←戻る
【流石107】やる夫たちの人狼 〜普通〜村 〜建っていないので〜[131番地]
僕はおいしくないよ 身代わり君
 (dummy_boy)
[占い師]
(死亡)
人類は滅亡しない キバヤシ
 (めるめる)
[村人]
(死亡)
出遅れとかいわないでください ちとせ
 ((’A`)◆YueIZdokuo)
[妖狐]
(死亡)
やれやれだぜ…… 承太郎
 (サク◆sUDNcvC9E2)
[村人]
(生存中)
ザコオンリー戦を見てくれれば、俺の評価も変わるんだけど… 森崎
 (サム)
[狩人]
(死亡)
・・・ばら・・・ばら 薔薇水晶
 (イカ◆W/w02poX0Y)
[狂人]
(死亡)
あ…… ありのままにおこったことを話すぜ! ポルナレフ
 (白カブト◆vWbdXpni/g)
[村人]
(死亡)
入村した後のプロフィール変更できるようになりませんかね。 仮名ライダー
 (バッタ)
[村人]
[権力者]

(死亡)
わたしこそ しんの ゆうしゃだ!! しんのゆうしゃ
 (かに)
[村人]
[決定者]

(死亡)
空気じゃない 御剣
 (たこ)
[共有者]
(死亡)
俺のラ王食った奴表に出ろ!  <○><○>ユルサンゾォ…… スネーク
 (ヒゲ◆WnnZ4YBdEk)
[共有者]
(生存中)
やらないか 阿部高和
 (tuy)
[村人]
(死亡)
わたしの月収は53万です ……もちろん、これは手取りではないのでご安心下さい フリーザ
 (森の支配者◆5DYYl3NWdY)
[人狼]
(生存中)
我々は今、復讐の女神となる バラライカ
 (本屋◆mbe11n6veQ)
[人狼]
(生存中)
今夜もフィーバーかしら! 金糸雀
 (きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
[人狼]
(死亡)
よろしくでやんす やってられっか夫
 (桑畑三郎(bibafe))
[村人]
(死亡)
  流石兄者
 (むっく◆cNHN.RR14E)
[村人]
(死亡)
にょろ ちゅるや
 (DS◆IaSoTYoBkw)
[霊能者]
(死亡)
常識的に考えて やらない夫
 (モナの人◆tDS4yUu31c)
[村人]
(死亡)
やらない夫
「こんなところで終えるだろ… 空しくなってきた的に考えて」
やらない夫
「ついでに霊ロラに付いての私的意見を書いておくだろ
霊ロラは2−2時、または初日銃殺等で占いの中に真が居ることが濃厚という場合のみしたいだろ

今回みたいに1−2で占いが乗っ取りの可能性がある時はしたくないと言うのが個人的意見だろ…」
やらない夫
「下の二行目の発言は間違ってるだろ
正しくは『薔薇水晶が狂濃厚、真占いは居ないとなっていると推測出来、○を貰った金糸雀が狼濃厚と思考も出来るだろ…』に訂正するべきだろ… 誤字的に考えて」
やらない夫
「つまり、冷静になれば二日目の視点で狼視点では
薔薇水晶が狂濃厚、真霊能は居ないとなっていると推測出来、○を貰った金糸雀が狼濃厚と思考も出来るだろ…」
やらない夫
「だから稀に占い−狂狼なんかの変則型になったりするんだと思う

しかし今回は占い1の形のまま霊能COになってその上霊能2になった
この時点で狼視点で「薔薇水晶が真として村の方針になっても問題ない」と考えていると推測出来る」
やらない夫
「で、これは今回の反省点なんだが
占い1の形になった時点で狼は占い真確定にならないように狼から無茶しても出すのが普通なんだよな」
やらない夫
「んで噛むタイミングよっても凄い情報になるだろ…
霊能が割れる前に噛むなら、
何故薔薇水晶に○を出された金糸雀の方を噛まなかった?
→薔薇水晶の占い以外に霊能真贋付く場面がないとなるから薔薇水晶狂人と浮き出る」
やらない夫
「◆森崎 「もし、ライン見ようぜーってなったとしても
狼は真霊能を噛むんじゃないかな」
についてだが噛みならそれもそれでアリだと思うだろ
ロラする事によって吊りを一回消費するのは地味に痛い
吊り回数を消費しなくて済むのならむしろ有り難いと思うのが俺の意見だろ」
やらない夫
「せっかく来たし私見も書いていくだろ…」
やらない夫
「現在、6/11の晩…
ログを見直しに来てみたらサムさんの一人検討会があっただろ…
他者の意見はとても有り難いだろ… 参考意見的に考えて」
やらない夫
「\    ヒョコ   /
  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   」
森崎
「こんなとこかな、帰ろ!」
森崎
「―――――――――― _,-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-,―――――ト、―‐
―――――――――‐_,-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',―‐、__人_ノ `ー′
―――――――――‐ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:-r、::.r-、::i―ノ
――――――――― ´{::::i、ト(ヽ( !、r'ソ-'フ_,..- l::!r、l::}―> そう何度も
――――――――――l、!¨フp、._   _.. イ  !ノノ l:::}ー>
―――.--、_―――――! .l  {0}  /¨`ヽ {0}   .ノ:,'..:..:>   釣られて
―‐ 「`ヽ.、__ノ――‐.. -‐'' ^'.l.   ,.ヽ._.ノ、   r'.:/..:..:..>
―r┴、、_ノ { ―‐r''´..:..:..:..:..:..:.}     `ー'′   `K..:..:..::>     たまるゅか〜!!
‐⊥‐r┘  `ー-┴'⌒ソ..:..:..:...-ト.、        .   〉..:..<
(、__`ヽ、       /..:..:.:/ /:..:.:`r、    ,.イ  /..:..:..:..´⌒ヽ

森崎
「バラライカ暗殺者とか笑えません」
森崎
「その前に暗殺者だっけ」
森崎
「うはははははははははははは!!
我が世の春が来たあああああああああああああああああ!!」
森崎
「最強の霊能騙りができる」
森崎
「ハイパー狂人、これが実装されれば…」
森崎
「…!?」
森崎
「って霊能以外全部じゃねぇか」
森崎
「あー、そっか、わかった
俺あれだ
「自分で考えて行動する役職」が苦手なんだ」
森崎
「騙りどころか真占いですらガタガタの俺にはうらやましい」
森崎
「占い騙り上手い人はほんと上手いもんなー
サクやらイカやら」
森崎
「○ばっか続くと疑う派…かな俺は
この思考は、疑ったときには手遅れになってたりすんだよね」
森崎
「これこそ人によるよな…
途中まで信じて途中から疑う人、
他の役職のCOを見て妄信するひと、逆にぜったい偽だと考える人」
森崎
「んで、薔薇水晶が真かどうか」
森崎
「今回は、狂人GJってことだな」
森崎
「1−2なら狩人は占い守りだし
そうすると結局霊能はいなくなってしまう」
森崎
「もし、ライン見ようぜーってなったとしても
狼は真霊能を噛むんじゃないかな」
森崎
「19人村で1−2ならライン見たい
しかし、狂人がカナリア○をだしてる」
森崎
「霊ロラすべきかどうか、薔薇水晶は真かどうか」
森崎
「今度こそほんとに一人か!」
森崎
「…」
森崎
「そうだな…でも俺の意見はほんとに参考にならんよ」
森崎
「ってうおおお!
まだ起きてる!w」
やらない夫
「お疲れさまだろ」
森崎
「つまり!何をやってもいい!俺だけのパラダイス銀河!」
やらない夫
「どの意見でも重要だと思うだろ、人狼は大勢でやるゲーム故に多種多様の意見が必要だと思うだろ」
森崎
「これで完璧に一人か」
森崎
「ネタ中にって改めて言われると恥ずかしいw
おつかれさーん」
森崎
「おおさかさんとか居たらよかったんだけど」
やらない夫
「構わないだろ、こちらこそネタ中に申し訳ないだろ
もう一回今度は狼の視点からログ読んで寝るだろ、おやすみなさいだろ」
森崎
「うーん、意見を言ってくれる人は
みんな落ちたか、次の村言っちゃったしな
俺の意見は参考にならんし」
森崎
「すまんね、真面目な雰囲気の時に」
やらない夫
「カナリアンの主張とぶつかってしまっただろ…」
森崎
「っと、おわぁ!
まだいたのかw」
森崎
「カナリアァー!」
やらない夫
「RP放棄
狼の作戦も良かったと思います、作戦に関しては完敗だなと言うのが本音」
森崎
「そうだ!
どうせ聞こえるなら、聞かせてやるさ!
カナ!
好きだァー! カナ! 愛しているんだ! カナァー!
人狼をする前から
好きだったんだ!
好きなんてもんじゃない!
カナの事はもっと知りたいんだ!
カナの事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
カナを抱き締めたいんだァ!
潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
心の声は
心の叫びでかき消してやる! カナッ! 好きだ!
カナーーーっ! 愛しているんだよ!
ぼくのこの心のうちの叫びを
きいてくれー! カナちゃーん!
村が同じになってから、カナを知ってから、僕はカナリアんになってしまったんだ!
愛してるってこと! 好きだってこと! ぼくに振り向いて!
カナが僕に振り向いてくれれば、ぼくはこんなに苦しまなくってすむんです。
優しい君なら、ぼくの心のうちを知ってくれて、ぼくに応えてくれるでしょう
ぼくは君をぼくのものにしたいんだ! その美しいデコと美しいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!
水銀党員がいるなら、今すぐ出てこい! 相手になってやる!
でもカナさんがぼくの愛に応えてくれれば戦いません
ぼくはカナを抱きしめるだけです! 君の心の奥底にまでキスをします!
力一杯のキスをどこにもここにもしてみせます!
キスだけじゃない! 心から君に尽くします! それが僕の喜びなんだから
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかいキスを、どこまでも、どこまでも、させてもらいます!
カナ! 君が狼の群れの中に素っ裸で出ろというのなら、やってもみせる!』」
森崎
「あ、どうでもいいことだけど、
薔薇水晶派のことは「薔薇水省」というそうだ」
阿部高和
「カナリア出てきて真妄信しちゃってたよ。悪いな
理由はほとんどみてなかったな。狂でも一人なら銃殺起きないんだから
いくらでも理由しっかり書けるし判断基準にならんとおもってた」
森崎
「俺は霊ロラは乗ってないからな
薔薇は中盤から怪しみだしたんで、しかもすぐ吊られたし

ま、言えることは
「一人の考えが正解でも人狼は勝てない」ってことでしょ>ないお」
やらない夫
「どうにも毎回人と感覚のズレを感じるだろ、数日観戦に回って視野を広げてみるだろ」
森崎
「13 11 9 7 5 3

人外が4…うん狼3でいいくらいか」
やらない夫
「ログ読み直してたがわからんなー、あそこで霊ロラに乗る心情と薔薇水晶を信じる理由が人と感覚がずれてるかと思って自信がなくなるだろ…」
森崎
「14人って狼2か!?
うわーきっついだろー
役職に出た瞬間ロラされるぜ」
阿部高和
「狐いると騙りできないから厳しそうだな。狼3のほうが俺もいいと思うぜ」
森崎
「お?やらない夫さん」
森崎
「あそこでちとせ吊れてれば、まだなんとかなったかな…
まぁ怪しまれてた俺が悪いんだが」
やらない夫
「もう一回」
森崎
「14人村か…バランス的にはどうなんだろう」
阿部高和
「狩人で守れると気分いいよな。今日は失敗したぜー」
阿部高和
「ああちょうど埋まったみたいだ」
森崎
「次こそは、華麗に占い守りたいもんだ…」
森崎
「向こうは埋まったみてーだな」
阿部高和
「あ、はいりそこねたwまあいいか」
森崎
「な、なるほど!流石姉御だぜ!」
バラライカ
「戦争にもルールはあるということだ」
森崎
「なにィ!?」
阿部高和
「もりさきくん こなみじんになったー!!!」
森崎
「しょうじき、バラライカ狼だと
狩人ごと真占い殺しそうです」
バラライカ
「貴様のような狩人が何を守ろうというのか!」
森崎
「こっちのセリフだ!w>阿部」
阿部高和
「なにしてんだw」
森崎
「ってうおお!
いい男がいる!」
森崎
「狩人の時ってなんか喋りづらいよね」
阿部高和
「よつばでもつかって跪いてあげたい勢いだったよw
シュールすぎるが」
森崎
「久しぶりだなーこれ」
森崎
「誰もいなくなったときに現れる男!森崎ーマッ!!」
森崎
「みんな移動したんかな」
御剣
「お疲れ様、私は移動する」
バラライカ
「ありがとう、その一言で救われるよ。
普段強気系のRPなんてしないものだから、どうしたものかと不安になってね」
森崎
「今日はGJ間違いなく出ると思ったのに…狂人なんて…!
森崎じゃだめなのか」
やらない夫
「俺は離脱するだろ…、お疲れさまだろ」
薔薇水晶
「さて・・・私も移動しますよ?
皆さん御疲れ様・・・でした
村立てありがとうございます」
やらない夫
「悪いが10回以上希望して一回も引いてない
引いたのは希望ナシ村だった思うだろ」
森崎
「俺もテスト協力するかな…
もうすこし様子見てからにしよう」
やらない夫
「してる、それで引かないから諦めてる>スネーク」
御剣
「今までは共有希望ばかりしてたが今日は毒希望したので完全に運だ
最近はまともな推理を作れるように頑張ってるからな>ない夫」
金糸雀
「14人テストなら、カナも協力するかしら!
それじゃ移動するかしら!
みんなお疲れ様かしら!」
阿部高和
「バラライカしてたぜー>本屋さん
初日挨拶遅いのはすげーうってるか困ってんだろうなとおもってたがw」
薔薇水晶
「・・・共有・・・・・怖い
理論が使えないのが・・・・痛いです」
スネーク
「希望しろ。共有にはそれが必要だ>ない夫」
キバヤシ
「14人村のプレイ感想をGMが欲しがっていたのでそれでプレイしたいが
集まるかどうか微妙だ」
薔薇水晶
「・・・てへ>スネーク」
スネーク
「んじゃ、落ちますわ。」
ちゅるや
「移動するにょろ」
金糸雀
「バラライカ>・・・キムじゃないかしら。カナかしら。
泣いちゃうかしら・・・」
やらない夫
「ミッチャン、てかたこさん共有引きまくりだよな
俺一回しか共有引いたことないよ」
ちとせ
「私も移動しますね」
森崎
「俺が建てる時はそうしてるぜ>カナリア
あと権力者も嫌いだな…決定者は好きだけど」
バラライカ
「ただ、バラライカっぽくやれたかどうかはとても心配
バラライカしてるとどうしてもせりふの数が3〜5を低空飛行」
キバヤシ
「すまん、建たないと思って役職希望にしてしまった・・・」
薔薇水晶
「・・立ってます・・次もしようかな?」
金糸雀
「森崎>そんなあなたに、「役職希望なし村」かしら!
希望出せなければよかろうかしら!
かゆいところに手が届く!それが流石鯖かしら!」
スネーク
「…てへっ>ばらしー」
キバヤシ
「廃村にするわけにもいかんので移動してテンプレ張ってくる
集まらないようなら諦めよう」
バラライカ
「ハッハッハ、そうだな、確かにある程度のスリルが必要だ。
私にはフリーザとキムという心強い仲間が手に入った、それこそが一番の幸運だといえるだろう」
阿部高和
「バラライカ挑戦している勇気ある人に敬意を表して
しばらくバラライカつりはねえなと思ってたよwフリーザも」
森崎
「あ、いや村建ての時に「役職希望」自体チェックしない方がいいんじゃないかってこと」
ちとせ
「どうも、毒希望だと狐が高確率で回ってくるジンクスがある気がします。
最近の狐集中的に考えて。」
キバヤシ
「14人村が建たなかったと報告があったが建つようになっているじゃないか!!」
薔薇水晶
「・・・そうですね・・次は希望なしにする?」
やらない夫
「薔薇水晶がもう少し真臭い匂い出してたら多分俺吊られていたよ
偽を演出しすぎただけだろ」
御剣
「お疲れ様」
しんのゆうしゃ
「ぜんぶ なしだと つまらないよ!まいかい おなじやくしょく きぼうしない
ことは こころがけたほうがいいね! やくしょくきぼうとおったことないよ!
ゆっくりくちょうになったね!」
キバヤシ
「あ、建った」
金糸雀
「ちなみにカナは今回も「希望なし」にしたかしら。
・・・でもやっぱり「希望なし」だと、村人ひきづらいかしら。
でもスリルも味わいたいし、やめられないかしら!」
バラライカ
「とはいえ、いろいろと幸福が重なっていたな。
まさかフリーザも私もこんな怪しいRPで表がこないとは思っていなかったぞ」
ちとせ
「私希望なしなんで割りと安定して村人でしたね・・・"最近まで"は」
薔薇水晶
「後・・・スネークさん
共有両方が出た後の●信じない発言・・・真なら泣きますよ?
・・・やめてあげてね?」
金糸雀
「落ちる人はお疲れ様かしらー!
ゆっくりおやすみなさいかしら!」
しんのゆうしゃ
「かまれる むらびとは せんぱんだ!
つられる むらびとは よくくんれんされたせんぱんだ!
ほんと じんろうは じごく だぜ!」
森崎
「役職希望は無しの方がよくねぇか?
いつも同じ人が同じ役職に偏っちゃうぞ」
キバヤシ
「村建てられるんだろうか」
キバヤシ
「は、14村を試すということを忘れていた」
阿部高和
「たしかにここ数戦初日占いおおいな」
やらない夫
「Foxさんの話から推測するにその可能性が高い」
金糸雀
「ばらしーが喜んでるかしら・・・でもフリーザの幹部は流石に心配かしらー・・・
こういうとき、姉としてはどうするのが正解かしら?」
スネーク
「PS.俺が共有希望するといっつもこんなかんじだよ」
フリーザ
「                                              ___
                                            /\:::::::/\    
                                           / ⌒  ̄ ⌒ \  
                                         /  (⌒)   (⌒)  \    お疲れ様です、皆さん。今日はありがとうございました
                                        |    │ __´___ │   |  
                                         \   │  `ー'´│ /    またどこかでお会いできるのを楽しみしていますよ……ほほほ                                    
                 | /          _,,,,,/、,,-‐─'''ヽ、 ヽ--、│       /
                | /  /     /   \\     \,,,,,,  / ̄ ヽ:::::\
             \  | /  /    //   ̄   |l     /    ̄  ̄二ニ/ =| \:;ノ
              \,,|丿‐''"ニ,,-‐''''''""'ヽヽ    /、,,,,,-‐l" \             |ヽ/     『貴方のハートに♪ エンジェル☆ビ〜〜〜ム!』
            \丿   / / /,-''''" ̄ /ノl   /    \   \____/__    ./ ||
           \ノ    __,ゝ‐'",--、-、  /'''""'''"      / \__/::::::::::::::::::::::/'''‐/   | |
           ,,,,ノ   ヽ‐‐'''"""二"_/           /、    |::::::::::::::::::/、 /|   / /_
       ,,-‐'''"~  ,,,      ゝ             /ヽヽ   |::::::::::::/,,/   ヽ /,‐'''\
  ,,,-‐'''''"~  ,,,-‐'''"// /、,,,、ヽ‐\            /   |    >‐"/      |  |
‐''"   ,,,,-‐''"     ///  ヽ|ヽ \       ,,,-‐''"~          /       ヽ_ |
  ,,,,-‐'"         /      |        ,.‐'''""~          ,-'"ゝ、         ─''''"
薔薇水晶
「私は・・・占い希望?・・・流石鯖は・・自重しないw」
フリーザ
「占いの潜伏こそが、このフリーザのもっとも恐れていたこと
……杞憂のようでしたね、このわたしに恐怖を抱かせたことだけは褒めてあげましょう>身代わり君」
バラライカ
「それはあきらめろ
この鯖の名前をいってみるがいい似非研究者

初日が役職」
やらない夫
「占いを希望しすぎが原因だと思うだろ>キバヤシ
みんなが占いを希望→身代わり君にあぶれた人外職が行く→身代わり君は出来ないので誰かと交換→身代わり君が占い師に だと思う」
キバヤシ
「ここ5戦全て役持ちになっているんだよ・・・」
スネーク
「んじゃ、俺は落ちるわー」
流石兄者
「これもやる夫村の呪い…」
金糸雀
「キバヤシ>キバヤシ理論でなんとかならないかしら・・・?
身代わり君の就職率からして高いかしら。
真の外道は身代わり君かもしれないかしら・・・。」
キバヤシ
「正確には初日役持ちじゃない確立が高すぎる」
森崎
「わかってる
カナリアマジプリティ>カナリア」
薔薇水晶
「              __  __
            , ' ´     `ヽ_))
         _r=く          Y》j
         〈\ニノ  i i ! i |、| ハ! |  ・・・嬉しいw
       r〜∨ j |i l |」⊥lハ T 7 }|
      r':::r〜} / /| i |´j ! | j }ノ/レ'ノl|
    (´::/ノ:::// /_」 i | , - 、  ((必j〈l|  私も・・・仲間w
     ){{::::// /(__l | ,,   _'`~´ 八|
   (_::::V// 〈_:::::::! !   ヽ ノ ィ^\\
   }\〈// ,  }〜ヘ ≧=ァ‐≦〜ヘ.\\\
   /:::// / /::ム::::∨::::`iー'´\::::::\\ ヽ)
   ゙7 / / ノヽ::::::}ヽ:::\_ノ  「l  Y、:::::ヽ く
.  く く (´ `'ー‐′ \:::ヽァ⌒l-{r〜ヘノ ) )
   >_)ノ        ム:::ノ__ノJ  ゙ー ' \(
   ((´               \ V 幹 部  \
                      \     _.. -‐゙
                       ` -‐ ´ 」
御剣
「カナリアとドドリアが似てる・・?何を言ってるんだ」
バラライカ
「そうだな
結果としてカナリアが死んでいなければ今日の勝利を狐に譲っていた可能性もある。

貴様は大いに仕事をやってのけたのだ」
キバヤシ
「流石村の初日占い率が異常なんだが・・・」
金糸雀
「森崎>カナはドドリアじゃないかしら!
フリーザには悪いけど、あんなこわいかおしてないかしら!」
森崎
「カナリアとドドリアって似てるよね!って話だよ!
…似てねーよ!殴るぞチョキで!」
キバヤシ
「最初の疑念は俺への占いと
占いの理由の薄さ
やらない夫の反論に誤りがなかった点だな
スネークが薔薇水晶吊り決断したとき狂だったらやばくね?
と考えてはいたが吊り先はそこしかない」
バラライカ
「          /        /|        | l l     \
           /  i    l   / |    ィ  | l ト    ヽ
         /   i    l  /   |   / | リ  | | l   l  '
       /   j    l /   |  / l /   | |  l  |   '
       l    |   |l /   /  / //    ||  l   l  l l
        |    |   ||/- .._/ /  〃    ||   l  ト  l |
         |    |   |||  /_,.===一'    L ___LLl | |
         |     |   |  / /::::::::丶      /::::|ハ l |
       |    」    | /  {:::::::::::::|      l::::::::l i ハ/ |
       |  / |   |     ヽニニソ        lr-‐ソ i ハ  |
       |  {  |   |             ,  ` ´  l   |  若りしころのバラライカ
       |   ヽ |    |                     l  |
       |    |   |    /⌒   ___       |  |
       レ    l   |  /         ヽ    /  l
        /     l   ト {          ノ   /   l
      /     l    l `          /  ィ/|    l
ヽ.___/  /  / ∨  l     ` ァ---‐‐  ´ / |‖  ,'
、_ / /  /     ∨  ト、   / ノ  \/  /   |‖ ,'
. / / , ヘ     ヽ  | ` ハ /    ヽ/    |‖ /
     /    \     ヽ|  / | \     |\   |〃/
   /       \     / o|    \  /  \ |/」
金糸雀
「フリーザ>ごめんかしら。
2人とも威圧感ばっちりで、カナのハートが心労でマッハだったかしら・・・。
それに1人くらい欠けた方が、狐のデッドライン遠のくかしら。
だから結果オーライってことにして欲しいかしら!」
薔薇水晶
「私は・・・第八ドールですよw>森崎」
阿部高和
「そうなんだ。でも○ついてたのが最高にでかかったわ
あそこで攻めてカナ先につれてればまだ考える余地もあったが」
森崎
「第二ドールドドリア・・・だと・・・」
やってられっか夫
「んじゃみなさんお疲れーでやんす
ログでも読んでくるでやんす」
薔薇水晶
「・・・ドドリアさんと同じ・・幹部w」
フリーザ
「できれば金糸雀さんとバラライカさん、3人で生き残りたかったものです
……それだけが残念ですね。しかし3人とも横並びとは」
やらない夫
「偽臭いのは演出だろうとは思ってたよ>薔薇水晶
俺が疑問なのはそれを信じてた村人側」
キバヤシ
「フリーザも同様なのだがね」
薔薇水晶
「フリーザさんは・・・共有か・・狼狐?・・役持ちと見ましたよ?」
金糸雀
「阿部>カナは初日から霊で出ると決めていたかしら・・・。
○もらいは、たまたまついてきた。それだけのことかしら・・・。
ばらしーのおかげで狼の残りを煙に巻けて、カナは大満足かしら!」
キバヤシ
「俺の位置はかなり怪しい
他の村人なら俺に入れたくなる」
やらない夫
「発言よりも投票を信じる質だからな、俺は 性格的に考えて」
スネーク
「なんか俺もごめん…
狐落とした気はしたが
誰かーキバヤシで見てた>キバヤシ」
薔薇水晶
「・・・わざとですよ?・・・○噛みなかったですしね>やらない夫」
しんのゆうしゃ
「あそこは きょうゆうに はんたいひょうを いれるべきところだ!」
バラライカ
「    __   ___
   ///〃//Vヾヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   } !i!iミ{{{{`´}}}}   .|
   ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{  < ちなみにこれが私の若いころの写真だ
  '(('(('゙ ノiソゞy)》'、    |
   `゙ くノ /f __j/'i   .\_____
     ん'、 じ'フ ゝ」
フリーザ
「○のタイミングも実に素晴らしかったですね
承太郎さん→キバヤシさん→このわたくし、○ランであればどこから吊られるかはお解かりでしょう?

薔薇水晶さん、貴方にはドドリアさんと同じ待遇を約束しますよ! ほほほ!」
キバヤシ
「開始前の段階ではグレラン全押しだったんだ俺
初日会話見てもらえばわかる」
承太郎
「キバヤシ吊りはすまなかったな…
俺はてっきりちとせが狼でフリーザLWだと思ってたんで、
狐ケアのために投票しちまった」
森崎
「なんで初日占いの時に狐引けないんだよ!」
やらない夫
「悪いがなんでみんながあそこまで偽臭しかしてなかった薔薇水晶を信じていたのかがわからん」
薔薇水晶
「・・・そうですね・・今回は人外有利です>バラライカお姉様」
金糸雀
「まーミツルギをあんまりいじめちゃだめかしら!
ばらしー真で信じてたからしょーがないかしら!
これを糧に今度勝てばよかろうかしら!」
ちとせ
「占われたら、本気で死ぬと思ってましたからね・・・最近の狐経験的に
確信突く発言したら噛まれか占われまっしぐらなのでいえませんでした>キバヤシさん」
バラライカ
「フリーザ・バラライカでちゃんと発言の方針を決めていたからな。
まあ、霊能ローラーなしならなしで、もっと早く勝ってたんだが」
やらない夫
「あそこで霊ロラに乗るのは村なら考えられないと思ってただろ、セオリー的に考えて」
キバヤシ
「冷静に薔薇水晶偽を押してる中に人外
そう考えていたが、真で押していた俺がそれをいいだすのは露骨すぎる」
森崎
「ロリーザ様じゃないか」
しんのゆうしゃ
「せいだいなる ファンファーレの あらし!」
やらない夫
「悪いが霊ロラに乗った奴、全員疑ってただろ」
薔薇水晶
「ですよねー・・>キバヤシ」
阿部高和
「つーかカナが狼で出てくるとおもわなかったな。それに負けたわ」
ちとせ
「このフリーザ様は、間違いなくロリコンな気がします・・・」
金糸雀
「フリーザの動きもすごいかしらー。
他がかすむから、他がみんなそこそこあやしくなるというマジックかしら!
ただフリーザ自信が怪しまれる諸刃の剣かしら!素人にはオススメできないかしら!」
スネーク
「今日の感想

強弁は吊っても良かった」
キバヤシ
「それ以上に怪しかったのが俺」
やらない夫
「狩人は初回の吊りで死ぬようならそいつが悪いだろ…
狩人保護は真占いが確実にいる時、例えば初日銃殺とかでない限りはする必要性を感じないだろ」
キバヤシ
「承太郎と阿部が村に見えていた
ちとせの発言数の推移、真っ当な発言のわりに確信をついてこない
バラライカ、○囲いがあればフリーザ
このあたりにめぼしをつけていた」
フリーザ
「わたしという輝きでバラライカさんを消したのですよ>承太郎さん
もっとも、貴方以外の村人が気付いていたかどうか……ポルナレフさんは早めに始末しましたしね
森崎
「19人村で1−2ならライン見るべきだったな
もっともすぐに真霊噛まれてそうだけど」
ちゅるや
「フリーザなのにできる夫風味にょろww」
薔薇水晶
「やっぱり・・・そうですよね>バラライカお姉様」
御剣
「はっきりいおう、薔薇水晶を死ぬまで徹底的に信じていたと」
阿部高和
「たしかに悪手だったな。大失敗だ」
流石兄者
「>>フリーザ
クソwwwwそのできる夫風AAが妙に腹立つwww」
やらない夫
「正直狼の作戦も良かったと思うがそれ以上に最悪の手から始まったと思ってるだろ」
御剣
「簡潔に言うと・・検事だからさ
まじめに言うと3日目の謝罪のを見てくれると嬉しい>ない夫」
金糸雀
「うん、即霊ロラはダメだったかしらー。
初日欠けを懸念するなら、2COとはいえ霊見て進めないと残りがさっぱり不明になっちゃうかしら。
最悪●2つでて仕事終わるまでほっとくのもアリかしら!」
バラライカ
「○残していけば絶対に薔薇しーを吊ってくれると思ったから。
で、そのまま○ランに入ろうとする村人がいるから、そこを煽ればケリがつくと判断した

薔薇の小娘」
フリーザ
「わたしも言いましたよ。薔薇水晶さんは偽、ちゅるやさんが真とね?」
ちとせ
「というか、なんか最近私の狐率が妙に高いんですが・・・6戦中半分が狐ですよ」
やってられっか夫
「まあ確かに霊ロラはアレだったでやんすね…
占い欠けがかなりの確率である状況でやんしたし…」
承太郎
「いちおう負け惜しみも言わせてもらおうか…いくらなんでもフリーザは露骨すぎたぜ
言葉の端々から『村人のふりをしている狼』のニオイがしてたぞ
ま、そっちに気を取られすぎて、発言のちゃんとしているバラライカが完全に村寄りに見えてしまったがな…」
フリーザ

                       ___
                    /\:::::::/\
                  / ⌒  ̄ ⌒ \  
                 /  (●)   (●)  \   おほほ……最高のショーでしたよ、皆さん
                 |   │ __´___ │  . |
                 \  │  `ー'´│  /   実に楽しませて頂きました
                 /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ
                { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l    
                '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
                 ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/     
                  `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r' 
                    ,ノ  ヾ  ,, ''";l        
                   ./        ;ヽ       .
                  .l   ヽ,,  ,/   ;;;l    
                  |    ,ヽ,, /    ;;;|    
                  |   ,' ;;;l l ;;'i,   ;|    
                  li   /  / l `'ヽ, 、;|    
                 l jヾノ ,ノ  ヽ  l  ,i|    
                 l`'''" ヽ    `l: `''"`i    
                 .l ,. i,'  }     li '、 ;;' |    
                  l ; j / _, -― ' ̄ ̄`ー‐-、_
           ,, .--、,,__,,-' ̄;;"`´ ;; __  __, -―- 、;; ̄`l
        , '" ;;  ,__   ;;'    r ' ´;;; ヽ_ゝ_;;|    lヽ,
      /l ;;, -‐Y´| l  __  /`'| |   | l  l;|     l ヽ l 」
薔薇水晶
「狼さんの・・○残しで妄信路線は無理・・・と判断しました
ひたすら怪しい・・・占い理由でしたよ?」
キバヤシ
「霊能ローラーは確かにな・・・
一度やった以上押し切るしかないとは思ったが」
やらない夫
「ミッチャンなんで霊ロラしたんだ、悪いがギリギリすぎて反論も出来ないし
悪手過ぎて正直ガックシだろ」
キバヤシ
「あの振りの時点で狼2残りだとは思ったが
明らかに誘導されているなら全力村アピしてみよう
そう思ったんだが」
バラライカ
「だから3日目にいってやっただろう
霊能をつるのはよくないとな。

狼のアドバイスすら受け付けぬたわけものどもには永遠をくれてやろう」
やらない夫
「ハイレベル云々じゃない完全に最初の霊ロラが悪すぎた」
森崎
「ヒゲ共有COの時点で俺の運命は決まったよ」
薔薇水晶

              __  , -―===--===‐- 、  __
              く必}廴__     _,    _ .. ≧f必}ア三ニ=
          -=ニ三竺勹    ̄ ̄    「   `ヽ ヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;   |       、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !   |    、   ', l  ヾ ヽ.
            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |‖ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | `ヽ、 jjハ||  ! }i|| |i i :   ハ     /
        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /
.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
          ,′ノノ }i  i 从   ̄   、   `~フノ| i|  y /ハ
         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   、_,   ナ| i| i  / / ハ
         / / i| i  il| j}>。、     ィァ| i| { { / ハ
        //  __」..⊥.i.=fjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfj=.i: i _ ≧ニニミ、
     /〃,'   ハ     |                |ノ´    / )メ
     `≒=、 { ヽ、 _ |  金糸雀お姉様の    .|  -‐ f´}//∧
        ,'\\    ) |                | _/ _// ハ
        ,′ ヽ ヽ r‐┴、  玉子焼きw     ./´ヽ  _// / ハ
       ,′   ノノノ (` ー、 ヽ           / /ヽ }  {{_  ハ
.       ′ // r'ー-、 ゝ',  嬉しいですw (_./ /  |彡≒、`ヽ/ ∧
.    ,′//    〉- ..__`゙)           ゝ-´__ -' }=ヘ. 〉 } / ∧」
御剣
「よし・・・、次回共有になったら本気を出そう」
バラライカ
「グレーで吊られるのは不愉快だからな
申し訳ないが切らせてもらったキバヤシ、悪く思うなよ」
やってられっか夫
「参ったでやんすね。
GJ狂人とハイレベルな占いの前に完全敗北でやんす」
流石兄者
「霊ロラは悪手だった
初日占い乗っ取り考慮してグレランすべきだったぜ」
ちとせ
「そうですよ、狐だってこんなの相手じゃ単体での勝ち目はありませんよ!
決して阿部さんに疑われたのが敗因ってわけじゃありません!!」
スネーク
「…こんな内訳わかるかアホがぁぁぁぁぁ!」
フリーザ
「薔薇水晶さん、……全ては貴方のおかげです。実によい働きをしてくださいましたね
わたしの部下にしてさしあげましょう!

金糸雀さん、バラライカさん! 今日は祝杯をあげるのです!」
金糸雀
「ばらしーはもう思いっきり褒めちゃうかしら!!
トクベツに、カナの玉子焼き半分こしてあげるかしらー!」
バラライカ
「最後の最後まで○残しで正解だったな」
やらない夫
「霊ロラが悪手過ぎるだろ」
スネーク
「返事がない ただのおっさんの ようだ」
御剣
「こんなの勝てるわけなあああああああああああああい!!」
キバヤシ
「決めうちをしたなら完全グレー吊りにしようと言い出そうと思ったら
バラライカのネタ振りにのってしまった」
薔薇水晶
「・・・狼さん・・・なぜ○残し?」
承太郎
「やれやれ…バラライカはチリほども疑ってなかったぜ……
こいつは狼にしてやられたな」
金糸雀
「お疲れ様かしら!2人ともがんばったかしら!
やっぱりこわいは勝つらしいかしら!」
ちゅるや
「お疲れ様にょろ」
阿部高和
「ここはロアナプラだったんだよ!」
ちとせ
「              ,. -‐ー‐- .,
            , '´    、  、\
          /      iヽ iヽ ヽ
       r==イ  /  ハ、 i  i  |  メ 私は村人に負けたんじゃありません!
      〃  i _」 ├二.,_ ハ ハニレ /  こんな超人的編成の狼に負けたんです!!
        《  i  不 iヽ__ソ レ' ゝソ!レ'                     ,.-‐ァ
       ヾ_イ  L! ヽ   __’   ! ヽ              __ _ _/,.rく´
       /7 / ∧_〉     / iリ             /;.;.;.;.;./ ノ j )) )
        //i ,' ,';i i | `__ー i |゙゙          , -‐  ̄|.;.;.;.;.;.;|  ´フ'´´
      / /r‐‐-v| |  ̄ }{゙ヽ 」V´ ̄`'‐- __ ,.-‐ '´     |.;.;.;.;.;.;`;T ´
     /: : /; ; ; ; ; i i 〉` Y^Y´ ;| ヽ  / ,.       _,. ┴-‐ー┘
    i:.:/.  __  ;| i_〉 ゝ.ノ  ヽ ヽ      ,.  ̄
     l〈_,.     ` }| i、  ;i;   ヽ ヽ   /
    | ヘ      / ! i`ヘ_;j;; イ´ i i__ ノ
    〉/ ヽ    イ |  !   ;:|;;   | |ヽヽ、
   /,:'  /   / ヽ |  |   ;;!;   ソリヽヽ \
  /〃 /    / i ; i ;ヾ‐┘   ;i;; 「T}_ 」 ヾ ヽ 丶
  ! ;  /   ヽ、: ; : ; :}_  ;;  ;|;; |;:;:| : ; : ; ヽヽ  ヽ
  | :‖\  rイ`ヽ: ;/ `´  ;;i;;  `´ヽ : : ; ; :ヽヽ !
  i ;:i i ヽ「__」.:.:.:..Y   o  ;;;ハ;, o  V: : : ; :i i
  ;  '| i ':,\_ _ :/|     ;;i  ':,',   ヽ: ; : ;:|
    ヽ」ヽゝリrJ ノ     ;;!   ',',   L;<
         /`¨´      ;;|     ',',   ヘ 〉」
流石兄者
「おつかれさまー」
森崎
「バラライカ狼とか怖いです」
キバヤシ
「そんなことする村人いないってことだよ!!!」
ちとせ
「ちゃんと村人同士で自滅に持ってたし、●なんて出さなくても偽占いの仕事はできるんですよ。
真占いも○ばっかりで追い詰める事例もありますし、●○はあんまり関係ないんです。」
薔薇水晶

                   __
                   \_メ、\{尤),. -──‐- 、
                    _二二ン´-─‐‐‐‐-  `ー_‐- 、         ・・・・御疲れ様です
                  /_」 /´ /     /´   ヽ 丶、 ヽ
                _/-一/   .´    /  /       |  ヽ `ヽ_r厂}ァ__
      ,. -─_,. -‐  ̄  // / /  / /   ´       |   !    ヾ≦__  意外と・・・いい仕事でした?
    /  /´         / / / /  .´ '   '            l  ヽ 乂、<
   <___<          /   /イ l !    ' ' i !  i  :      i   !    | ll\
      `ヽ\    /     |イ | l. _ l ! l l  i  i      |    |   !  | l:l   熱くなると・・・ダメだよ
        ヽヽ  /         ト! |! `|_ト !、| |  l |     j!   l!|  | │';'、
         }r‐く          !`、{`寸ラミ、 ト、lヽ | !l     / !  /リj  l  l| ゙、ヽ
        /ヽ ヽ  /     .:  /ト {ノij.::ぇ!ヽ!  l ! | '"´/丁士/、   |  l|   ヽ`   アレも・・・戦術?
  _ ̄二 ≠-_、_ハ  V     .::  /j |  ゞ─く      j 仁丁__メ/`| /! j /八    ヽ
    /    /|  |__   .:   /:ハ_!  :::::::::::::::      ==ミz、_// j/ノ  |   ごめんなさい・・やらない夫さん
       / __|/ __\/´`i :// .:八  :::::::::    /  ::::::::::::::´^/イ :.  l |
     /  /:.ノ/  `i \/、// / ./ヽ    丶_ _   ::::::::  /_;j!  :.  l |
        /:.:.:/´ -─┐|、___):.:\/: /: : : \            ,.イイ|!   :.  l l   今回は・・ミスなし?
      /:.:.:./´    ,. }ノ:: }::::.:.:.:.ヽi: : r_‐土\    ,... -‐:.:´:;/:.:..|!   :.   l !
    . :..:|:.:.:.:{    イーノ::  V:.:.:.:.:.:`、<:.:.::::{ー仁壬⌒'⌒ヽ: 〃: : :|!   :.   l. l
   . : : : ::|:.:.:.:.\  `ヽ:::.   }:::::::.:.:.:.:ヾ┴:、:.ヽ;.:.::冫:ン⌒ラく〃: : : :|!    :.   l: ! 金糸雀お姉様・・褒めて褒めてw
 : : : : :<:_::、:.:.:.:.:\   ヽ  ハー::斗-、:.:.:.:.:ヽ:.、_f´{{):.:.:.:.:.:>.: : : :|!     :.   l; i、 」
フリーザ
「ご覧なさい! 綺麗な花火ですよ! おほほほほ!」
御剣
「お疲れ様」
金糸雀
「ばらしー>あの2人が噛みやったかしら。
その辺は終わったらきいてみるといいかしらー。」
流石兄者
「ああ、できる夫が憎い!!」
キバヤシ
「だからいったじゃないか!!」
バラライカ
「                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ      真実とはたゆまない歴史のなかにある
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z袗7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )  そうだとはおもわないかね諸君?
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::」
森崎
「狩人の時の俺は怪しさ5倍増しだからしょーがない>キバヤシ」
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
            < < 朝日が昇り 9 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫 さんの遺言
執拗なグレー噛み、これ早期に囲われたんじゃないか?
丈太郎かキバヤシのどちらかは●だろ…
キバヤシ さんの遺言
キバヤシは・・・村人だったんだよ!!
現在の俺の考えだとこうだ
ちとせ、バラライカが人外に見える
            やらない夫 は無残な姿で発見されました
            (やらない夫 は狼の餌食になったようです)
            フリーザ たち人狼は やらない夫 に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フリーザ(人狼)

                                               ___
                                            /\:::::::/\
                                           / ⌒  ̄ ⌒ \  
                                         /  (●)   (●)  \  
                                        |    │ __´___ │   |  
                                         \   │  `ー'´│ /                                          
                 | /          _,,,,,/、,,-‐─'''ヽ、 ヽ--、│       /
                | /  /     /   \\     \,,,,,,  / ̄ ヽ:::::\
             \  | /  /    //   ̄   |l     /    ̄  ̄二ニ/ =| \:;ノ
              \,,|丿‐''"ニ,,-‐''''''""'ヽヽ    /、,,,,,-‐l" \             |ヽ/
            \丿   / / /,-''''" ̄ /ノl   /    \   \____/__    ./ ||
           \ノ    __,ゝ‐'",--、-、  /'''""'''"      / \__/::::::::::::::::::::::/'''‐/   | |
           ,,,,ノ   ヽ‐‐'''"""二"_/           /、    |::::::::::::::::::/、 /|   / /_
       ,,-‐'''"~  ,,,      ゝ             /ヽヽ   |::::::::::::/,,/   ヽ /,‐'''\
  ,,,-‐'''''"~  ,,,-‐'''"// /、,,,、ヽ‐\            /   |    >‐"/      |  |
‐''"   ,,,,-‐''"     ///  ヽ|ヽ \       ,,,-‐''"~          /       ヽ_ |
  ,,,,-‐'"         /      |        ,.‐'''""~          ,-'"ゝ、         ─''''"
''~            /      ヽ     /   /      _,,,,/-‐、   \
                        /   /    /  /'''"''ヽ、   ヽ    \──--,,,,,,
                        /  /     /  /\,,, ,,,ノヽ、  \    |    l  ゙''ヽ
                                 」
やらない夫の独り言
「バラライカが人外なら作戦負けだろ」
バラライカ(人狼)
「狐であってほしい、というところだな」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
狐はいないぜ2−2−1なら狐勝利だ
やらない夫の独り言
「フリーザが人外だったら上手く発言で信用を稼いだよ…
そう思いたいだろ…」
御剣(たこ)
薔薇水晶がいると私の推理がおかしな方向に進んでいく・・・、本当にすごいと思う
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・狼の作戦には驚きましたよ?
だって○残し・・・狼にも信用されてないかと・・・>金糸雀
フリーザ(人狼)
「では、やらない夫さんを噛むとしましょう。彼へのプレゼントですよ、ほほほ……」
キバヤシ(めるめる)
そして森崎すまない
村っぽいスネークに疑いを向けていた点どうしても怪しく見えたんだ
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
真占いとして祭られた悩ましい狂人歴があった記憶が・・・。
阿部高和(tuy)
一発目に狼囲って1COってのが厳しかったな
フリーザ(人狼)
「もう、こんな偽装も必要ありませんね。……やらない夫さんは初日〜2日目の発言から村人、とも見ていたのですが
やはり烏丸さんが狐でしょうか」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
初日占いだと狂人にプレッシャーかかっちゃうかしらー。
だからばらしーはみんなで褒めるべきかしら!
カナもお姉ちゃんとしてねぎらうかしら!
キバヤシ(めるめる)
これだけ当たっていて勝てないのは俺のせいか・・・
スネーク(共有者)
「絶対ミスリーで残ると思うけどさ!」
やらない夫の独り言
「吊り回数があんだけ余裕あったら霊ロラする必要性が全くわからんだろ…」
キバヤシ(めるめる)
いやー満足した
狼-真狂 で○囲い バラライカ狼ちとせ人外
スネーク(共有者)
「早く俺を噛んでね!」
バラライカ(人狼)
「残すところがあるとするならばどちらになるだろうか?
わかるようなものだな。

そう、残りの狐候補をいぶりだす。
やらない夫か、JOJOか好きなほうを選びたいところだ。
私としては、妙に反応過敏だったやらない夫が狐説をとろうではないか」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・嬉しい>金糸雀・御剣・
やらない夫の独り言
「もういやだ、疲れただろ…」
スネーク(共有者)
「と、思ったらあっちもピンチだったでござるの巻」
やってられっか夫(桑畑三郎(bibafe))
やっぱ初日占いでこの布陣じゃ無理でやんすよね…
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
初日占いはやっぱりキツいか
やらない夫の独り言
「だから霊ロラはイヤだっただろ…、投票推理出来てたら少しは違ったかもしれないだろ…」
スネーク(共有者)
「やっべぇ…頭が死にそう…」
阿部高和(tuy)
そーだな。昨日といい狂人頑張るよな
森崎(サム)
一人の推理が当たっても、勝てないんだよ!>キバヤシ
キバヤシ(めるめる)
全力で村として会話していたつもりが吊られていた
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ばらしー>GJかしら。
基本○なら誤爆も怖くないかしら。カナも○出し派かしら!
フリーザ(人狼)
「すみませんね、バラライカさん。あのハナ垂れ坊主が狐で、彼に笑われるのだけは許せなかったのですよ
……推理をしている承太郎はまず村人、とも考えていましたが

さて、この噛みで決まりますかね? やらない夫さんでしょうか、それともJOJO?」
承太郎の独り言
「さてと…これでバラライカ狐だったり、狼2残りだったりしたら大したもんだぜ」
スネーク(共有者)
「…勝ち吼えですか、そんな気がします」
御剣(たこ)
お疲れ様
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・御疲れ様でしたね
やらない夫の独り言
「どこだよ…」
スネーク(共有者)
「ミスったぁぁぁぁっ!?」
御剣(たこ)
薔薇水晶は非常に頑張ってくれた、頑張ってくれたお陰で私は薔薇水晶を信用した
つまり薔薇水晶は一番頑張った人だ
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
今回は・・・全部○のつもりでしたよ?>ちとせ
スネーク(共有者)
「スネーク(死亡寸前)HP  −9999」
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
キバヤシさんお疲れ様です
キバヤシ(めるめる)
全部あたってるじゃん!!!
阿部高和(tuy)
キバヤシお疲れさん
バラライカ(人狼)
「さて・・・ここまでなんとかやってこれた。
残りが狐であったとしても、我々の勝利であったとしても、まず喜ばしい」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
あらら、さっくり生き残ったかしら。
キバヤシおつかれかしらー。
狼の勝ち!かしら!ぶいかしら!
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
一人占いCOだったのに・・・狼さん怖い?
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
誤爆しない狂人は十分仕事してると思います
キバヤシ(めるめる)
当たってた
森崎(サム)
キバヤシィぃぃぃ
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
阿部>だから霊騙ったかしら・・・。
真と心中してゆっくりする算段だったかしら。
狂から○でたけどそんなのかんけいねーだったかしら!
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
終わったか…
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            キバヤシ は投票の結果処刑されました
8 日目 ( 1 回目)
キバヤシ5 票投票先 1 票 → フリーザ
承太郎0 票投票先 1 票 → キバヤシ
スネーク0 票投票先 1 票 → キバヤシ
フリーザ1 票投票先 1 票 → キバヤシ
バラライカ0 票投票先 1 票 → キバヤシ
やらない夫0 票投票先 1 票 → キバヤシ
            キバヤシ は フリーザ に処刑投票しました
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
がんばった?
御剣(たこ)
む・・、キバヤシが吊れた
阿部高和(tuy)
おわったか
やってられっか夫(桑畑三郎(bibafe))
あ、終わったでやんす
            バラライカ は キバヤシ に処刑投票しました
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
そうですねw
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
んー、むずかしいかしら。
フリーザ吊れそうな感じはするかしら。
            承太郎 は キバヤシ に処刑投票しました
            スネーク は キバヤシ に処刑投票しました
            フリーザ は キバヤシ に処刑投票しました
森崎(サム)
あっ…いや…薔薇水晶も頑張ったよ、うん
あれだな、君も良心だ!
            やらない夫 は キバヤシ に処刑投票しました
阿部高和(tuy)
カナリアは最初にしんでむしろよかったレベルだよなw
あんなのに囲まれてw
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
これは・・・勝ち?>○ラン
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
8人枠撤去Mod入れてる鯖が増えてきたんですよ>勇者様
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
森崎>ありがとうかしら・・・。
カナの気持ち、みんなわかってくれてうれしいかしら。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キバヤシ
「いや、しない」
御剣(たこ)
む・・・、同意見だ森崎
フリーザ
「完全グレーのバラライカさんは放置でいいでしょう
この噛みが気になりますが」
バラライカ
「貴様……ここまできて推理すらないとは、
なめているのか!(チャキ」
キバヤシ
「単独占いを真で見てそれを常に押していた俺が怪しく見えるかもしれん
ただ、狼はそんなことをするだろうか?」
森崎(サム)
フリーザかバラライカのニ択と申したか>カナリア
バラライカ
「ほほう、どんな話をきかせてくれる?」
フリーザ
「視界の外にいたキバヤシさんと、一貫して疑い続けた承太郎さん
……狐を考えるのであれば、キバヤシさんですね。しかし烏丸さんが狐の可能性も大いにあります」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・そうですね>良心
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
狼の人選があまりにも最強すぎますよね、これ・・・
キバヤシ
「オレにだって……わからないことぐらい…ある…」
スネーク
「○ランで頼むぜ!」
しんのゆうしゃ(かに)
4にんせいげんかいじょされたのか?
森崎(サム)
カナリアだけが、狼陣営の良心
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
森崎>どうぞどうぞかしら。
そこの下界にいる2人にゆっくり噛まれていくがいいかしら。
キバヤシ
「ならいってやろう」
バラライカ
「おかしいな、灰色ねずみは私だけだと思っていたが。」
スネーク
「……博打だな…」
承太郎
「俺は一貫してフリーザを疑っている。二日目には発言も無難だったのが、
三日目からやたら強弁で悪目立ちするようになったのも怪しいぜ。
金糸雀が狼で、その時点で占い偽に気づいたんじゃねーのか?」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
○指定グレーとばらけてるのが良い点にょろ
スネーク
「っと、そうか。指摘感謝する>フリーザ」
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
最近、L4Dの12人COOPやっても倒れた味方助けにゾンビの群れに飛び込んで、
ハイスコア出しながら死亡とか続いてて・・・感情に走り過ぎなんですよね。
ポーカーフェイス、ポーカーフェイス。
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・スネークさんなら?・・村指定?
バラライカ
「ひとつだけ気になるのは、
ここまできて、キバヤシ理論とやらを一度もみたことがないということだけだな」
森崎(サム)
狼は友達だ!顔面を噛まれたって構わない!
フリーザ
「……スネークさん。残念ながら、そこのJOJOも○なのですよ
わたしの記憶が確かならば、ね」
スネーク
「……決め内は正直偽で見ている」
阿部高和(tuy)
っていうかバラライカとフリーザに勝てるわけねーよwww
やらない夫
「○の中なら一番マシだと思ってるだけで別に信用してるわけではないだろ…」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
さ、スネークがどこ信じるか、かしら。
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
COすべきというか、指定されてるのに気が付きませんでしたよ、キバヤシさん
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・体のどこかに当たってくれ〜
森崎(サム)
だぁーってしょうがないじゃないか…
他のキャラの印象が強すぎるしー
俺ってば一般人だしー、みたいな?>薔薇
スネーク
「そうだな、奴は人外でいいだろう。
○指定だと…キバヤシ、フリーザ
グレーは承太郎、バラライカ
誤爆か真で見るとない夫

が吊り先になる」
フリーザ
「やらない夫さん、わたしを信じているのですか? 嬉しいですね、わたしの部下になりませんか」
バラライカ
「つまり、○ランにはいるということか。」
しんのゆうしゃ(かに)
かみならまだしも つりでしいおおは ぜったいないのだ!
キバヤシ
「決めうちを不動と考えているのかだけ聞きたい」
承太郎
「そろそろLWもありえるぜ。慎重に吊らねーとな」
阿部高和(tuy)
点取られまくりだったもんなw>森崎
まあしかたないけど
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
狩人遺言、狼有利になるからお勧めしないにょろ・・・
フリーザ
「わたしの主張は一貫して○ランですね。狼は確実にこの中にいます」
やらない夫
「俺は今日明日でキバヤシと丈太郎を吊りたい
キバヤシ→丈太郎の順で」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・影薄いね>森崎
森崎(サム)
ちがうよ おれ かりうどじゃないよ ゴールキーパー だよ>阿部
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ゆうしゃ>まさにその通りかしらー。遺言でCOとか抑止力なくなっちゃうかしら。
フリーザは信じちゃだめかしら。
キバヤシ
「ちとせが仮に狩人ならあの時点でCOするべき日程だったはずだ」
スネーク
「ない夫をここで潰すか…○から指定するか…だな」
バラライカ
「身代わり伍長の鎮魂の鐘は我々こそが鳴らすものだ。
ここそこにおよんで、小娘の狩人COなど吊り下げへのアドバンテージですらない」
阿部高和(tuy)
今きづいたが森崎狩人だったのか
しんのゆうしゃ(かに)
られっかのこせばかくじつにおおかみかてたものを!
フリーザ
「……いえ、お待ちなさい。本当に狩人ならば、わざわざ遺言を残すでしょうか?
やはり彼女は狼だった可能性がありますね。だとすればスネークさん、貴方のお手柄ですよ!」
キバヤシ
「スネーク・・・やらない夫は残すのか?」
森崎(サム)
一度だけ、あったよ>狩人遺言
スネーク
「信じられそうに…ないかな
狐と見たい所」
承太郎
「ちとせ…昨日の時点で狩人COしてもよかったんじゃねーか?」
しんのゆうしゃ(かに)
かりうど ゆいごんが かりうどのもので あったことは いちどもない
つまり これはきつねしいおおなのだ!
やらない夫
「これは狐ケアと見て良いだろ
囲いをしていて○の中に絶対居るだろ…」
キバヤシ
「とても信じられるものではない」
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
SG候補さんもお疲れ様です
スネーク
「狩人遺言…だと…?」
御剣(たこ)
お疲れ様
バラライカ
「おはよう諸君
まさか狩人日記が吊り遺言でくるとは思っても見なかったところだ」
フリーザ
「そして烏丸さん……狩人でしたか。これはこれは、実に申し訳ないことをしました」
キバヤシ
「狩人遺言だと・・・」
承太郎
「やってられっか夫か…どうせグレランで吊られるだろうと思って視界の外だったな」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ほぇ、そこ噛むかしら。
られっか夫おつかれかしらー。
やらない夫
「おはようだろ…」
スネーク
「あるぇー?」
キバヤシ
「おはよう」
フリーザ
「おはようございます、皆さん。……空気を噛むとは、変わったことをしますね?」
やってられっか夫(桑畑三郎(bibafe))
よっし噛まれた!良かったでやんすー
阿部高和(tuy)
そこかんだか。おつかれさん
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・御疲れ様です
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
しんのゆうしゃとかそのCN隠れる気ないかしら。
ステルスとか無理無理かしらー。
            < < 朝日が昇り 8 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ちとせ さんの遺言
狩人日記遺言版
2日目:【薔薇水晶さん護衛】3日目:【薔薇水晶さん護衛】
4日目:【薔薇水晶さん護衛】5日目:【薔薇水晶さん護衛】
6日目:【スネークさん護衛】
やってられっか夫 さんの遺言
ヒラの村人でやんすよー。これっぽっちも特別な力はないでやんす
            やってられっか夫 は無残な姿で発見されました
            (やってられっか夫 は狼の餌食になったようです)
            フリーザ たち人狼は やってられっか夫 に狙いをつけました
しんのゆうしゃ(かに)
わたしは かんじが よめないのだ!
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
やっぱり文体に出ちゃいますよね・・・>占い吊りだけハイテンション
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
ひらがな・・・読みにくいです>ゆうしゃ
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
(’A`)さんは、気がついたら隠れてる、に定評があるかしら!
狐とあわさって最強にみえるかしら!
森崎(サム)
そりゃ、ゆうしゃは目立ってしょうがないもんなw
阿部高和(tuy)
キバヤシは昨日に続いて19人初日占い残されでかわいそうだなw
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
フリーザ様に村人扱いされてるのが、地味に切ないです・・・
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
スネーク(共有者)
「……役立たずセンサーしかねぇな、こりゃ」
しんのゆうしゃ(かに)
ちとせは わたしより ステルスうまかったぞ!
フリーザ(人狼)
「よろしい、それでいきましょう。楽しみですね……ほほほ」
森崎(サム)
◆キバヤシの独り言 俺が信じていたものが偽・・・そのパターンを何度見てきているんだ

気持ちはわかる…
バラライカ(人狼)
「実際のところの判断は貴様にまかせることにしよう。
私はそろそろ疲れてきたところだ。
狩人日記程度は書いておいてもよかったかもしれないな」
阿部高和(tuy)
ちとせ占いつりのときだけテンションあがってるんだもんw
こら狐だーとかおもったわ
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
・・・レベルたけぇかしら。
やっぱりカナは早々にRIPしといてよかったかしら。
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・まだ言ってる>やらない夫
やらない夫の独り言
「やらない夫CNだと偽から●出されるだろ…
なんなのこれ?呪い?呪いなの?」
キバヤシの独り言
「昨日といい今日といい
俺が信じていたものが偽・・・そのパターンを何度見てきているんだ」
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
私が隠れるのはいつものことなんですが・・・占われる恐怖がどうにも辛いですね
そのせいで占われさえしない方向に持って行こうとして、結果こうなります
スネーク(共有者)
「…噛みはグレーで俺をとことん揺さぶるか
俺を潰して確定を潰すか、だな」
やってられっか夫の独り言
「でもまあLWっぽいのでまあ何とかなるかなーと思うでやんす」
やらない夫の独り言
「しかし、一回も妄信してなかった奴に自分を妄信してたなんて言われるとは思わなかっただろ…」
御剣(たこ)
村の皆見事に狼見つけてるな
キバヤシの独り言
「どちらにしろ机上の空論―――― 本当のところはわからない――――」
バラライカ(人狼)
「ちなみにここでやらない夫を噛むことで、占い狂だということを知らせて、
そのまま○ランの流れに押し込むこともできるはずだ」
フリーザ(人狼)
「正直、視界の外にいる方々は気になります
……少し発言を読み返してくるとしましょう
残りは6人、仮に狐が残っていれば3:2:1ですか
やってられっか夫の独り言
「う〜ん、参ったでやんすね…
どう考えても吊られ要因でやんす」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
あら、ここにきて村人が気づき出したかしら。こわいかしら。
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
明日・・狼が吊れなければ・・・勝ちです
キバヤシの独り言
「薔薇水晶真の可能性を捨てずに最後までいくべきか」
スネーク(共有者)
「囲い疑いでられっか夫、フリーザ、キバヤシ
グレーで承り、バラライカ
真見でない夫か」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
他に怪しい奴が多すぎてフリーザやバラライカを連れないなこれ
最後4だし無理だろうなぁ…
阿部高和(tuy)
バラライカいつの間にか空気になってたんだよな
やらない夫の独り言
「やっぱり丈太郎とられっか夫が狼臭いだろ…
狐が居るとしたらフリーザかバラライカか…?」
バラライカ(人狼)
「さて、一通りの怪しい場所はつり終わったということだな。
だとするならば残りの怪しい部分は、られっか夫くらいということだ。

さて、この先にどうするかをよく考えないといけないのではないか」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ちとせおつかれかしらー。
隠れすぎてて、吊れるかはらはらしてたかしらー。
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
狩人日記まで用意してたんですけど、出す時間がないとどうしようもありませんよね
フリーザ(人狼)
「烏丸ちとせさん……地球人のメスですか
惜しいことをしましたね。噛みはJOJOにいきましょう
例によって40秒で行きます」
しんのゆうしゃ(かに)
つられそうなひと
キバヤシ?やらない>うけたまわり>ふりーざ>スカーフェイス
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
バラライカさん・・・村と思ってました
御剣(たこ)
お疲れ様
スネーク(共有者)
「くそっ!狐吊り成功ならうめぇけど!」
阿部高和(tuy)
おつかれさん
キバヤシの独り言
「残る人外の気配
バラライカ」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・御疲れ様です
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
いやこれ、ある意味当たってるかしら。狐吊ったし。フリーザも疑い候補に入ってるし。
バラライカは・・・すごいの一言かしら。村からさっぱり疑われてないかしら。
スネーク(共有者)
「…その内俺は考えるのを止めた」
ちとせ((’A`)◆YueIZdokuo)
指定されてたのに気がつきませんでした
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            ちとせ は投票の結果処刑されました
7 日目 ( 1 回目)
キバヤシ0 票投票先 1 票 → ちとせ
ちとせ7 票投票先 1 票 → 承太郎
承太郎1 票投票先 1 票 → ちとせ
スネーク0 票投票先 1 票 → ちとせ
フリーザ0 票投票先 1 票 → ちとせ
バラライカ0 票投票先 1 票 → ちとせ
やってられっか夫0 票投票先 1 票 → ちとせ
やらない夫0 票投票先 1 票 → ちとせ
            フリーザ は ちとせ に処刑投票しました
            キバヤシ は ちとせ に処刑投票しました
阿部高和(tuy)
ってこたー狼勝ちだなこりゃ
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・大成功 V(ブイ)
            やらない夫 は ちとせ に処刑投票しました
            ちとせ は 承太郎 に処刑投票しました
            バラライカ は ちとせ に処刑投票しました
            承太郎 は ちとせ に処刑投票しました
            スネーク は ちとせ に処刑投票しました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
うーん、フリーザが前に出て他をマスキングは、狐が消えまくるデメリットもあるらしいかしらー。
まあ吊れたからおっけーかしら!
森崎(サム)
こ、こええ…
こういう時って、狼→狐→狼で吊りたいよな…
そんなこと言ってもしょうがないけど
しんのゆうしゃ(かに)
ヒゲのかんが あたったところを みたことがない!
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フリーザ
「かしこまりましたよ、スネークさん」
バラライカ
「人類でないものに、まさか疑われているとは思ってもみなかったよ。
そこの洟垂れ坊主ほどにも可愛げのない話だ」
            やってられっか夫 は ちとせ に処刑投票しました
キバヤシ
「ちとせについては初日以降の発言数
特に何かを言うわけでもない点怪しんでいた
賛成する」
阿部高和(tuy)
ちとせ吊るか
承太郎
「俺は相変わらずやらない夫とフリーザを疑っている。
あと、キバヤシかちとせのどちらかに一匹いるかもしれねーな」
スネーク
「理由としては

視界外であったこと、発言数の少なさが気がかりだった所だな」
やってられっか夫
「…よく言われるでやんす」
御剣(たこ)
スネークなら・・それでもスネークなら!!次の日の朝意見変えるだろうな
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おお、吊れるか
森崎(サム)
フリーザ、ちとせはどうにかできそうだが…
おっかないお姉さんはきついかな
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
いやっほうかしら!狐1本吊りかしら!スネークよくやったかしら!
阿部高和(tuy)
狼が狐見つけるか吊らないと、狐にまたもってかれるパターンだな
キバヤシ
「悪くて狼-真狂で見ていたのだが
こうなると囲いを疑うべきか」
フリーザ
「……その視界のさらに外にやってられっか夫さんがいました
貴方、空気ですね?」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
狼・・・勝利ですw
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・それで狙いましたよ?・・・・霊界に来たかったし>やらない夫
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
はらはら・・・かしら。
承太郎
「正直言うとフリーザの強弁に気を取られて他の連中はあまり視界に入ってなかったぜ…」
フリーザ
「疑わしいのは空条承太郎さんと、視界の外はちとせさんとキバヤシさん、そしてバラライカさん
こんなところですね。やらない夫さんは村人と思っています」
スネーク
「ちとせ吊るか
責任は俺持ちだ」
バラライカ
「私としては安部かやらない夫が狐か狼、
どちらにしても人外であろうと考えている。
いや、いた。

現状ではこの推理に穴があるということになる。
しかし、疑われてる奴から食っていくということは、案外食われた奴が真実を言っていたのかもしれないな」
ちとせ
「私も、○の中に狼が1匹はいると思います。
残りがられっか夫さんでしょうか」
やらない夫
「○の中なら丈太郎疑いだろ…」
やってられっか夫
「やらない夫基本的に真目で見るでやんす
コレがばらしーとグルでわざと怪しまれるばらしーと思いっきり対立することで疑いの目をそらす作戦だったらまずいでやんすが…」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
いや…ピンポイントならある
まだ希望は残ってる
スネーク
「……指定は…そうだな…」
やらない夫
「俺は薔薇水晶狼で、霊能真狂と見てるだろ」
スネーク
「なるほど。」
ちとせ
「霊能を最初にローラーしたので、狼数を推理する材料が吼え数ぐらいですね・・・」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
やらない夫は、ちょっとアピールが目に付くかしらー。
こういうのって、「狼がムキになった」って言いがかりつけられて疑われる元かしらー。さじ加減が重要かしら。
森崎(サム)
何気に村勝ちはほぼなくなってる
フリーザ
「昨日の吠えはあからさまな偽装でしょう。狼はまだ2残りと見ますが、いかがですか?
……いえ、薔薇水晶さんが狼だった場合は残り1となりますが」
スネーク
「理由の薄さは確かに気がかりだったな…。
くっ…そうだ、な
いったん、皆の推理を聞きたい」
やらない夫
「俺は○の中に一匹は居ると踏んでいる、狐に関しては知らん」
やってられっか夫
「オイラと阿部さんでやんすねー」
バラライカ
「なるほど、狼はよく喋る人間を順々に残して疑心暗鬼にさせる腹積もりらしいとみたな。
だとすればやらない夫に●が出たのも納得がいく。
これほど喋りたおす村もそういまいか

もっとも、そこで足をすくわれたのでは話にならんが」
ちとせ
「8>6>4>Xで吊り3回ですか・・・多いと見るか少ないと見るか」
承太郎
「LWの可能性もあるが…それにしては露骨に吠えは少なかったな
とはいえ、吠え数5でまともに相談できるとも思えねー…
LWも念頭に置いて慎重に行こう」
しんのゆうしゃ(かに)
きょうゆうに はんぱつするというなら きょうゆうに とうひょうするべきだ
! それこそが しんのゆうしゃの とるべきこうどうなのだ!
フリーザ
「スネークさん、今日の方針をお聞きしたいですね。……わたしは○ランを依然として提唱します
しかし狐が残っている可能性を考えるのであれば、ご自由にどうぞ」
阿部高和(tuy)
狼は大はずれだなこりゃ
スネーク
「薔薇水晶未投票は…られっか夫か?」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・策略成功? あまり煩いと疑われるよ?>やらない夫
御剣(たこ)
・・・ん?>森崎
キバヤシ
「占いの理由の薄さはずっと気にしていた」
やってられっか夫
「さて、あと3吊りでやんすね
グレラン村を選択した以上共有以外全グレーでやんす」
キバヤシ
「LWになっているのなら・・・
吊り順ミスは命取りだ」
スネーク
「やっと噛みがまともになったか…」
阿部高和(tuy)
ちとせうらなってほしかったなーそれで判断してたぜ
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・別に私・・催促してませんよ?・・・泣きそうでしたw
・・・・・吊られるつもりでしたけどねw
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
へぁ、阿部さん噛んだかしら。
おつかれかしらー。
これは狐がちょっと遠ざかったかしらー?
やらない夫
「俺はひたすら薔薇水晶疑いで、共有にも反発してる
なのに奴は共有擦り寄り、自分妄信だっと言いやがっただろ
ロクにログを読まない奴は占いのはずがないだろ…」
フリーザ
「そして昨日の薔薇水晶さんに投票しなかった方々。……ここに狼がいると見ています
……阿部さんを疑っていたのですがね。何故、彼が噛まれるのでしょうか?」
森崎(サム)
悪い顔してる奴ローラーするんだよ!
やってられっか夫
「うっわー、今日はオイラSG候補にされまくりでやんすね…」
ちとせ
「グレランになった以上、村人らしいところから噛まれるのは道理ですね・・・」
スネーク
「遠吠え5…。狼1〜2か?」
キバヤシ
「昨日の夜の咆え数はだいぶ少ない」
御剣(たこ)
お疲れ様
バラライカ
「おはよう諸君。
あからさまに狼の吼えが少なくなったのが多少気になるところだな」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ばらしー>よしよしかしら。
共有出たとたんに●、ってのは言われるとはいえ、かわいそかしらー。
キバヤシ
「阿部は村人として見ていた・・・
残念だ」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おお、おつかれ
森崎(サム)
お疲れさん
スネーク
「おはよう…。」
承太郎
「昨夜の吠え数はたったの5だった…
狼はもう吊れてると判断するぜ。」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
お疲れさま・・・です
阿部高和(tuy)
うわ、マジで狂人だし。おつかれ
ちとせ
「阿部さんが噛まれましたか」
やってられっか夫
「おはようでやんすー」
キバヤシ
「おはよう」
フリーザ
「……おはようございます。このわたしもなめられた物ですね」
やらない夫
「三日目
◆やらない夫  「俺は銃殺が出るまでは薔薇水晶は保留だろ…」
四日目
◆やらない夫  「悪いが薔薇水晶は占い先も理由なんかもあって妄信出来ないだろ…」
五日目
◆やらない夫  「今日もグレ噛みかよ、いよいよもって信用出来なくなるだろ…」
この辺だな」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
真なら・・・発狂しますよ?
阿部高和(tuy)
5回か。2匹生きてると思えねー数だあん
やらない夫
「まず言わせてもらうだろ
俺は二日目の投票は共有に反発させて貰ってただろ…
それ以降もひたすら薔薇水晶疑いを続行」
森崎(サム)
初日占いばっかだよな・・・最近
初日霊能とか初日狩人なんて久しくみてねぇよ
ちとせ
「おはようございます」
            < < 朝日が昇り 7 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
薔薇水晶 さんの遺言
金糸雀○>承太郎○>キバヤシ○>フリーザ○>やらない夫○●

・・・占いCO
狩さんは・・・何してるの?
阿部高和 さんの遺言
ちとせ、られっかお>森崎、やらないお>スネーク>その他

ってとこかな。現ぐれすけは
            阿部高和 は無残な姿で発見されました
            (阿部高和 は狼の餌食になったようです)
            フリーザ たち人狼は 阿部高和 に狙いをつけました
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
それにしても・・・ひどいですよね?
◆スネーク  「…こりゃ、ばらしー偽か? 俺が出た途端これか
あなたが勝手に出たのに・・・>スネーク
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ふふん、もっと褒めてくれてかまわないかしら!
でも冗談抜きに、狂人ってわかったし、○貰ったし、占い1COなら初日占いでなければ真寄りに見られるかな、と思って出ちゃったかしら。
悪くて狂だと思われて、すぐローラーはないかなーと思ったかしら。
すぐ吊られたけど。かしら。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
御剣(たこ)
◆スネーク(共有者) ちとせ……か…?
まさにそこ狐だ
フリーザ(人狼)
「阿部さんとJOJOで行きましょう。おそらく狐はどちらか
烏丸ちとせさんの線もありますが、ほっといても吊れそうですね
JOJOもですが。45秒で噛みます」
キバヤシの独り言
「ちとせも初日以降会話が少ない」
阿部高和の独り言
「そしてハイパーミスリーっぽい」
御剣(たこ)
私は最近センサー封印してるからな・・・、まともな推理ができず何が検事だ
スネーク(共有者)
「ちとせ……か…?」
ちとせの独り言
「というか、長期決戦は無謀ですね・・・阿部さんに疑われた以上」
阿部高和の独り言
「狼なら俺はハイパーミスリー」
ちとせの独り言
「どうせなら、PPに加担するように勝ちたい」
阿部高和の独り言
「っていうか理由が薄いって吊る理由にならなくね?
占い一人しかいないんだから信用勝負する相手いないぞおい」
フリーザ(人狼)
「さて、ここからはグレラン村ですね。わたし達が吊られるのが早いか、
狐を吊り上げるのが先か。わくわくしますねぇ

おっと、今日の偽装はLW演出でお願いします
そして噛みは……ふむ。わたしがSGとして、JOJOを残すか否か、ですね
その場合は○対抗はキバヤシさんとなります。あえてグレー噛みもいい
共有のヒゲはミスリード要員に最適です、是非残しましょう」
ちとせの独り言
「・・・・・・もう最近の狐の多さにSAN値振り切れてますよ」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・ガイアw・・・さすがお姉様>金糸雀
ちとせの独り言
「死にたくない死にたくない、痛いの嫌、怖いの嫌、絞首刑ヤダヤダ」
バラライカ(人狼)
「明日の噛み先だが、阿部を提案したい。
狐の可能性を見越しての話だ。

そして承りの喋る数が妙に少ないということも気になる。
キバヤシはおそらくむらだろう」
スネーク(共有者)
「笑いたきゃどうぞ笑ってくれ!」
阿部高和の独り言
「吼えがまた減ったぞ・・・」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ばらしー>だって最初から出るつもりだったかしら。
○貰ったけれど、なんか出たほうがいいってガイアが囁いたかしら。
キバヤシの独り言
「確かに薔薇水晶の理由
占い方針は全てにおいて薄かった」
阿部高和の独り言
「あれ?でも狼か?」
ちとせの独り言
「・・・・・・・・・」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
狐か狼と見てましたが・・・狼でしたね>変態さん
ちとせの独り言
「阿部高和 「俺は反対するぜ。そしてついでにあしたちとせ占ってほしいわ
狐っぽい」」
阿部高和の独り言
「保持してもそれこそかわらんだろ
薔薇狼なら・・・
むしろ保持して最後につるとこじゃねーのか?」
キバヤシの独り言
「オレにだって……わからないことぐらい…ある…」
承太郎の独り言
「さて…フリーザの強弁に気を取られてキバヤシ、ちとせあたりが完全に視界から外れていたぜ…
られっか夫もそのうち吊られると思ってあまり気にとめてなかったな」
スネーク(共有者)
「囲い疑うか……グレー潰すか……どうしようか」
ちとせの独り言
「・・・占いは葬れましたが」
キバヤシの独り言
「すまん・・・」
やらない夫の独り言
「ログも読まずに俺を共有擦り寄り、薔薇水晶妄信とかおかしいだろ…」
森崎(サム)
お疲れさんー
俺じゃなくてちとせ吊れよ!w>薔薇
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
金糸雀お姉様の霊COが意味不明でした
スネーク(共有者)
「むしろ覚悟こそ幸福です」
バラライカ(人狼)
「いよいよとここまできて喋る数を減らすときが来たようだな
今日の発言回数は6めざしでいこうではないか。」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ばらしーおつかれさまかしら!仕事する妹でおねえちゃんはうれしいかしら!
吊り消費させたし、仕事ばっちりかしら!
スネーク(共有者)
「しかしばらしー真でも俺は誤らない」
薔薇水晶(イカ◆W/w02poX0Y)
・・・お疲れさま
御剣(たこ)
お疲れ様
フリーザ(人狼)
「薔薇水晶さん、……素晴らしい働きでしたよ」
森崎(サム)
フリーザ、バラライカ、カナリア

よく頑張ったなカナリア…
阿部高和の独り言
「マジでつりやがった!?」
やってられっか夫の独り言
「ふーむ、もういい加減オイラ噛んでほしくなってきたでやんす」
スネーク(共有者)
「スネークですが、頭がむっちゃ痛いです」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おつかれー
森崎(サム)
むしろ、一日に三人くらいの村噛みそうです
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
◆阿部高和 俺は反対するぜ。そしてついでにあしたちとせ占ってほしいわ
狐っぽい

流石すぎるぜ、銃殺されなければ最高だな!
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
森崎>もう本当に怖かったかしらー・・・。
その中に放り込まれたカナの心労はいかばかりかしら。
ちゃっちゃと霊騙ってローラーされてよかったかしら。
            薔薇水晶 は投票の結果処刑されました
6 日目 ( 1 回目)
キバヤシ0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
ちとせ1 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
承太郎0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
薔薇水晶7 票投票先 1 票 → やらない夫
スネーク0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
阿部高和0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
フリーザ0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
バラライカ0 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
やってられっか夫1 票投票先 1 票 → ちとせ
やらない夫1 票投票先 1 票 → 薔薇水晶
            やらない夫 は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            承太郎 は 薔薇水晶 に処刑投票しました
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
            バラライカ は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は やらない夫 に処刑投票しました
            フリーザ は 薔薇水晶 に処刑投票しました
            阿部高和 は やってられっか夫 に処刑投票しました
            やってられっか夫 は ちとせ に処刑投票しました
            ちとせ は 薔薇水晶 に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
バラライカ狼とか村人でも票入れたくないよな
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            スネーク は 薔薇水晶 に処刑投票しました
阿部高和
「俺は反対するぜ。そしてついでにあしたちとせ占ってほしいわ
狐っぽい」
キバヤシ
「俺としては君を信じたかった」
薔薇水晶
「妄信発言から・・そう見た」
フリーザ
「ほほほ……素晴らしい判断です。わたしは既に投票を済ませていますが」
            キバヤシ は 薔薇水晶 に処刑投票しました
森崎(サム)
バラライカ狼とか怖すぎです
狩人が守ってても突破されます
やってられっか夫
「そうなると…本格的にグレラン村でやんすね
覚悟を決めたなら行動は早い方がいいでやんす」
スネーク
「ここで●?俺が出た途端じゃねぇかッ……
こうなりゃグレラン祭りだ」
薔薇水晶
「・・・ひどいです
なぜ?・・・狼の策略に乗って信用しないのですか?」
やらない夫
「お前を一貫して疑ってると言ってるだろ、ログ読むべきだろjk」
バラライカ
「ふむ、小娘つりか・・・狼をいくつ吊っているのかわからないところがあまりにもシュールなところだな」
ちとせ
「共有が言い切りましたね・・・吊りましょう」
キバヤシ
「また1から考え直す必要がでてきた」
阿部高和
「俺はやらないおキープしてグレランを希望するな
3匹いないとみての安全策だ。最悪明日つれば終わりはない」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
よしよし、まだ間に合うところだ
            薔薇水晶 が異議を申し立てました
やらない夫
「なんでここまでグレーしか噛まれなかったのか少しは考えろ
いきなり霊ロラして訳わからん村にしたのはどこのどいつらだ」
キバヤシ
「スネーク!そう決断するのか・・・」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
◆阿部高和 ああ、やらないお、やってられっか、森崎あたりは臭くてしょうがなかったな
あとちとせ
◆阿部高和 あとさ、狼吊れてるっぽくないか?
3残りじゃない気がする。だからやらないおキープしてみんかね?

阿部さんちょーいいおとこかしら。
その調子でちとせ吊ってかしら。
御剣(たこ)
スネークは二つの選択ができる
薔薇水晶を信じやらない夫を吊るか、薔薇水晶を信じずやらない夫を放置するか
薔薇水晶
「共有に従ってましたよね?
妄信発言もあったので・・・私寄りじゃなかったの?>やらない夫」
ちとせ
「ない夫キープで・・・薔薇水晶吊りですか」
キバヤシ
「占いをぎりぎりまで残す方がよい」
スネーク
「薔薇水晶を吊り上げるんだよ!」
フリーザ
「スネーク、判断を聞きましょうか。貴方は賢明だと信じていますよ?」
承太郎
「ない夫キープか…まあそれもありだと思うぜ。
その場合吊りたいのはフリーザと薔薇水晶だ」
スネーク
「そうだな、ない夫キープだ」
バラライカ
「狐が吊れている可能性もあるが、呪殺に期待したくなるのは人間として当たり前のことだ。
鼻をかむティッシュが一枚なくなっただけとはよくもいわないところだ」
キバヤシ
「あえて吊りたい」
やってられっか夫
「そろそろこの占いを信じるか残すか腹を決める時期でやんすよ?>共有
オイラは切り捨てるのをお勧めするでやんす」
ちとせ
「確かに、残りグレー5の中に最大狼3狐1が犇いてるんですから、引けないわけもないですけど・・・」
阿部高和
「あとさ、狼吊れてるっぽくないか?
3残りじゃない気がする。だからやらないおキープしてみんかね?」
やらない夫
「答えになってない、どこか態度急変だ
理由になってない占い理由は理由にすらなってないだろ」
フリーザ
「……やらない夫さんは村人、このわたしが言うのですから間違いはありません
狼の逆囲いなど懸念している場合ではないでしょう?」
薔薇水晶
「ようやく●を引いてこの仕打ち・・・怖い」
スネーク
「誤爆…その線も確かにあるが…。」
御剣(たこ)
これは作戦負けだ、作戦を変更すれば勝てるかもしれん
阿部高和
「タイミング的にはここで●出ないほうがおかしいから
つじつまは合うんだよ。もう狼と狐のほうが多いくらいだからな。グレー」
ちとせ
「まあ、タイミング最悪でも●を引いてしまうときはありますが・・・
元々の信用があまりにも悪いです」
やってられっか夫
「えーとばらしー視点で占ってないのはちとせ、阿部、バラライカ、オイラでやんすね」
やらない夫
「それを聞かせて貰おうか」
薔薇水晶
「・・・森崎さんが吊られましたからね・・・次点を占ったよ?」
承太郎
「俺は薔薇水晶もやらない夫も両方疑ってるぜ…
『狂人誤爆』なんじゃねーのか?」
フリーザ
「皆さん、今日は薔薇水晶さん吊りを提言いたします。もはや彼女には何も期待できません
銃殺? 何を甘いことを言っているのですか?」
バラライカ
「ここにきてやっとこさの●だと、信用できるとでも思っているのか小娘。
可愛さを盾にしてよいのは貴様の花弁を売り物にするときだけだと教えたはずだがな」
やらない夫
「どの辺が態度急変なのか言ってくれ」
スネーク
「…こりゃ、ばらしー偽か?
俺が出た途端これか」
阿部高和
「ああ、やらないお、やってられっか、森崎あたりは臭くてしょうがなかったな
あとちとせ」
やらない夫
「態度は一貫して薔薇水晶疑いだ」
御剣(たこ)
あぁ、薄々気づいていた・・・、だがな・・だがな・・・
ちとせ
「共有現れた途端にこれはあからさまですよね・・・」
キバヤシ
「狼の考え方がいまいちわからない」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
おー異議ありかしらー。
なに言ってくるかしら。どきどきかしら。
薔薇水晶
「・・・ここまで残されると・・不愉快?
私って・・偽っぽいのかな?」
フリーザ
「そして共有が現れた途端に●。実に解りやすいですね?
これでハッキリしたでしょう?」
仮名ライダー(バッタ)
承太郎
「やらない夫●か…たしかに俺は疑ってたとこだがな」
やらない夫
「ずっと俺は薔薇水晶を疑っていた
その理由は理由になってないだろ」
バラライカ
「おはよう諸君。
なるほど、狼はここに来て自分が追い詰められていることに気づいたようだ。」
やってられっか夫
「よーやく●出たでやんすか
霊が狂だったとすると@2でやんすね」
スネーク
「はいない夫、COはあるか?」
阿部高和
「また妥当なとこに●だなこりゃwすげーわかる感じだけど」
薔薇水晶
「・・・○噛まないんだ」
            やらない夫 が異議を申し立てました
キバヤシ
「御剣・・・が死んだ」
やらない夫
「薔薇水晶は偽だよ」
フリーザ
「ここで御剣さんを噛む、とはね。……随分と余裕があるではないですか
それとも彼のセンサーに危機感を感じましたか?」
御剣(たこ)
お疲れ様
ちとせ
「共有噛み・・・やっと妥当なところ噛んできましたね」
薔薇水晶
「5日目になって・・急に態度変更
発言数も・・少なめ?
投票的にも・・吊られそうにないしね
・・・一回は占い候補でした
8→5ですからね・・・
・・・キバヤシさん予告してなければ
占っていましたよ?」
御剣(たこ)
・・・まぁ、ですよねー
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ミツルギお疲れ様かしらー。
・・・遺言白紙かしら。がっかりかしらー。
やらない夫
「ようやっと妥当な噛み」
スネーク
「ナンテコッタイ……」
阿部高和
「おはようさん」
薔薇水晶
「占いCO・・・やらない夫さんは●でした」
キバヤシ
「おはよう」
やってられっか夫
「おはようでやんすー」
ちとせ
「おはようございます」
フリーザ
「おはようございます、皆さん。……なぜ、わたしを噛まない?」
森崎(サム)
吊り回数は4
狂人を考えなければ一回だけミスれるのか…
承太郎
「おはよう」
やらない夫
「朝だろ…」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ポルナレフ>おつかれさまかしらー。
ゆっくりやすんでほしいかしら!
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おつかれさまー
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
お疲れ様にょろ 亀の中に帰るにょろw
            < < 朝日が昇り 6 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
森崎 さんの遺言
ザコオンリー戦、見てくれよな!
御剣 さんの遺言

            御剣 は無残な姿で発見されました
            (御剣 は狼の餌食になったようです)
            フリーザ たち人狼は 御剣 に狙いをつけました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
バラライカがまだフリーザをミセスって呼んでるかしら。
まず性別違うし、結婚してないかしら!ミセス・フリーザとか仰天かしら!
ポルナレフ(白カブト◆vWbdXpni/g)
さて、俺はそろそろ落ちるとするぜ。
お疲れ様。村の勝利を祈ろう。
しんのゆうしゃ(かに)
さいこうで わかばやし
さいあくで わかしまづ
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
フリーザ(人狼)
「では、また明日」
御剣(共有者)
「フッ・・・みえてきたぞ、グレー噛みの意味が!」
フリーザ(人狼)
「狐ケアは……明日で10人、まだ先でよろしいのでは?」
バラライカ(人狼)
「わかった、今日の判断を貴様にまかせよう、ミセス・フリーザ。
どうか、快い人生を挑まれるよう」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
うーん、ばらしーがやらない夫に●出すみたいかしら。
ちとせがー狐がーかしらー・・・
ちとせの独り言
「これで信用得るのは無理ですね」
ちとせの独り言
「どうして私が偽日記つけると、こう単調になるんでしょうか・・・」
森崎(サム)
狂人を守ってたなんて…
若林さんなら全噛みGJなのに!
ちとせの独り言
「狩人日記
2日目:【薔薇水晶さん護衛】
貴重な同士を失うわけにはいきません。
3日目:【薔薇水晶さん護衛】
もう真として盲信します。共有は守らなくても多分噛まれないでしょう。
4日目:【薔薇水晶さん護衛】
昼間はあんなこと言っちゃいましたが、薔薇水晶さん信じてます。
今流行りのツンデレとかいうやつですよ。
5日目:【薔薇水晶さん護衛】
そろそろ限界みたいです、吊られかかりました。」
やらない夫の独り言
「霊が居ないと投票推理も出来ないだろ…
ただのセンサー村なんて俺向きじゃないだろ、jk」
フリーザ(人狼)
「……おそらく、狐は空気。しんのゆうしゃか烏丸ちとせさん、やってられっか夫さんでしょう
次点でやらない夫さんです」
御剣(共有者)
「私達は徹底的に薔薇水晶を信じる、偽だと笑うしかない方針だ」
バラライカ(人狼)
「共有を噛みぬくことで最終日は磐石となるだろう。
おそらく、明日の吊りは占いになるだろうからな

狐のケアだが、今から始めないといけないところまで来ている可能性も十分にある」
やらない夫の独り言
「薔薇水晶が真だとしてもこの疑念は最後まで残るだろうし、偽だったらどうするべきかに悩む…」
阿部高和の独り言
「バラライカがバラライカの癖に空気だな」
御剣(共有者)
「ここから私の指定か・・・、共有希望してないのに共有とかある種のいじめだ」
フリーザ(人狼)
「わたしが村人であれば……狼は。そろそろ狐探しに全力を傾けるでしょう
愚かな共有など放置してね。もちろん、このわたしはSGです」
ちとせの独り言
「吊られかかった人間を占うような愚かな占いはいませんからね」
ちとせの独り言
「反面、占いは絶対に私に来ないといえます
キバヤシの独り言
「あえて主張したが
果たして・・・」
阿部高和の独り言
「ちとせ狐かな」
やらない夫の独り言
「乗っ取りかもしれない薔薇水晶を一択で残すなら薔薇水晶ロラって真が居ること濃厚な霊二人残したかっただろ…」
御剣(共有者)
「1・・2・・・3・・・4・・・5・・6・・、よし、素数を数えたぞ」
スネーク(共有者)
「最悪狐1の狼3か…GJか狐を噛んでもらいたいな」
バラライカ(人狼)
「しかし我ら二人ともまったくと言っていいほどに疑われないものだな。
ここはひとつ共有噛みを1度行うか?

しかし、やや厳しいことを言うのなら狐の気配が見つからん」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ゆうしゃ>れでーにサッカー漫画とか熱弁振るわれてもこまるかしらー・・・
薔薇水晶の独り言
「占いCO・・・やらない夫さんは●でした」
御剣(共有者)
「明日から私は指定しなければならない」
フリーザ(人狼)
「烏丸ちとせさんは……おそらく視界の外、と判断されたのでしょうか?
発言に怪しい点は見られませんね。……さて、狐探しか共有噛み、どちらになさいますか?
バラライカさん、貴方の意見が聞きたいですね」
やってられっか夫の独り言
「ふーむ、こいつはオイラとちとせさんが吊り逃れたように見える形でやんすねえ…
こりゃ明日あたり占われるかもでやんす」
スネーク(共有者)
「…落ち着け御剣!
とりあえず素数数えとけ!」
御剣(共有者)
「10>8>6>4、最悪狼3狐1だ」
しんのゆうしゃ(かに)
かりうどは もうすこし めだたぬように すべきかもしれない
だが このむらは もうおおかみのえさになるのだ!
ポルナレフ(白カブト◆vWbdXpni/g)
くっ ガッツがたりない!
お疲れー
森崎(サム)
ぐわぁ!
御剣(共有者)
「森崎!!貴様が村なら私に任せておけ!!、勝つ!」
やらない夫の独り言
「やっぱり霊ロラ早すぎただろ…jk」
バラライカ(人狼)
「ふむ・・・・森崎が落ちたか。
いいだろう、サッカー好きの少年の敵討ちでもしてやろうじゃないか」
阿部高和の独り言
「森崎か。まあどっちでもいいが・・・」
しんのゆうしゃ(かに)
おおっとセーブどころか じぶんが ぬかれてしまった!
ポルナレフ(白カブト◆vWbdXpni/g)
今日グレランねぇ……1CO占いを信じたいのは共有のサガだ。
村はこういうときこそアピるべき。
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
森崎くん ふっとばされたーーーーにょろww
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
あーん残念かしら!でも狩人吊ったから狼としてはおいしいかしら!
森崎くんおつかれかしら!
薔薇水晶の独り言
「ああ・・・森崎さん・・●出そうと思ってたのに」
ちとせの独り言
「でもこれは・・・占われずに吊るされますよね・・・」
承太郎の独り言
「ポルナレフ…仇は取ってやるぜ」
フリーザ(人狼)
「森崎……汚い花火ですね! おほほほ!」
御剣(共有者)
「◆森崎 「かっこわりー・・・」
◆御剣 「明日からスネークにすべてを託す!!」
私が・・・かっこ悪いだと・・!」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
これはwwww一番ひどいところ吊ったな
おつかれー
しんのゆうしゃ(かに)
キャプツバとは そういうれべるの ものではないのだ
がいこくじんですら だれもがしっている きゅうきょくの まんがなのだ!
ちとせの独り言
「死にたくない死にたくない死にたくない」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            森崎 は投票の結果処刑されました
5 日目 ( 2 回目)
キバヤシ0 票投票先 1 票 → 森崎
ちとせ3 票投票先 1 票 → 森崎
承太郎1 票投票先 1 票 → やらない夫
森崎4 票投票先 1 票 → ちとせ
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 森崎
御剣0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
スネーク0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
阿部高和0 票投票先 1 票 → ちとせ
フリーザ0 票投票先 1 票 → 承太郎
バラライカ0 票投票先 1 票 → やらない夫
やってられっか夫2 票投票先 1 票 → ちとせ
やらない夫2 票投票先 1 票 → 森崎
5 日目 ( 1 回目)
キバヤシ0 票投票先 1 票 → 森崎
ちとせ3 票投票先 1 票 → やってられっか夫
承太郎1 票投票先 1 票 → やらない夫
森崎3 票投票先 1 票 → ちとせ
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → 森崎
御剣0 票投票先 1 票 → 阿部高和
スネーク0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
阿部高和1 票投票先 1 票 → ちとせ
フリーザ0 票投票先 1 票 → 承太郎
バラライカ0 票投票先 1 票 → やらない夫
やってられっか夫2 票投票先 1 票 → ちとせ
やらない夫2 票投票先 1 票 → 森崎
            ちとせ は 森崎 に処刑投票しました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ちとせ3票かしら!そいつが狐かしら!つかまえて−!かしら!
            キバヤシ は 森崎 に処刑投票しました
            阿部高和 は ちとせ に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おお、ちとせちとせ
これはイケるか
            バラライカ は やらない夫 に処刑投票しました
            フリーザ は 承太郎 に処刑投票しました
            やってられっか夫 は ちとせ に処刑投票しました
            薔薇水晶 は 森崎 に処刑投票しました
            御剣 は やってられっか夫 に処刑投票しました
            やらない夫 は 森崎 に処刑投票しました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ゆうしゃ>カナはスポーツ漫画は範囲外かしら。
キャプ翼は名前だけ知ってるくらいかしらー。
            承太郎 は やらない夫 に処刑投票しました
            森崎 は ちとせ に処刑投票しました
            スネーク は やってられっか夫 に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
人外まったく疑われてないなー
10>8>6>4だからピンポイントじゃなきゃ勝ちはないんだよな
ミツルギセンサーは予想外の事態があると機能しないらしいな!
            再投票になりました( 1 回目)
            スネーク は やってられっか夫 に処刑投票しました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
えーと・・・再投票入るかしら?結構ばらけちゃったかしら。
しんのゆうしゃ(かに)
キャプツバ を しらないとは これが ゆとりというわけか・・・
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
兄者>気をつけるざますかしらー。
ていうか、吊り指標出してないまま時間切れたかしらー。
ミツルギはしっかりするかしら!カナもあまり人のこと言えないけど!かしら!
            森崎 は ちとせ に処刑投票しました
            薔薇水晶 は 森崎 に処刑投票しました
            やらない夫 は 森崎 に処刑投票しました
            バラライカ は やらない夫 に処刑投票しました
            ちとせ は やってられっか夫 に処刑投票しました
            阿部高和 は ちとせ に処刑投票しました
            フリーザ は 承太郎 に処刑投票しました
            御剣 は 阿部高和 に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
ありがてぇはだめかしらー

そうそうグレー噛みで薔薇真なら狼積んでる
ばらしー真はない
            キバヤシ は 森崎 に処刑投票しました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
◆森崎 いーや、俺はスネークを疑うね

ふいたかしらwwwリロードはだいじかしらーwww
            承太郎 は やらない夫 に処刑投票しました
ポルナレフ(白カブト◆vWbdXpni/g)
ココで吊るべきだぜ?ばらしー真はもうない。
            やってられっか夫 は ちとせ に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
森崎
「かっこわりー・・・」
御剣
「明日からスネークにすべてを託す!!」
承太郎
「薔薇水晶を信じるか、それとも切るか…そろそろ決めないといけねーぜ」
森崎
「なんだと!?」
やってられっか夫
「自分の考えと同じ人は村人って考え方は危険でやんすよ?
民主主義の根底を揺るがす理論でやんす」
阿部高和
「んー、でもばら真ならあしたの時点で最悪でも
1−3−1でさらに占われだろ。狼薔薇真ならツミだよな。これ
どういうことだ・・・」
キバヤシ
「共有相方把握した」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
兄者>うそ!?地出ちゃってるかしら!?ありがてぇはやっぱりダメだったかしら?
森崎
「いーや、俺はスネークを疑うね」
フリーザ
「ここまで噛まれない占い、そして○。もはや確定的に明らかですね
……もっとも、グレーにもまだ残っている可能性は十分ありえます」
御剣
「スネーク確認!!」
バラライカ
「確かに狼にとってはこの状況下までもっていくメリットは薄いな。
狼はよほどのキチガイか、それともサーカス気取りか。

万が一にも小娘が本当に占いだとするなら、挑発でもしているつもりなのか」
薔薇水晶
「・・・え?・・今出るの?」
やらない夫
「森崎>ちとせ>丈太郎>られっか夫
あたりを疑ってるだろ」
キバヤシ
「森崎が誘導ぎみだった点を怪しんではいる」
御剣
「もしきらきーが真だとしたら狼は自分の首を絞めていることになるわけだ」
ちとせ
「最悪とは言っても・・・最初から霊能ローラー始めたので実質不明なんですよね」
スネーク
「っち、出るしかねぇな
共有相方CO!御剣、確認頼んだ!」
キバヤシ
「自分達に不利なことをするだろうか?」
承太郎
「俺が疑ってるのはやらない夫だぜ…他はまだ分からねーな」
やらない夫
「俺はフリーザとは真逆で森崎筆頭疑い候補なんだが…」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
あうー・・・狐がすっごくうまくもぐってるかしら。怪しいも怪しくないも言及されないかしら。
(’A`)さんはおそろしーおひとかしらー。
スネーク
「っと、こいつぁまずいぜ。
吊り5で残り最悪4かよ」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
きめぇ丸の地が出始めてるぞwwwww
さて、普通にこれは○噛みすべきだったんじゃないか?
潜伏2だから捕まっちまうぜ
薔薇水晶
「・・・嫌な作戦です・・狼め」
フリーザ
「……やらない夫さんもその発言で村人と判断しました。これはまだチャンスがありそうですね」
森崎
「馬鹿言うな、全然票貰ってないのにわざわざ吊り逃れなんかするか」
キバヤシ
「グレーはかなり多い
こういう展開になると打つ手に困るな」
やらない夫
「正直○の中に最低一匹は居ないとこの噛みはおかしいだろ…」
御剣
「吊りは後5回・・・、最悪人外数は4・・?
うーん・・・」
ポルナレフ(白カブト◆vWbdXpni/g)
19でも22でも初日占いなら人外の戦いになるからしょうがない。
ココ数回村サイドだと初日占いで、狼サイドだと初日狂な気がするんだがな。
フリーザ
「森崎さん、スネークさんを信じなさい。貴方たちは村人でしょう?」
薔薇水晶
「・・・ごめんなさい」
スネーク
「ヒゲじゃねぇ。

それで…だ。俺はこう推理してみたんだ。

【お前は吊り逃れをするため、あえて吊れそうなところに投票した】
お前が人外なら…この推理は矛盾しねぇぜ! 」
しんのゆうしゃ(かに)
森崎は護衛成功など出せない だから森崎なのだ
阿部高和
「ああ、共有とばら○にすれば3−3−1かグレー
んー狼グレーにいるなら確かにツミにちかいよなぁこれ・・・」
ちとせ
「グレーは・・・まだ結構いますね、占い1ですし」
バラライカ
「ここで○ランをするというのか?
馬鹿馬鹿しいとまではいわないが、ややリスクのある賭けではないか?
無論、リターンは大きそうではあるが」
やってられっか夫
「○ばっかの占いは正直信用できないでやんすねー…
信頼度が60%くらいになったでやんす」
フリーザ
「現時点で、村人であろうお方は……森崎さん、スネークさん、この辺りだと判断しています
○は全員疑わしいですね」
スネーク
「今までのばらしーの○は
金糸雀、承太郎、キバヤシ、フリーザだ」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ちゅるや・兄者>元ネタ説明ありがてぇかしら。
キーパーってことは、やっぱりぴったりかしら!
護衛成功でナイスセーブ!とか言っちゃうかしら!
バラライカ
「そうだな、この状態で占いの真偽はつかない。
そして、狐も狼はまだ見つけられていないのではないかと考えている。」
森崎
「もちろん、未だにあんたを疑っている>ひげ」
阿部高和
「んー現状最悪で
8−3−1か
んで、ばらしー真とみたら
グレーは村5に人外4ってことになるな・・・」
やらない夫
「薔薇水晶が真で明日も生きてるなら狼詰みだろ?
ここまでグレー噛む理由が分からないだろ…」
森崎
「まだ確信が持てないからノイズに入れたんだよ>ひげ」
薔薇水晶
「○しか・・・引けなくてごめんなさい・・センサー死んでる?」
キバヤシ
「色々と考えてはいるが・・・」
承太郎
「金糸雀○ 承太郎○ キバヤシ○ フリーザ○
だな…」
御剣
「貴方も○です、その推理の場合貴方も狼候補になります>フリーザ」
ちとせ
「出方から考えて、偽は偽でも狂人な気もするんですよね・・・占い」
森崎
「狼が乗っ取りに成功して、
早々と囲っているとしたら」
スネーク
「それと…だ。
◆森崎 「◆スネーク 「狼はばらしー妄信なら一応3だな。」

…ん?なんか気になるなこの発言」

あぁ、結果は4日目まで○だけだろう?
霊能で結果も分からんからな。
俺は少なくともそう思っているだけだ
それに俺の発言を気にして置きながら

【森崎 1 票 投票先→ しんのゆうしゃ】

なのに、お前はゆうしゃ投票だよな……矛盾しているぜ? 」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
兄者>そりゃ一番怖いのは、ガンガン思考もはっきり発言して推理する人かしら。
ただ今回そうしてるフリーザは狼かしら。カナも狼かしら。
だから真実を知った者は死んでもらうしかないかしらー!
フリーザ
「○を整理しましょう。おそらく狼はこの中にいます」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
キャプ翼だよ 若林にポジション取られて補欠のキーパーにょろ
でも頑張りが光るキャラにょろ
森崎
「言いくないが、これはそろそろ
偽占いの線も考えないとだめか」
やってられっか夫
「えーと、あと吊りは5でやんすか
まだ少しだけ余裕があるでやんすね…」
薔薇水晶
「12人中○5・・・これは詰み?」
フリーザ
「霊能がいない以上、ここは●で潰しに来る……いえ、噛みに来ると睨んでいました
しかしポルナレフさんを噛むとは……」
承太郎
「さすがに囲いを疑いたくなる時期だ。ま、かくいう俺も囲われ候補なんだが…」
スネーク
「おお、おはよう」
御剣
「徹底的に・・・グレーを噛むつもりか・・・?」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おお、おつかれさまー
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
おお、ばらしーがフリーザ囲ったかしら。
でもばらしー偽かも?な流れだからどっちに転ぶかわかんないかしらー。
ポルポルはおつかれかしら。
ポルナレフ(白カブト◆vWbdXpni/g)
ステ吊りしてる以上、今日吊らないとキツいかな。
お疲れ様。
やらない夫
「今日もグレ噛みかよ、いよいよもって信用出来なくなるだろ…」
バラライカ
「しんのゆうしゃ・・・おまえがゆうしゃだったのか、狼だったのか理解する術はない」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
あああ…2囲い、ばらすぃーセンサーやばいな
薔薇水晶
「・・・意味がわからない・・・なぜ?」
フリーザ
「このわたしを占うとは……いい度胸ですね。しかも○?」
ちとせ
「まだ狼は引っかからないんですか・・・」
薔薇水晶

・・・多弁誘導人外?
私をはっきり・・・偽と断言するのは何か見えている?
発言数も・・・上手く中庸です・・・吊れない?
あからさますぎるけど・・・占いました」
森崎
「…グレー噛み、
○続き…これは」
フリーザ
「おはようございます、皆さん。……おやおや」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
森崎ってキャプ翼…かなアイコン的にだけど
承太郎
「ポルナレフ…ッ!!」
阿部高和
「おはようさん。ポルナレフかよ・・・うーん」
やってられっか夫
「おはようでやんすー」
やらない夫
「おはようだろ…」
御剣
「おはよう」
キバヤシ
「おはよう」
薔薇水晶
「占いCO・・・フリーザさんは○でした 」
ちとせ
「おはようございます」
            < < 朝日が昇り 5 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ポルナレフ さんの遺言
今日もグレー噛みなら決まりだな。
ばらしーは狼でいいだろう、呪殺出来てないなら吊るべきじゃないか?
承太郎はSGの村とみている。
狼ー真狂だからこそ露骨に囲わないという寸法だ。
それとフリーザもあって狐だろう。
噛まれるまで放置でいいと思うぜ。
しんのゆうしゃ さんの遺言
せいだいなるファンファーレのあらし!
わたしは いまむらびとたちのまえにいる むらじゅうのひとが
ぞうおを うかべて わたしを かこんでいる
わたしは これからしばりくびに されてしまうのであろう
ざんねん! わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!
            ポルナレフ は無残な姿で発見されました
            (ポルナレフ は狼の餌食になったようです)
            バラライカ たち人狼は ポルナレフ に狙いをつけました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
ナルホドセンサーはちょっと曇り気味だな
俺はガンガン推理している人のほうが怖いな
ぽつっと言われてもまったく誘導力ないしな、ステ気味なら後半強引にいける
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
森崎狩人はなんかぴったりかしらw
原作知らないけど、かしら。
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ミツルギのセンサーは今日ははずし気味かしらー。
狼どころか狩人に当てるとか、別方向に感度良好な気がしないでもないけど。かしら。
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
御剣(共有者)
「森崎は吊り逃れをするため、あえて吊れそうなところに投票した」
バラライカ(人狼)
「いや、潜伏占いCOはかさなるとまずいだろう。
ここはでは、ポルナレフを釜生ではないか。

イタリアンマフィアなど、正気の沙汰ではない」
ちとせの独り言
「死にたくない死にたくない死にたくない」
阿部高和の独り言
「森崎もだな」
フリーザ(人狼)
「もっとも、それならば薔薇水晶さんが狼占いの方向へ持っていくだけです
……あとは無様な共有に踊っていただきましょう。ほほほほほ……」
ポルナレフの独り言
「あー…… 森崎君か?狼か狐は。
発言推移を見るなら。
ばらしーは占い先が狼探す気ねー気がする。」
森崎の独り言
「…霊界じゃ、「森崎狩人とかwwwwwwwwワロスwwwwwwwwww」
って言われてんのかな」
御剣(共有者)
「もし森崎が人外なら・・・こういう推理ができあがる」
スネーク(共有者)
「こいつを明日に俺は突きつけるぜ。」
阿部高和の独り言
「千歳、やってられっかあたりあやしいんだがな・・・」
森崎の独り言
「狩人日記4日目
噛み ライダー(権) 吊り しんのゆうしゃ 護衛 薔薇水晶
狩人を探してるのか?
それとも偽占いと分かってる?
わからないけど、ここは勝負する所じゃない
落ちついて薔薇水晶を守るんだ!」
フリーザ(人狼)
「おやおや、貴方もですか? ……では、わたしはただの勘のいい村人を演じましょう
薔薇水晶さんが気付いていてくれると嬉しいのですが

噛みは……そうですね。ポルナレフさんが気になるところです
彼は何らかの情報を持っていますよ。おそらく真占い、遺言の可能性は高い」
薔薇水晶の独り言
「・・・多弁誘導人外?
私をはっきり・・・偽と断言するのは何か見えている?
発言数も・・・上手く中庸です・・・吊れない?
あからさますぎるけど・・・占いました」
御剣(共有者)
「◆森崎  「◆スネーク 「狼はばらしー妄信なら一応3だな。」
…ん?なんか気になるなこの発言」
森崎 1 票 投票先→ しんのゆうしゃ
矛盾している!!」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
兄者>兄者みたいな人って、思考のインプットがレベル高い人って思うかしら。
で、アウトプット、つまり発言はみじかくて、なんかこう、ぽつっと言う人って、怖いかしら。
スネーク(共有者)
「俺の発言を気にして置きながらゆうしゃ投票…だな」
阿部高和の独り言
「まさかおおかみじゃねーだろうな・・・グレランでつれたら
こまりますよ?」
バラライカ(人狼)
「いいだろう、ここでの喋りの数を減らすわけだな。
次の噛みつきはポルナレフかスネークといこうではないか」
阿部高和の独り言
「票はいんねえな・・・占われたら無駄なんだが・・・
千歳占ってほしいとこだな」
スネーク(共有者)
「占い護衛フラグだな、られっか夫。」
御剣(共有者)
「スネーク、森崎の発言と投票を見ていただきたい」
承太郎の独り言
「やれやれ……俺の『発言数』……
○をもらって7、4、4なんて恰好の『SG候補』じゃねーか」
フリーザ(人狼)
「さて……さすがにこれは初日占いですね。明日以降のCOなど信用されないでしょう」
やらない夫の独り言
「薔薇水晶真ならひたすら薔薇水晶の引きを祈る村
薔薇水晶が偽なら何時薔薇水晶が偽臭いか判断しなきゃ行けない村
正直あまり好みな展開じゃないだろ…」
バラライカ(人狼)
「人類の担い手たる存在がこのありさまではな。
潜伏占いCOをしておく。
フリーザ・阿倍・ちとせ、全て○だ

こんな遺言を考えている」
            森崎 は 薔薇水晶 の護衛に付きました
御剣(共有者)
「◆やってられっか夫  「グレラン続ければそのうち何か進展があるでやんすよ
狩人さんはいたら共有護衛がいいでやんすかねー。」
ハッ・・・!ここは占い護衛だな」
スネーク(共有者)
「とりあえずは、明日に結果にかかわらず出ようと思う」
森崎の独り言
「なんだ?そんなにおかしい事は言ってないよな?
なんだろう、なんか引っかかる」
フリーザ(人狼)
「誰一人としてわたしをうたがっていません! 実に素晴らしい!
……おっと、ここは偽装ですね。彼を狼にしましょうか」
阿部高和の独り言
「いや あれ おおかみじゃないだろ」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ざんねん!わたしのぼうけんはここでおわってしまった!
かしら。おつかれさまかしらー。
ポルナレフの独り言
「ま、ステ吊りだな。
限界点か。」
バラライカ(人狼)
「おつかれさま」
しんのゆうしゃ(かに)
おつかれー
キバヤシの独り言
「もっともありえなそうなところだが果たして」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
なるほどなー…そういうのを噛むか、ここらへんは好みだな
おつかれさまー
薔薇水晶の独り言
「占いCO・・・フリーザさんは○でした」
キバヤシの独り言
「流石にそれは・・・
毎日同じ数の会話だったぞ」
フリーザ(人狼)
「ほほほ! ご覧なさい、汚い花火ですよ!」
スネーク(共有者)
「ふつーにゆうしゃが吊れたな」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
みごとに狼にも狐にも票がいかないかしらー。
狐さえ処理できればーって展開かしら。
森崎の独り言
「ヒゲのあの発言が気になる…」
キバヤシの独り言
「寡黙吊り?」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            しんのゆうしゃ は投票の結果処刑されました
4 日目 ( 1 回目)
キバヤシ0 票投票先 1 票 → 森崎
ちとせ0 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
承太郎0 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
森崎1 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → フリーザ
ポルナレフ2 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
しんのゆうしゃ6 票投票先 1 票 → ポルナレフ
御剣0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
スネーク1 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
阿部高和0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
フリーザ1 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
バラライカ0 票投票先 1 票 → スネーク
やってられっか夫3 票投票先 1 票 → ポルナレフ
やらない夫0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
            やらない夫 は やってられっか夫 に処刑投票しました
            フリーザ は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            薔薇水晶 は フリーザ に処刑投票しました
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
◆流石兄者 「狂人か占いが初日で霊能に1匹の2潜伏とみるな」

こう、ぽつっと真実を言い当てられるのって、カナ的にすごく残したくないかしら。
ぽつっと言うからこそ、破壊力高いかしら。
            バラライカ は スネーク に処刑投票しました
            スネーク は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            御剣 は やってられっか夫 に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
初日占いで狼側に森の某がいるのはキツいな
こういうときに奇策やられると信じちまう
            阿部高和 は やってられっか夫 に処刑投票しました
            承太郎 は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            ちとせ は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            キバヤシ は 森崎 に処刑投票しました
            森崎 は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            ポルナレフ は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            しんのゆうしゃ は ポルナレフ に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
なるほどなるほど
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない夫
「占い1なら出てもらった方が俺は嬉しいが>フリーザ」
ちとせ
「占いが偽だと思わせれば、村人は黙ってても最後のほうで村人を吊ってくれる。
そういう策略もあるといえばありますが・・・どう考えても分が悪くて普通やらないと思います」
フリーザ
「○を残すデメリットを、もう少し考えなさい」
スネーク
「グレラン把握だ。

○が噛まれないなら…囲い、スルー、狐疑いの3つと思うな」
しんのゆうしゃ
「ここで おおかみを つりあげておきたい ところだ」
            やってられっか夫 は ポルナレフ に処刑投票しました
バラライカ
「狼が狂真の見分けがついてないというアナログな可能性?
ならば○噛みでいいだろうが」
ポルナレフ
「遺言妄信はいいがね。○貰いCOはいたって普通なんだよ、フリーザ。
ちゅるやが真でもデコは真だ。 デコ狼なら、わざわざ1−2にするメリットがねぇ。」
森崎
「◆スネーク 「狼はばらしー妄信なら一応3だな。」

…ん?なんか気になるなこの発言」
キバヤシ
「現状での考え方は変わらない
彼女を信じてグレランするべきだと考えた」
やってられっか夫
「グレラン続ければそのうち何か進展があるでやんすよ
狩人さんはいたら共有護衛がいいでやんすかねー。」
フリーザ
「この場合、対抗のちゅるやさんが真。……となれば、後は簡単でしょう?
わたしが噛まれることで証明したかったのですが、……同じ意見のライダーさんが先に噛まれるとは」
阿部高和
「グレランしかねーだろ。どう考えても」
承太郎
「囲いがいると見せる『誘導』の可能性もあるがな…>フリーザ
まだまだグレーは広いから、どちらの可能性も否定できねーぜ
明日になっても○が噛まれねーならさすがに囲いを疑うがな」
御剣
「今日はグレランだ」
御剣
「狼は徹底的に信用を削る作戦か?・・いや明日にでも○噛みを始めるだろうな」
キバヤシ
「あっても真or狼
ある程度進行して成果がでないようならば
吊りも考えなくてはいけないだろう」
スネーク
「狼はばらしー妄信なら一応3だな。」
阿部高和
「狼が○を放置するのが、ってことかい?>ポルナレフ
まあそうだろうな。とはいえそれでも逆をつく可能性も
なくもないな。銃殺出るまで●二個目つるにつれんしな」
フリーザ
「簡単なことですよ。金糸雀さんが○を貰ってから霊能COする理由は何ですか?
遺言もあるのにCO? 考えなさい」
バラライカ
「つまり、そういいたいのかフリーザは」
やらない夫
「明日あたりに動きがなかったらどうしようもないだろ」
ポルナレフ
「ま、承太郎はSGの位置だろうとは思うがね。
もっとも今日の噛みがグレーか、というか真ならそろそろ占い抜きに行くだろう。 そういうことだな。」
ちとせ
「霊能も早々にいなくなったので、狼数がさっぱり把握できなのが一番怖いですね。
占いの真偽はっきりしないのもそれに付随してますし」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
兄者>あれ?えーと・・・なんでだったかしら?
たぶん、カナが兄者はチェック、って言ったからかしら?
森崎
「○が続いて死体も二つ出なきゃそんときに疑おう
今はまだ信じさせてもらう
スネーク
「よー分からないな…今日もグレランになるのか?」
やってられっか夫
「でもまあニセで延々と○を垂れ流されるのも困るのでやんすよねー」
薔薇水晶
「・・・がんばる」
フリーザ
「いずれにせよ、彼女から●は期待できませんね。既に囲ってしまっている可能性もあります」
バラライカ
「金満の権化たるものでも、噛まれれば人間だ。
だとすれば、○噛まれしないという事象が何を意味するのか推理する必要がある
おそらく狼か囲われていると見ている」
しんのゆうしゃ
「うけたまわりが おおかみなら そもそもかめない そういうことなのかも
しれないな」
承太郎
「フリーザ……強弁は別に構わねーが、根拠を示せないと自分に疑いが返ってくるだけだぜ」
ポルナレフ
「ま、放置するなら今日が限界かね。
グレランで狼一本吊り以外は、ミスできなくなる。
呪殺狙いより●引き狙いにしてほしーモンだ。ばらしーが真ならな。」
キバヤシ
「確かに君を真と見るとはいった
擦り寄りに見えた・・・少し考えてみよう」
フリーザ
「簡単なことですよ。ここで○を抜かない理由を考えたことはありますか?>バラライカさん」
御剣
「ライダー噛みはシンプルに考えると狩人or狐探しだろう・・・
が、2度連続とは一体何故だ?」
森崎
「共有は出なくていいよ
もし偽占い1なら共有の存在はかなり頭の痛いものだろうし」
やってられっか夫
「オイラはまあ一応ばらしーは真目で見てるでやんす」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
そういや何故俺噛んだんだ
てきとー(´<_`  )?
スネーク
「俺も妄信したい所だ。
共有は出るか出ないかは任す。
だが、俺も阿部の言うとおり偽なら●抑制になるな」
キバヤシ
「占い真の視点はまだ動かさない
だが今日俺を占った点は理由が弱い気がする」
ちとせ
「今まで一度も○が狼に当たってない、真狂決めかねてるのかもしれませんよ」
薔薇水晶
「・・・擦り寄りが主な理由?>キバヤシ」
阿部高和
「そうだな。フリーザにはそう考えている理由をききたい」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ほんとに身代わり君の就職率は異常かしらー!
昨日も初日占いだったかしら!
やらない夫
「悪いが薔薇水晶は占い先も理由なんかもあって妄信出来ないだろ…」
しんのゆうしゃ
「つぎに まるかまなければ かんがえたほうが よさそうだ」
ポルナレフ
「狩人にしちゃ露骨ではある。
そこ狩人はないと思うがね。」
バラライカ
「ほほう、理由をご教授願いたいものだな

フリーザ」
フリーザ
「……いえ、狼の可能性が高いですね。少々考え方を修正しましょう」
阿部高和
「俺は基本ばらしー妄信だ。
とはいえねんのために共有かくして●出し放題抑制も
まあありだと思うから
共有は出ても出なくてもいいな」
薔薇水晶
「・・・狼さん狼さん・・何考えてるの?
○が増えていきますよ」
やってられっか夫
「占いを放置してしばらくはグレラン、真ならそのうち銃殺するか噛まれるだろうと言ってたでやんす」
スネーク
「ライダー?グレー噛みとなると…狐か狩人探しか?」
御剣
「共有の相方、出たいならでてくれ、私は怒らないし何も言わないから」
バラライカ
「権力者はSGにされやすいとはいえ、残しておきたかったところだけに残念だな。」
森崎
「占い1だから信用を下げようとしてるのか、
それともただの狐狩人探しなのか」
ポルナレフ
「ばらしーはあって狼と見るよ。
承太郎即囲いの可能性もやぶさかじゃねーが、露骨すぎる。」
キバヤシ
「○展開なら中身がないと言われても仕方ないが
そう指摘されると悲しいものだ
そんな人物を占うのか?」
承太郎
「この段階なら中身のない発言より中身のある発言をしてるやつを占うべきと思うがな…」
仮名ライダー(バッタ)
お疲れ様。
最近は初日役職が多い気がします
フリーザ
「ですが、これでハッキリしましたよ。やはり薔薇水晶さんは偽、おそらく狂人です
この噛みが全てを物語っていますね」
やらない夫
「もしほんの少しでも薔薇水晶を疑っていてトラップを仕掛けたいのなら潜っていてくれ」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ライダーおつかれかしらー。
ゆっくりしていくといいかしら!
やってられっか夫
「ライダーさんが怪しいのはまあいつものことでやんすが…
まあいいでやんす」
ポルナレフ
「ってか、フリーザを占わない理由を教えてほしい。
アグレッシヴ発言は人外とみなかったのか?>ばらしー」
ちとせ
「残ってる女性は私と・・・薔薇水晶さんだけ・・・」
キバヤシ
「権力者CO・・・我々が悩むべき材料が消えたと喜ぶべきか
村人がなくなるのはいたましいものだ」
薔薇水晶
「・・・権力者だったんだ>ライダー」
やらない夫
「この村の方針としては薔薇水晶妄信してのグレランでいいんだよな?
そうだとしてグレーの中に共有が居るのなら出してくれ、一つでもグレーを減らすべきだろ…」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おつかれー
阿部高和
「○噛みじゃねーのか。占いの信用度落とそうとしてるのか?
それとも狂だったりするのかね?」
バラライカ
「我々の考えるべき状況は妥協を許さないようだな。
おはよう諸君。」
スネーク
「やれやれ、おはようっと。」
しんのゆうしゃ
「けんりょくしゃが しんでしまうとは なんということだ・・・」
ちとせ
「今度は・・・ライダーさんですか・・・」
ポルナレフ
「んー…… 連噛みか?グレーの。」
やってられっか夫
「おはようでやんす」
キバヤシ
「おはよう」
フリーザ
「なん……だと……? わたしが生きている……? 馬鹿な、ありえません」
森崎
「権力者…
一応ラッキーと思うべきか」
やらない夫
「朝だろ…」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
・・・噛みキバヤシから→ローラーを本当にしてたら、狐と狩人が当たってたなんて・・・なんてこったいかしら。
初日のフラグがこんなオチとはびっくりかしら!
御剣
「おはよう」
薔薇水晶
「投票・・・で予告しましたよ?
・・・擦り寄り?
発言・・・中身もないしね 」
承太郎
「露骨に怪しかったところが噛まれてくれたのはありがてーぜ」
阿部高和
「おはようさん」
薔薇水晶
「占いCO・・・キバヤシさんは○でした 」
ちとせ
「おはようございます」
            < < 朝日が昇り 4 日目の朝がやってきました > >
           ・夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
金糸雀 さんの遺言
霊能COするかしら!カナは霊なのかしら!
ちゅるや○
真狂だから、狼はまだ3匹全残りかしら。狐もじゃまかしら〜・・・
みんなあとはまかせるかしら。
仮名ライダー さんの遺言
権力者COしておきましょう。
            仮名ライダー は無残な姿で発見されました
            (仮名ライダー は狼の餌食になったようです)
            バラライカ たち人狼は 仮名ライダー に狙いをつけました
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
>薔薇水晶の独り言・・ちゅるやさん狐?・・ないですね
霊能はローラー 狼噛みの危険度大なので狐がくる事はあまりないにょろ
複数の場合はあり得るにょろ
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
◆薔薇水晶の独り言 囲い成功なら・・・潜伏がよかったです
うん・・・ごめんかしらー。
でもあれで出ればばらしー信じたら最悪でも狂だから、いけるかなーなんてふんわり考えたかしらー。
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
確かに狼陣営怖い奴ばっかりだなwww
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
バラライカ(人狼)
「村の方々には精々にも踊って頂くこととしよう」
ちとせの独り言
「死にたくない死にたくない」
やらない夫の独り言
「薔薇水晶妄信で行く以上明日は共有相方出すんだよな、常識的に考えて」
御剣(共有者)
「この際はっきり言おう、霊能の真贋とかどうでもいいと」
フリーザ(人狼)
「では、わたしはこれで。理由の捏造をしてまいります」
薔薇水晶の独り言
「・・・狐どこ?」
バラライカ(人狼)
「薔薇娘の○はかみつかん
そのうちにだれかが「なぜ噛まれないのか」と言い出すだろうからな」
フリーザ(人狼)
「精一杯やらせて頂きますよ。……金糸雀さんのためにもね」
薔薇水晶の独り言
「・・・ちゅるやさん狐?・・ないですね」
スネーク(共有者)
「怪しい奴か?

…内訳発言が妙なライダーくらいだな

センサーには触れるな、低レベルだから」
やらない夫の独り言
「二日目投票時でグレーが14、狩人保護だって言うがこの1/14に引っかかる位の狩人なら生き残らないだろjk」
御剣(共有者)
「私が疑ってるのはやってられっか夫
無難発言だらけでかなり疑いたいところだ」
キバヤシの独り言
「会話数だけで判断するなら
共有は極端に減っている
相方はちゃんと会話しているだろうか?」
ポルナレフの独り言
「フリーザをとっとと占うべきだな。
ってか、承太郎占いか? まぁ、ケチをつけるワケじゃねーが……
狼ー真狂の可能性、考えるか。」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
それにしても、怖い人にはさまれてガクブルだったかしらー・・・
だから霊騙ってやったかしら。役に立ちつつ霊界でゆっくりしたかったかしら。
バラライカ(人狼)
「狩人日記と同じく、潜伏占いの《説得力》 も物量勝負かもしれないな」
フリーザ(人狼)
「……真占い師が潜伏しているとすれば、ポルナレフさんでしょうか?
彼だけ、どこか違う目線を感じます。……とはいえ、明日以降のCOで信頼されるかどうか」
薔薇水晶の独り言
「囲い成功なら・・・潜伏がよかったです」
薔薇水晶の独り言
「金糸雀お姉様は狼でしたね」
森崎の独り言
「狩人日記3日目
噛み 弟者 吊り カナリア 護衛薔薇水晶
護衛先に悩まないのはいいんだけど、この子ほんとに真占いなのかなあ
…迷ってても仕方ない
村のゴールキーパーは、俺しかいないんだ!」
バラライカ(人狼)
「占い理由を捏造しなくてもいいのが一番楽な点だな。

それとも、いちいちやっていくかい?」
フリーザ(人狼)
「ええ、そうしましょう。わたしは低のいいSG、ということで」
御剣(共有者)
「・・・できれば理由つきでな」
ちとせの独り言
「占われませんように、占われませんように」
キバヤシの独り言
「仮名ライダーが示唆している点
承太郎が偽ならば霊能が消えた今日動いてくる!」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
おつかれにょろ
霊能ローラーは予定調和にょろ 今回は早いとおもったけどw
フリーザ(人狼)
「村人の視点、これで真狂がいなくなり、狼は残り3ですね」
御剣(共有者)
「怪しい人を言ってくれるか?最近はセンサーもやってるそうじゃないか」
バラライカ(人狼)
「いかにも真実をいった人が狙われている。
そう仕向けるためにライダーを噛みぬこうではないか」
やってられっか夫の独り言
「う〜ん、正直こういう村は苦手なのでやんす…」
フリーザ(人狼)
「彼女が霊能でCOした以上、仕方がありませんね
わたしは引き続き潜伏占いの準備です。COをせずにすむのが一番ですが」
スネーク(共有者)
「やっちまったことに後悔だけはすんな。
後悔だけはしちゃいけねぇよ」
薔薇水晶の独り言
「投票・・・で予告しましたよ?
・・・擦り寄り?
発言・・・中身もないしね」
やらない夫の独り言
「正直共有のミッチャンが訳わからんだろ…
薔薇水晶妄信なら金糸雀、最悪でも狂人 偶数進行で急いで吊る必要性もない 」
キバヤシの独り言
「ナワヤ・・・速断は禁物だぞ!!」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おつかれー
フリーザ(人狼)
「さて、勘がいいのはポルナレフとライダー、ですね
共有はまるで駄目です」
バラライカ(人狼)
「ローラーはもう少し遅くしてほしかったところだが」
キバヤシの独り言
「というより初日身代わりの役職就任率を調べてみたい」
スネーク(共有者)
「ロラ終了、だな
狩人はばらしー鉄板だろう」
御剣(共有者)
「やはり反発のほうが大きかったようだな・・・、まぁやってしまったことはしょうがない」
薔薇水晶の独り言
「占いCO・・・キバヤシさんは○でした」
キバヤシの独り言
「真-真狂ならば話は簡単だが・・・
身代わりくんを軽視するべきではない」
フリーザ(人狼)
「……金糸雀さん。貴方の犠牲、無駄にはしませんよ」
バラライカ(人狼)
「しかし、常識的に考えると15人村で狐噛みも含めたところのこれは大きな損失だといえるな」
金糸雀(きめぇ丸◆9tkod00Y1A)
ふー、おしごとしゅーりょーかしら。
お疲れさまかしら!ちゅるやはごめーんね!かしら!
キバヤシの独り言
「霊能は消えた」
            森崎 は 薔薇水晶 の護衛に付きました
バラライカ(人狼)
「おつかれさま」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            金糸雀 は投票の結果処刑されました
3 日目 ( 1 回目)
キバヤシ1 票投票先 1 票 → 金糸雀
ちとせ0 票投票先 1 票 → 金糸雀
承太郎0 票投票先 1 票 → 金糸雀
森崎0 票投票先 1 票 → 金糸雀
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → キバヤシ
ポルナレフ0 票投票先 1 票 → 金糸雀
仮名ライダー0 票投票先 2 票 → 金糸雀
しんのゆうしゃ1 票投票先 1 票 → 金糸雀
御剣0 票投票先 1 票 → 金糸雀
スネーク0 票投票先 1 票 → 金糸雀
阿部高和0 票投票先 1 票 → 金糸雀
フリーザ0 票投票先 1 票 → 金糸雀
バラライカ0 票投票先 1 票 → 金糸雀
金糸雀15 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
やってられっか夫0 票投票先 1 票 → 金糸雀
やらない夫0 票投票先 1 票 → 金糸雀
            森崎 は 金糸雀 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は キバヤシ に処刑投票しました
            フリーザ は 金糸雀 に処刑投票しました
            承太郎 は 金糸雀 に処刑投票しました
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
だから20人まで待つっていったのか…
うーむ、狼側腕いいの揃ってるし、結果的に初日占いだから狼は有利だけどな
            金糸雀 は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            御剣 は 金糸雀 に処刑投票しました
            バラライカ は 金糸雀 に処刑投票しました
            ちとせ は 金糸雀 に処刑投票しました
            キバヤシ は 金糸雀 に処刑投票しました
            やってられっか夫 は 金糸雀 に処刑投票しました
            やらない夫 は 金糸雀 に処刑投票しました
            スネーク は 金糸雀 に処刑投票しました
            ポルナレフ は 金糸雀 に処刑投票しました
            阿部高和 は 金糸雀 に処刑投票しました
            しんのゆうしゃ は 金糸雀 に処刑投票しました
            仮名ライダー は 金糸雀 に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
この人数だと狂一人追加のほうがバランスがいいかもにょろ
バラライカ
「人選としてはどの小娘も牙を持つにはたやすいことではなさそうだな」
仮名ライダー
「占いじゃないですかね>承り。」
阿部高和
「ああ、しばらく流れとしては
ばらしーの○噛みでくるんじゃないかね?そうじゃなかったら考えるさ」
フリーザ
「貴方……偽者でしょう?>薔薇水晶さん」
やってられっか夫
「まあもともと1吊り分村が有利なのでやんす
落ち着いてゆっくり行くでやんす」
ポルナレフ
「いや、真狂でも霊ロラはいいだろう。
雪の嬢ちゃんはあって狼、噛まれなきゃ吊ればいい。」
キバヤシ
「狂-真狼と考えているのか?<ライダー」
フリーザ
「攻めなければ負けるだけですよ、無様にね……ほほほ」
薔薇水晶
「金糸雀お姉様は○でしたよ?>フリーザ」
森崎
「うーん俺はカナリア偽で見てるかな…
ちゅるやの出方は真っぽいと思ったけど」
しんのゆうしゃ
「とうひょうの ゆうどうとは・・・ なんということだ!」
バラライカ
「グレランとローラーでは、両方とも分の悪い賭けに変わりはないがね。
ラインが見たかったというのが真相だ」
ポルナレフ
「19人で霊能真狼、初日占いの狂にかける狼なら……
まぁ、作戦次第だからそれについては何も言わない。
賭けたくなる配役ではある。」
承太郎
「初日占いで霊能真狼、ふん、そんなら『狂人』は何をしてるんだ?>ライダー」
フリーザ
「金糸雀さんはおそらく狼、もしくは狐ですね」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
この人数で3にんか…ちょっと人外不利なのかね
キバヤシ
「ゆうしゃは共有投票しているのか」
金糸雀
「まあ、しかたないかしら。後はがんばってほしーかしら。
狼はグレランしてればひっかかりそうかしら。狐は今のところばらしーに任せておけばいいかしら。真じゃないかもしれないけど、今はそれしかないのかしら。」
ちとせ
「狂にせよ狼にせよ、人外が残ってる可能性のある霊能は吊るべきです」
しんのゆうしゃ
「そろそろ きめないと じかんてきに まずいぞ!」
キバヤシ
「ゆう」
バラライカ
「この状況下でのんきに村だったかもしれない人間に背中を貸すなどいい度胸だな。」
薔薇水晶
「どこ占う?・・・・みんな怪しくみえそう」
阿部高和
「で、そう考えるとたしかにバラライカのいうとおりだったかもしれん
グレランの方がよかったな」
フリーザ
「だから言っているでしょう? ちゅるやさんが真、だと
ポルナレフさん……そんなことも解らないのですか?」
スネーク
「ちなみに、金糸雀投票者のうち誰かが権力者だ」
やってられっか夫
「銃殺率は約7%強でやんすねー。
頑張れ頑張れでやんす」
ちとせ
「狂人が初日で、真-真確定が嫌で狼が強引に割りに来たという可能性もあるといえばありますが、霊能は真狂が濃いですね」
キバヤシ
「グレランもありえる状況だが
この選択に至ったならば話は簡単だ」
ポルナレフ
「ま、そうなるな。
俺はカナ真だと思っているが、スマンね。
今日の噛みがどこかで占いの真贋はつく。決めるところだろう。」
森崎
「初日占いだとしたら霊能死んだ後は●出しまくりだな…
とりあえず、銃殺を頼むよはやいとこ」
やらない夫
「正直これはただの賭けだろ、第一の賭けは薔薇水晶が真かどうか
真ならばどれだけ薔薇水晶の引きがいいかと言うだけの」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
森のフリーザ
きめぇ金糸雀
本屋さんのバラライカ

の三人にょろ

仮名ライダー
「初日占いでも霊能真狼の可能性は十分ありますよ。」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
占い1ってことは狂人か真占いどっちか欠けってことだから
狂人が残っているっていう最悪の事態を想定して霊能は残すべきだった。
ってか○出されて霊能出るとかめちゃくちゃあやしーじゃねーか!
フリーザ
「いずれにせよ、ローラーは続行です。ここで中断など認めませんよ?
それがちゅるやさんのためでもあるのですから……」
スネーク
「あとゆうしゃ、投票理由を教えてもらおうか」
阿部高和
「俺はもうばらしー妄信でいくぞ。まあそうしたところで
意味はないんだがな」
ちとせ
「そもそも、占いが1なんて状況が珍しいですからね・・・」
ポルナレフ
「フリーザ、初日占いなら……。
霊能は真狂以外ないハズだが?」
御剣
「分かってるだろうが今日はローラー完遂だ、昨日の変更に関してはすまない」
承太郎
「俺も占い盲信は危険だと考えている…かといって、破綻もしてない段階から占い吊りを主張する連中は怪しすぎるぜ。
人外かどうかはまだ分からねーが、のちのちまで残ってほしいかといえば答えは『ノー』だな」
フリーザ
「断言しましょう! おそらくちゅるやさんは真、投票をしたお馬鹿さんたちは彼女に詫びるのです!」
薔薇水晶
「・・・全潜伏ですか・・がんばらないと・・・」
バラライカ
「はじめてしまったローラーにとやかく言うのもあれではあるが、
この状況は決して心安いものではさそうだということだ」
やらない夫
「俺は銃殺が出るまでは薔薇水晶は保留だろ…」
やってられっか夫
「ちょうゆうだのみの超グレラン村は胃が痛いので勘弁d寝やんす」
仮名ライダー
「霊能生かしておこうが吊るしてしまおうが1COな以上ばらしーは銃殺で信用を勝ち取るしかないんですよ。」
スネーク
「欠けている可能性は現在占いか狂人、あと狩人だ。
最悪のパターンも考えるのが得策だな」
ポルナレフ
「ま、当然だろ。
正直カナは真狂確定だ。 吊っても吊らなくても構わないが、
保護を考えるならそこだな。」
阿部高和
「この人数で狼がかたるって勇気いるだろ。しかも様子見もせずに
へたすりゃ3−1だ。信用勝負かベグしかないのに様子見しない
狼はいないとおもうんだが・・・どうだね?」
森崎
「吊っちまったもんをいまさらどうこう言わないさ
ちゃんと完遂してくれるなら」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
うーむ…
ってフリーザ森の某かよ:;*.,:;(゚ω゚;)ブフッ
キバヤシ
「すばらしいぞ御剣
MMRへの入隊を許可する」
バラライカ
「おっと、でかくかいてしまったな。もうしわけない」
薔薇水晶
「・・・てっきり身代わり狂での真-真狼と・・見てました」
フリーザ
「わたしは初日占いの可能性を考えている、といったでしょう?
あのタイミングで○だからといって霊能COする金糸雀さんを信じる……難しいことです」
金糸雀
「うーん・・・これはまずいかしら。
真狂だから、カナとしては一番おいしくないローラーになってしまったかしらー。
とはいえ片手落ちでは、もう信用されるのはむずかしーかしら。」
バラライカ
「真の引きが良ければ、狼は詰む前に噛むしかなくなる。
真がヘボなら、村からローラーするしかなくなる。

狼が窮して真を噛むか、村が窮してローラーするか、っていうのがチキンレースだ。
窮してもいないのに勝手にローラーしてくれるなら、狼にとってこれほど楽な話はない」
やってられっか夫
「真欠けもしくは狂欠けが一番ありそうな展開でやんす」
キバヤシ
「そして俺は薔薇水晶真でいく
狂人は霊能に出た可能性は高いが守る箇所が固定できるなら銃殺もありえる」
ポルナレフ
「最悪霊ロラ→占い吊り切りを考えてるってことだろう、共有は。
占いが真ならどっかでGJが出るか占いが死ぬ。
その気配がないなら、初日真だろーぜ。」
しんのゆうしゃ
「ばらすいしょうに おもったより ひょうがあつまったぞ!」
御剣
「薔薇水晶を真で進めたい、もし偽だったら?
それはもう笑うしかないってことで共有会議で決定した」
ちとせ
「ライダーさんの言ってたように、はなから占いも信用せずに、
霊能のあとにさっさと吊ってしまうという手もありますね・・・霊能ランにした以上は
阿部高和
「いや、機能考えたが真ー真狂以外考えにくくないか
ばらしー様子みてないから狼はたぶんないんだよ
そうなると狂なら狂ー真狼なわけだが、狼がロラされに
くると思えないんだな。この人数で」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
グレランならカナ●で人外2吊れたかもにょろ
仮名ライダー
「霊能がどんな結果出そうとばらしー真は確信できませんよ。」
フリーザ
「おやおや、霊能は○、ですか……狂人でしょうか? いえいえ、違いますね」
バラライカ
「いいだろう、ここまできてコケにされているようでは人間の面子がたたん。
やつらののアギトと5.45mm弾で全てを食いちぎらせてもらおう」
金糸雀
「ということで、カナ的にはちゅるや狂で確定かしら!
だからばらしーは・・・あう、初日占いを考えたら、ばらしーまさかの狼もあるかしら。まだ油断しちゃだめかしらー。」
スネーク
「あー、結果○か……。」
薔薇水晶
「・・・ちゅるやさん○?・・・真狂?」
承太郎
「俺に○か…これだけじゃ占いの真贋は分からねーな」
キバヤシ
「歴史の節目において情報操作は必ず行われているんだよ!!
これは狂人カナリアンが我々を欺こうとしている
霊能ローラーは一度やったら完遂する!!!!絶対にだ!! 」
森崎
「19人村で1−2なんだから、少しはライン見てもよかったんじゃないか?
まぁもう霊ロラでいいけどさ」
キバヤシ
「共有の言葉は絶対の重みを持つ」
やらない夫
「俺としては吊り回数に十二分な余裕があるのに安易に共有指定に乗った奴の気が知れないだろ…」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
兄者乙にょろ
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
占い1だからこそ霊能は残すべきだったのに
ポルナレフ
「おっと…… 狩人探しにしちゃ、妙だな。」
やってられっか夫
「あ、兄者ー!
おはようでやんす」
しんのゆうしゃ
「うらない もうしんむらへの はじまりというわけか」
フリーザ
「おはようございます、皆さん」
御剣
「昨日の突然の指示変更すまない
薔薇水晶が真と見てる以上、ラインとかそんなものはどうでも良いと思いました
それに早期にローラーしておくと狩人保護にもなるのでローラーに変更したのです」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
おつかれー
阿部高和
「おはようさん」
森崎
「おはよう
って兄者か…疑ってすまん!」
薔薇水晶
「全体で一番・・・周りが見えていると感じました
・・・人外なら・・・・混乱は少ない?」
御剣
「おはよう」
キバヤシ
「おはよう」
スネーク
「おはようだ」
やらない夫
「悪いが昨日は共有の決定に反発させてもらっただろ…
あそこで霊ロラするってことは、銃殺以外に薔薇水晶の判断が出来なくなる
正直薔薇水晶が乗っ取りの可能性も十分あるのにそんな怖い真似出来ないだろ…jk」
流石兄者(むっく◆cNHN.RR14E)
:;*.,:;(゚ω゚;)ブフッ
金糸雀
「おはようかしら!霊COかしら!ちゅるや○かしら!」
仮名ライダー
「そこ抜かれましたか。」
承太郎
「おはよう…」
やらない夫
「おはようだろ…」
薔薇水晶
「・・占いCO・・・承太郎さんは○でした 」
ちとせ
「おはようございます」
            < < 朝日が昇り 3 日目の朝がやってきました > >
            流石兄者 は無残な姿で発見されました
            (流石兄者 は狼の餌食になったようです)
            バラライカ たち人狼は 流石兄者 に狙いをつけました
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
潜伏・・いやその場合グレランになるから対抗に出たほうがいいか
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
金糸雀(人狼)
「3段目ランされたらしぬかしら。CGI神が今日も大フィーバーかしら。」
スネーク(共有者)
「それしかねぇな」
ちとせの独り言
「とりあえず、ライダーさんを持ち上げましょう
それで役職は全ローラーです」
御剣(共有者)
「ばらしー偽だったら相手が悪かったと笑うしかない」
阿部高和の独り言
「となると下はない
狼ー真狂
これはどうだ?
薔薇水晶出る気満々だ。狼は・・・ないだろう」
フリーザ(人狼)
「わたしはポルナレフですかね……バラライカさんの判断にゆだねましょう」
バラライカ(人狼)
「ライダーもここにきてカナリアつりをいっていたね。
ここはブラフもかねてどちらかだな。

しかし、狼がきれいに横3マスだなあ」
ちとせの独り言
「これは・・・占い初日であってくれれば・・・助かるんですが」
キバヤシの独り言
「つまりこれは狂人カナリアンが我々を欺こうとしている
霊能ローラーだ!!絶対にだ!!」
金糸雀(人狼)
「フリーザ>おっけーかしら。カナのしかばねをこえていけかしら!
これだから霊騙りはやめられねーかしら!」
フリーザ(人狼)
「さて、噛みはグレーですね? 狩人探しと狐探しを兼任している、と見せかけましょう
……明日はおそらく金糸雀さんが吊られます。申し訳ありません」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
占い狂 金糸雀吊りなら●出しで人外が二つ吊れてたのかにょろ
森崎の独り言
「霊能は○出るよな…たぶん」
キバヤシの独り言
「歴史の節目において情報操作は必ず行われているんだよ!!」
バラライカ(人狼)
「さて、今日の噛み相手だが」
阿部高和の独り言
「ただ・・・下だとこの人数で、狼対抗、しかも霊能対抗というので
かなりおかしいな」
金糸雀(人狼)
「う、まさかの真潜伏もありうる・・・かしら。それはいやかしらー。
噛みはまかせるけど・・・兄者はチェックしたいかしら。
さっくり真実を言い当ててたかしら。」
やってられっか夫の独り言
「ま、なるよーにしかならねーでやんすよね。」
スネーク(共有者)
「そうだな…これで初日占いのばらすぃ偽だったら笑うしかない」
バラライカ(人狼)
「いいだろう、●特攻の狂人を警戒する占いがいてもおかしくはないからな」
森崎の独り言
「狩人日記2日目
噛まれ初日 吊りちゅるや 護衛薔薇水晶
1−2、おまけに霊ロラ、ならそんなに悩まなくてもいいね
ここは占いを守るぞ!
ゴールは、割らせないぞ!」
薔薇水晶の独り言
「・・占いCO・・・承太郎さんは○でした」
やってられっか夫の独り言
「グレラン村とか…マジで鬱でやんす」
フリーザ(人狼)
「もしも占いのCOが無ければ、私は引き続き初日占いの薔薇水晶偽、金糸雀さん狼の
ポジションを維持します。……すみませんね、金糸雀さん」
承太郎の独り言
「ライダー…発言が『アサッテの方向』すぎるぜ。
しかし『誘導』にしろ『村アピ』にしろ露骨すぎるか?」
ちゅるや(DS◆IaSoTYoBkw)
占い1で薔薇真と考えるのは危険すぎるにょろ
スネーク(共有者)
「薔薇水晶真だろうな。
初日の可能性は狩、村、狂か」
キバヤシの独り言
「狂人が霊能にでた
それが強い展開に見える
○ならば残したい●ならば吊りたい」
やってられっか夫の独り言
「つい指示に従っちまったでやんすが…はたしてどうなるのでやんすかねー?」
ポルナレフの独り言
「ま、霊界サービスはこんなモンにしとくぜ。
推理は無言で進める。 夜が長いと面倒だ。」
阿部高和の独り言
「真ー真狂
狂ー真狼
ここらへんだな。臭いのは
はっきりいって●つりは一回までだな。銃殺起きるまでは」
バラライカ(人狼)
「狂人が騙ったことにするわけだな
狼が全潜伏か、薔薇狼だという方針を固めさせる」
フリーザ(人狼)
「油断はいけません。おそらく真占いは○潜伏。……用心なさい
私は明日の朝もカウンターCOの準備をしています。●迎撃、でよろしいですね?」
ポルナレフの独り言
「逆にいえば、今日はグレー以外噛めねーってことだ。
真ー真狂ならな。」
キバヤシの独り言
「金糸雀放置は危険すぎる・・・
真-真狂と見て狼は全潜伏
グレランが常道だと思ったのだが」
金糸雀(人狼)
「もちろん○かしら。ちゅるや狂で進めるかしら。
そうしたら、ばらしーの助けになるかしら!」
御剣(共有者)
「とりあえず謝罪用の文作っておこう」
仮名ライダーの独り言
「占いの真贋分からないんだし霊能生かしておく必要もないですね。」
スネーク(共有者)
「ん、なるほど…。
確かにアリだったろうな」
薔薇水晶の独り言
「・・・身代わり占い・・がんばりすぎ?」
流石兄者の独り言
「ロラったのかよ!!!」
阿部高和の独り言
「なんかよくわからねー結果になったな」
バラライカ(人狼)
「ここからはもう、どれだけ村に見せるかの勝負だな」
流石兄者の独り言
「あれ?」
ポルナレフの独り言
「1−2進行ならラインを見るまでもない。
霊ロラして、占い噛まれないなら狼なんだよ。」
流石兄者の独り言
「ちょ」
御剣(共有者)
「ローラーにした理由は薔薇水晶が真の可能性がかなり高い以上ローラーしても良いと思ったわけだ」
スネーク(共有者)
「あ、結果の話だぜ」
キバヤシの独り言
「この村のカナリアンの多さを考慮するならば」
            森崎 は 薔薇水晶 の護衛に付きました
フリーザ(人狼)
「なんと……まさか初日から霊能が吊れるとは。さすが野蛮なサルどもは違いますね
……霊能結果はもちろん、○ですね?」
バラライカ(人狼)
「わーお」
流石兄者の独り言
「Σ(゚Д゚;≡;゚Д゚)!?」
スネーク(共有者)
「さて、これで金糸雀が●だったらどうしようか…」
金糸雀(人狼)
「やりぃかしら!初日占い濃厚で、真霊も葬れたかしら!
あとは狐探すかしら!」
            < < 日が落ち、暗く静かな夜がやってきました > >
            ちゅるや は投票の結果処刑されました
2 日目 ( 1 回目)
キバヤシ0 票投票先 1 票 → 金糸雀
ちとせ0 票投票先 1 票 → ちゅるや
承太郎0 票投票先 1 票 → ちゅるや
森崎0 票投票先 1 票 → 流石兄者
薔薇水晶0 票投票先 1 票 → ちゅるや
ポルナレフ0 票投票先 1 票 → ちゅるや
仮名ライダー0 票投票先 2 票 → 金糸雀
しんのゆうしゃ2 票投票先 1 票 → 御剣
御剣1 票投票先 1 票 → ちゅるや
スネーク0 票投票先 1 票 → ちゅるや
阿部高和0 票投票先 1 票 → 金糸雀
フリーザ0 票投票先 1 票 → 金糸雀
バラライカ0 票投票先 1 票 → やってられっか夫
金糸雀6 票投票先 1 票 → ちゅるや
やってられっか夫1 票投票先 1 票 → ちゅるや
流石兄者1 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
ちゅるや8 票投票先 1 票 → 金糸雀
やらない夫0 票投票先 1 票 → しんのゆうしゃ
            森崎 は 流石兄者 に処刑投票しました
            やらない夫 は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            承太郎 は ちゅるや に処刑投票しました
            阿部高和 は 金糸雀 に処刑投票しました
            ちゅるや は 金糸雀 に処刑投票しました
            御剣 は ちゅるや に処刑投票しました
            フリーザ は 金糸雀 に処刑投票しました
            金糸雀 は ちゅるや に処刑投票しました
            バラライカ は やってられっか夫 に処刑投票しました
            薔薇水晶 は ちゅるや に処刑投票しました
            流石兄者 は しんのゆうしゃ に処刑投票しました
            ポルナレフ は ちゅるや に処刑投票しました
            スネーク は ちゅるや に処刑投票しました
            しんのゆうしゃ は 御剣 に処刑投票しました
            仮名ライダー は 金糸雀 に処刑投票しました
            やってられっか夫 は ちゅるや に処刑投票しました
            キバヤシ は 金糸雀 に処刑投票しました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
            ちとせ は ちゅるや に処刑投票しました
承太郎
「ま、一番可能性が高いのは真-真狂か…
19人村なら狼全潜伏が濃厚だしな」
ちゅるや
「ローラーはまだ早いにょろ
 ローラーすると残りが全然わからないグレラン村にょろ」
森崎
「狼3でわざわざ霊能に狼を出すか?
真ー真狂が濃厚じゃないか?」
薔薇水晶
「私としては・・・ちゅるやさんを吊ってほしいです
金糸雀お姉様はあるとしても・・狂ですから」
御剣
「いや、霊能ローラーにしよう、指定はなし」
やってられっか夫
「ちゅるやは他の騙りが出てこないから確かめて出てきた感じでやんすね~。」
フリーザ
「今日はグレランでも構いませんよ。しかし明日以降はローラーを視野に入れるのです。いいですね?」
やらない夫
「もしかしたら占い潜伏あり得るからな、遺書がある流石鯖的に考えて」
ちとせ
「偽-偽でライン繋がって、だまされ続けるのが一番怖いですね」
仮名ライダー
「狼交じりの霊能なら割れないし割れても判断つかない。
役職全ローラーしてグレラン勝負しかないんですよ。」
バラライカ
「この状況でローラーなどすれば狼にやすやすとエサをくれてやるだけだとわからんのか。

流石はオカマ言葉の男はやることが違うようだな」
流石兄者
「狂人か占いが初日で霊能に1匹の2潜伏とみるな」
スネーク
「今日はグレランでいいだろう。
1−2でローラーは危ない橋だと思うぜ」
ポルナレフ
「霊能はほぼ真狂。
理想は真ー真狂の呪殺真確定ゲーだが
初日占いの可能性がチラつくな……。」
キバヤシ
「グレーの範囲が広すぎるというのはあるのだが
それしかあるまい」
阿部高和
「考えられる最悪のケースでも
狂ー真狼ってとこだな
無難に真ー真狂とみていいとおもうぜ。狩保護のためにロラを
提案するね俺は」
御剣
「いや、1−2な以上薔薇水晶は真と見て良いだろう」
ちとせ
「霊能ローラーも待つとなると消去法でグレランになりますね。」
森崎
「グレランもありかもな
占い1なら見やすいんじゃないか」
薔薇水晶
「真狼ならちゅるやさんは・・・狼? それとも真狂で・・どっちか?」
キバヤシ
「グレランでいいだろう」
キバヤシ
「占い偽を考慮するなら
霊能ローラーも待った方がいい」
流石兄者
「一旦ローラーをしてみたいな私的には、だが」
やらない夫
「占い1だし一回くらいはラインを見たいだろ」
スネーク
「あー、まとめはこれでいいか?
占い
薔薇水晶>金糸雀○
霊能
金糸雀>
ちゅるや>
共有
御剣ー?
噛み
初日
吊り
グレー
◆キバヤシ◆ちとせ◆承太郎◆森崎
◆ポルナレフ◆仮名ライダー◆しんのゆうしゃ
◆御剣◆スネーク◆阿部高和◆フリーザ
◆バラライカ◆やってられっか夫
◆流石兄者◆やらない夫」
金糸雀
「あーなんだ、霊対抗が出たかしら。少なすぎて逆に不安だったかしら。
うーん・・・このCOだと、ちゅるやは狂も狼もありえそうかしらー・・・。」
バラライカ
「ふむ、あからさまでいささか不愉快だが、
狂人霊能という奇策を考慮しておくことしよう。

やれやれだ」
キバヤシ
「これは怪しすぎる・・・
出遅れ狂人の罠?」
やらない夫
「吊り回数に余裕があるから霊ロラは反対だろ」
やってられっか夫
「全潜伏を選んだでやんすかね?」
ちゅるや
「カナリアは○貰いの狂狼とみておくにょろ」
承太郎
「1-2-1になったな…普段なら霊ローラーって言いてーとこだが、
占いが偽だった場合が恐いぜ」
ポルナレフ
「霊能は狼混じりじゃねーだろ。19人だ。占い1だし。
恐らく真狂。  雪の嬢ちゃん狼説があるのか?」
ちとせ
「霊能からローラーですね」
スネーク
「正直こいつぁビックリだな。
ばらしー真よりだがなぁ…」
御剣
「つまり、占い真狂理論の応用で霊能が真狂か真狼だ、保留だ」
森崎
「なんなんだ?
狼にしても狂人にしても霊能に出るメリットなんてあるのか?」
フリーザ
「ローラーの準備をなさい! 美しい花火が見れそうですよ!」
阿部高和
「1−2とかめずらしすぎじゃねーかおい
真ー真狂か?狩保護のためにロラってもいいくらいだな」
流石兄者
「これは役欠けも考えるか…」
やらない夫
「1-2とか奇妙すぎるだろ、jk」
やってられっか夫
「えー…
今更でやんすか…まあこれで1−2でやんす」
しんのゆうしゃ
「すばやいたいこう!これはしんと みてもよさそうだ!」
フリーザ
「……おやおや、霊能さんがもう1人、ですか?
これは……つまり、ローラーですね? おほほほ!」
金糸雀
「1−1とか予想外にもほどがあるかしら!ばらしー信じたいけど信じづらいかしら!
狂人は?狂人はどこかしら!?」
キバヤシ
「ドールズ・・・これは何かの予兆
ノストラダムスの予言を調べてみよう」
ちとせ
「1-2-1・・・最近、占い<霊能な人数配分が多いですね」
仮名ライダー
「○もらっているカナリアさんから先につるべきですね。
流石兄者
「1−2−1でいいのかな?」
御剣
「な・・・霊能に対抗がいるだと・・・?」
ポルナレフ
「19人で1−2進行だと……?!」
バラライカ
「1COで出てくる霊能というのもいかにもあやしげなものだな。
狩人の護衛がぶれてしまう。」
薔薇水晶
「○出ましたからね・・出るのは・・当然?」
森崎
「1−2かー…
占いをどう見るかだよな…」
スネーク
「なんだよ、1−2−1っと。

共有把握だぜ」
フリーザ
「残りは全員、グレーですか。……これは明日以降の展開に期待したいですね」
承太郎
「1-1-0で○をもらったのは霊能…グレーが全然狭まってねーな。
共有は片方でもいいから出てほしいぜ」
阿部高和
「まーカナリアならでといたほうがよさそうだわな
どっちにしろかまれティ○ポがビンビンにたってるぜ」
やってられっか夫
「えーとえーと、1−1展開とか新しすぎて脳がついていかないでやんす
共有さん頑張れでやんす」
キバヤシ
「出ても潜ってもかまれるなら潜っているべきところだ」
ちゅるや
「ふふふ! 騙り見つけたにょろ!

ちゅるやが霊能COするにょろ」
流石兄者
「あぶないあぶない、おちる寸前だった…
おはよう」
しんのゆうしゃ
「じんろうを たおす それがわたしのしめいなのだ!」
ポルナレフ
「霊能1CO……か?
噛まれ先から出る分には間違いない、ほぼ真か。
…… 共有が出るしかないか? コレは。」
ちゅるや
「カナが霊能にょろか」
御剣
「共有CO 相方生存、フルオープンかは相方に任せる」
フリーザ
「金糸雀さんが霊能? ほほほ、これはまた驚きましたね
しかしわざわざ正体を明かす意味はあったのですか?」
森崎
「霊能の対抗もない…
全潜伏か?狼は」
やらない夫
「○から金糸雀がCOか…、占い1COなら出た方がいいか
占い2だったら潜ってろとか言ったかもしれんが」
バラライカ
「ほほう、薔薇飾りの娘か。
私にも昔は可憐なオトメの時代があったものだ。

小娘、占いである以上はするべき仕事はわかっているだろうな?」
薔薇水晶
「1COだから・・・信用されないのは・・嫌です」
キバヤシ
「と思っていたら霊能CO
これは・・・」
阿部高和
「おいおい、黄色いオジョウチャンかよ。グレーへらないな」
スネーク
「1−1−0?

潜伏かもしれねーし、初日が何か持ってったか?」
御剣
「な・・・なんだと・・・!」
金糸雀
「○だしだから潜ってもいいんだけど・・・出ないとなんか噛まれる気がするかしら。
いや、出ても噛まれる気配ビンビンだけど、かしら。」
やってられっか夫
「さーいえっさーでやんす」
仮名ライダー
「ばらしーカナリアで乗っ取ろうとしている人外コンビに見えますね。」
承太郎
「『ライダー』…何を言ってるんだ。初日から占い候補を吊るわけねーだろう」
ちとせ
「ライダーさん、まだローラーは早いと思いますよ・・・
それに撮影できないじゃないですか、女の子吊りじゃ
森崎
「うえええ、○は霊能かー!?
グレー減ってないよー!」
フリーザ
「もちろん、身代わりさんがやらかした可能性は……そう、50%と見ましょう
安心はできませんね」
キバヤシ
「囲いと見て金糸雀吊りもありそうだ」
阿部高和
「へえ、驚いたな。1COとはな・・・
霊能でないでもいいんじゃないか?俺の下に隠れてろよ。男なら」
しんのゆうしゃ
「これは ぜんせんぷく らくしょうのけはいだ!」
ポルナレフ
「19人なら占いは即抜きが普通だ。案外潜伏してるのかもしれねーが……
初日の可能性、高そうだな。」
やってられっか夫
「ホントにナンテコッタイでやんす」
バラライカ
「おはよう諸君。
同士である身代わり伍長は狼の凶弾に倒れた。
今、我々はここに誓おうではないか。

彼の命を繋ぎ、この腐った狼どもを蹂躙するということを」
金糸雀
「うーん・・・微妙だけどCOするかしら。
カナは霊なのかしら。」
薔薇水晶
「・・対抗なし?・・・・人外さんは何を考えてる?」
仮名ライダー
「初日占い師と見て今日の釣り先はばらしーさんですね。」
森崎
「えー、いやな流れだなー…
これ初日がやらかしたろ」
キバヤシ
「様子見の気配濃厚
初日身代わりくんの自重しなさには定評がある」
ちとせ
「・・・え、本当に占い一人で終わりなんですか?」
御剣
「占いは1人だと・・!対抗は本当にいない・・のか?」
やってられっか夫
「占い1…でやんすか…」
フリーザ
「おやおや……占いさん1、ですね? かしこまりました
期待していますよ、薔薇水晶さん……ほほほ」
ちゅるや
「占い1だったにょろ」
承太郎
「『1CO』…なら身代わりが狂人か占い師と見るぜ」
やらない夫
「身代わり君が何か持って行ってるだろ…」
ポルナレフ
「へぇ……雪のお嬢ちゃんが占いで一人か?」
金糸雀
「・・・1COかしら?
で、ばらしーがカナに○出してきたかしら。
とりあえず・・・信じるかしら。そうかしら。」
スネーク
「占い1?奇妙だな…」
ちとせ
「キムさんが○ですか・・・」
ちゅるや
「まず占い2 真狂にょろ?」
阿部高和
「ん、占いは一人か?」
キバヤシ
「占いがソロプレイか」
薔薇水晶
「・・・おはようございます」
仮名ライダー
「占い1ですね。
これより遅いのは信用できません。」
フリーザ
「おはようございます、皆さん」
やらない夫
「占い1?」
しんのゆうしゃ
「おはよう これが きょうふのいりぐちというわけか」
承太郎
「占いが少ねーな…」
森崎
「…?占いは1なんですか?」
御剣
「フッ・・・、カナリアが○?当然だな」
キバヤシ
「おはよう」
薔薇水晶
「占い理由は・・・お姉様だから?」
ちゅるや
「おはようにょろ」
仮名ライダー
「さて、初日は何の役職だったんでしょうね。」
金糸雀
「おはようかしら!
楽してずるしていただきかしらー!」
ちとせ
「起こってしまいましたね・・・身代わり君殺人事件が・・・」
ポルナレフ
「おっと、身代わりが割れてる……のか?
これはよぉ!」
キバヤシ
「人狼は絶滅する!!」
スネーク
「おはよう」
やらない夫
「おはようだろ」
阿部高和
「おはようさん」
御剣
「おはよう」
仮名ライダー
「おはようございます。」
薔薇水晶
「・・占いCOします・・金糸雀お姉様は○でした 」
やってられっか夫
「おはようでやんすー」
森崎
「キックオフだ!」
ちとせ
「おはようございます」
承太郎
「やれやれだぜ……どうやらこの村に『人狼』がいるっつーのは本当のようだな……」
            < < 朝日が昇り 2 日目の朝がやってきました > >
            身代わり君 は無残な姿で発見されました
            (身代わり君 は狼の餌食になったようです)
            バラライカ たち人狼は 身代わり君 に狙いをつけました
            あと5分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
バラライカ(人狼)
「噛みの順番だが、キバヤシから→ローラーしたい」
フリーザ(人狼)
「かしこまりました。噛みはバラライカさん……お願いしますよ?」
スネーク(共有者)
「OK、まかせろ」
薔薇水晶の独り言
「今回は・・・ミスしたく・・・ないな」
森崎の独り言
「狩人日記初日
噛まれ 吊り 護衛
若林さんも若島津も居ないんだ
ゴールは俺が守らなきゃ!
人狼は友達!顔面を噛まれたって構わない!
バラライカ(人狼)
「私はそうだな、フリーザを囲う準備だけしておこう。
もちろん、潜伏のままが一番望ましいのだがね」
御剣(共有者)
「トラップ発動して占いが2の場合、フルオープンでな」
スネーク(共有者)
「了解だ>御剣」
金糸雀(人狼)
「ということで、噛みはお2人にお任せいたしますかしら。
えんりょなくどうぞですわかしら。
(こわいかしらー・・・もうぐっすんかしら。)」
フリーザ(人狼)
「ほほほ、ではいかにして狩人→占いと抜けるかの勝負ですね?
いいでしょう、久々にわくわくしてきましたよ……」
スネーク(共有者)
「そういや、蒼がベースの子がヒゲの家に居候してるんだが…。
お前は何か知っているか?
親戚とか言っているが、似つかなくてな」
バラライカ(人狼)
「●を打たれたときのために各自占いCOの準備をしておくといいだろう。
打つ相手は、仲間囲いか、自分を占った相手だ」
薔薇水晶の独り言
「占い理由は・・・お姉様ですから?」
ちゅるやの独り言
「ちゅるやが霊能COするにょろ」
御剣(共有者)
「ちなみに人形が入ってた、赤色だったので私はいらん」
金糸雀(人狼)
「ええと、お2人は基本潜伏ってことでよろしいですかしら。
誠心誠意騙らせていただきますかしら!」
仮名ライダーの独り言
「とりあえず初日役職の線で推理しましょうか。」
御剣(共有者)
「私>>●出された人の方向で」
ポルナレフの独り言
「ジャン・ピエール・ポルナレフ……
いくぜ!」
阿部高和の独り言
「ロックでもよんどきゃーよかったな
銀の弾丸なんて自分のことを表現するやつ、なかなかお目にかかれないから
一度お相手したいもんだ」
薔薇水晶の独り言
「・・占いCOします・・金糸雀姉様は○でした」
承太郎の独り言
「っつーわけで、なんの役職もねー『村人』だ…
『権力』も『決定権』も持ってねーぜ」
スネーク(共有者)
「鞄…?あぁ、同じようなのをヒゲの野郎に見せてもらったな。
一応、もらっておくぜ」
ポルナレフの独り言
「19なら潜伏だ。
2−2になれば真狼真狂でいい ついでに、真占い即抜きだろう。
19人は、そういうゲームだ。」
御剣(共有者)
「む・・・、分かった出よう」
バラライカ(人狼)
「いいだろう、それでは占いに狂人任せでいこうではないか」
フリーザ(人狼)
「わたしはカウンター占いCOの準備だけしておきましょう
貴方がたはどうしますか? 狂人に任せますか?」
薔薇水晶の独り言
「・・・占いを騙りましょう」
スネーク(共有者)
「どれ、俺はお前に出てほしいところだ。
潜伏は得意だからな」
バラライカ(人狼)
「おやおやキム、そんなことでは世界をいきてはいけない

さて、騙りをどうするかだな」
金糸雀(人狼)
「(ぶるぶる・・・)と、とりあえず、どーいたしますかしら?
カナは、霊でも騙りたい気分でございますかしら!」
御剣(共有者)
「そういせば過去に謎の鞄を手に入れたが・・、貴様いるか?」
フリーザ(人狼)
「地球人のメスと、かわいらしいお人形さんではないですか
ほほほ、これは楽しみです」
ちとせの独り言
「しくしく・・・いざとなったら泣き落とししてでも生き抜いてやります」
ポルナレフの独り言
「だがな、俺の『スタンド』は使えなくなっても……
俺には『意思』がある!『真実』をつかもうとする意思が!」
承太郎の独り言
「やれやれ、あと一人来れば『埋毒者』希望が通ったかもしれねーのに…
やったことねーんだよな。毒も猫も」
キバヤシの独り言
「昨日と同じ人数か
昨日と同じ鉄は踏まない」
スネーク(共有者)
「ハッハッハwww
一流同士…仲良くやろうじゃねーか」
バラライカ(人狼)
「純然たる人類の存亡とやらに我々も加わろう。
光栄なことだ、実によろこばしい」
阿部高和の独り言
「ふむ、村人か
この村は殲滅好きが多いだけに安心はできんが・・・
ま、うまく攻めていきたいところだな、とりあえず上にぶちぬいていくか」
仮名ライダーの独り言
「目立った投票ができませんねこれは。」
御剣(共有者)
「宜しく頼む、スネーク」
ちとせの独り言
「ひどい、いくら私にお友達が少ないからって、これはあんまりです!」
流石兄者の独り言
「むらーーー」
金糸雀(人狼)
「ぎゃー!こわい2人がおなかまかしらー!
カナをいじめないでかしらー!」
御剣(共有者)
「なん・・・だと・・!貴様と共有だと?」
フリーザ(人狼)
「おやおや……よろしくお願いしますよ、ほほほ!」
キバヤシの独り言
「最近村が多い」
バラライカ(人狼)
「よかろう、今宵はカラシニコフのエサとしようではないか」
薔薇水晶の独り言
「・・・狂?」
スネーク(共有者)
「宜しく頼むぜ、御剣」
森崎の独り言
「SGGKを見せる!」
キバヤシの独り言
「村人だと・・・」
ポルナレフの独り言
「おおっと 俺は無力な村人って奴か。」
            村人9 人狼3 占い師1 霊能者1 狂人1 狩人1 共有者2 妖狐1 埋毒者0 (決定者1) (権力者1)
キバヤシ
「人類は滅亡するんだよ!!」
薔薇水晶
「・・・魚雷?」
やらない夫
「村の総意に任せるだろ、多数決的に考えて」
キバヤシ
「0」
ポルナレフ
「占い即噛みにせよ、様々な手があるもんさ。
19人って奴は。 多弁から噛んで、あるいは●を打てばいい。
狂人とテレパシーで意思疎通だな。」
キバヤシ
「1
フリーザ
「待つのは嫌いではありませんよ……ほほほ」
キバヤシ
「2」
キバヤシ
「3」
キバヤシ
「4
キバヤシ
「5」
阿部高和
「ああ・・・そうだな。一人着次第開始でもいい」
ちゅるや
「開始する」
キバヤシ
「カウント」
キバヤシ
「開始の方が意見が多いようなので開始する」
薔薇水晶
「・・・魚?」
スネーク
「このデコ…いい気になるんじゃねぇぞ」
承太郎
「俺はどっちでも構わねーぜ>開始or待つ」
御剣
「40まで待った!!」
金糸雀
「開始するかしら!」
スネーク
「開始だ」
阿部高和
「【ヤる】」
ポルナレフ
「【開始する】でいいんじゃないか?」
やってられっか夫
「松」
フリーザ
「わたしもキバヤシさんに同意しましょう。これではあまりにもハンデがありすぎます
せめて狼の人数を増やせればいいのですが」
薔薇水晶
「・・・開始?」
ちとせ
「開始しましょう」
森崎
「40まで待つ」
流石兄者
「【開始する】」
バラライカ
「2335だな、了解した。
各自、撃ち方魚用意!」
阿部高和
「はっは!こいつはいい!強情なヤツとやるのは久々だ!
楽しみにしてるぜ。フリーザ」
仮名ライダー
「開始する」
やってられっか夫
「ヒィー!怖いでやんす…
今のうちにゴマを擦って置くでやんすか…」
キバヤシ
「開始する
待つ

小声でそれぞれの意見を聞かせてくれ」
ポルナレフ
「っと、どうやら準備完了のようだ。19人だが初日次第ではわからない。
始めるとしよう。」
金糸雀
「あら?ヒゲがなんかさらにムサいヒゲになったかしら。
うっせーかしら、そのヒゲならカロリーメイトでも食ってろかしら。」
ちとせ
「パスタは乾麺だからこそいいんです、コストパフォーマンスが
生麺のパスタなんて邪道もいいところです!!」
スネーク
「共有になったら相方が災難すぎるな…>森崎」
キバヤシ
「あと1人欲しいところだが・・・」
流石兄者
「トイレいってたんだ、スマン」
バラライカ
「人権とは実に有意義な言葉だとは思わないかね。
古来から豚は肥えさせなければ役に立たない家畜どもだ」
流石兄者
「セフセフ」
フリーザ
「貴方達のような下等生物の基準ではからないで頂けますか? 阿部さん」
阿部高和
「兄者はどうしたんだ!?気つけに一発やってくるか?」
森崎
「バラライカなら、狼どころか共有すら虐殺しそうなんですが」
金糸雀
「(こわいおねえさんがバケモノに喧嘩売ってるかしら・・・ひええかしらー)」
やってられっか夫
「オイラはカップヌードルでやんす
買いだめした謎肉入りバージョンももうすぐ切れるでやんす…」
スネーク
「ラ王なめんなよデコ介が!
あのうまさを知らない奴は……ドカーンだ>キム」
薔薇水晶
「・・・把握です>2335」
ポルナレフ
「ん? どうした兄者。寝てるのか?
……「スタンド攻撃」でも受けたか?」
フリーザ
「そうだ、せめて20人にしましょう。ちょうどいいハンデだと思いますよ?」
キバヤシ
「35分まで様子を見る」
承太郎
「やれやれ…このメンツじゃ無事に終わりそうもねーな…」
やらない夫
「阿部さん、俺はそっちじゃないからお断りしたいだろ 性癖的に考えて」
バラライカ
「それはすまなかったな、ミセス・フリーザ?
我々の国ではそういう女々しい言葉使いの男はいなかったものでな」
阿部高和
「・・・ふむ、フリーザ。そうだったのか。
尻尾の陰に○はあるか?それだけ教えてくれ」
森崎
「兄者ー?」
スネーク
「緑のヒゲはスネークに名前を変更しました」
薔薇水晶
「・・・にんにくラーメンにんにく大盛りは私のです」
金糸雀
「ヒゲ>おっくれてるかしら!
ラ王よりスパ王かしら!そっちのがおしゃれかしら!」
スネーク
「アイコンを変更しました」
キバヤシ
「流石兄者
開始投票をしてくれ」
阿部高和
「ようやらないお、この面子じゃあおまえはデザートってとこだな
よろしくたのむぜ」
御剣
「誰がエスパーとか超能力者とかスタンド使いだ・・・!
最後のは良く分からんが私は席が空いてたから座っただけだ!」
ポルナレフ
「やる夫? あぁ、アレならそこの…… 身代わり君だろ。>ない夫」
フリーザ
「ちなみに、わたしはこう見えても『ミスター』でしてね……バラライカさん?
次、間違えたら殺しますよ?」
金糸雀
「後から来た人たちもいらっしゃいかしらー。
19人だから、狼はせーぜーがんばるかしら!」
やってられっか夫
「フリーザ様は…性別よく分からんでやんすがたぶん野郎なのでミスターだと思うでやんすよ?>バラライカ様」
薔薇水晶
「・・・よろしくお願いします・・これでいつでも・・開始可能ですw」
ちとせ
「私が食べたのは味噌ですから、多分違います」
ちゅるや
「フリーザさん 他の星にはどんなスモチがあるにょろ?」
ちとせ
「またいい映像が撮れそうな殿方が・・・
●REC」
スネーク
「それと、俺のラ王(醤油)食った奴素直に出て来い、な!」
やらない夫
「やる夫村なのにやる夫が相変わらず居ないんだな…、いつも通り的に考えて
とりあえず宜しくだろ」
フリーザ
「ようこそ、やらない夫さん。貴方には期待していますよ……」
金糸雀
「ミツルギ>あ・・・あれー?それにしては、来た気配がなかったかしらー・・・。
カナの勘違いだったかしら?まあいいかしらーよろしくかしらー。」
御剣
「いらっしゃい」
ポルナレフ
「へぇ……「目に見える」スタンドって奴か?
まぁ、ゲームは同じカプコンだ。宜しく頼むぜ。>御剣」
やってられっか夫
「ミツルギ検事はエスパーだったのでやんすね…」
スネーク
「増えてるー!」
            やらない夫 さんが村の集会場にやってきました
森崎
「吹っ飛ばされても、俺にはまだ「ポスト」があるんだ!」
薔薇水晶
「・・・あれ?・・検事さん・・こんばんは」
御剣
「いや、ただ席が空いてたので座っただけだ>カナ」
ちゅるや
「よろしく頼むにょろ」
バラライカ
「まったくだなミス・フリーザ。
我々は正当なる話し合いと平和維持活動のためにこの村に赴いたのだ」
スネーク
「…御剣が…いきなし出てきたッ!?
奴も…スタンド使いか!?


……あ」
ちとせ
「視認性向上のために、全部文字で置き換えるのも有りだと思うんです
各々の画面解像度も違うでしょうし
流石兄者
「アイコンを変更しました」
流石兄者
「かりは流石兄者に名前を変更しました」
フリーザ
「そうだ! わたしはこの左手だけでお相手します……
ジャンケンですね。ちょうどいいハンデでしょう?」
薔薇水晶
「・・・森崎君・・吹っ飛ばされた・・・ここはSGGKの出番か?」
キバヤシ
「かりの変更と開始投票が始まり次第開始する」
金糸雀
「!?・・・何もない空間から、検事さんが出てきたかしら!
こいつはびっくりかしら!実はミツルギさんは超能力者かしら・・・!?」
御剣
「なんか席が空いてたから来てみた、謎の声が聞こえた気がするが」
            ちゅるや さんが村の集会場にやってきました
キバヤシ
「時間だ」
森崎
「弾丸は友達だ、顔面に当たったって構わない!」
スネーク
「  ∧,,∧
 (`・┌ω・)  。・゚・⌒) チャーハン作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J 」
流石兄者
「毒の希望欄だけやっつけで吹いたww」
承太郎
「17人になったな…時間もちょうどいいし、開始していいんじゃねえか?」
ちとせ
「やはり森崎さんも常人から外れた殿方だったんですね・・・
フリーザ
「ほほほ……わたしは暴力は嫌いなんですよ。ここは平和的にいきましょう」
御剣
「三沢は御剣に名前を変更しました」
バラライカ
「お前は自分が生きる価値のある人間だと妄信するやつほど救えない
だが、今はそんな妄信でもしなければ生きていけないというわけだ

すばらしいジョークだな、祖国に帰って漫談師にでもなるがいい」
ポルナレフ
「くっ ガッツがたりない!」
薔薇水晶
「・・・私はムービーよりも写真派です・・合間合間の空白がいい」
金糸雀
「ふえ〜んひどいかしらー!
キムでもカネでもキンでもなくて、カナ!カナかしら!」
御剣
「アイコンを変更しました」
流石兄者
「どもどもー」
阿部高和
「あの女、女じゃなかったら一戦交えたいとこだったが、イヤホントに
惜しいな・・・」
            かり さんが村の集会場にやってきました
森崎
「任せろ!>やってられっか夫」
薔薇水晶
「・・・すみません>金(かね)姉様」
やってられっか夫
「バラライカ様とフリーザ様がケンカ始めても大丈夫!
森崎君が止めてくれるでやんす!」
ちとせ
「ああ、これはどうも私のは軍用なのでちょっと性能劣るので助かります>薔薇水晶さん
・・・電源は紋章機からAC直接引きますか・・・これなら10日撮りっぱなしも余裕です」
フリーザ
「おうおう、これで16人。あと少し、あと少しですね?
これは楽しみです」
金糸雀
「ばらしー>相変わらず名前を覚えてくれないかしら。
キムじゃなくてカナかしら!
まったく不出来な妹を持つと、苦労するかしら!」
スネーク
「ガシャーン(バズーカ構え)」
やってられっか夫
「こんばんはでやんすー」
金糸雀
「・・・なんかばらしーが・・・
遠い人に見えるかしら・・・気のせいかしら?」
薔薇水晶
「キム姉様・・・よろしくお願いします」
森崎
「バラライカなら、ジョジョの世界にいても違和感ないな」
阿部高和
「ここはロアナプラでもナメック星でもねーのにどーなってんだ
焦土とかすぞこりゃあ・・・流石の俺も勘弁だぜ」
            やってられっか夫 さんが村の集会場にやってきました
ちとせ
「人類の危機なんて何度でも救って見せますよ・・・エンジェル隊が解散しない限り」
バラライカ
「すばらしい人間様を生かすための
実に生産的な労働活動をはじめるために我々はここに来ている」
スネーク
「カ……カナリアンが村にいるぞ!」
キバヤシ
「これだけのメンバーが何もない村に集まっている
人類滅亡の予兆に間違いないんだよ!!」
フリーザ
「これはなかなか素敵な村ですね。楽しいショーが見られそうですよ……ほほほ!」
薔薇水晶
「・・・これをどうぞ ノ【高性能デジカメ】>ちとせ」
御剣
「ん?来たのはカナリアだと・・・●REC」
ポルナレフ
「このレディ……いや、この殺気は!タダモンじゃねーな!」
森崎
「そしてカナリアが来た、
俺はもうふっとばされても構わない」
スネーク
「(サンダーハンドでカメラを早いこと破壊だろ…)」
フリーザ
「ようこそお二人さん。歓迎しますよ? ほほほ……」
金糸雀
「こんばんはかしらー
・・・なんか今日はメンツが濃いかしら。」
阿部高和
「おいおい、なんか飛んでもねーのが二人もきたぞ・・・
俺の範囲外だけどヤバイ気配がビンビンにするな」
御剣
「いらっしゃい、よくきたな」
森崎
「ほ、ほんとにバラライカRPをやる奴がいるなんて!」
ちとせ
「あ、バッテリーが・・・・・・予備出しますか
引き続き●REC
フリーザ

薔薇水晶
「・・・こんばんは」
ポルナレフ
「集英社ローラーで村の半分は消える計算になるのか……。」
バラライカ
「人類の存亡とやらというチャラけたおまじないをおまえさんは信じるかい?」
            金糸雀 さんが村の集会場にやってきました
森崎
「岬だって!?
今日はレギュラーメンバーは来ないはずだぞ!」
御剣
「いらっしゃい」
            バラライカ さんが村の集会場にやってきました
薔薇水晶
「よろしく・・・お願いします」
スネーク
「プロフィワロタwww>フリーザ」
ポルナレフ
「なんだコイツ……『人間』か?」
御剣
「俺はここにいるぞ!!」
薔薇水晶
「・・・岬くんがいるんですか?」
森崎
「集英社ローラーされるな、これは」
阿部高和
「俺の下のスタンドもその声を聞いたぞ!>ポルナレフ」
フリーザ
「ほほほ……お邪魔しますよ、皆さん」
薔薇水晶
「・・・お好きなようにして下さい(キャーアベサーン)」
            フリーザ さんが村の集会場にやってきました
スネーク
「よし、結託するぞ……み……三崎!(名前なんだっけ…?)」
キバヤシ
「あと5分だ」
ちとせ
「誰もいないはずの二段目右端から殺気が・・・今の時代に忍者なんているわけないのに」
キバヤシ
「戻ったぞ・・・ある組織に関する情報を集めていた」
ポルナレフ
「気をつけろ承太郎! 何もない空間からの声……
こいつは「新手のスタンド使い」じゃねーか!?」
阿部高和
「マッチョにメガネにさわやかスポーツマンか・・・
これは誰からいただくかなやんじまうな。」
御剣
「この女二人・・・吊らなければ・・いけない気がする・・!」
森崎
「(あの男…タマの扱いになれている!?何者だ!?)」
ポルナレフ
「やれやれだぜ…… っと、こいつはお前の口癖だったな。」
スネーク
「だめだこの女2人…早くなんとかしないと……」
薔薇水晶
「・・・え? ・・・何もない空間から音がしました・・・怖い」
スネーク
「あぁ、よろしくな(ゲェッ、アベタカカズッ)」
御剣
「いらっしゃい、言っておくが俺はそっちの気はない」
ちとせ
「!!・・・ここはそういう趣旨で体が立派な殿方が集まっていたのですね!
●REC
薔薇水晶
「・・・よろしくお願いします(キャーアベサーン)」
スネーク
「お前……炎まとったボールとか来て見ろ……
【二足歩行できるだけ】のワニすげーよ?
そんなボール気合で止めるんだぜ?>森崎」
阿部高和
「よう、よろしくたのむぜ、いい男ばっかりでイカす村だな」
            阿部高和 さんが村の集会場にやってきました
ちとせ
「最長射程誇るのに、紋章機のAIが馬鹿なせいで特攻→返り討ちにあう私と似たような無情さを感じました・・・」
森崎
「うん、あんなのに触ろうとするキーパーはキ○ガイです>薔薇」
スネーク
「ここに変な形の矢のようなモンがありますが」
ちとせ
「それ・・・ルール的に大丈夫でも普通の脚力じゃやりませんね・・・>森崎さん
確かにあなたは普通の人みたいです」
森崎
「馬鹿言うな、キャプテン翼の異様に長いロスタイムなめんな>ひげ」
薔薇水晶
「・・・皇帝モードは完全にスタンド頼みですか?>森崎」
スネーク
「あきらめろ、もう試合終了だ」
森崎
「そもそも…他のキーパーが異常すぎるんだよ…」
薔薇水晶
「・・・そうですね スタンドですもんw>森崎」
承太郎
「おおっと、口が滑っちまったかな……>ポルナレフ」
スネーク
「むしろできるかwww>森崎」
森崎
「いやいやいやいやいやいやいやいやいや>ちとせ
俺は一般人ですから
ゴールポスト蹴っ飛ばしてゴール守ったりましませんから!」
ポルナレフ
「ンゲッフンゲッフン(おい承太郎、わざわざそんなことをココで言うか普通!隣のレディに聞こえたらどうするんだよ。)」
ちとせ
「(ああ、下からも占いか霊能なったら吊るオーラが・・・助けてお母さん・・・)」
スネーク
「あぁ、よろしくたのむ>ばらしー」
ちとせ
「最上段の殿方は全員濃いメンバーに入れると思いますが・・・>森崎さん」
薔薇水晶
「・・・よろしくお願いします」
スネーク
「よろしくたのんだ」
ちとせ
「これで身代わり君入れて10人ですね」
薔薇水晶
「・・・最上段に濃い人ばかり・・怖い」
森崎
「まったくだな>ちとせ」
            緑のヒゲ さんが村の集会場にやってきました
承太郎
「便器をなめたことあるてめーにだけは物好きだなんて言われたくねーぜ…」
御剣
「よろしく」
            三沢 さんが村の集会場にやってきました
            しんのゆうしゃ さんが村の集会場にやってきました
ちとせ
「あの・・・最上段のメンバーが濃すぎて・・・すごく威圧感があるんですが」
ポルナレフ
「おいおい承太郎、お前も来てたのかよ。物好きだねぇ。」
森崎
「ポストは俺のスタンドだ…>薔薇」
仮名ライダー
「こんばんは」
            仮名ライダー さんが村の集会場にやってきました
薔薇水晶
「・・・わかります」
薔薇水晶
「・・・SGGK(スーパーでグレートなゴールポストの角)ですね」
承太郎
「やれやれ、どっかで見た奴が来たな…」
ポルナレフ
「ブラボー!おぉブラボー!」
            ポルナレフ さんが村の集会場にやってきました
森崎
「よろしく」
薔薇水晶
「・・・よろしくお願いします」
            薔薇水晶 さんが村の集会場にやってきました
キバヤシ
「時間まで席を外す
ゆっくり終末を楽しんでくれ」
            森崎 さんが村の集会場にやってきました
キバヤシ
「スレ報告、MLは完了した」
承太郎
「よろしく頼むぜ…」
            承太郎 さんが村の集会場にやってきました
キバヤシ
「23:30に人数確認をするぞ・・・早くどうにかしないと」
キバヤシ
「1.投票時間、再投票時間が伸びているが投票はお早めに
2.ラグはWindowsの標準時計を設定してサーバーとローカルPCの時間のズレを調整してくれ」
ちとせ
「よろしくお願いします」
キバヤシ
「・テンプレ
【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。


【観戦者の方へ】
 このゲームはやる夫板・「人狼 in やる夫達の村」の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLから観戦スレやMLを確認してみてください。
 http://www37.atwiki.jp/yaruomura/pages/1.html」
            ちとせ さんが村の集会場にやってきました
            キバヤシ さんが村の集会場にやってきました