎めぐ
「そして、こうも言える。できる夫を吊ってる以上、
ヒナが狼かもしれなくなった……と。
カナリアを噛んでいるものね。」
蒼星石
「これで潜伏占いとかいたらちょっと驚きだけどね、
まあないんじゃないかなあ?」
雛苺
「確かに真紅と水銀燈がいきてるのは不自然なのよ〜w」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
運というかですね、どうも敵を作りすぎてしまったようです、RP的に。
めぐさん、昨日の霊話で「絶対村だと思ったわ、でも引っ込みが付かなくなってしまったのよ、名前吊りとはそういうものだわ」と仰っていましたし。
南鮮石
「グレーに狼がいると考えるのが自然そうニダ」
DAIGOドール
「めぐさんで囲えていたなら狼的にグレーなり共有なり噛む余裕あったはずッス。役職を減らしておきたかった、ってことはまだ囲われてないってことじゃないッスかね。」
雪華綺晶
「できる夫狼を見せたくないとしたら・・・?まだ、分かりませんがね。」
柿崎めぐ
「というより、できる夫は村だったと思ってるわ。吊ってしまった後で文句は言えないけれど…… 狼はカナよりもヒナを送ってあげるべきだったかもしれないわね。」
南鮮石
「占い真確定してしまえばこちらのものニダ
銃殺期待するニダ」
蒼星石
「いい推理だね、真紅

しかし僕はこう思うんだよ、そこまで考えが回って発表できるのは狼だけなんじゃないかって

つまり真紅狼を疑ってるんだよ、僕はね」
やらない夫
「とりあえず今後の噛みと占い先を見て判断するしかないだろ。」
雛苺
「そして真紅も○なのね。それならまたグレランしかないの・・・
ヒナ皆で仲良くしたいのになんでこんなことになっちゃうの・・・?」
翠星石
「占いはがんばって銃殺だすですよ」
真紅
「……これまでが正常でなかった、そういうことなのだわ!」
雪華綺晶
「運命に打ち勝ったお姉様。新しい呪いの始まりかしらね?ふふふ・・・・。」
翠星石
「まーまだ占いの真贋きめつけるのは早いですよね
偽に見せかけるためかも知れねーですし」
薔薇水晶
「今日も粛々とグレランですね」
金糸雀(サム)
初日に吊られるのは運が無かったかしら…
DAIGOドール
「とりあえず、ここで霊能噛むって事は俺的にめぐさん白くなってきたッスwwwwwマジてきとうッスwwwww」
真紅
「なお、できる夫が狼なら、ここは霊脳を噛まずにLWを見せた方が狼としてはまだ戦えるところよ。LWつり狐勝ち防止に仕事完了の金糸雀を吊るという展開もあったのだもの。つまり、できる夫は狼ではないわ」
柿崎めぐ
「私視点では、抜けると踏んだとしか言えないわ。翠星石……
噛みが不自然になるとしたら、今日か明日よ。」
蒼星石
「ベグろうにもベグれないだろうからなあ
霊能噛むのは、今後の布石と《狩人》の〈生存〉 を確かめるいい試金石だったわけだ」
やらない夫
「占いはまだ偽と思うには早すぎるから今日もグレランしかないな。」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
残念です・・・僕が生きていれば、貴女を護衛するつもりでした。
南鮮石
「14人なら狙ってきそうニダ
GJあっても吊り回数の変動がないニダ」
DAIGOドール
「GJもありえた位置。狙うのはリスク高いッスよ。どうせリスク犯すなら占い噛みそうなもんスけど。」
水銀燈
「あらあら…金糸雀が壊れちゃったのねぇ…」
薔薇水晶
「占い偽に見せかけた可能性もありえます
まだまだ断定はできません」
柿崎めぐ
「私は私の天使を疑わないけれど……
真贋がつくなら、そろそろかしら。
つかないにしても限界点は近い。 抜かれない占いを
私は…… 信じるしかないのよ。」
蒼星石
「あ、そうだ。

【GM発言】
真紅3日目生存おめでとうございます
雛苺
「うーん、これで銃殺でしか水銀燈が本物か判断できなくなったのね・・・」
やらない夫
「1-1なら占いを優先するんじゃないか、狩人の思考的には…」
真紅
「水銀燈狂人なら、昨日の投票状況から吊られそうにない私に●を出してくる可能性も十分あると思ったのだけれど……さすがにそこまでわかりやすい話にはならないようね」
金糸雀(サム)
お疲れ様かしらー
雪華綺晶
「霊脳噛まれ・・・。できる夫様狼もありそう?いえいえまだ分かりません。」
翠星石
「霊能を噛んだということは狩人探す気ねーですかねぇ
だとすると占いは偽ですか」
DAIGOドール
「なんスかね、これ。微妙ッスよ」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
いらっしゃい、金糸雀さん。
雛苺
「金糸雀がいきなり死んでるの・・・ヒナショックなの」
柿崎めぐ
「1−1なら占い護衛と踏んで、抜ける役職をぬいた……
こうでしょうね。 占い真のときはどうするつもりかしら。」
蒼星石
「・・・これはもしかして、護衛がいない?」
南鮮石
「霊能抜かれてしまったニダ」
やらない夫
「いきなり霊能噛み困るはだろ、村的に考えて。」
金糸雀(サム)
また初日占いかしらー!そして狩人吊れてるかしらー!
雪華綺晶
「だぁれが殺した駒鳥さん?殺したのは村人も同じ?できる夫様、運命の歯車によってはミーディアムになる可能性があっただけに・・・・残念ですわ・・・。」
DAIGOドール
「チョリーッスwwwwwww」
水銀燈
「正直発言はできる夫を除いてほぼ横一線…話すべき事も余りなかったから仕方がないわねぇ…
仕方がないからドドメ色を占いよ。忌々しいことに○だったわ…
薔薇水晶
「ここで霊能が噛まれましたか…」
蒼星石
「おはようー」
雛苺
「おはようなの〜」
柿崎めぐ
「…… 霊能即噛み? コレは以外ね……
○だったのでしょうけど。」
翠星石
「いきなり霊能狙うですか」
薔薇水晶
「おはようございます」
水銀燈
「占いCO 真紅○よぉ」
南鮮石
「おはようニダ」
真紅
「おはよう。
できる夫のDAIGO投票が、吊られやすいところへの投票……という意味で人外だったのなら、わかりやすいのだけれど。
さすがにそれは甘い考えというものかしらね?」
やらない夫
「おはようだろ」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫 さんの遺言
ひ、雛たん・・・・
金糸雀 さんの遺言
霊能CO できる夫●○かしらー!
            金糸雀 は無残な姿で発見されました
            (金糸雀 は狼の餌食になったようです)
            雛苺 たち人狼は 金糸雀 に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫の独り言
「できる夫、申し訳ないがあの世で見守ってほしいだろ。」
柿崎めぐ(共有者)
「…… 喋るのが難しいのかしらね。<ばらしー」
雛苺(人狼)
「しかしできるお死ぬの早いのよ・・・
できるおのぼりしてないのに残念なの」
金糸雀の独り言
「1−1なら、役職即噛みは十分ありえるかしら…」
柿崎めぐ(共有者)
「…… 村人だと思ったわよ。私もね。
でも、引っ込みがつかなかったの…… 名前吊りは、
そういうものなのよ。きらきー……。」
雛苺(人狼)
「占い狂だといいね〜」
雪華綺晶(共有者)
「もう一人の私・・・・ステルス気味?」
柿崎めぐ(共有者)
「うふふ…… とりあえず、三日目が●の限界点かしらね。
真だと思いたいのだけど。 ココ数回初日占いばかりだから……」
真紅の独り言
「できる夫、おつかれさまなのだわ。
……DAIGO投票は、人外っぽいと思いたくなるのだわ……」
雛苺(人狼)
「OKなのよ!じゃあ130で金糸雀を食べちゃうの!!!」
翠星石の独り言
「2日目 護衛水銀燈 噛み
今日は占いの水銀燈を護衛ですぅ
できることなら消えてほしいですがそうもいかんですよねぇ」
雪華綺晶(共有者)
「できる夫は・・・・村人に見えましたわ。何より、ミーディアムの可能性があったから勿体無い・・・・。」
やらない夫の独り言
「しかし早くから来て待ってるから、吊るのも微妙だったんだよ…」
雛苺(人狼)
「よね!占いも怪しまれてるし、噛みうまくして疑ってもらえれば
らっきーなの」
柿崎めぐ(共有者)
「…… そうかしら。
まぁ、その可能性もゼロではないわね。
もっともその場合狼が損をするのだけど…… くすくす。」
水銀燈の独り言
「やはり○を出し続ける事にしようかしらぁ…」
薔薇水晶の独り言
「正直これ薔薇水晶じゃないと思う…」
南鮮石(人狼)
「なら霊能噛むニダ」
雪華綺晶(共有者)
「囲い疑いでグレー噛みもあり得る・・・・。」
水銀燈の独り言
「さて、そんなことはどうでもいいとしてぇ…今日はどうしようかしらねぇ…」
雛苺(人狼)
「そうね〜霊能がヒナもいいとおもうの
狩人が守ってそうでこわいけど、吊り数増えないしいいかなともおもうの」
南鮮石(人狼)
「霊能結果がわからない黒だしは怖いニダ」
蒼星石の独り言
「ここは双子の妹としても偽者をやっつけることから始めないといけないよね」
できる夫(阿部◆eotokokLW2)
雛苺さん・・・守ってあげることができなくなってしまいました・・・
南鮮石(人狼)
「真-真とみた場合占い護衛を優先すると思うニダ」
水銀燈の独り言
「あらあら…ヘンタイムッツリロリコンが天に召されていったわぁ…」
DAIGOドールの独り言
「できる夫さんお疲れウィッシュ!」
柿崎めぐ(共有者)
「少しだけココロが痛むわね。
今日は私が噛まれるでしょう…… 明日からはアナタに託すわ。
霊能を疑う必要はないわね。」
やらない夫の独り言
「ロリコンは吊っておくべきだろ、やる夫村的に考えて。」
雛苺(人狼)
「あーひな明日占われかねないの・・・」
南鮮石(人狼)
「霊能チャレンジするニダ?」
薔薇水晶の独り言
「寡黙吊りされると思ったのですがまだ生きています…」
蒼星石の独り言
「うわ、いきなり釣られかかったな、気をつけないと」
南鮮石(人狼)
「あぶなかったニダ」
柿崎めぐ(共有者)
「本当に変態から吊ってしまったわ……。」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            できる夫 は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
蒼星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
できる夫3 票投票先 1 票 → DAIGOドール
南鮮石2 票投票先 1 票 → 蒼星石
柿崎めぐ0 票投票先 1 票 → できる夫
真紅0 票投票先 1 票 → 蒼星石
金糸雀1 票投票先 1 票 → 翠星石
雛苺0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
水銀燈0 票投票先 1 票 → できる夫
翠星石2 票投票先 1 票 → 南鮮石
やらない夫1 票投票先 1 票 → できる夫
雪華綺晶0 票投票先 1 票 → 翠星石
薔薇水晶1 票投票先 1 票 → 金糸雀
DAIGOドール1 票投票先 1 票 → やらない夫
            翠星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            真紅 は 蒼星石 に処刑投票しました
            雛苺 は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は 金糸雀 に処刑投票しました
            できる夫 は DAIGOドール に処刑投票しました
            雪華綺晶 は 翠星石 に処刑投票しました
            蒼星石 は 南鮮石 に処刑投票しました
            柿崎めぐ は できる夫 に処刑投票しました
            DAIGOドール は やらない夫 に処刑投票しました
            水銀燈 は できる夫 に処刑投票しました
            やらない夫 は できる夫 に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            金糸雀 は 翠星石 に処刑投票しました
蒼星石
「さてもさてもどうなりますやら。
それじゃ僕寝てるから、明日になったら起こしてね ねーさん」
翠星石
「それはそうと水銀燈が真紅を占ってないのはきになるですぅ」
できる夫
「変態などと、言いがかりはよしていただきたいですね。
これだから子供以外は信用できないのです。
すぐに人を偏見の目で見る。」
真紅
「偽でも狂人濃厚な占いなど放置しておけばいいのだわ。
占いの真偽も、周りの皆が村人なのかそうでないのかも、自分の目で判断すれば良いこと。そうでしょう?」
雛苺
「水銀燈いってたのヒナきいたのよ〜
おっかない水銀燈のくせにかわいかったのよ〜」
蒼星石
「暇なときなんて本当に初日くらいのもんだよ?」
やらない夫
「さて頑張って狼を吊り上げるだろ、人狼的に考えて。」
柿崎めぐ
「水銀燈…… 嬉しいわ。
やっぱりあなたは、私の天使……
だから、私の命を使って。吸って、生きて……。」
雪華綺晶
「占い吊り・・・蒼薔薇は不可能の象徴。お姉様はお戯れがお好きのようで・・・。」
DAIGOドール
「乗っ取り成功の打ち間違いッスwww」
金糸雀
「役職吊りはいくらなんでも速すぎるかしらー!」
雛苺
「皆で仲良くしたいからけんかはやめてほしいの〜
できるお、うにゅーを沢山用意してほしいの。
皆で食べればきっと仲良くなれるのよ?」
南鮮石
「昼の時間が長いからいろいろと考えてしゃべろうと思っても
ネタがないニダ・・・」
翠星石
「霊能は真潜伏もないとは言えないですが吊られないようにするですよ」
蒼星石
「まあいつものことだよね。
ところでねーさん、しばらくみない間にへちゃむくれになったね

南鮮石」
柿崎めぐ
「まぁ、ここで吊られてしまう共有は要らないわ……。
きらきーもそう思っているでしょうね。苗床がすぐに
なくなってしまっては、困るでしょう。」
DAIGOドール
「そりゃグレラン以外の選択肢はねーッスよ
問題は乗っ取り生存の狂人であれば○しか出さないであろうことっスね
まあささと銃殺欲しウィッシュ!」
水銀燈
「なっ!めぐめぐなんて言ってないわぁ!」
真紅
「雪華綺晶まで厨ニ病患者だったの?
薔薇水晶だけだと思っていたのだけれど……」
やらない夫
「いきなり占い吊りは早過ぎないか?<蒼星石」
薔薇水晶
「ふふふ、これがアリスゲーム…」
            南鮮石 は 蒼星石 に処刑投票しました
金糸雀
「なーんでもう喧嘩が始まってるかしらー…」
蒼星石
「まあ、初日がなにかもっていったとしても、そこまで今はまだ大きいダメージじゃない
明日からが本当の勝負どころさ

ま、パターンだけならここで占い釣ってもいいくらいだけど
狼もそれはとめるだろうな」
南鮮石
「潜伏してるなら吊られないでほしいニダ」
やらない夫
「初日の役職率は異常だから困るだろ…」
雛苺
「できるお?めぐはいい人なのよ?
水銀燈がめぐぅめぐぅいってるのヒナ聞いたことあるの!
おっかない水銀燈がそんなのになってるのなんてきっとめぐはいいひとなのよ」
翠星石
「占いが1人しかいねーならフルオープンの方がよくねーですか」
水銀燈
「あらあら…ロリコン犯罪者に疑われるなんてめぐも災難ねえ…」
柿崎めぐ
「うふふ…… そう。ありがとう。
ならば私は遠慮なくあなたを疑わせて…… いえ、吊らせてもらうわ。

変態なんて滅びてしまえばいい。」
真紅
「あら、仮に狂−真の初日囲いでもグレーに狼と狐が1匹ずついるのだわ。
ならばグレランで充分ではないの?」
南鮮石
「ちょっとわからないニダ・・・
グレランしかないニダ」
雪華綺晶
「中2病は誉め言葉とお父様が・・・・・・。」
柿崎めぐ
「うふふ…… どうやらもう一人の共有さんは疑り深いのかしらね。
偽の可能性を見て、潜っているのかしら。」
やらない夫
「真か狂はまだ考えなくていいと思うが…」
DAIGOドール
「相方生存とかマジガッカリなんスけどwwwww
身代わりさんマジリスペクトッス」
できる夫
「めぐさん。はっきり言いましょう。僕は開幕前からあなた方を疑っています。だからです。」
金糸雀
「1−1なら共有トラップは十分プレッシャーになるかしら
すぐに●が出せたら真占いだと思うかしらー」
雪華綺晶
「相方は任せる・・・・。噛まれても狩人生存の証拠になりますし、どちらでも」
蒼星石
「そんなところまで中2病じゃなくても・・・」
翠星石
「きらきーが出てきてこれで1−1−1ですか
占いは真狂っぽいですねぇ」
雛苺
「雪華綺晶が共有なのね!食べられる心配がなくなって一安心なの!」
柿崎めぐ
「…… あなたが共有だなんて。
相方にはご愁傷様、と言っておきましょう。>きらきー」
雪華綺晶
「灰乱れ(グレーランダム)ですわ・・・・。」
DAIGOドール
「これ狂ー真初日囲いとかだったらどうしよーもねーッスよwwww
さっさと共有さんでて安心させてほしウィッシュ!」
できる夫
「雪華綺晶さんが共有ですね。
占い1でグレランならフルオープンのほうがよろしいかと思いますが。」
南鮮石
「1-1-2ニダ
初日共有じゃないなら真-真とはまだ見れないニダ」
やらない夫
「とりあえず○貰い以外の共有は出てほしいだろ、グレラン的に考えて。」
真紅
「1-1ならば水銀燈は放っておいてグレランでいいわね。
銃殺が出れば信じてあげればいいのだわ」
蒼星石
「こういうときは初日占いを警戒しておくほうが怪我が広がらないですむよね。
ま、真でも狐占うまでは生き残るでしょ」
柿崎めぐ
「できる夫……どうして水銀燈を疑うの?
彼女はあんなにもステキな、私の天使さんなのよ。」
薔薇水晶
「共有把握…」
水銀燈
「あらあら…
これは初日役職を疑われても仕方がないわねぇ…」
翠星石
「今のところ1−1−0ですか
共有もさっさと出るですぅ」
雛苺
「また初日が何かもっていったくさいの〜
もう!JUMは初日君を見習うべきなの!」
雪華綺晶
「1−1ですわね。共有CO致しますわ。相方様は生きて私の苗床に・・・・。」
金糸雀
「狼2なので普通は全潜伏かしら…
1−1ってことは潜伏狂人や潜伏占いでもない限り初日が…かしらー」
南鮮石
「何かもってかれてるニダ
初日が自重しないニダ」
薔薇水晶
「これはグレランしかありません。
共有さんどうぞ…。」
やらない夫
「とりあえず初日が何かを持っていったかを気にするのはもう少し後でいいだろ」
できる夫
「そして、霊能はともかく、占いはだいぶ様子見した感じがありますね。
欠けたとしたら占いが欠けたと見るほうが妥当でしょう。」
柿崎めぐ
「……占いも霊能も1.
狼は全潜伏でしょうね。占いか狂のどちらかが欠けているなら……
狂人に決まってるわ。 だって私の天使なんだもの。」
南鮮石
「真-真なら楽ニダ」
水銀燈
「めぐは発言するのも辛いくらいだからステで吊られてしまうかもしれないと思ったから占ったわぁ…
結果は村人。当然ねぇ…
DAIGOドール
「うはwww1−1とかマジパネーッスwwww」
真紅
「占いは1人……あら、水銀燈なの。
ま……別にいいのだけれど」
翠星石
「占いは1ですか
こりゃ初日がなにかもっていったくせーですよ」
蒼星石
「初日に○って要するにさっさと食われろってことなんじゃあ・・・」
できる夫
「1-1ですって?これはまた、流石鯖の呪いですか?」
水銀燈
「あら、二重投稿してしまったみたいねぇ。ごめんなさい。」
南鮮石
「占いが二回同じ結果をだしてるニダ」
やらない夫
「1-1か?」
雛苺
「あれぇ?1−1なの?すくないの〜
うにゅ〜もたりないの!」
雪華綺晶
「占いは1?また役欠け・・・・かも」
薔薇水晶
「占い1…霊能1…
役欠けでしょうか…?」
柿崎めぐ
「水銀燈…… やっぱりあなたは、私の天使ね!」
DAIGOドール
「チョリーッスwwww
俺マジお父様リスペクトしてるんで、
ガチでこのゲーム勝ちにいくんで、マジで。」
水銀燈
「占いCO 柿崎めぐ○よぉ!」
できる夫
「占いが出ないですね、どうしたのですか?」
真紅
「許されるとすれば、○を貰った共有が潜伏する程度ね。
偽占いの誤爆期待などより、真占いに無駄占いをさせないこと、村が発言チェックすべき対象を減らすことを優先すべきでしょう?」
南鮮石
「おはようニダ」
金糸雀
「霊能COするかしら!
狼2なので対抗出たら遠慮せずローラーするかしらー!」
雛苺
「おはようなの」
水銀燈
「占いCO 柿崎めぐ○よぉ!」
雪華綺晶
「おはようございますわ。
だぁれが殺した駒鳥さん。それは私と雀が言った。雀さんは愚かで美しい。狼さま、早くCOなされては・・・・。そうしたら、私が食べて差し上げます・・・・。」
柿崎めぐ
「おはよう……水銀燈。あなたと一緒なら、
朝も怖くないわ。」
蒼星石
「おはよう。
ねむい。
ねーさんあとはお任せで」
薔薇水晶
「おはようございます…」
やらない夫
「おはようだろ」
真紅
「おはよう。
……とっとと占いも霊脳も共有も出るのだわ。
14人村など村側はフルオープンが結局一番安定なのだから」
翠星石
「おはようですぅ」
できる夫
「おはようございます、皆さん。」
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
            身代わり君 は無残な姿で発見されました
            (身代わり君 は狼の餌食になったようです)
            雛苺 たち人狼は 身代わり君 に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠星石の独り言
「翠星石の狩人日記

1日目 護衛なし 噛み初日
今日はお花に水をやっておくですぅ」
蒼星石の独り言
「あ、時間だけは調節しておかないと」
雪華綺晶(共有者)
「了解ですわ・・・。」
雛苺(人狼)
「ヒナは初日●出し時のみ占いにでるのね
それ以外は潜伏するよ!でもどうせ真紅水銀燈占いだから
きっと心肺無用なの」
柿崎めぐ(共有者)
「えぇ。○貰いなら私が出るわ。
両方グレーならアナタから、でお願いするわね。」
水銀燈の独り言
「占いCO 柿崎めぐ○よ」
南鮮石(人狼)
「そうすれば自然とかわいいが正義になるニダ」
柿崎めぐ(共有者)
「…… 私は潜伏するから。
あなたが共有COした方が良さそうね。
吊られてしまうかもしれない。YJのアナタは、
今すごいことをしているから……。」
南鮮石(人狼)
「ふふふ
人気者は殺すニダ」
雪華綺晶(共有者)
「○貰いなら潜りますわ。吊られそうなのでグレーなら私が出ても?」
できる夫の独り言
「こうなったら、雛たんが役職であることを祈るしかありません・・。」
雛苺(人狼)
「笑ったのよw
そうね!これからはヒナと南鮮石でかわいいのが主役になるの!」
柿崎めぐ(共有者)
「…… あなたが狼だと思っていたわ。前日には……。
水銀燈が私の天使ならいいのだけど……。」
雪華綺晶(共有者)
「つんでれ・・・・・マジ最高ですわ・・・。」
南鮮石(人狼)
「いきなり見つかったら何もせず死ぬニダ」
翠星石の独り言
「蒼星石が占いなら初日銃殺もあるですぅ」
できる夫の独り言
「できる夫の狩人日記です。

初日
護衛:無し 犠牲者:身代わり君
ひ、雛たんのところに狼が来てるかもしれないっていうのに・・・
なぜ僕は今日護衛できないんですか!!どうして。どうして!!!!
あぁ、せめて、せめて今日だけは無事で居てください。」
南鮮石(人狼)
「とまあ、普通に様子みつつ戦うニダ」
雪華綺晶(共有者)
「前回・・・・・よく覚えていない・・・・私は・・・。」
柿崎めぐ(共有者)
「あぁ、3回連続…… ね。
大人しく片方潜りましょうか。 14人なら狂人任せでしょうし。」
南鮮石(人狼)
「カナリアンが生き残る村はいやニダ」
真紅の独り言
「たまには私を占いや狩人にして、大活躍させてくれてもいいのではないの?
まったく、腹立たしい限りなのだわ……」
雛苺(人狼)
「了解したのよ〜基本130にかむの」
雪華綺晶(共有者)
「私はミーディアムの方がだぁいすきなのですわ・・・。狼なら真っ先に食べたいくらい」
雛苺(人狼)
「カナリア嫌いなの〜?
空気だけどいいこなのよ?」
南鮮石(人狼)
「噛み役をお願いするニダ」
柿崎めぐ(共有者)
「…… 私の天使さんは、水銀燈一人だけよ。
あなたとは水銀燈のために、一緒になっただけ。
勘違いしないで。」
南鮮石(人狼)
「潜伏するニダ」
金糸雀の独り言
「狼2なら霊能はローラーされないかしらー♪
やったぜみっちゃん!かしらー!」
南鮮石(人狼)
「あれを生かしておけば負けるニダ」
雛苺(人狼)
「めんどくさいの〜
潜伏しかないよね?」
水銀燈の独り言
「ここはスタンダードに占いを騙ることにしましょうかしらねぇ…」
南鮮石(人狼)
「金糸雀を噛むニダ」
柿崎めぐ(共有者)
「そしてこの組み合わせは…… 前回と、一緒ね?
中のヒトは共有3回目らしいわ…… よろしく。」
薔薇水晶の独り言
「村人……寡黙吊りされないように気をつけなければ……」
真紅の独り言
「……ええ、そうでしょうね。
大体いつもこういうときの私はただの村人。
わかっているのだわ。」
雪華綺晶(共有者)
「めぐ様、よろしくお願いしますわ。ああ。ミーディアムの方と共有だなんて・・・・!」
南鮮石(人狼)
「なんだと・・・ニダ」
翠星石の独り言
「狩人日記の準備でもするですかねぇ」
金糸雀の独り言
「リプレイ見てたら始まってたかしらー!」
水銀燈の独り言
「あらあら、狂人だなんて…ねぇ?」
DAIGOドールの独り言
「うはwwww俺ニートとかマジパネェッスwwwwww」
やらない夫の独り言
「ああ、村人だろ。
俺みたいな常識人は村人がお似合いだなw」
柿崎めぐ(共有者)
「…… あなたをミーディアムにすると。
私が困ったことになりそう……。」
雛苺(人狼)
「狼とかまいったの・・・しかも南なのね。よろしくなの〜」
蒼星石の独り言
「よしきた、村人きた!
GMが要職もっていったんじゃつまらないだろうしね、さくさくいこう!」
翠星石の独り言
「ちょwww
狐ですか」
できる夫の独り言
「ぶ・・・狩人???」
            村人5 人狼2 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 (決定者0) (権力者0)
雪華綺晶
「ごー・・・。」
蒼星石
「GO!」
薔薇水晶
「アリスゲームの…始まり…」
蒼星石
「アリスファイト、レディー!」
DAIGOドール
「チョリッスwwwwwwww」
蒼星石
「1」
蒼星石
「ところでDAIGOはアイコンかえないでいいのかなあ」
真紅
「雪華綺晶、なにを言ってるの……
私=あなた、私=雪華綺晶なら、あなた=雪華綺晶なのは明らかなのだわ。
もう少し本をお読みなさい」
蒼星石
「22」
雪華綺晶
「フフフ・・・・・・アリスはシロウサギを追いかける。それが空虚と知りながら・・・・。よろしくおねがいしますわ。」
柿崎めぐ
「うふふ…… 水銀燈。私の天使……
アナタが一緒なら、きっと勝てるわ。
アナタが狼でも構わない。 真紅と私とアナタの最終日を思い出す……。」
蒼星石
「333」
蒼星石
「4444」
雪華綺晶
「あぁ、JUM様・・・・ここに入れば私が食べてあげるのに・・・」
蒼星石
「55555」
蒼星石
「じゃあカウントダウンいくよー!」
DAIGOドール
「いやマジでwwww俺地元じゃマジ頼りにされてんスよwww
アリスゲームとかマジいちころっスから!マジで!」
水銀燈
「そうね…めぐは私が守ってあげないと…」
できる夫
「何を言っているのですか。どうせ捏造でしょう?>やらない夫さん」
南鮮石
「時間すぎたニダ」
雛苺
「JUMは引きこもりだけどやさしいのよ〜ただいつも
PCカチャカチャしてるのがどうかとおもうの」
翠星石
「蒼星石もちゃんとやるですよ」
やらない夫
「できる夫は怪しいだろ。
パンツ被った写真のタレ込みがあったぞ…」
雪華綺晶
「私はだぁれ?私はあなた。私は雪華綺晶。あなたはだぁれ?」
真紅
「……DAIGO、貴方に比べればJUMの方が何倍……いいえ、何千倍もマシなのだわ……」
柿崎めぐ
「DAIGOは茨の道、よ……?
皆その辺りは分かっていると思うけど。
残されるとなかなかに厳しいのは、事実……。」
水銀燈
「(いつにも増してできる夫キモいわぁ…正直引く…)」
翠星石
「何気に長生きなんですよねぇ>DAIGO」
できる夫
「僕はただ、純粋に穢れ無き乙女の純潔を守ろうと!」
DAIGOドール
「言っちゃ悪いスけどJUM君特徴なさすぎてやりにきーんスよね。
あれを完璧に演じきれる人マジリスペクトっス」
雛苺
「ヒナはうにゅ〜をくれるならDAIGOでもJUMでもどっちでもいいの〜」
蒼星石
「よし、僕もがんばるよ。

じゃあ姉さん、あとの推理は任せた。
僕寝るね」
柿崎めぐ
「そうね…… 変態から吊ってしまえばいいのよ。
例え村人であっても構わない。
私と水銀燈さえいれば…… それだけで、いいの。」
できる夫
「What?僕が犯罪ですって?ハイパー冤罪タイム!今すぐ訂正しなさい!>水銀燈さん」
雪華綺晶
「DAIGOは過去に多くの血を吸った魔のRP・・・変えるなら今のうちですよ?」
真紅
「あら、できる夫。金糸雀から雛苺に乗り換えたの?」
雛苺
「・・・うゆ、なんかできるお息が荒くてへんなの・・・」
翠星石
「蒼星石がキターですぅ」
薔薇水晶
「あなたは……誰…?>雪華綺晶」
蒼星石
「しかし本当にいいのかDAIGO
今ならJUMにしても誰も攻めないぞ」
DAIGOドール
「あ、JUM君腹壊したとかで早退らしースよ。
代わりに俺がきたから心配いらなウィッシュ!」
翠星石
「リプレイはおもしろかったですねぇ
話もたんたんとして読みやすかったですし
ただ翠星石がいなかったのは不満ですが」
真紅
「ただ、それはアンサイクロペディアの情報だから、どの程度正しいかはわからないのだわ」
水銀燈
「あらあら、できる夫はいつも通りの犯罪スレスレねぇ
おそらくめぐは眼中にないだろうけど一応見張っておかないとね…」
雪華綺晶
「あら?いらっしゃったのですね。お姉様の体を使わせて頂こうと思ったのに・・・>蒼薔薇のお姉様」
柿崎めぐ
「…… 何を言ってるの?
水銀燈は素でああいう喋り方に決まってるわ。
そうでしょう? 私の天使さん。」
できる夫
「任せてください、ずっと側に・・・ハァハァ」
薔薇水晶
「そんなことはない……私はローゼンメイデン第七ドール……」
蒼星石
「準備できた子はゲーム開始にすいっちおん!」
やらない夫
「おっとゲーム開始に投票するのを忘れてただろw」
蒼星石
「アイコンを変更しました」
雛苺
「できるお本当!?頼もしいの〜!雪華綺晶に食べられないように
守ってほしいの!」
蒼星石
「本屋GMは蒼星石に名前を変更しました」
真紅
「薔薇水晶。
貴女、実はただ厨二病なだけで、普通に喋れるという話を聞いたのだけど……本当なの?」
柿崎めぐ
「うふふ…… 水銀燈、私の天使さん……
あなたさえ生きていれば、構わないわ。」
金糸雀
「今日はカナリアデーかしら!
きっと勝てるかしら!フヘヘ」
できる夫
「この僕が!雛た・・・雛苺さんだけは絶対に守って見せますから。」
蒼星石
「ちなみにDAIGOドールですが、
名前をTHINKにするのをお勧め

アイコンも真紅仕様が楽だよ
誤認されるから」
雛苺
「トゥモエもいないのよ・・・ヒナ悲しいの」
翠星石
「今日は蒼星石がもやる夫もいないですぅ
これはつれーですよ」
雛苺
「ホントだ!終わってたの!後で見に行くの〜」
真紅
「あら……JUMは居ないの?」
できる夫
「人狼ですって?そんなはずは無い。
きっとパチモンか、心の穢れた大人の女性が狼に決まっています。」
蒼星石
「ばらすぃーときらきーが
両方ともチェンジ不要といいきったぁーーー!

さあてどうなる!」
やらない夫
「みんなよろしく頼むだろ」
雪華綺晶
「丁度終わったようですわ>リプレイ」
蒼星石
「了解だ!
じゃあ、全員アイコンチェンジとネームチェンジとRP復習だ

ゲーム開始は2302でいこう
今から5分後だね」
柿崎めぐ
「あぁ、遅れちゃったわね。
もう一度言うわ。 【C不要】よ……
ゴメンナサイね。折角のお心遣いだったけど、
もうすぐ死ぬ私には必要ないわ。」
薔薇水晶
「寡黙は苦手……でも頑張りましょう…」
水銀燈
「へぇ…リプレイの後編来ていたの?
私もいつか出演したいわねえ。」
やらない夫
「アイコンを変更しました」
蒼星石
「あと青の子もCN枠だ」
柿崎めぐ
「人狼、そんな者がいる村…… 滅んでしまえばいいのに。」
雛苺
「もうリプレイ終わってるの〜?」
蒼星石
「了解
それじゃあ5番のめぐ、CNチェンジは必要かい?

【現在のC-自由枠】
みっちゃん
のり
ともえ
みっちゃん
おじーちゃん
梅岡
やる夫
やらない夫
饅頭燈
ばぁさん燈
くんくん」
柿崎めぐ
「5は柿崎めぐに名前を変更しました」
DAIGOドール
「ギャル夫のアイコンないとかマジぱねーっす!」
水銀燈
「あら、うろ覚えのアイコン番号だったけど合ってて良かったわぁ」
柿崎めぐ
「【C不要】よ……。」
薔薇水晶
「アイコンを変更しました」
やらない夫
「11はやらない夫に名前を変更しました」
やらない夫
「じゃあやらない夫で行くよ<GM」
柿崎めぐ
「アイコンを変更しました」
雪華綺晶
「さて。ギリギリリプレイも読み終わりましたし、頑張りますかね。」
水銀燈
「アイコンを変更しました」
南鮮石
「間違えたニダ」
南鮮石
「135は南鮮石に名前を変更しました」
南鮮石
「アイコンを変更しました」
南鮮石
「南鮮石は135に名前を変更しました」
翠星石
「翠星石ですね
がんばるですぅ」
蒼星石
「じゃあ、先に11番さんにC枠から変える権利をあげよう
どれがいい?」
金糸雀
「アイコンを変更しました」
できる夫
「できる夫ですか。これは難しいのに当たってしまいました。」
金糸雀
「7は金糸雀に名前を変更しました」
薔薇水晶
「【C不要】」
雪華綺晶
「普通村では一度やりましたが、ドール村できらきーRPは初ですわ・・・。
【C枠不要】」
翠星石
「アイコンを変更しました」
蒼星石
「GMはGMなので、C枠チェンジはラストにしようとおもいます
くんくん使うのも卑怯だし

そういうわけでC枠にくんくん追加」
翠星石
「アイコンを変更しました」
雛苺
「アイコンを変更しました」
やらない夫
「蒼星石やりましたww<GM」
真紅
「呪われてしまっ……いえ、なんでもないのだわ……」
水銀燈
「9は水銀燈に名前を変更しました」
南鮮石
「4は南鮮石に名前を変更しました」
DAIGOドール
「14はDAIGOドールに名前を変更しました」
雪華綺晶
「アイコンを変更しました」
蒼星石
「あと
C枠要らないって人は【C不要】と発言お願いします」
金糸雀
「よっしゃああ!」
真紅
「アイコンを変更しました」
蒼星石
「この中で前にやったことがあるよって子はいるか!?」
翠星石
「10は翠星石に名前を変更しました」
雛苺
「8は雛苺に名前を変更しました」
できる夫
「アイコンを変更しました」
薔薇水晶
「13は薔薇水晶に名前を変更しました」
雛苺
「ヒャッホーーー雛苺だぜ!」
真紅
「6は真紅に名前を変更しました」
雪華綺晶
「12は雪華綺晶に名前を変更しました」
できる夫
「3はできる夫に名前を変更しました」
やらない夫
「みんな夜更かししすぎなんだよw<ゴールデンタイム」
真紅
「GMには是非パチモンメイデンが1人やってくるたびに入場アナウンスをお願いしたいですw バキの地下闘技場風に「○○○がやってきてくれたっっっ!!!!」みたいなのを」
蒼星石
「発表します!

 Ν◆Ν・ぁΝ
ΑΝАΝ─Ν・
・・・

1.初日犠牲者(位置固定)
2.名探偵くんくんorC枠
3.できる夫
4.南鮮石
5.柿崎めぐorC枠
6.真紅
7.カナリア
8.雛イチゴ
9.スイギントウ
10.翠星石
11.蒼星石
12.きらきーorC枠
13.ばらしーorC枠
14.JUM or ローゼン名電DAIGOドール

【C-自由枠】
みっちゃんorのりorともえorみっちゃんorおじーちゃんor梅岡orやる夫orやらない夫or饅頭燈orばぁさん燈」
できる夫
「やる夫村のゴールデンって、11時とか12時な気がするっスよ。夜更かしパネっすね。」
雪華綺晶
「素のドールね。つい黒い雛苺とか変態石とかになっちゃうから気をつけないとw」
柿崎めぐ
「沸騰石と小生石で暑苦しい村に。」
真紅
「そりゃそうでしょw>ペンギン」
南鮮石
「第二回はゴールデンでやりたいわね
オリジナルメイデンありにして真キャラの登場に期待したいのだわ」
翠星石
「ペンギンは何回かやってみたが勝率ががたがただったな」
DAIGOドール
「ヤクルト飲んだらボクっ子になれるよ!>5」
薔薇水晶
「パチモンメイデン村もそのうち定期的に開催されたりして…w」
南鮮石
「素のドールをやる村だと思っているわ」
柿崎めぐ
「メグゥ オバカサァン

で全てを済ませる気か。>14」
DAIGOドール
「個人的には是非ペンギン燈もいれとほしかったり……w」
金糸雀
「ああいうのはパチもんメイデン村でいいよw」
雪華綺晶
「お、開始か。よろしく。」
やらない夫
「いらっしゃい」
真紅
「言われてたw」
雛苺
「そろったね。よろしく」
DAIGOドール
「【0】」
柿崎めぐ
「来たか…… よろしい。
いらっしゃい。」
水銀燈
「ん、そろったか」
真紅
「14さんは早速好きな数字を言うのです」
雛苺
「小生石とか沸騰石いれたら人数多くてもいけるようになるなw
カオス度増えるだけだけどw」
DAIGOドール
「【0】」
蒼星石
「数字集計してきます、ちょっとまってね」
薔薇水晶
「お、揃った」
DAIGOドール
「やっほー」
やらない夫
「揃ったみたいだね」
できる夫
「14で配役配ったりしてたらいつの間にか16とか微妙な数字になってそうッスね。」
蒼星石
「おーっしラストきたー!」
翠星石
「揃ったね」
DAIGOドール
「かりは14に名前を変更しました」
真紅
「小生石はいないんですよね?w」
            かり さんが村の集会場にやってきました
柿崎めぐ
「うん、しってる。<ミス
だからこそ
早めに決めてカウントしようぜ! という
意見なのだろう。>GM」
できる夫
「13でも良いと思うっすよ。
ドールズ村で多少の有利不利なんて気にしないっす。ウィッシュ。」
金糸雀
「沸騰石は大声で喋りまくるんじゃw」
蒼星石
「上限30にしてしまったのはミスでやんす」
蒼星石
「ちなみに毎度のことですが昼は7設定にしてあります
RPを重視して時間切れにならないようにとの配慮です

また、大声でしゃべる人がいてもかく乱されないように。
大声含めてのRPです


でも昼AAは不許可」
翠星石
「あんまり多いと大変だしの
なれてないRPを17人分はつらいな」
真紅
「「テンプレを読み終わったらその証明として数字を言って下さい」という形式にすると、テンプレ読んだことがわかるので一石二鳥かも。
わかめてだと時々そういう風なことしてる村ありますね」
柿崎めぐ
「そうだな…… 上限30だし、
14スタートを目標に賛成しよう。>GM」
やらない夫
「いらっしゃい、あと一人か」
南鮮石
「14で開始してほしいのだわ
平日だから」
薔薇水晶
「【8】」
薔薇水晶
「よろしく」
柿崎めぐ
「両偽を捨てなかった、というよりは
自分の怪しいと思う判断と根拠を重視した結果なのだろう。
村なら出来る推理だが、それを共有がやるから素晴らしいのだろうな。
覚悟がいるのだ。」
蒼星石
「まあ、17名くることもあるんですけどね
この調子なら14で収まるかなー」
薔薇水晶
「かりは13に名前を変更しました」
南鮮石
「テンプレ改めて読んでおくのだわ」
            かり さんが村の集会場にやってきました
金糸雀
「あ、【14】で」
南鮮石
「これのことよ」
南鮮石
「今回は試験的に流石鯖でのドールズ村となります。
つきましては、CN指定のルールを少しだけ変更します。
入室時に0〜14の好きな数字をいっていただき、その数字の分だけ数を合計します。
14人目が入室後に合計値を13で割り、余りの数の分だけ席順をずらします。
なお、身代わり君はかならず0と発言するものとします。
万が一に14名以上きた場合は、その数字の分だけ割る数を増やすものとします。」
できる夫
「俺は会話よりも票や○●などを重視して推理するタイプっす。ウィッシュ。
ライダーの言動が微妙だったとしても、占い狂狐を信じる位なら霊能偽のほうが確率高いっすよ、ウイッシュ。」
やらない夫
「17は多すぎるぞw<7

入室時に0〜14の好きな数字をいっていただき、その数字の分だけ数を合計します。」
蒼星石
「7番さんはテンプレをしっかり読んでいただけるとうれしく思います」
柿崎めぐ
「いや、必須のハズだな。
番号混ぜてシャッフルしてCNが決まるハズだ。」
雛苺
「ああ数字いうことか」
南鮮石
「必須なら
【4】」
雛苺
「申告って?」
南鮮石
「必須じゃないなら別にいいのでは」
金糸雀
「必須か
んじゃ【17】」
やらない夫
「入室時にって書いてあるから宣言しないと駄目じゃないの?」
南鮮石
「ライダーは最初からいろいろ見えてる会話があったのだわ
それでも真狂と見たならそこは○落としよ・・・普通ならね」
蒼星石
「申告は必須です

・・・ってテンプレに書いておかないとだめ?」
真紅
「【9】」
雛苺
「【1】で」
できる夫
「最初狂狼−真と思ってて、霊能の○○見た時点で真狼−狂に切り替えたっす。観戦者視点。それでライダー白くなったっすよ。」
金糸雀
「別に申告はしなくてもいいんだよな?」
南鮮石
「今気がついたわ
この番号のRPはじめてだわ」
真紅
「初日占いが珍しくないっていう感想もかなり麻痺してる気はしますがw
ただ、狂狐なんてレアに比べれば全然珍しくないですねw」
雪華綺晶
「っと、【2】で。ナンバー1よりナンバー2ってね。」
雛苺
「修造の中の人は銃殺されまくってるもんねw
おもわず飛び出たんだよきっと」
やらない夫
「始めてみたよ占い狂狐なんてw」
柿崎めぐ
「中のヒトが共有だと大抵初日占いだから、というのはタテマエだ。
出方が遅く、そう考えて動いた方が出血が少ない。
二人居るからな。」
できる夫
「【3】」
南鮮石
「狂狐はログを見る限り嘘を掘り出したら誠にたどり着いたってところだわね」
水銀燈
「んじゃ【8】で」
金糸雀
「初日占いは珍しくないけど
狂弧なんて…」
柿崎めぐ
「よし……【3】だ。」
雛苺
「こんばんはー」
南鮮石
「共有は二人とも狂狼疑いとか
どっちも曲がった見方が好きなタイプだったのね」
翠星石
「【8】」
柿崎めぐ
「俺も無理だ……狂狼だと思っていたぐらいだからな。」
雪華綺晶
「こんばんはー」
柿崎めぐ
「だからこそアレは、自分の推理と心中する覚悟だったんだろうよ。
ライダー○と真紅○で両偽臭くなった、というのが
真相か?」
できる夫
「負けたらフルボッコっすよね。マジで。
俺が共有だったら、7割狂狐と思ってても、あの指示は出せなかったっす。
まじリスペクトっすよ。」
やらない夫
「【7】
ラッキーセブンを指定しておきますよ。」
            12 さんが村の集会場にやってきました
南鮮石
「○噛み重視で残っていた人が本当に○なら村が負けていたのよね・・・」
柿崎めぐ
「8時建て→8時30分ごろ開始だったか?
前のドールズ村にはスマナイことをしたようだ。
順調に人が増えている。よろしく。」
雛苺
「ロラ時に逆らう人がいなかったのが色々びっくりだったかな
あの時下で村だったら絶対逆らってましたねw」
やらない夫
「かりは11に名前を変更しました」
南鮮石
「○○でも押し切った理由が占い師が両方とも真として動いていない
疑っている人間を占うならあえて囲い吊り
負けたらフルボッコ・・・覚悟を決めた人って怖い」
やらない夫
「こんばんは」
            かり さんが村の集会場にやってきました
翠星石
「よろしく」
水銀燈
「こんばんは
8時に村立つとは思わなかった」
できる夫
「でも、あのやり方は探偵村でもなきゃこえぇっスよ。
○○だったら霊能偽で占い真狼、最終日来た時点では修造と南鮮石が狼で、結果オーライで最終日来たと思ってたっすよ。」
            10 さんが村の集会場にやってきました
南鮮石
「そうね・・・決断の重要さを久々におもしったのだわ」
蒼星石
「2は本屋GMに名前を変更しました」
水銀燈
「化理は9に名前を変更しました」
蒼星石
「確かに良質のゲームではあったようですね
(過去ログ拝見」
            化理 さんが村の集会場にやってきました
柿崎めぐ
「気持のいい言い方ではない、と自覚してあえて言うなら。
三日目にステ吊りはそりゃ余裕がなくなるだろう。
狂狼ならまだしも、狂狐。狩人は死んでいる。
吊りも増えず、ミスも出来ない。いいゲームだった。」
金糸雀
「かりは7に名前を変更しました」
雛苺
「上から見てて狼負けるとおもわなかったよ」
蒼星石
「帰宅途中で雨降って着まして
あわてて傘うってるところ探してたらこんな時間に」
南鮮石
「勝負どころでの決断ね
無双村になると思わないし1ミスあればかつと思ったのに
ノーミスがくるなんて・・・」
金糸雀
「こんばんは」
できる夫
「俺は真狼−狂と読んでたっす。だからライダーには届かなかったっスね。」
雛苺
「7は8に名前を変更しました」
雛苺
「よろしくー」
            7 さんが村の集会場にやってきました
南鮮石
「雨天というえば大雨ね」
            かり さんが村の集会場にやってきました
蒼星石
「今回宣伝しておくの忘れてた上に、遅刻しましたからねー
雨天許すマジガッデム」
南鮮石
「あの負け方はショックなのだわ」
柿崎めぐ
「カナリアンの勝利……か。
初日占い、しかも狂狐というカタチから村勝利に持っていけたのは
やる夫の力が大きい。自分の推理と心中する覚悟だな。」
真紅
「kariは6に名前を変更しました」
真紅
「今晩は」
            kari さんが村の集会場にやってきました
できる夫
「前村入りそびれて見てたっすよ。カナリアン、マジパネェっすね。」
南鮮石
「集まるかどうか微妙ね」
柿崎めぐ
「宣伝を見て移動してみる。
今晩は。」
            5 さんが村の集会場にやってきました
南鮮石
「書いたよ」
蒼星石
「お、ありがとー」
南鮮石
「kariは4に名前を変更しました」
南鮮石
「宣伝必要なのね
了解」
            kari さんが村の集会場にやってきました
蒼星石
「ちなみにMLで宣伝頼んでも誰もしてくれないという事実
スレ規制ってきついわw

やる夫雑談にしてほしいかなー次スレは
今度意見かこう」
蒼星石
「ちゃーす」
できる夫
「ウィッシュ!」
できる夫
「kariは3に名前を変更しました」
            kari さんが村の集会場にやってきました
蒼星石
「ちなみにアイマス村もたってるようです
ドール村いやだなーってひとはそちらへ

ちなみにミスで30人村になってますが
限界は17だと思ってください
CNの用意量的に」
蒼星石
「まさか人がこなくて過疎になるとは思わなかった!」
蒼星石
「【テンプレここまで】

数字は好きなタイミングで一回だけ申告できます

申告の際は小文字で【こうくくって】どうぞ」
蒼星石
「【GMからのお願い】
入室したら今のうちに自分の名前を
位置ナンバー(下記参照)にしてください

 Ν◆Ν・ぁΝ
ΑΝАΝ─Ν・
・・・・
亜Ν院
蒼星石
「今回は試験的に流石鯖でのドールズ村となります。
つきましては、CN指定のルールを少しだけ変更します。
入室時に0〜14の好きな数字をいっていただき、その数字の分だけ数を合計します。
14人目が入室後に合計値を13で割り、余りの数の分だけ席順をずらします。
なお、身代わり君はかならず0と発言するものとします。
万が一に14名以上きた場合は、その数字の分だけ割る数を増やすものとします。」
蒼星石
「【予定CN】
1.初日犠牲者(位置固定)
2.真紅
3.カナリア
4.雛イチゴ
5.スイギントウ
6.翠星石
7.蒼星石
8.きらきーorC枠
9.ばらしーorC枠
10.JUM or ローゼン名電DAIGOドール

11.名探偵くんくんorC枠
12.できる夫
13.南鮮石
14.柿崎めぐorC枠

【C-自由枠】
みっちゃんorのりorともえorみっちゃんorおじーちゃんor梅岡orやる夫orやらない夫or饅頭燈orばぁさん燈

なお、原作以外のミーディアムとの同伴設定の持込などはご遠慮いただいております

まいどのことですがこちらはDAIGOを選んでもまったく関与しません。自己責任でお願いします。
前回やった役と同じ役の場合は、お申し付けください。
先着一名様で対処させていただこうと思います。

DAIGO参考作品
D A I G O だ ら け の ジ ブ リ 作 品
http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-471.html
DAIGOだらけのエヴァンゲリオン
http://plusmicro.blog98.fc2.com/blog-entry-997.html

orC枠は、入れ替えた時点で中身が入れ替わります

【C-自由枠】
みっちゃん
のり
ともえ
みっちゃん
おじーちゃん
梅岡先生
やる夫
やらない夫
饅頭燈
ばぁさん燈」
蒼星石
「【婆銀燈に関して】
           _
         -〈{}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
      |_|::|   、    ト | l おばあちゃん、体は大事にしてね?
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄

突然変異で生まれた謎の水銀燈
何故かご老人を大事にする。
ローゼンじーちゃんのことも、もちろん大事にする。
おばあちゃんやおじいちゃんに危機が迫ると
「おばぁちゃん!おばぁちゃん!」と声を上げて注意を促す性質を持つ。

らしい。ここまで住民意見を見つつの捏造
一説によると銀ちゃんのお孫さんとも言われている。

【饅頭燈】
         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_⌒  ⌒ リl│   ジャンクにしてやるお
       | ∧l  lK(●) (●)ソイ
     ,l  (l  ぃ (__人__),从|
     l   ヽ トゝ、 `⌒´ト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧
      /:::::::ハ:::KX::ヽ、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xト::::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ

住民の悪ふざけから生まれたやる夫と水銀灯のあいのこ。
銀ちゃんの娘だったりするのかはさだかではない。
別名、メタボ銀ちゃん」
蒼星石
「ドール村テンプレ
なお、CNはこちらから指定とさせて頂きたく思います。

参加資格:ある程度どんなCNが振って来ても対応すること(そこまで無茶振りはしないけど)

RP制限は、そこまで厳しめにはしない予定。適当にWIKIみてRPするもよし、「俺できないから他にしてくれないか」交渉も一応よしということで。あんまり聞きませんが。
もしよろしければ、ご参加ください。

縛り1:半RP村。あくまでRPすること(セオリー発言や●などの略称は禁止しません)。
ただしRPによって自分に不具合が生じる場合は、適宜適切な形に直して『も』よい(いくら真紅憎しでも共有吊る意味はないよね?)
ちなみにRPを解除した場合、突然死する(お前はアリスにふさわしくない!・夜中や前日はその限りではない)

縛り2:CNにローゼン禁止(RP防衛できてしまうので)

縛り3:つまんないのでおはステは『禁止行為』とさせていただきます。

警告:RP重視ではありますが、だからといってガチではないかというとそんなわけはない
   RPを考慮して狭まった戦術の中から最適解を見つけるのも一興です

救済処置1:人数が足りない場合、他の人形キャラ可(モガちゃん人形とか)
出てないドールズがいない状態でいきなり他人形・ロボキャラをだすのはできる限りやめてくださると、うれしく思います
救済処置2:上の条件を満たす場合、サム苺・麻呂銀など、オリジナルドールズの持込可。
救済処置3:夜中の間はRPしてもしなくてもOK。ログ詠む人のこと考えたらRPだけど、だからってそれで推理が狭まってもなあ

Q:もらったCNだと、推理披露がしつらいんですが
A:そういうもんだと諦めて、頭をひねってみてください。コナン君方式(あれれ〜○○だよー?)とか。

Q:狩人の護衛先や、狼の噛み先もある程度RPするべき?
A:それができれば望ましいところですが、とくにGMはそれを強制しません。
  ただし綺麗に決まった場合は、誰かがリプレイをつくってくれるかもしれません。」
            2 さんが村の集会場にやってきました